CanonEF100-400mmのタグまとめ

CanonEF100-400mm」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCanonEF100-400mmに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CanonEF100-400mm」タグの記事(344)

  1. 哀しすぎるよ、歌さん(渡良瀬遊水地のコウノトリ) - 旅プラスの日記

    哀しすぎるよ、歌さん(渡良瀬遊水地のコウノトリ)

    訃報を聞いたのは10月18日、群馬県で鳥撮りをされているブロ友のtontonoyajiさんからだった。慌てて、栃木県の下野新聞をネットで検索すると以下の記事が見つかった。記事見出し:脚切断の2日後、コウノトリ「歌」死ぬ2羽のひな育てた母鳥。写真:パートナーのひかる君、雛のわたる君、ゆうちゃんが待つ人口巣塔に、右側の歌さんが戻ってきたところで、この日、歌さんを初めて撮りました(7月16日)記事...

  2. 秋深しノビタキたわむるネギ畑(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    秋深しノビタキたわむるネギ畑(江戸川矢切)

    江戸川矢切の農耕地は、ノビタキの団体さんで、朝から賑わいました。10月11日に撮影した野鳥の最終回は、飛んでるノビタキです。ネギ畑からひょっこりと現れて・・・・ネギをかすめる様に、ビュン・ビュ~~ン!!凄いスピードなので。シャッタースピードが1000分の1秒でも、羽がぶれてます。ネギの上に、ちょこんと止まって一服してますが、矢切ネギは、甘さがあって、知る人ぞ知るブランドネギ。このネギ畑は、正...

  3. 秋うららセッカも一息ネギ畑(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    秋うららセッカも一息ネギ畑(江戸川矢切)

    ウメに、メジロは、「ウメジロウ」。ネギに、セッカは、「ネギセッカ」10月11日の、江戸川矢切の農耕地です。足元が、ややこしい枯れ枝に止まった、セッカ。今度はネギに止まって、ネギセッカ。でも後ろ姿です。今度は横を向いてくれました。でも尾羽が、ネギかぶり。葉が真っ直ぐに伸びるネギは、止まるのにバランスがとりにくそう。ようやく撮れた、ましな1枚。スズメと似てますが、セッカは足が長くてピンク色、お腹...

  4. 秋風にノビタキ群れるネギ畑(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    秋風にノビタキ群れるネギ畑(江戸川矢切)

    変な進路を進んだ台風14号の影響で、関東地方も雨が降り続き、8日、9日、10日と3日連続で、撮りに出れなかったのですが、11日(日曜日)は、どんよりとした曇り空の中、矢切に出かけました。先着は「A」さん。そして「O」さんは、珍しくお休みでした。迎えてくれたのは、ネギ畑のノビタキで、たまに近くの枯れ枝にも止まりました。カメラ目線をくれています。距離は20mから30m。後ろ姿はスズメにも似ていま...

  5. ジャンプして「ドヤ」跳び下りて「ドヤ」のユキヒョウ、フクちゃん - 旅プラスの日記

    ジャンプして「ドヤ」跳び下りて「ドヤ」のユキヒョウ、フ...

    多摩動物園の続きですが、再びフクちゃんの登場です。オ~ッ、崖の上でジャンプの体勢。バランスを取る、大きな尻尾も注目です。身体が真っ直ぐ伸びて、美しいスタイル。スキージャンプは、飛行距離の長さと飛形・着地の美しさを競いますが、飛形は満点。着地しました。もしかしたら・・・・・やはりです。我々を見て「ドヤ」と、「ドヤ顔」の披露。今度は跳び下りるみたいです。一瞬の出来事。垂直の岩を跳び下りました。ま...

  6. 多摩動物園の人気者(イチ、ズン、生後2ヵ月半のフラン、リアン) - 旅プラスの日記

    多摩動物園の人気者(イチ、ズン、生後2ヵ月半のフラン、...

    多摩動物園の人気者シリーズです。昨日は、ユキヒョウのフクちゃんが登場しましたが、今日はアムールトラの、イチさんから。2015年6月生まれで、5歳の女子です。山口県の徳山動物園から、昨年12月に移動してきましたが、もうすっかり多摩動物園に慣れました。くつろぎすぎかも(笑)次はレッサーパンダのズン君。2歳の男の子です。木の上をトコトコと歩くズン君。ここで、すぐ隣にあるスクリーンを、チェックに行き...

  7. 崖を駆け上って「ドヤ」顔の、ユキヒョウ、フクちゃん - 旅プラスの日記

    崖を駆け上って「ドヤ」顔の、ユキヒョウ、フクちゃん

    秋晴れで、久しぶりの多摩動物園。今回は、ユキヒョウ、フクちゃんに会うことができました。暑い日は、放飼場に出て来ず、室内舎で「リモートワーク?」を決め込むフクちゃんに、自分も、常連さんたちも、度々がっかりさせられましたが、最近は涼しくなったので、放飼場で元気に遊ぶようになりました。お得意の崖登りです。アラヨット~~ドッコイショ~~アト、チョット~~フク~!!、ユキヒョウだろう、頑張れ~~!!最...

  8. 秋うららセッカ・ノビタキチョウゲンボウ(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    秋うららセッカ・ノビタキチョウゲンボウ(江戸川矢切)

    タイトルは、いつもの如く適当に並べてます。10月7日の最高気温は24度、空も晴れ渡り、心地よい秋晴れでした。8時に矢切に到着すると、既に「A」さん、「O」さんが、ネギ畑でセッカと、ノビタキを狙って撮影中。距離は20m~30mありましたが、セッカも、ノビタキも頻繁に現れてくれました。最初はセッカの後姿。こちらはノビタキの後ろ姿。後ろ姿だけだと、セッカか、ノビタキか、よく分かりません。セッカの横...

