CANON EF24-105mm F4L IS USMのタグまとめ

CANON EF24-105mm F4L IS USM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCANON EF24-105mm F4L IS USMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CANON EF24-105mm F4L IS USM」タグの記事(425)

  1. サンバ美女の、ド迫力衣装と笑顔(浅草サンバカーニバル、最終回) - 旅プラスの日記

    サンバ美女の、ド迫力衣装と笑顔(浅草サンバカーニバル、...

    8月31日に開催された、第38回浅草サンバカーニバルの写真です。1回目は「衣装」、2回目は「羽根飾り」、3回目は「笑顔」でしたが、今回は迫力編。ダンサーの、ド迫力衣装と、笑顔を解説抜きの、写真8枚でお届けします。12345678どなたも迫力満点、素敵な笑顔ですが、この7名・1組に「迫力大賞」を贈りたい。浅草サンバカーニバルは、今回で最終回。また来年をお楽しみに。

  2. 紅葉したコキアは、20日からが見頃(国営ひたち海浜公園) - 旅プラスの日記

    紅葉したコキアは、20日からが見頃(国営ひたち海浜公園)

    ネモフィラとコキア。毎年2回は訪問する茨城県の「ひたち海浜公園」ですが、今年も32,000株のコキアが紅く色付きました。2016年は10月22日、2017年は10月21日、2018年は10月20日に訪問しましたが、今年は休みの都合で10月17日。案の定、3・4日早かったかなという色付きでした。手前はソバの花です。「常陸秋そば」というブランド品種で、花はよく咲いてました。コスモスは殆ど終わって...

  3. 幼少時をアフリカで過ごした動物写真家、山形豪さんの写真展 - 旅プラスの日記

    幼少時をアフリカで過ごした動物写真家、山形豪さんの写真展

    山形豪さんの写真展を訪れるのは、今回が2回目。1回目は2016年の8月でその日記はこちら。動物写真家の中でも、彼が撮影する場所は、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ザンビア、ウガンダと、どちらかと言うと、観光化されてない地域が多く、その撮影方法も、自動車、ボート、徒歩と様々。場所はニコンプラザ新宿のギャラリーで、写真展のタイトルは「SAFARI」パンフレットに使われた写真がこちらで、「かけっこ...

  4. 料理写真が無い、イタリア料理のグルメレポート - 旅プラスの日記

    料理写真が無い、イタリア料理のグルメレポート

    毎月1回開催している学生時代有志の同窓会。9月は当初17日の予定でしたが、自分のケニア旅行と重なり、9月幹事に「おれ、15日から24日は行けない」と、プレッシャーをかけ続けたら、9月30日に変更してくれました。お礼に会場を選ぶのは任せてくれと、自信を持って勧めたのはニューヨークスタイルのイタリアン。「インターコンチネンタル東京ベイ」の「イタリアンダイニング・ジリオン」です。美人ウェートレスの...

  5. 高ければ高いほど、尊敬されるマサイ族のジャンプ - 旅プラスの日記

    高ければ高いほど、尊敬されるマサイ族のジャンプ

    今回のケニア旅行では、宿泊したMPATAサファリクラブさんが、6泊のうちに2回もマサイショーを開催してくれました。その1回目です。想像ですが、これは勇敢な戦士たちの「狩りの踊り」まだ食事中でしたが、全員で写真を撮りまくり。そして、マサイジャンプ。反動もつけずにヒョイと、ジャンプします。高く飛べれば、飛ぶほど、仲間から尊敬され、女性からもてるとか。舞台を所狭しと走るマサイ族。テーブルには所狭し...

  6. 華やかなサンバ美女の笑顔(浅草サンバカーニバル) - 旅プラスの日記

    華やかなサンバ美女の笑顔(浅草サンバカーニバル)

    8月31日に開催された、第38回浅草サンバカーニバルの写真です。1回目は「衣装」、2回目は「羽根飾り」でしたが、今回はダンサーの「笑顔」を解説抜きの、写真だけでお届けします。12345678どなたも素敵な笑顔ですが、最後の2名に「笑顔大賞」を贈りたい(笑)浅草サンバカーニバルは、次回「迫力編」で最終回となります。

  7. 昼呑みの聖地、浅草ホッピー通りでラグビーを!! - 旅プラスの日記

    昼呑みの聖地、浅草ホッピー通りでラグビーを!!

