Canon EOS 5D Mark IIのタグまとめ

Canon EOS 5D Mark II」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCanon EOS 5D Mark IIに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Canon EOS 5D Mark II」タグの記事(15)

  1. ウグイの遡上その5 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ウグイの遡上その5

    近所の川でウグイの遡上シーンを切り取って遊んでみたシリーズも今回で最終回。このところ、スマホカメラの方が面白くて楽なので重い一眼レフカメラを持ち出してませんでしたが、今回は一眼には一眼の良さがあることを再認識。面白かったのでたくさん撮っちゃいました。ま、当たり前なんですけど、スマホじゃこんな画像は撮れませんもんね。次回は10~11月にかけて遡上するビワマスを狙ってみるのもいいかもしれません。...

  2. ウグイの遡上その4 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ウグイの遡上その4

    春から夏にかけてのウグイは食べると川魚独特の臭さがあって、特に産卵期のウグイはそう美味しくありません。ちなみに、我が家では川を遡上してくるウグイは臭み消しに山椒の葉をたくさん入れた煮付けにして食べます。川魚ですので小骨が多くてちょっと大変ですが、子どもの頃からなじみ深い料理の一つです。他には鮒ずしの二ゴロブナの代わりにウグイを使った「ウグイずし」にしたり、冬にびわ湖で捕ったウグイを「背ごし」...

  3. ウグイの遡上その3 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ウグイの遡上その3

    調べてみましたら、ウグイの産卵行動は水温が11~13℃に上昇する時期に始まるそうで、こちらでは毎年桜の咲き出す頃。雌雄ともに鮮やかな朱色の婚姻色が入りますので、この時期のウグイを「サクラウグイ」と呼びます。透過するひれの赤が美しい。(^^)

  4. ウグイの遡上その2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ウグイの遡上その2

    ウグイは漢字で書くと「鯎」、「石斑魚」。成体の体長は30cm前後で、食性は雑食。水生昆虫、水底のコケ、小さな魚、魚の卵、エビ、ミミズ、昆虫はもちろん、ソーセージやちくわ、残飯に至るまでとにかく何でも食べます。春のこの時期には川を真っ黒にして大きな群れで遡上しますので、橋の上から観察すると見飽きません。日本中どこでも見られる魚ですね。(^^)

  5. ウグイの遡上 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ウグイの遡上

    今年も我が家のそばを流れる川でウグイの遡上が始まっています。というわけで、久しぶりにEOS 5D Mark IIにAPO50-500mmをセットして撮りに行ってきました。重すぎて腕がプルプルしました。(^^;)

  6. 奈良「鹿」考その2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良「鹿」考その2

    いよいよ10連休も最終日ですが、みなさんの10連休は如何でしたか?私は完全に休めたのは1日だけで、ほぼ仕事と所用で埋まっていました。(泣)さて、ここまで続けてきました奈良シリーズもいよいよ今回が最終回。奈良公園の鹿たちはああ見えても野生動物。しかも、1957年(昭和32年)に奈良市一円の鹿が、「奈良のシカ」として国の天然記念物に指定されています。鹿せんべいで餌付けされてると思っている人が多い...

  7. 奈良「鹿」考 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良「鹿」考

    奈良公園の鹿たちがこれまでずっと奈良の人々から大切にされてきたのは、春日大社が767年に創建された時に、主神の建御雷命(たけみかづちのみこと)が鹿島神宮から白鹿に乗って遷ってきたとされ、神鹿(しんろく)と尊ばれるようになったことがことのおこり。このことは万城目 学の名作「鹿男あおによし」にも面白おかしく書かれていますが、あの小説の主人公のように鹿に話しかけられるようなことが起こらないかと、私...

  8. 奈良金光明四天王護国之寺 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良金光明四天王護国之寺

    4月1日の発表以降、様々なメディアでそれこそ様々な「令和」関連コンテンツがリリースされていますが、インターネット上のコンテンツの中でこれまでのところ最もバズったはゴールデンボンバーのYouTube動画「令和」だったそうです。 (この記事を書いてる今現在で8,931,453回再生)彼らは「令和」発表の2時間後にこの楽曲をリリースしてるんですよね。さあ、果たして令和元年を飾ったバンドはゴールデン...

  9. 奈良興福寺の鬼瓦 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良興福寺の鬼瓦

    出張用務が終わって帰宅までの短い空き時間に私がぜひ行ってみたかったのが、興福寺国宝館。ここは、仏像や絵画などの寺宝を収蔵する施設として昭和34年に開館。鉄筋コンクリート造りで、奈良時代に創建された食堂の外観がイメージされているのですが、一昨年には耐震補強工事が行われ、2018年1月にリニューアルオープン。壁が白く統一され、一層荘厳な空間となりました。私は十何年かぶりに訪れましたが、高さ5m超...

  10. 奈良若草山にてその2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良若草山にてその2

    若草山といえば思い出すのが小学生の頃、修学旅行に来てここで食べたお弁当。私達が斜面のかなり上の方まで登って、楽しくお弁当を広げていざ食べようとしたら、カラスとトンビとシカが三つ巴になってしつこくお弁当を狙うわけです。みんなでワーワー言いながら必死の攻防を繰り広げている中、友人M君が手から取り落としたおにぎりが転がって転がって、おにぎりころりんスットントン!を地でやっちゃった。若草山はこう見え...

  11. 奈良若草山にて - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良若草山にて

    明けましておめでとうございますっていう挨拶もどうかと思いますが、平成が終わっていよいよ令和の幕開けとなりました。(^^)さて、令和最初のエントリーは若草山。広々とした若草山の中腹まで登っていたのはこの子たち。ベンチに座って、何やらすごく楽しそうでした。その声が下の道路を歩いてる私のところまで聞こえてきましたので、思わずカメラを向けて撮っちゃいました。拡大してみると自撮り棒につけたスマホで記念...

  12. 奈良猿沢の池界隈その2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    奈良猿沢の池界隈その2

    「夜の猿沢の池は緑色に濁った水の色が見えなくていいなあ。たくさんいる亀たちは夜はどうしてるんだろ?あれ、亀って夜行性だったっけ?」などと、どうでもいいことを考えながら散策を終えてホテルへ帰る道すがら、妙に賑わう通りを発見。ここは猿沢の池のすぐ近くに走る三条通。祭や縁日の屋台のようだけどそうではありません。夜になると店を開けるお土産屋さんがズラリと並んでかき入れ時を迎えていました。まるで誘蛾灯...

  13. カメラマンに有名な「鎌倉高校」横の風景 - ようこそ風の散歩へ

    カメラマンに有名な「鎌倉高校」横の風景

    江ノ電駅「鎌倉高校」の坂道の風景です車が来ない所を撮りたかったのですが!!

  14. see you tomorrow - 雲のごとく

    see you tomorrow

  15. ※ みつけイングリッシュガーデンで対角線魚眼レンズのテスト撮影(1) - 気まぐれ写真工房 new

    ※ みつけイングリッシュガーデンで対角線魚眼レンズのテ...

    ※新潟県見附市・みつけイングリッシュガーデン晴れた日、いつもの撮影ポイント「みつけイングリッシュガーデン」でテスト撮影最近購入したシグマのレンズ、「Sigma 15mm F2.8 DG FISHEYE EX AF」です対角線の画角が180度、私は広角好きななので出番が多くなりそうなレンズですCanon EOS 5D Mark II Sigma 15mm F2.8 DG FISHEYE EX ...

総件数:15 件

似ているタグ