Canon ミラーレス R6のタグまとめ

Canon ミラーレス R6」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCanon ミラーレス R6に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Canon ミラーレス R6」タグの記事(74)

  1. 寒風にたへてなほ肥ゆヒレンジャク(荒川河川敷の公園) - 旅プラスの日記

    寒風にたへてなほ肥ゆヒレンジャク(荒川河川敷の公園)

    夕方からコミミズクを撮りに行こうと思っていたのに、北風が強いので出かけた先は、いつもよく行く荒川河川敷の公園でした。昼間は30名近くのカメラマンが、ヒレンジャクを待ちますが、夕方4時ともなると、残っていたカメラマンは1人だけ。運よく、大木に数羽のヒレンジャクがたむろしてました。この公園では、過去に4回、ヒレンジャクを待ちましたが、会えたのは今回が初めて。カメラマンがいなくなると、安心して出て...

  2. 目当ての鳥に会えなかったのは、こいつのせいか?(荒川河川敷) - 旅プラスの日記

    目当ての鳥に会えなかったのは、こいつのせいか?(荒川河川敷)

    今年になって、我が日記は、「絶賛???バードウィーク」が続いています(笑)3密を避けて、日記を1年365日、書き続けるには、野鳥撮影が手頃ですが、中でも一番よく通ってるのが、自宅からも近い荒川河川敷の公園。この公園で撮った1月からの初見・初撮りは、マヒワ、トラツグミ、ベニマシコ、ヒクイナ、キクイタダキ、ミヤマホオジロ。「よ~し、今日も張り切って行くぜ」と出かけた2月20日の土曜日は、敢え無く...

  3. コウノトリの、れいさんが跳んだ(渡良瀬遊水地) - 旅プラスの日記

    コウノトリの、れいさんが跳んだ(渡良瀬遊水地)

    前回、2月3日にお届けした「ひかる君と、れいさんの愛の巣」の続きです。渡良瀬遊水地の人口巣塔に、新居を築いたひかる君と、れいさん。相変わらず仲良く暮らしています。れいさんが、食事のため跳び出した場面ですが、飛んだ距離は僅か30mでした(笑)オオオット~~~!!!跳びます。心配そうに見送る、ひかる君。いってらっしゃ~~い。滑空の体勢。羽根を、上下させて・・・・着地場所を確認しながら降りて来ます...

  4. 群れで活動するから「連雀」なのに、はぐれてしまったヒレンジャク - 旅プラスの日記

    群れで活動するから「連雀」なのに、はぐれてしまったヒレ...

    群れでいることが多いので「連雀」という名前が付けられた、ヒレンジャクと、キレンジャク。今日の日記は、2月13日に多摩丘陵の公園で撮影した、ヒレンジャクです。左を向いて・・・・右を向いて、落ち着かない様子。目はどこにあるかというと、嘴の横の黒い帯状の羽毛の中です。地元のカメラマンの話では、このヒレンジャクは仲間とはぐれてしまい、ここで仲間が来るのを待っているのだとか。仲間を待ち、遠くを眺めるヒ...

  5. 赤い顔をした猿から「紅猿子」と名付けられた可哀想なベニマシコ - 旅プラスの日記

    赤い顔をした猿から「紅猿子」と名付けられた可哀想なベニマシコ

    ベニマシコは、赤い顔をした猿から「紅猿子」(ベニマシコ)と名付けられたそうです。夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り越冬します。オスの後ろ姿。でも視線はこちらを向いてます。ベニマシコの好物は、このセイタカアワダチソウ。嘴に食べかすが付いてるよ~~オスは背中も、お腹も薄い赤。この赤は夏になると、もっと赤くなるそうです。スズメ目、アトリ科、ベニマシコ属。河原によくい...

  6. イマイチな写真もあるさ冬の鳥(あちこちの公園にて) - 旅プラスの日記

    イマイチな写真もあるさ冬の鳥(あちこちの公園にて)

    荒川河川敷の公園で、1日に2種類の冬鳥を、初見・初撮りした日がありました。盆と正月が一緒に来たような・・・・・かというとイマイチで、そうでもなかった!!!、写真は「キクイタダキ」で、初見・初撮りです。頭頂部に黄色い冠羽があるため、菊を戴くという意味から、キクイタダキと命名された珍しい鳥。写真は真下から見上げた1枚だけ。これでは黄色い冠羽が見えず、ジョビ子か、ルリ子か、さっぱり分かりません。残...

  7. 冬木立穿つコゲラの4ビート(荒川河川敷の公園) - 旅プラスの日記

    冬木立穿つコゲラの4ビート(荒川河川敷の公園)

    本日2月16日の16時に投稿予定の日記でしたが、間違えて2月16日の0時に予約してました。申訳ありません。再度、2月16日の16時に予約投稿しましたが、既にご覧になった方は、スルーして下さいね。多摩丘陵の公園で2月8日と、10日に撮影した野鳥たちです。高い木の上で、コゲラのパーカッション。コツコツ!!コツコツ!!コゲラは、スズメと同じ大きさの小さな鳥なので、音は聞こえても見つけて撮るのは結構...

