Canon ミラーレス R6のタグまとめ

Canon ミラーレス R6」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCanon ミラーレス R6に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Canon ミラーレス R6」タグの記事(74)

  1. 群馬県多々良沼で、カンムリカイツブリ、トウネン、ヘラサギ - 旅プラスの日記

    群馬県多々良沼で、カンムリカイツブリ、トウネン、ヘラサギ

    昨年12月15日に遠征した、群馬県多々良沼。初見・初撮りだった、カンムリカイツブリ、トウネン、ヘラサギを、遠征当日に、速報として写真を1枚ずつ掲載しましたが、今日は、あらためて、もう少し詳しく掲載します。カンムリカイツブリは、カイツブリ目、カイツブリ科、カンムリカイツブリ属。日本には冬鳥として飛来し、全長は約56cm、翼開長は約85cm。 トウネンは、チドリ目、シギ科、オバシギ属。日本には春...

  2. 初夢に見ると縁起がいい「一富士二鷹三茄子」と、東京遠景近景 - 旅プラスの日記

    初夢に見ると縁起がいい「一富士二鷹三茄子」と、東京遠景近景

    初夢に見ると縁起がいいと言われるのは「一富士二鷹三茄子」一富士。撮影が12月26日だったので、冠雪は僅かですが、その後に降った雪で、今は真っ白。二鷹。葛西臨海公園で撮った枝被りのオオタカ。三茄子は無いので、オオタカを撮った場所から見える観覧車。休業中で回っていません。初夢に見ると縁起が良さそうなのを、独自に三つ選んでみました。一橋二塔三お城一橋は、東京ゲートブリッジ。二塔は、東京スカイツリー...

  3. 来年こそは飛翔の年へ(飛行機が行き交う師走の羽田空港) - 旅プラスの日記

    来年こそは飛翔の年へ(飛行機が行き交う師走の羽田空港)

    2020年の最後の日記になりますが、数えたら373日記でした。ケニア滞在中は1日に、2日記を書いた日もあったので、365日記+8日記。我ながらよく書いたもんだ(笑)コロナの終息と、2021年の飛翔を願って、羽田で飛行機を撮ってきました。2021年の合言葉は「終息と飛翔」です。12月29日。場所は羽田空港から目と鼻の先の城南島。朝の早い時間帯は、もろに逆光で、飛行機も霞んで見えます。沖合のD滑...

  4. 2020年の、鳥納め(葛西臨海公園、鳥類園) - 旅プラスの日記

    2020年の、鳥納め(葛西臨海公園、鳥類園)

    2020年は、よく野鳥を撮りましたが、久々に「葛西臨海公園、鳥類園」を訪ねました。お目当ては、猛禽類でミサゴ、ノスリ、オオタカ。まず「東なぎさ」のミサゴのポイントへ。見つからず、鳥類園に向かいました。メジロがいたのですが、レンズは遠距離の、ミサゴ用に合わせていたので1280mmのまま。10mの距離から、1280mmの望遠レンズで撮ると、メジロがこれ。寄り過ぎです(笑)「こりゃ、あかん」と80...

  5. 葛飾カワセミ劇場(久しぶりの、カワ男君とシロ子さんは元気) - 旅プラスの日記

    葛飾カワセミ劇場(久しぶりの、カワ男君とシロ子さんは元気)

    前回の葛飾カワセミ劇場は10月3日で「今年生まれた子供が、1人前に狩りをする」でしたから、実に久しぶり。1番子4羽、2番子4羽を育て上げたカワ男君と、シロ子さんは、12月23日も元気に、水元公園の彼らの縄張りに君臨してました。カワ男君が登場。元気そうです。今回から、カメラはミラーレス、レンズは800mmなので、こんなアップが撮れます。さっそく、朝ご飯。こんな狩りなら朝飯前だい!!獲物が小さか...

  6. スカイツリーと、タゲリ・チョウゲンボウ(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    スカイツリーと、タゲリ・チョウゲンボウ(江戸川矢切)

    土曜日・日曜日の江戸川矢切の堤防は、ウォーキング・ジョギングを楽しむ、健康志向の市民で賑わいます。ピントはランナー。背景のスカイツリーは、高さ350mの天望デッキです。矢切の農耕地では、今日もタゲリがお出迎え。ピントはスカイツリー。高さ450mの天望回廊と、アンテナが付けられたゲイン塔。近くの電線に、チョウゲンボウがやってきました。順光側に廻ろうとしたら、すぐに飛び立たれてしまいました。旋回...

