Campagnaのタグまとめ

Campagna」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCampagnaに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Campagna」タグの記事(20)

  1. カプリ島には猫がいっぱい2 (Capri 6) - エミリアからの便り

    カプリ島には猫がいっぱい2 (Capri 6)

    日向ぼっこでとってもご機嫌。島で暮らす猫たちに敬意を表した猫の銅像。

  2. カプリ島の世界一美しい小路 (Capri 5) - エミリアからの便り

    カプリ島の世界一美しい小路 (Capri 5)

    公園の上から眺めたクルップ通り(Via Krupp)。 

  3. 起伏の激しいカプリ島 (Capri 3) - エミリアからの便り

    起伏の激しいカプリ島 (Capri 3)

    ゴツゴツした岩肌。サン・ジャコモ修道院。

  4. カプリ島には猫がいっぱい1 (Capri 2) - エミリアからの便り

    カプリ島には猫がいっぱい1 (Capri 2)

    島のあちこちで飼い猫や野良猫に会う。

  5. フェリーに乗ってカプリ島へ (Capri 1) - エミリアからの便り

    フェリーに乗ってカプリ島へ (Capri 1)

    ナポリからフェリーでカプリ島に到着。新婚旅行…以来。 

  6. またきっと来るよ、ナポリ (Napoli 20) - エミリアからの便り

    またきっと来るよ、ナポリ (Napoli 20)

    人も町も食も文化も信仰も全てが濃厚で奥深い。それがじわじわ癖になる。またナポリに戻ってくるよ!

  7. ナポリのプレゼーペとヌヴォラ (Napoli 19) - エミリアからの便り

    ナポリのプレゼーペとヌヴォラ (Napoli 19)

    ナポリらしいピッツァ職人のプレゼーペ。柔らかい生地の中にミルククリームが入ったヌヴォラ(nuvola=雲)。色々なヴァージョンがある。

  8. ナポリの地下に広がる世界を探検 (Napoli 17) - エミリアからの便り

    ナポリの地下に広がる世界を探検 (Napoli 17)

    ナポリの地下水道網(Napolisotteranea)の一番深いところは、地下40mある。ギリシャ時代は石切り場、ローマ時代は貯水槽、中世は食糧倉庫、戦時中は防空壕として使われた。人が横向きでやっと通れる、とても狭い通路を進んで行くと、やがて視界が広がり、この大きな貯水槽に出た。こちらの地下水路に比べ、歴史が古く長く壮大な規模の水道網だ。地下35mの一角では、太陽光の代わりに特殊な電球の光と...

  9. ケーブルカーに乗って (Napoli 16) - エミリアからの便り

    ケーブルカーに乗って (Napoli 16)

    ケーブルカーに乗ってナポリの丘陵地にのぼった。サンテルモ城(Sant’Elmo)からナポリを見下ろす。

  10. 博物館でタコ焼き器を見つけた (Napoli 14) - エミリアからの便り

    博物館でタコ焼き器を見つけた (Napoli 14)

    可愛らしいガラスのボトル。隣のショーケースには失敗してボツになった物も展示。ナポリ国立考古学博物館のキッチン用品部門。ポンペイのたこ焼き器?

  11. アートな空間、ナポリの地下鉄駅 その2 (Napoli 13) - エミリアからの便り

    アートな空間、ナポリの地下鉄駅 その2 (Napoli...

    ある駅構内の天井にはフィボナッチ数列が渦巻きにあしらわれたり著名人の顔や全身像がパネルになったり幾何学模様と豊かな色合いが不思議な空間を生み出す。

  12. 奇跡が起きるナポリの大聖堂 (Napoli 12) - エミリアからの便り

    奇跡が起きるナポリの大聖堂 (Napoli 12)

    白い壁の大聖堂。ここにはナポリの守護聖人サン・ジェンナーロ(San Gennaro)の凝固した血液が、ガラスの小瓶に保管されている。この小瓶を大司教がゆっくり振ると、固まっていた血が溶け出す。聖人の血液が融解する奇跡が起きると、その年のナポリは安泰と言われている。大聖堂内にあるサン・ジェンナーロ礼拝堂の美しいクーポラ。

  13. アートな空間、ナポリの地下鉄駅 その1 (Napoli 11) - エミリアからの便り

    アートな空間、ナポリの地下鉄駅 その1 (Napoli...

