Booksのタグまとめ

Books」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはBooksに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Books」タグの記事(35)

  1. 犬の本 【愛犬のための手作り健康食】 - yamatoのひとりごと

    犬の本 【愛犬のための手作り健康食】

    西洋医学ではなかなか根治できないアレルギー性皮膚炎。現在の対応法としては、洗浄療法、痒みを止める薬物療法、皮膚の乾燥を防ぐ保湿剤塗布、室内を頻繁に掃除する・・・。根本的に治す方法はない。しきりに舐めたり、かいたりするので、見ている方も辛い。「私の経験の範囲では、ほとんどのイヌが二つの大きな原因を抱えていて、それを解消することで薬物に頼らなくても生活できるレベルまで改善していきます。その原因と...

  2. 揚げカスタードの金木犀餡かけ - 世話要らずの庭

    揚げカスタードの金木犀餡かけ

    雨ざあざあで部屋が真っ暗な週末。私は仕事。夜に帰宅したら、大学生が末っ子に見せたいドラマがあるといって、リビングに布団を敷いてビデオナイトになっていた。ビデオのお供に長女が紅茶を沸かして来たのを見て、今こそ夫と私の金木犀シロップ対決の時だ!と二つの瓶を並べ、「どっちが美味しい?」とブラインドテイスティングを試す。大学生は「こっちの方がスッキリしてて美味しい。紅茶に合うね」と私が仕込んだシロッ...

  3. 10月15日   植物園図鑑 - さ・ん・ぽ道

    10月15日   植物園図鑑

    一日☂・・・。はりきって山(近所の)へ行くつもりが・・・。アケボノソウやサラシナショウマを見るつもりが残念。そこで近くのホームセンターへいく。空き地のススキの原を見ながらだが、たった一本のナンバンギセルを見ることができた。こんなことでも気分がよくなる。Ⅿさんちの野草を見て・・・。ホトトギス(黄色やピンクや白のもあり)サンゴジュの赤い実がかわいい。アキチョウジを一枝もらって・・・。予報では太陽...

  4. 仮想現実と子どもの空想 - 世話要らずの庭

    仮想現実と子どもの空想

    大学生の長女が、友達と行ったヴァーチャルリアリティ(VR)体験が凄く面白かったから末っ子にも見せたい!絶対喜ぶと思う!と強く誘って来たので、その場でウェブ前売り券を購入して翌日の朝イチで遊びに出かけた。が、窓口にチケットを出したら「館内には13歳未満も体験できるアクティビティはありますが、VR体験はできない規則です」と言われて愕然。がーん……。注意書きを読んでなかった自分たちの不注意だ、仕方...

  5. 偶然にも、今読んでいるはカズオ・イシグロ - mamiノート

    偶然にも、今読んでいるはカズオ・イシグロ

    今年のノーベル文学賞は、カズオ・イシグロと聞き、びっくり。なぜなら、サークルで今読んでいるのが、カズオイシグロの短編集だから。 Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall by Kazuo Ishiguro.村上春樹も、高く評価する作家で新しい小説が出ると、すぐに買って、ほかに読みかけの本があってもまず読みたい作家の一人と書いている。数年前の...

  6. なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか? - 浦安フォト日記

    なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか?

    なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか?を読みました。ずいぶん長い間積んであった本でした。MBAなどでよく使われるツールや手法を脱サラ店主が「ラーメン屋を起業する」というストーリで分かりやすく、まとめています。まだたくさん積んであるので早く消化しないと・・・(汗

  7. 2017金木犀開花(ちょっと遅れて気づく) - 世話要らずの庭

    2017金木犀開花(ちょっと遅れて気づく)

    家族みんなでレストランに集まって、子供たちの誕生祝いのディナーをした。お店の方がポラロイドで家族写真を撮ってくれたところ、良い写真だー、彼女に見せようっと!と、デレつきながら鞄にしまいこむ息子。食後にプレゼントを渡すと、良いねえ、これも見せようっと!とまたデレつく。うっへー。なんか恥ずかしいヤツだぜ。彼女に呆れられないように気をつけろよと思う。長女は静かに笑っている。それから夜道を伝言ゲーム...