  7. バシャバシャと白鳥飛び立つ多々良沼(群馬県立多々良沼公園) - 旅プラスの日記

    バシャバシャと白鳥飛び立つ多々良沼(群馬県立多々良沼公園)

    関東の白鳥飛来地と言えば、千葉県印西市、埼玉県川島町、茨城県千波湖、栃木県羽田沼、そして群馬県の多々良沼。訪問した12月15日に、ここ多々良沼公園も、白鳥80羽ほどが羽を休めてました。このように集まってくると、そろそろ飛び立つという合図です。トン、トン、トンというか、バシャ、バシャ、バシャというか、水面を走ります。やっと空に浮き上がりました。逆光なので、白い羽が透き通ってるかのように見えます...

  8. こだわりの特選食材で手作りの「和」をいただく銀座の隠れ家 - 旅プラスの日記

    こだわりの特選食材で手作りの「和」をいただく銀座の隠れ家

    昨年に比べると会食が減って、当ブログもカテゴリー「グルメ」が少なくなりましたが、今日はクリスマスイブなので、だいぶ前に会食をした銀座の美味しくて、お得な店をご紹介します。少人数のランチ会にお薦めの隠れ家的なお店です。「銀座なら、ウン十年」という自分が幹事で、メトロ銀座駅から歩いて1分の隠れ家に12時集合です。勿論、このご時世だから「完全個室」は必須。「旬の食材が満載の和食会席料理 全8品」さ...

  9. 5回目の挑戦で「タゲリ」の初見・初撮り(江戸川河川敷・矢切) - 旅プラスの日記

    5回目の挑戦で「タゲリ」の初見・初撮り(江戸川河川敷・矢切)

    「鳥撮り」をされてるブロ友さんが、よく「マイフィールド」と書かれていて、「どこだろう、羨ましいなあ」と思ってましたが、自分にも最近マイフィールドができて場所は矢切。ただ、場所を江戸川河川敷矢切と公表してるので、秘密にしてる意味合いも無くて正確には「アワーフィールド」です。そのアワーフィールドで、自分が行くと現れず、自分が行かない日に現れるという、意地悪な鳥がいましたが、5回目の挑戦でやっと「...

  10. 群馬県多々良沼に遠征し、トウネン、ヘラサギ、カンムリカイツブリ - 旅プラスの日記

    群馬県多々良沼に遠征し、トウネン、ヘラサギ、カンムリカ...

    本日(12月15日)は群馬県多々良沼に遠征し、トウネン、カンムリカイツブリ、ヘラサギを撮影してきましたが、いずれも自分自身の初見・初撮りでした。1,000枚は撮ったうちの、4枚を「撮って出し」で速報いたします。トウネンカンムリカイツブリヘラサギこちらは、今シーズン初撮りの、オオハクチョウ案内していただいたのは、ブロ友さんで、tontonoyajiさん。地元在住で「私の鳥撮り散歩」を、エキブロ...

  11. 利根大堰まで独り旅、果たしてミサゴは脚で魚を引っ張り上げるか - 旅プラスの日記

    利根大堰まで独り旅、果たしてミサゴは脚で魚を引っ張り上げるか

    自分のブロ友さんに、野鳥を撮られている、いわゆる「バーダーさん」が10名近くいらして、いつも羨ましく思っていたのは、ミサゴが大きな魚を脚で掴まえて、空を運んでいく写真。矢切で一緒に撮影をする親しい友人たちが、もう先月ですが、利根大堰でミサゴを撮られてるので「12月では遅いかな」と思いながらも、自分も独り旅をしてきました。利根大堰と言えば、2017年11月に、遡上するサケのジャンプを撮るために...

  12. 冬寒の矢切の渡しにキジ1羽(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    冬寒の矢切の渡しにキジ1羽(江戸川矢切)

    この2日間(12月6日・7日)は、矢切で「タゲリ」を探していました。もし現れたら、自分にとっては初見、初撮り。実は4日・5日と、矢切の写友さんが何羽も写真を撮ってるので、自分も張り切って日曜・月曜と、2日連続で通いましたが、現れず、「ガッカリの二乗」となりました。本日の先着は「O」さん、いつもいらっしゃる「A」さん、「M」さんがいないので、今日は病気?(笑)と思ってたら、自分と「O」さんが、...

  13. ケニアでサファリ47、生後1ヵ月の赤ちゃんヒョウ、ルルちゃん - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ47、生後1ヵ月の赤ちゃんヒョウ、ルルちゃん

    ルルちゃんの登場は今回が4回目。ケニアでサファリ23、25、34、に登場したヒョウの赤ちゃんで、ママの名前はルルカです。そしてルルちゃんは、私が勝手に付けた愛称なので、マサイマラでも通じません。森の中で独り遊びをしていた、ルルちゃん。(森の奥深い場所にいたので、全ての写真のピントがイマイチです)オモチャは、ママが狩りをして仕留めたウサギです。噛みついてるけど、生後1ヵ月のルルちゃんは母乳で、...

