CANON EF24-105mm F4L IS USMのタグまとめ

CANON EF24-105mm F4L IS USM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCANON EF24-105mm F4L IS USMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CANON EF24-105mm F4L IS USM」タグの記事(67)

  1. なんとも気が早い、丸の内オフィス街のクリスマス・ツリー、その第2弾(Bright Xmas 2017) - 旅プラスの日記

    なんとも気が早い、丸の内オフィス街のクリスマス・ツリー...

    東京丸の内のオフィス街に飾られたクリスマス・ツリーは、テーマが「花で彩るクリスマス」 、今回はその第2弾です。東京駅の丸の内北口から出発すると、最初は丸の内オアゾです。ニコライバーグマン氏がデザインした、フラワーボックスをイメージしたクリスマスツリー。 次は新丸ビル。ここだけは1階でなく3階のアトリウムにあります。クリスマスアーチの中央に配置されたのは、アニバーサリーを祝うフラワーボール。次...

  2. 明治22年創業の、江戸前天麩羅「土手の伊勢屋」さん(台東区、三ノ輪) - 旅プラスの日記

    明治22年創業の、江戸前天麩羅「土手の伊勢屋」さん(台...

    11月18日、土曜日、折角の週末ですが、東京は生憎の曇り空、しかも天気予報は午後から大雨。こんな日は、どこに取材に行こうかと悩みます。動物園の赤ちゃんは、雨に濡れて風邪を引かせないようにと、展示を中止する可能性が高いので、動物園は諦めて、夕方から行こうと思っていた、鷲(おおとり)神社の「二の酉」に出かけました。毎年、会社の帰りに訪問して夜撮ってましたが、今日は自宅から歩いて朝の9時半に到着で...

  3. なんとも気が早い、丸の内オフィス街のクリスマス・ツリー(Bright Xmas 2017) - 旅プラスの日記

    なんとも気が早い、丸の内オフィス街のクリスマス・ツリー...

    東京丸の内のオフィス街に飾られたクリスマス・ツリーは、テーマが「花で彩るクリスマス」今年は開業15周年の丸ビル、開業10周年の新丸ビルのアニバーサリーイヤーでもあり、芸術的なツリーや、オブジェが、丸の内エリアで楽しめます。オフィスがある有楽町電気ビルから丸の内仲通りを大手町方向に進んでいきます。最初のツリーは、新東京ビル1階エントランス。お花が3個、白玉が3個、グリーンが3個。合計9個の球体...

  4. 恒例「黄葉・紅葉まつり」、紅葉の映り込みをお届けします(立川市、昭和記念公園) - 旅プラスの日記

    恒例「黄葉・紅葉まつり」、紅葉の映り込みをお届けします...

    11月5日、3連休の最終日に訪れた昭和記念公園です。紅葉の映り込み写真が9枚です。説明書きはありません。1234567 ここから濡れ落ち葉の登場です(笑)8 9 最後は映り込みと落ち葉前回の日記で、黄葉は見頃、紅葉は1週間早かったと書きましたが、昭和記念公園の紅葉は今頃が最盛期でしょうか。今年の六義園ですが、HPのお知らせでは「11月下旬~12月上旬にかけて最盛期」小石川後楽園は、やはりHP...

  5. 中世の面影が残る巡礼路の古都ブルゴス(その1、お祭り)(スペイン、ブルゴス) - 旅プラスの日記

    中世の面影が残る巡礼路の古都ブルゴス(その1、お祭り)...

    10月1日はバスク地方のビルバオから、世界遺産の大聖堂がある古都ブルゴスを訪ねました。今回は(その1)として、ブルゴスのお祭りを中心にお届けします。朝の9時30分にビルバオを出発した時は大雨。山肌には雲がかかっていました。ドライバーさんです。髭は立派だけど若ハゲ。ヨーロッパは若ハゲが大勢いるので、「このハゲ~~」なんて、いちいち言いません(笑)こんな道路を、延々と2時間。ブルゴスに近づくにつ...

  6. カワセミ現れず、メタセコイアの森を撮って、転んでもタダでは起きなかった日(葛飾区、水元公園) - 旅プラスの日記

    カワセミ現れず、メタセコイアの森を撮って、転んでもタダ...

    11月4日、3連休の真ん中の土曜日でした。前回の訪問が9月16日だったので、かれこれ50日ぶりの水元公園。楽しみにしていたカワセミ狙いですが、最近よく現れるという不動池へ出かけました。いつもは5・6人、多くても10人前後のカメラマンですが、どうも様子が違います。大勢のボランティアさんが池の周辺を掃除をしていて、職員さんが水質検査をしてました。よく見かける常連さんたちは、長靴をはいて網で池のゴ...

  7. 恒例「黄葉・紅葉まつり」、1週間後が紅葉の見頃でしょう(立川市、昭和記念公園) - 旅プラスの日記

    恒例「黄葉・紅葉まつり」、1週間後が紅葉の見頃でしょう...