  8. 宿り木に待ち人来たらず悲恋じゃく(多摩丘陵の公園) - 旅プラスの日記

    宿り木に待ち人来たらず悲恋じゃく(多摩丘陵の公園)

    最近「ヒレンジャク」を撮ろうと、彼らが好むヤドリギを探しては待伏せをしていました。しかし、ヒレンジャクはそう簡単に現れてくれず、来る日も、来る日も、空振り。寒い日に、泪と、鼻水と、溜息と、熱燗の日々を、過ごしておりました(笑)今日の一句は宿り木に待ち人来たらず悲恋じゃく(宿り木は冬の季語)ところが私が待ち伏せをしていた荒川河川敷の公園でなく、多摩丘陵の公園に出てるという情報をブロ友さんからい...

  9. この時期に簡単に見ることができる川辺の鳥たち(荒川河川敷) - 旅プラスの日記

    この時期に簡単に見ることができる川辺の鳥たち(荒川河川敷)

    最近は自宅から近い、荒川河川敷の公園に行くことが多く、今、ターゲットとしてる鳥は、ヒレンジャク、キクイタダキ、イカル等。撮れれば初見・初撮り・初掲載なのですが、そう簡単には見つかりません。この4・5日、あかん、おらへん、がっかり、が続いています。地味ですが、河川敷の沼で獲物を漁るタシギ。チドリ目、シギ科、タシギ属。体長は27cm程です。wikiには「日本には春と秋の、渡りの途中で立ち寄る旅鳥...

  10. 初見・初撮り・初掲載は、イソヒヨドリのお嬢さん(葛西臨海公園) - 旅プラスの日記

    初見・初撮り・初掲載は、イソヒヨドリのお嬢さん(葛西臨...

    天気が良い日曜日の午前中に、葛西臨海公園に出かけました。この公園での撮影ターゲットは、毎回、猛禽類なのですが、東なぎさに向かう途中の橋の手前で、見かけない鳥を見付けました。小学生5・6人が、引率の先生と一緒に野鳥観察に来ていて、双眼鏡や、カメラで同じ鳥を観察し、引率の先生も名前が分からないので「この鳥の名前はなんですか?」と、自分に聞いてきました。突然聞かれても(笑)、「ごめんね、おじさんも...

  11. 幸せの黄色いハンカチと、マヒワ(荒川河川敷の公園) - 旅プラスの日記

    幸せの黄色いハンカチと、マヒワ(荒川河川敷の公園)

    鶸色(ひわいろ)とは、鶸(ひわ)の羽のような黄色みが強い黄緑色のこと。荒川河川敷の公園で、はんの木に群れるマヒワを見つけましたが、まさに鶸色でした。夢中で食べてるのは、はんの木の実です。硬そうですが、美味しいのでしょうか。この顔は「美味しい~~」と言ってるみたいです。仲間が続々と集まってきます。頭が真っ黒なのはオス(右)、真っ黒で無くて薄い色はメス(左)。大きさは12cmくらい。日本には越冬...

  12. 冬ざれに紅一点のベニマシコ(荒川河川敷の公園) - 旅プラスの日記

    冬ざれに紅一点のベニマシコ(荒川河川敷の公園)

    似たような俳句は、以前にも詠んだような気がしますが、季語だけちょっと変えました。色彩が乏しい冬の河川敷に紅色を添えてくれるのは、ベニマシコです。ここ、荒川河川敷の公園で、待っていたら、ヨシの間から飛び出してきました。飛んできた場所は、背景がイマイチ、イマニ、イマサン。後ろ姿です。メスもやってきましたが、メスは地味です。食事のためにやって来たんですね。ベニマシコの特徴は、その色と、尾が長いこと...

  13. ヒュルリ~♪ ヒュルリララ~♪燕じゃないけど鳴いてます~♪ - 旅プラスの日記

    ヒュルリ~♪ ヒュルリララ~♪燕じゃないけど鳴いてます~♪

    最近、野鳥の「出」が少なくなってきたように感じるのは、よく行く多摩丘陵の公園です。小鳥が鳴いてる声は聞こえるのですが、姿が見えないので、写真も撮れません。ヒュルリ~♪ ヒュルリ~ララ~♪ついておいでと♪啼いてます~♪「越冬つばめ」は、森昌子さんの、1983年のヒット曲、渋いですね~~(笑)ヒュルリ~♪ ヒュルリ~ララ~♪野鳥探して~♪歩いてま~す♪アオジのメスです。食事中でした。シロハラも、...

  14. 初見・初撮り・初掲載。薄い緋色が美しい、ヒクイナ(荒川河川敷) - 旅プラスの日記

    初見・初撮り・初掲載。薄い緋色が美しい、ヒクイナ(荒川...