  14. 冬浅しチョウゲンボウのホバリング(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    冬浅しチョウゲンボウのホバリング(江戸川矢切)

    自粛明けの2日目は、1ヵ月半のご無沙汰でしたが、千葉県松戸市矢切の河川敷に行ってきました。先着して既に撮影中の、お友達「A」さん「O」さんと、久々のご挨拶。河川敷の景色はすっかり変わっていて、野鳥の撮影ポイントも500m程、南に移動し、10月のノビタキ、セッカ、キジから、最近の主役はチョウゲンボウらしい。早朝にカラスと、チョウゲンボウのバトルがあったらしいが、自分は朝9時の重役出勤なので間に...

  15. ケニアでサファリ39、ママヒョウのバハティと、2ヵ月の赤ちゃん - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ39、ママヒョウのバハティと、2ヵ月の...

    今年のマサイマラは、近年稀にみる、ヒョウのベビーラッシュ。撮った自分が、どのママヒョウに、何ヵ月の赤ちゃんがいて、何匹だったか、記憶がこんがらがってます。合計では4匹いて、全員が1ヵ月~3ヵ月。マサイマラ・タレック地区のヒョウを見に行くなら今が、すいててチャンスです(笑)整理するとカボソに、3ヵ月の赤ちゃんがいて「カボちゃん」、掲載は、ケニアでサファリ33。ルルカに、1ヵ月の赤ちゃんがいて「...

  16. ケニアでサファリ35、ケニアでは初見、初撮りのネコ科サーバル - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ35、ケニアでは初見、初撮りのネコ科サーバル

    ケニアでは大変、珍しいと言われるサーバル。タンザニアのセレンゲティ国立公園で、サーバルを1回だけ見たことがありますが、ケニアのマサイマラでは初めて見ました。サーバルは、ネコ科サーバル属に分類される肉食動物。写真では大きく見えますが、体長は60~90cm。体重は6~18kg。ジャンプ力が凄くて、高さ1.5m、幅3.5mは楽に跳び、前脚で獲物を叩き捕えます。後を見ながら去っていくサーバル。さよう...

  17. ケニアでサファリ34、ママヒョウのルルカと、1ヵ月の赤ちゃん - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ34、ママヒョウのルルカと、1ヵ月の赤ちゃん

    昨日の日記のタイトルは「ママヒョウのカボソと、3ヵ月の赤ちゃん」私が勝手に付けた赤ちゃんの愛称は「カボちゃん」今日の日記のタイトルは「ママヒョウのルルカと、1ヵ月の赤ちゃん」私が勝手に付けた赤ちゃんの愛称は「ルルちゃん」どちらの赤ちゃんも、来年から成長を撮り続けながら、その記録を残そうと目標を立てているモデルさんです。ルルちゃんの1回目はこちら↓そして、ルルちゃんの2回目はこちらです↓そして...

  18. ケニアでサファリ33、ママヒョウのカボソと、3ヵ月の赤ちゃん - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ33、ママヒョウのカボソと、3ヵ月の赤ちゃん

    11月16日夜にケニアから帰国して、今日は厚労省の勧める自主隔離の2日目。外出はせずに、ケニアの21日間で撮影した5,000枚の写真を整理しています。来年からは、今回撮影したヒョウと、チーターの赤ちゃんに会って、その成長を撮影し記録を残そうと思っています。日本に動物カメラマンは数多くいますが、マサイマラで個別に特定できるヒョウと、チーターの子供を、撮り続けているカメラマンはいないので、自分が...

  19. ケニアでサファリ27(11月11日)ヒョウのカボソが目の前に - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ27(11月11日)ヒョウのカボソが目の前に

    11月11日の朝です。夜に雨が降ったせいか、陽が昇ると、靄だか雲だかが地平線に集まり、面白い朝焼けでした。今日は、この森で子育てをするママヒョウの「カボソ」(この辺りの地名)を、探しに行きましたが、既に10台以上のサファリカーが、カボソの出待ちをしていました。どこから出て来るか分からないまま、森のすぐ近くで出待ちをしてると、運よく我々のサファリカーの真ん前を通り過ぎました。本当は、顔を正面か...

  20. ケニアでサファリ25(11月6日)再び登場、ルルカの赤ちゃん - 旅プラスの日記

    ケニアでサファリ25(11月6日)再び登場、ルルカの赤ちゃん

    11月6日のサファリです。「ケニアでサファリ23」でも、ルルカの赤ちゃんを掲載しましたが、この日は2回もルルカの赤ちゃんを訪ねました。午後からはお留守番だったらしく、独りで高い木の上に。ここなら安全です。夕方はちょっと眠たいみたい。なまアクビ。今度は本格的な、大アクビ。サファリカーが、4・5台、集まってきたので不思議そうに見つめています。でもやはり、留守番は退屈。「ママ、早く帰って来ないかな...

総件数:74 件

似ているタグ