  8. "dancyu「たまごと料理。」" - yamatoのひとりごと

    "dancyu「たまごと料理。」"

    主が仕事帰り、産直で買って来てくれる卵。いたって普通の卵なのだが・・・ある日、私は卵の殻むきに失敗した。バイト先で日に100個200個の卵の殻を剥いていたからこればかりは失敗したことがないのに。なぜ?また別の日も・・・なぜ?納得がいかないまま、加齢のせいで指先が鈍感にでもなったのかと思っていた。もう一度初心に帰ろうとネットで調べていたら・・・"ゆで卵の殻がむきにくいのは新鮮な証拠!"そんなの...

  9. "夕方 5時から お酒とごはん" - yamatoのひとりごと

    "夕方 5時から お酒とごはん"

    ドライフルーツのお酒漬け、イカのフリット、ジャガイモのフリット、れんこんのゆず胡椒風味・・・どれも簡単なんだけど、そのシンプルさが魅力。まさこさんはグラス片手に料理をするらしいけれど、これなら飲みながらでも作れそう^^++++++++ 夕方 5時から お酒とごはん ++++++++伊藤まさこ著PHP研究所「今日は何を飲もうかな」お酒は家で飲むのも、外で飲むのも大好きで、暮らしの彩りとして上手...

  10. 10/8「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」書籍出版記念セミナー:北欧の植物療法とハーブ紀行 - 英国メディカルハーバリスト

    10/8「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法...

    翻訳に携わった「フィンランド発・ヘンリッタの実践ハーブ療法」の出版を記念して、店頭セミナーを開きます。フィンランドでのハーブ紀行や植物療法について、また、書籍のよみどころなどをご紹介させていただきます。フィンランドで撮影してきた写真を見ていただいたり、書籍で紹介しているハーブ製剤を体験していただきます。ハーブ療法の基礎知識は必要ありません。フィンランドに興味をお持ちの方もぜひ、お立ち寄りくだ...

  11. 9/25発売 book「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」 - 英国メディカルハーバリスト

    9/25発売 book「フィンランド発 ヘンリエッタの...

    お知らせです。こちらのブログで度々ご紹介したHenriette Kressさんの著書「PRACTICAL HERBS」が、「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)として、9月25日発売になります。僭越ながら、翻訳を担当させていただいています。フィンランド、ヘルシンキ在住のハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんが、収穫した庭のハーブや野草を利用したハーブ製剤...

  12. "暮らし上手の絶品カレー" - yamatoのひとりごと

    "暮らし上手の絶品カレー"

    カレーは、インドの味噌汁だと思う。日本人が毎日味噌汁を飲んでも飽きないのと同じでインドでは毎日カレーが出るのだと思う。久しぶりに私の理想とするカレーを見つけた。ホールスパイス、玉ねぎ、にんにく、生姜、トマト・・・。作り方もわが家のスパイスカレーとさほど変わらなかった。それでも、レシピのまま忠実に作ってみた。"玉ねぎを茶色くなるまで炒める"ってことくらいかな・・・いつもと違うのは。味見して驚い...

  13. "名古屋本" - yamatoのひとりごと

    "名古屋本"

    名古屋在住じゃない人が編集してる感じで少し新鮮でした^^+++++++ 名古屋本 +++++++エイ出版社編集部エイ出版社その街に暮らす人達に読んでほしい名古屋の魅力を深く紹介するガイドブック! 観光を目的としたガイド本やいわゆる人気タウンのガイド本は数多く存在しますが、本書はそうしたガイドブックとは一線を画した、住人またはそこにいる人に向けた情報誌。これまでに関東地方の都市を中心に全国で三...