    ある日の荒川河川敷の公園です。トラツグミのポイントで、トラツグミを探していたら、マヒワが沢山来てくれて、ベニマシコのポイントで、ベニマシコを探していたら、ヒクイナが見つかるという予想外の日でしたが、結果はオーライでした。こんな日もありますが、まずは初見・初撮り・初掲載。薄い緋色が美しいヒクイナです。ここでは、過去に3回、ベニマシコを撮ってますが、ヒクイナもいるとは驚きました。ヒクイナは、ツル...

  15. 初見・初撮り・初掲載は、地味なオオジュリン(葛西臨海公園) - 旅プラスの日記

    初見・初撮り・初掲載は、地味なオオジュリン(葛西臨海公園)

    猛禽類の、ミサゴ、ノスリ、ハイタカ、チュウヒ、オオタカが、現れる葛西臨海公園。その猛禽類を撮りたくて、10日に1回くらい訪問していますが、昨年に枝被りのオオタカが撮れた以外は、毎回空振りに終わっています。そして「今度こそは」と意気込んで出かけた1月29日も、敢え無く空振り三振。初見・初撮りはオオジュリンです。三振後の「振り逃げセーフ」みたいなもんでしょうか。葛西臨海公園には何回も来てるので、...

  16. この時期に簡単に見ることができる川辺の鳥たち(荒川河川敷) - 旅プラスの日記

    この時期に簡単に見ることができる川辺の鳥たち(荒川河川敷)

    荒川河川敷の公園を2時間程、散歩していた時に目にした鳥たちです。水鳥を撮る機会はあまりないのですが、寝ていたコガモのオス。寝ていたコガモのメス。コガモはカモ目、カモ科、マガモ属です。起きていたコガモの幼鳥。プカプカ浮いていて撮りやすいのですが、沢山いるので新鮮な喜びはありません。こちらは、すばしっこく飛び回るので、撮りにくいモズ。モズは、散歩中に出会える定番です。定番といえば、ヒヨドリ。定番...

  17. ひかる君と、れいさんの愛の巣(渡良瀬遊水地のコウノトリ) - 旅プラスの日記

    ひかる君と、れいさんの愛の巣(渡良瀬遊水地のコウノトリ)

    前回は不在だった、渡良瀬遊水地のコウノトリ、ひかる君と、れいさん。午前中は採餌に出てるので、午後3時に訪問してみました。300m以上先の人口巣塔にコウノトリが見えますが、肉眼では1羽か2羽かはっきりとは見えません。空をトビかノスリが飛んで行きます。少しトリミングしてみましょう。コウノトリの新しいカップルが見えます。新居の補修をしてるのでしょうか。訪問した1月31日は、大荒れの天気で、関東地方...

  18. 小さな鳥の、ド・ド・ド・アップ特集(あちらこちらでの撮影) - 旅プラスの日記

    小さな鳥の、ド・ド・ド・アップ特集(あちらこちらでの撮影)

    鳥撮りのカメラマンは、引きで撮る人、寄りで撮る人と様々です。自分の場合は、背景が綺麗だと引き、背景がゴチャゴチャしてると寄りのスタンスで撮ってましたが、最近の野鳥撮影の装着レンズは、単焦点の望遠なので、殆どが過剰に寄り過ぎ。そんなわけで、本日は小鳥の、ド・ド・ド・アップ特集をお届けします。アオジのメスヤマガラシジュウガラルリビタキのメスジョウビタキのメスカワセミのオスシジュウガラは荒川河川敷...

  19. 冬深し紅一点のベニマシコ(荒川河川敷の公園) - 旅プラスの日記

    冬深し紅一点のベニマシコ(荒川河川敷の公園)

    俳句を作っては、よくタイトルに使ってますが、未だかつて、誰からも、1回たりとも褒められたことがない(笑)プレバトなら、凡人中の凡人なのだと思いますが、今日のタイトルはいつもより力作。冬深し紅一点のベニマシコ(季語は冬深し)赤丸急上昇かな。なんてったって「ベニマシコ」ですから。←俳句も凡人、ギャグも凡人(笑)あまり可愛くないシメ。ここの川でよく会うバンの幼鳥。何故か、バンの親には会ったことがあ...

  20. バシャバッシャン寒中水浴ルリ・メジロ(多摩丘陵の公園) - 旅プラスの日記

    バシャバッシャン寒中水浴ルリ・メジロ(多摩丘陵の公園)

    誰もが何のこっちゃ!!、と思うタイトルですが、ルリビタキと、メジロが、水場にやってきて、バシャバッシャンと水浴びをしているが、寒いだろうなという句です(笑)ルリビタキのメスがやってきました。バシャバシャ!!、ブルンブルン!!カメラのF値が11.0なので、+2/3の露出補正をして、1/500秒で撮りました。次にやってきたのはメジロ。バシャバシャ!!、バシャバッシャン!!ブルン!!、ブルン!!露...

総件数:74 件

似ているタグ