    11月5日、3連休の最終日に訪れた昭和記念公園です。イチョウの黄葉を見学して、次に訪れたのが日本庭園の紅葉。広い昭和記念公園の庭をレンタサイクルで、ぶっ飛ばしました。もうじゅうぶんに色づいてます。でも、全体的には6・7分。これからもっと色づきそうです。道の脇に咲いていたサザンカと、紅葉。そして太陽光(右下)と紅葉。庭園の池を1周しました。パステル調の映り込みが綺麗です。「こもれびの家」の周辺...

  8. 恒例「黄葉・紅葉まつり」、イチョウの黄葉は既に見頃(立川市、昭和記念公園) - 旅プラスの日記

    恒例「黄葉・紅葉まつり」、イチョウの黄葉は既に見頃(立...

    11月5日、3連休の最後の日曜日、東京は晴れ、気温は11度~18度。東京で真っ先に、黄葉と紅葉の両方が楽しめるのが、立川市の国営昭和記念公園。 イチョウの落ち葉が踏み荒らされる前に到着するには、開園の9時半に西立川口から入園し、イチョウ並木がある立川口まで、3時間、410円のレンタサイクルを、ぶっ飛ばします。電動じゃないので、きついのなんの(笑)落葉した黄葉が道を覆いつくす黄色の絨毯に、お子...

  9. 今年の菊人形は大河ドラマの「女城主直虎」でした(文京区湯島天神 菊祭り) - 旅プラスの日記

    今年の菊人形は大河ドラマの「女城主直虎」でした(文京区...

    毎年恒例の湯島天神。菊まつり。今年は11月1日から11月23日までですが、その初日に訪問しました。さて、目玉の菊人形は・・・・・・・、女城主直虎、今年はこれしかないでしょう。ちなみに左が家康、真ん中が直政、右が直虎です。毎年、大河ドラマの主人公が登場するので、これは予測できました。1年前の記憶って、儚いもの。皆さん、昨年の大河ドラマの主人公は覚えてますか。昨年撮影したのは、真田丸でした。やは...

  10. 北京ダック、フカヒレ、エビチリ、全9品コースに2ドリンクが付いて3300円(銀座の創作中華料理) - 旅プラスの日記

    北京ダック、フカヒレ、エビチリ、全9品コースに2ドリン...

    大事な会食や、商談や、デートにも適したお店を紹介する新シリーズの3店目です。その条件は個室での食事、料金は3,500円以下。1店目はこちらの鉄板焼き、2店目はこちらのイタリアンでした。今回は創作中華料理です。■選べるドリンク2杯はグラススパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン、生ビール、カクテル各種、紹興酒、焼酎、ソフトドリンクより選択■前菜4品 自家製叉焼の葱和え、よだれ鶏、黄瓜、・クラゲ...

  11. 建築ファンでなくても、その圧倒的な展示に魅せられる「安藤忠雄展・挑戦」(国立新美術館) - 旅プラスの日記

    建築ファンでなくても、その圧倒的な展示に魅せられる「安...

    10月29日、日曜日、台風接近で1日中雨。気温は13度~15度でした。雨の日は博物館か、美術館という我が家の家訓を思い出し(笑)、六本木の国立新美術館を訪ねました。元プロボクサーから、超一流の建築家になった安藤忠雄氏は、現在も30以上のプロジェクトを抱える人気建築家として活躍を続けています。その安藤忠雄氏の代表的作品を、写真、解説動画、模型展示で楽しめる大規模展覧会ですが、その見所は以下の3...

  12. 生まれて3週間目。僕はゴリラの赤ちゃん「モモジロウ」(上野動物園) - 旅プラスの日記

    生まれて3週間目。僕はゴリラの赤ちゃん「モモジロウ」(...

    「モモジロウ」という名前は、決まったわけではありません。私が勝手に名付けました(笑)長男がモモタロウ(京都市動物園)、長女コモモ、次女モモカ(ともに上野動物園)の次に生まれた男の子ですから、モモジロウ。次男では進次郎議員も頑張ってますから、あやかって「モモジロウ」。食事中のモモコです。モモジロウは膝の上。全く動いてないので、スヤスヤ寝てるようです。ちょっぴり顔が見えましたが、目は閉じてます。...

  13. ちょっとお得な1200円の、牛レアステーキ丼と、著名人の色紙(赤坂) - 旅プラスの日記

    ちょっとお得な1200円の、牛レアステーキ丼と、著名人...

    久々のグルメネタは、赤坂TBSの裏手にある「球磨川」さんの、牛レアステーキ丼です。じゃあ~~~ん!!彩りサラダ、煮物、小鉢、お吸い物もついてこの値段。1200円です。球磨川さんは、入り口はしょぼいけど、れっきとした料亭。煮物、小鉢、お吸い物の味はしっかりしたものでした。食事をした部屋の中に飾られていた色紙を撮らせていただきました。芸術家、岡本太郎さん。映画監督、今村昌平さん。元内閣総理大臣、...

  14. パリで寄り道したのは、11世紀に建てられた世界遺産の美しい教会(ランスのサン・レミ聖堂) - 旅プラスの日記

    パリで寄り道したのは、11世紀に建てられた世界遺産の美...