    私の学生時代には、六区の「煮込み通り」と呼ばれていたこの通り。「居酒屋とんぺいさん」は、昔からお世話になりました。近所の木馬亭さん。この辺りは昭和の香りがプンプンします。さてここが昔の「煮込み通り」、現在の「ホッピー通り」です。今日のホッピー通りは、いつになく盛り上がってます。それもそのはず、ラグビーワールドカップで、世界ランキング2位のアイルランドと日本チームが闘っています。オオオ~~~~...

  8. ナイロビからバンコクは、ハプニングでドタバタ劇 - 旅プラスの日記

    ナイロビからバンコクは、ハプニングでドタバタ劇

    9月22日、マサイマラの最終日の最終サファリを終え、我々はマサイマラの空港からナイロビを目指しました。飛行機の主翼の下に、この空港では唯一の建物が見えてます。我々は敬意を表してこの建物をラウンジと呼んでます(笑)ラウンジの前で手を振ってるのが、今回のドライバーガイドを務めたオルオチです。ナイロビに着いてから、日本食レストラン「HARU」での食事中に、MPATAの紀子さんから電話があり、ケニア...

  9. ダンスパフォーマンス集団迫(スーパーよさこい2019) - 旅プラスの日記

    ダンスパフォーマンス集団迫(スーパーよさこい2019)

    原宿表参道元気祭スーパーよさこい2019、神宮会館ステージの8チーム目です。 正式名称は、ダンスパフォーマンス集団迫-HAKU-。 昨年も、同じ神宮会館ステージで見て、その迫力に驚いたチームですが、東京小平市、東村山市で活動する結成12年目のチーム。やはりこのチームの特徴は、この迫力溢れるダンス。高く盛り上がったヘアスタイルと、高く上がる足。そして美しい女性たち。衣装は、歌舞伎役者風というか...

  10. 華麗なるサンバ美女の羽根飾り(浅草サンバカーニバル) - 旅プラスの日記

    華麗なるサンバ美女の羽根飾り(浅草サンバカーニバル)

    浅草サンバカーニバルの前回はダンサーの衣装に注目しましたが、今回は8人のダンサーの派手な羽飾りに注目しました。この羽根飾りは、コステイロといいます。1材料となる羽根は様々ですが、衣装の総重量は4kgにもなるそうです。2それを背負って、炎天下を笑顔で踊りながら、2時間も歩くわけですから・・・・3サンバダンサーは重労働。ご苦労様です。4タスキをかけて踊るダンサーは、ハイーニャ・デ・バテリアと呼ば...

  11. エジプト旅行記最終回(ハトシェプスト女王葬祭殿) - 旅プラスの日記

    エジプト旅行記最終回(ハトシェプスト女王葬祭殿)

    2019年3月4日のエジプト、ルクソールです。早朝に熱気球でルクソールを空から眺め、一端ホテルに戻ってから、カルナック神殿、ルクソール神殿を廻り、午後からは王家の谷と、ハトシェプスト女王葬祭殿を見学しました。王家の谷から、ハトシェプスト女王葬祭殿には、ミニトレイン(日本でいうトロッコ列車)で向かいます。5分くらいで、3層の葬祭殿が見えてきました。エジプト初の女王といわれるハトシェプスト女王は...

  12. 東京ならではの、お洒落なチーム(スーパーよさこい2019) - 旅プラスの日記

    東京ならではの、お洒落なチーム(スーパーよさこい2019)

    原宿表参道元気祭スーパーよさこい2019、神宮会館ステージの7チーム目は、活動6年目の東京のチームで、TOKYOPHANTOMORCHESTRA。お洒落で、独特で、不思議な世界を創造する、東京ならではの、よさこいチームです。独特な衣装と恰好がいい赤い旗。かつて見たことが無いスマートなオプニングでした。男性が多く、皆さん若い。他のよさこいチームにはない振り付け。動きが激しいダンスに圧倒されます...

  13. 華麗なるサンバ美女の衣装(浅草サンバカーニバル) - 旅プラスの日記

    華麗なるサンバ美女の衣装(浅草サンバカーニバル)

    浅草の夏の風物詩となった「浅草サンバカーニバル」が8月31日に開催されました。今や来場者が50万人という浅草サンバは「北半球最大のサンバカーニバル」色とりどりの華やかな衣装に身を包んだ、5000人のダンサーが、サンバのリズムに合わせて息の合ったテップを披露しました。今回はサンバ美女の衣装に注目です。色鮮やかな色彩。素敵なデザイン。よくわからないお面。廻りが派手なので、これでも清楚なイメージ。...