  14. 犬の本 【犬のしつけ&ハッピートレーニング】 - yamatoのひとりごと

    犬の本 【犬のしつけ&ハッピートレーニング】

    "途中で犬をちらっと見る""見ていないけど触っている""途中で「ダメ」などと叱ってしまう"それでは、知らんぷりになっていないそうだ。それどころか悪化させるとか・・・-_-;++++++++ ほめていいコに!犬のしつけ&ハッピートレーニング +++++++++戸田 美由紀監修西東社トイレもハウスもバッチリ、しつけの基本。ケーススタディ44、愛犬の困った、解消法。 +++++++++++...

  15. 25072017 - 音・岩・光

    25072017

    日光の本と一緒にサイモン・シン著の「ビッグバン宇宙論(上)(下)」を借りる。前回借りた暗号解読の興奮冷めやらずの内に、今回も一気に読み進んだ。人間の考え出した宇宙観の変遷を天動説からビッグバン理論までに渡って、これまた人間ドラマを交えて時系列で並べて紹介してくれているので読みやすいと思う。今ではマルチバース理論とか複雑で難解な宇宙観が色々出てきているけれど、一応確からしいと思われるビッグバン...

  16. "旅する彫刻" - yamatoのひとりごと

    "旅する彫刻"

    モノにも魂が宿る。いや・・・モノと言ったら失礼だな。何年か前、図書館の情報コーナーでチラシを見つけた。ものすごく興味があったが、その個展はすでに終わっていた。いつか会ってみたいなぁ。+++++++ 旅する彫刻 彫刻とそのモデルになった子の物語 +++++++はしもとみお著エムディエヌコーポレーション彫刻家はしもとみおが今までつくった彫刻の写真+エッセイで綴られた初の写真集。「彫刻」と「彫刻に...

  17. 米中戦争 その時日本は - 浦安フォト日記

    米中戦争 その時日本は

    夏休み5日目、最終日は1人だったので「米中戦争 その時日本は」を。とっても信頼に値する名著でした。日中問題では尖閣問題の際の旧民主党政権の対応なんて思い出すと怖くなります。しかし北朝鮮問題もしかりですが、米中問題でも日本は完全に当事者になるのに、平和ボケしていて残念ですね。この本は是非お読みいただければ・・・。

  18. ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者 ① - mamiノート

    ヴァージニア・リー・バートン 『ちいさいおうち』の作者 ①

    地下鉄東西線 東陽町駅近くの竹中工務店東京本店のGALLERY A4(ギャラリー エークワッド)でヴァージニア・リー・バートン(1909-1968)の『ちいさいおうち』展が8月9日まで開催されていた。ヴァージニアは、1909年ボストン近郊に生まれ、父はMITの初代学部長、母は英国人の詩人で画家で父より20歳以上年下の二度目の妻だった。バートンが10歳になる頃、母親と3人の子供たちは健康上の理...

  19. 役に立たない読書 林望 - 浦安フォト日記

    役に立たない読書 林望

    「役に立たない読書」林望氏著を読みました。夏休み3日目の昨日はママが友達と観劇に行ったので一人で読書。本を読むということはどういうことかということを考える読書論。リンボウ先生のスタンスは好きなのと、納得できることが多いです。「書棚に並んでいる本は、その人が歩んできた人生を如実に物語ります。いわばその人の脳味噌の延長線上にあるのです。むろん脳味噌の中を覗くことはできませんが、本棚は外から見るこ...

  20. "暮らしのおへそvol.20" - yamatoのひとりごと

    "暮らしのおへそvol.20"

    "雀荘に通ったり釣りに夢中になってクルーザーに住んでいたことも。お酒も一升飲んでタバコも吸って・・・・・・。猫を飼わなかったら体を壊していたかもね。"***どきっとした。私のことかと思った・・・笑(室井滋さんのお話です^^;)++++++ 暮らしのおへそvol.20 ++++++主婦と生活社20号を迎えた『暮らしのおへそ』。創刊から10年目となる記念すべき今号は、愛らしいショートケーキが表紙...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