    地下の建造物として非常に優れていると、数々の賞を受賞したナポリの地下鉄駅。その代表がこのトレド駅(Toledo)構内。プラネタリウムのような、幻想的な雰囲気に包まれている。ほかの駅もテーマに合わせた色彩やオブジェが置かれ現代美術館のようだ。

  14. ナポリの壮麗な王宮 (Napoli 10) - エミリアからの便り

    ナポリの壮麗な王宮 (Napoli 10)

    ナポリを統轄していたスペイン総督が、国王のナポリ滞在にふさわしい壮麗な王宮として建設したが…歴代のスペインの王の誰1人として、ナポリを訪れたこともなければ、この豪奢な宮殿に住んだこともなかった…。ナポリの喧噪をしばし忘れて優雅な気分に浸る。

  15. ナポリ国立考古学博物館の秘密の小部屋 (Napoli 8) - エミリアからの便り

    ナポリ国立考古学博物館の秘密の小部屋 (Napoli 8)

    『ファルネーゼのフローラ(Flora Farnese)』がまとった衣装のヒダは、大理石とは到底思えないほど、繊細でエレガントだった。サンセヴェーロ礼拝堂(Cappella Sansevero)にある『ヴェールに包まれたキリスト(Cristo Velato)』や『暴かれた欺瞞(Il Disinganno)』も、一体どうやって彫ったのか?信じられないほど美しい 超絶技巧の彫刻だった。博物館の一角...

  16. ストリートフードになったババ (Napoli 7)  - エミリアからの便り

    ストリートフードになったババ (Napoli 7) 

    パスティッチェリアや町角のスタンドには、カップに入ったババ(Babà)がたくさん並んでいた。濃いエスプレッソ(またはオレンジリキュール)に浸したババに、シャンテリー・クリームや泡立てた生クリームやカスタードクリームやヘーゼルナッツクリームやシリアル入りチョコクリームやオレオクッキーなどを挟んだ、ナポリの新しいストリートフードとして定着しつつある。

  17. 5本の塔が建つヌオーヴォ城 (Napoli 6)   - エミリアからの便り

    5本の塔が建つヌオーヴォ城 (Napoli 6)  

    重厚な造りのヌオーヴォ城(Castel Nuovo)の入り口は、ナポリへの勝利の入場を果たしたアラゴン家のアルフォンソ1世(Alfonso d'Aragona)を称えた凱旋門となっている。繊細な彫刻が施されたアーチの真ん中にアラゴン家の家紋。

  18. 空に舞う洗濯物 (Napoli 4) - エミリアからの便り

    空に舞う洗濯物 (Napoli 4)

    落書きだらけの路地。洗濯物が舞うスペイン地区。マリア像。町の至る所に、教会や修道院やマリアやキリストの祠がある。大通りはものすごいスピードで行き交う、車やバイクの波。バイクは赤信号でも止まらないことがあるから、横断歩道もおちおち渡れない。ぼんやりしていたら、バイクに轢かれる。地元の人同士の会話は、訛りやアクセントが強すぎて、さっぱり分からない。ナポリは人間と宗教の、独特のエネルギーに満ちてい...

  19. ウンベルト1世のガッレリア (Napoli 2) - エミリアからの便り

    ウンベルト1世のガッレリア (Napoli 2)

    『マカロニ』や『昨日、今日、明日』を観ていたらナポリに行きたくなって...やって来ました。パスティッチェリアのガラスケース。

  20. 23年ぶりのナポリ (Napoli 1)  - エミリアからの便り

    23年ぶりのナポリ (Napoli 1) 

    ナポリ湾とヴェスヴィオ山。地元の人も観光客もスパッカナポリをそぞろ歩く。

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