  14. カッコよすぎる「音ら韻」(スーパーよさこい2019) - 旅プラスの日記

    カッコよすぎる「音ら韻」(スーパーよさこい2019)

    原宿表参道元気祭スーパーよさこい2019、神宮会館ステージの3チーム目です。「音ら韻」は、ONLINEに由来し、活動を通して様々な人と繋がっていこうという意味。東京の人気チームである「音ら韻」の今年のテーマは「笑」。演者も観客も笑顔になる「SHOW」をという願いを込めています。振り付けを手掛け、プロダンサーでもあるリーダーが、ステージで一緒に踊ります。今年の出場が、14回目になるチームは、ま...

  15. びしょぬれでも、ワッショイ!!(水掛け祭り、最終回) - 旅プラスの日記

    びしょぬれでも、ワッショイ!!(水掛け祭り、最終回)

    江戸三大祭りの一つ、深川八幡祭りは、370年以上の歴史をもつ由緒ある祭り。 神輿には、たっぷりと水が浴びせられ、永代通りに悲鳴と歓声が響きました。 水掛け祭りの日記も3回目。今回は宴もたけなわ、水掛けもたけなわ、最終回です。大人が本気で、神輿を高々と差し上げました。これじゃ子供たちは手が届きません。三好1丁目の皆さんです。青空に白い雲。濡れた服もすぐ乾きます。容赦なく降り注ぐにわか雨のような...

  16. サンバ美女10人を選んでみました(三茶ラテンフェスティバル) - 旅プラスの日記

    サンバ美女10人を選んでみました(三茶ラテンフェスティバル)

    「サンマは目黒、サンバは三茶」。このキャッチコピーは、今考えたのですが、いいと思いませんか(笑)三軒茶屋のラテンフェスティバルの圧巻は、25日の午後に行われたサンバパレード。サンバ美女を7人くらい掲載しようと書き始めたら、結局10人になってしまいました。1人目羽根飾りが豪華2人目スラリとした長い足3人目ファインダーを覗いていたら、突然頭の上に現れたので、のけぞりました。4人目素晴らしいハイレ...

  17. 5チームを一挙に掲載(表参道スーパーよさこい2019) - 旅プラスの日記

    5チームを一挙に掲載(表参道スーパーよさこい2019)

    今年も、「原宿表参道元気祭、スーパーよさこい2019」の季節がやってきました。昨年も撮影した明治会館ステージで、24日の1チーム目から8チーム目までを声援し、50分で786枚を撮りましたが、本日はそのうちの5チームを、3枚ずつお届けします。東京学生「生っ粋」、出場回数18回、東京都学生・社会人を問わず活動しています。生っ粋の笑顔と元気で盛り上げます。北里大学、北里三陸湧昇龍、出場回数5回、神...

  18. 世界最大のラン「タイガーオーキッド」が開花 - 旅プラスの日記

    世界最大のラン「タイガーオーキッド」が開花

    板橋区高島平の熱帯環境植物館で、花びらのトラ柄が特徴の「タイガーオーキッド」が、開花しました。東南アジア原産で現地の自生地でも開花は珍しいと言われます。正式名称は「グラマトフィルム・スペキオスム」。株の高さは最大で7m以上になり、株全体の重さは2トン以上になります。背が高かったので下から見上げて撮っています。同館では1994年の開館以降育ててきたが、つぼみをつけたのは初めて。訪問した8月18...

  19. 新王国時代の歴代の王が眠る王家の谷(エジプト、ルクソール) - 旅プラスの日記

    新王国時代の歴代の王が眠る王家の谷(エジプト、ルクソール)

    2019年3月4日は、本年で一番忙しい日でした。早朝に熱気球でルクソールを空から眺め、一端ホテルに戻ってから、カルナック神殿と、ルクソール神殿。午後からは王家の谷と、ハトシェプスト女王葬祭殿を見学しました。エジプト旅行の日記もあと2回なのですが、本日は古代エジプトの新王国時代の王たちの墓が集中しており、24の王墓を含む64の墓が発見されている王家の谷です。ここは最も有名なツタンカーメン王の墓...

  20. 糸で織りなす心の風景(塩田千春展、後半) - 旅プラスの日記

    糸で織りなす心の風景(塩田千春展、後半)

    前回は赤い糸で織りなされた「不確かな旅」をお届けした塩田千春展ですが、その後半は、写真撮影が可能だったその他の作品をお届けします。場所は東京・六本木タワー53階の森美術館です。作品名は「静けさの中で」黒い糸が織りなす展示室へと進むと、グランドピアノと観客用の椅子が黒い糸でつながり、空間全体を埋め尽くします。グランドピアノは燃えたあとで、音が出ることのないピアノの存在と、観客不在の椅子が沈黙し...

総件数:425 件

似ているタグ