    10月10日に訪問したランスのサン・レミ聖堂です。サン・レミ聖堂の着工は1007年。パリのノートルダム大聖堂よりも古い初期ゴシック様式です。完成は11世紀後半ですが、二つの塔のファサードは12世紀後半に建てられました。この教会の入り口は右の塔の下、教会建築でいうと、袖廊にあります。世界遺産の聖堂なのに教会内には人影が無く、その側廊を歩くのは薄気味悪いほど(笑)ロマネスク様式と、ゴシック様式が...

  15. バスク地方のここは見ておきたい(その3)(グッゲンハイム美術館からホテルまで) - 旅プラスの日記

    バスク地方のここは見ておきたい(その3)(グッゲンハイ...

    バスク地方のシリーズ3回目。9月30日に歩いたビルバオの街や公園です。グッゲンハイム美術館は常設展の他に、企画展も開催されてましたが、バスク地方の知らない画家や、モダンアートの作家が多く、馴染が無い作品ばかりでした。作品の殆どが撮影禁止だった中で、光の芸術のような部屋は撮影が可能で面白かったです。光のカーテンや、柱のような中を、人間が行ったり来たり。広いのでかなり歩きましたが、疲れてしまい1...

  16. 紅く燃えないコキア!!、例え雨が降ろうとも、365日ブロガーですから取材に行きます(茨城県、ひたち海浜公園) - 旅プラスの日記

    紅く燃えないコキア!!、例え雨が降ろうとも、365日ブ...

    10月21日、土曜日、東京は朝から雨、茨城県水戸市で引くと、本降りになるのは午後から。行くしかないでしょう。何故なら今シーズンのコキアの紅葉は、今週がピークで、来週は望み薄。自宅を朝7時に出て、ひたち海浜公園に到着したのが9時10分。雨が降る前にと、400円を払って自転車で、みはらしの丘に急ぎます。無情にも、この時間になって雨が降ってきました。レンズに雨滴が~~~タオルハンカチでレンズを拭き...

  17. パリで寄り道したのは薔薇窓とシャガールのステンドグラスが美しい世界遺産(ランスのノートルダム大聖堂) - 旅プラスの日記

    パリで寄り道したのは薔薇窓とシャガールのステンドグラス...

    10月10日に訪問したランスのノートルダム大聖堂です。その外観は、10月13日の日記に掲載しましたが、本日の日記は薔薇窓とステンドグラスです。大聖堂に入ってしばらく歩いてから後ろを振り向きます。直径12.5mの薔薇窓は、私の感想ですけど、世界で最も美しい薔薇窓と思います。1211年から1世紀をかけ再建されたゴシック様式の教会なので、ステンドグラスも様々。地味な落ち着いた色彩から、きめ細かな明...

  18. 長さ18メートル、重さ約88キロもの、きらびやかな金龍の華麗な舞い(その後半)(浅草寺) - 旅プラスの日記

    長さ18メートル、重さ約88キロもの、きらびやかな金龍...

    10月18日に浅草寺で奉演された、「金龍の舞い」の後半です。その前半はこちらです。金龍が本殿横の広場で華麗に舞いました。金龍が「お水舎」の前を通り本堂に向かってきます。後方は宝蔵門です。本殿の前で、金龍は激しく廻って、まるでご挨拶をしているかのようです。本殿への階段を上っていきました。その間に、自分は本殿横広場の場所取りに駆け付けます。金龍が本殿から広場にやってきます。自分は毎年の定位置でち...

  19. 長さ18メートル、重さ約88キロもの、きらびやかな金龍が境内で舞いました(浅草寺) - 旅プラスの日記

    長さ18メートル、重さ約88キロもの、きらびやかな金龍...

    浅草寺の山号「金龍山」に由来する、「金龍の舞い」は、観音さまのご縁日18日の「8」にちなみ、毎年3月18日、10月18日に奉演されます。浅草寺の香炉は、常に煙があがってるので「常香炉」と呼ばれますが、本堂から見ると宝蔵門をくぐってきた金龍が霞んで見えます。浅草寺の由来である『浅草寺縁起』の中で、本尊である観音様が現れた時の様子に「寺辺に天空から金龍が舞い降り、一夜にして千株の松林ができた」と...

  20. 芸術の花絨毯(フラワーカーペット晴海2017) - 旅プラスの日記

    芸術の花絨毯(フラワーカーペット晴海2017)

    昼休みに「晴海トリトンスクエアー」に出かけてきました。2015年は屋外で開催されましたが、今回は2階のグランドロビー。毎日雨なので屋内でちょうど良かった。今年のフラワーカーペットは「見る」だけでなく、「聴いて」楽しめる企画。それぞれの名画に合わせて音楽が流れてました。入り口に近いほうから、ゴッホの「渦巻く青い背景の中の自画像」ダ・ヴィンチ作、「モナ・リザ」写楽の、「大谷鬼次の江戸兵衛」最後は...

1 - 20 / 総件数:67 件

似ているタグ