  9. 懐かしの「シュガー」に振られてしまった秋晴れの土曜日 - 旅プラスの日記

    懐かしの「シュガー」に振られてしまった秋晴れの土曜日

    「シュガー」って、いったい誰なん?、と思われるでしょうね。2019年1月に、静岡県稲取のアニマルキングダムで会った、ホワイトタイガーです。当時のシュガーは、まだ生れて5ヵ月の男の子でした。東武動物園に移動して、今は2歳と2ヵ月のシュガー。どれだけ立派に育ったかなと楽しみに出かけたのですが、10月3日は土曜日。ガ~~ン!!、シュガーの出番は、月・水・金・日で、土曜日はお休みでした。仕方なく撮っ...

  10. 秋高しセッカ・ノビタキキジ集う(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    秋高しセッカ・ノビタキキジ集う(江戸川矢切)

    タイトルは適当に並べましたが、10月4日の矢切は、役者さんが勢揃いしてくれました。7時50分に矢切に到着すると、既に「A」さん、「O」さんが、ノビタキと、セッカを狙って撮影中。挨拶をしてから、自分は農耕地1周の散歩をしながら、ゆっくりとキジを探しました。オスの成鳥を、3番(我々の符丁)の大通りで発見しました。幸先良し。キジが歩いてた場所、顔の紅い模様、尾羽から、四郎(我々の愛称)です。四郎の...

  11. ノビタキが矢切でヒーチュピーチョチー(河川敷農耕地) - 旅プラスの日記

    ノビタキが矢切でヒーチュピーチョチー(河川敷農耕地)

    ノビタキの鳴き声は、ヒーチュピーチョチーと聞こえますが、そう聞こえるのは自分だけかも(笑)少なくとも、ノ・ノ・ノビノビー・タ・タ・タキタキーではありません。撮影は日記「キジの三郎と、その家族たち」と、同じ9月28日。この日は、キジ、ノビタキ、チョウゲンボウと、盛り沢山でした。ネギとノビタキ。略して「ネギノビ」2羽いて、前ボケだったり・・・後ボケだったり。距離は30m。オォ~、飛んだ。次は距離...

  12. 2歳になったオランウータンの女の子、ポポちゃん(市川市動物園) - 旅プラスの日記

    2歳になったオランウータンの女の子、ポポちゃん(市川市...

    新型コロナの影響もあり、今年初めての訪問となった市川市動物園。お目当ては、オランウータンのポポちゃんと、レッサーパンダのココアです。ポポちゃんは、2018年2月生まれなので、2歳と8ヵ月になってました。腕に筋肉が付いたようで、地上を歩くことは稀で、移動は殆どが空中。顔もちょっと長くなって、赤ちゃんの顔から子供の顔に成長しました。顔見せは、ほんのちょっとで、室内に引き上げていきます。この写真は...

  13. 葛飾カワセミ劇場(今年生まれた子供が、1人前に狩りをする) - 旅プラスの日記

    葛飾カワセミ劇場(今年生まれた子供が、1人前に狩りをする)

    久しぶりですが、葛飾区水元公園の「葛飾カワセミ劇場」です。春から夏にかけて、1番子4羽、2番子4羽が巣立ちましたが、既に見た目の大きさは親も子も一緒。この池にやってくるカワセミの識別が難しくなってきました。この子の脚は、ちょっとくすんでいて、成鳥のような鮮やかなオレンジ色ではありません。嘴がちょっと短いような気もするので、恐らく今年生まれた男の子。左に仲間がやってきました。今年生まれた女の子...

  14. キジの三郎と、その家族たち(江戸川矢切は今日もいい天気) - 旅プラスの日記

    キジの三郎と、その家族たち(江戸川矢切は今日もいい天気)

    8時に、江戸川矢切に到着すると、既にセッカポイントで、友人の「O」さんが撮影中でした。「O」さんは、セッカ、ノビタキ、チョウゲンボウ狙い。ポータブルチェアも持参してじっくりと構えてます。自分は、まずキジを探そうと、農耕地を歩いて1周しました。幸先よくキジの「若」を発見。ヒナでもなく、成鳥でもないキジを、我々は「若」と呼んでます。このキジは、恐らくメスの「若」こちらは、オスの「若」しばらく待っ...

  15. コウノトリの、ひかる君、歌さんの飛翔と採餌風景(渡良瀬遊水地) - 旅プラスの日記

    コウノトリの、ひかる君、歌さんの飛翔と採餌風景(渡良瀬...

    ラブラブ夫婦の、ひかる君と、歌さんは、人口巣塔から餌を捕りに出かけるようです。人口巣塔を飛び立つと堤防で撮影してる自分の上を飛び、反対側の水田に降り立ちます。先に飛び立ったのはひかる君。背中に背負っているGPS装置のアンテナが、かすかに見えています。ゆうゆうと、左側を飛んで行き・・・・水田に着地しました。今度は歌さん。歌さんは、自分の右側から水田に向かってます。wikiでコウノトリを引くと、...

  16. キジとセッカ、証拠写真は初撮りの、ノビタキ(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    キジとセッカ、証拠写真は初撮りの、ノビタキ(江戸川矢切)

    毎日、雨ばかり降るので、行くことができなかった矢切ですが、昨日(9月27日)は久しぶりに撮りに行くことができました。先着は矢切仲間の「A」さんと「O」さん。農道がグチョグチョなので、昨日は「長靴3人男」(笑)4番横道のセッカポイントに「A」さん、「O」さんがいるので、挨拶に行くとそこには既にキジの若がいました。2羽いますが、どちらもオス。片方が羽根を震わせて「母衣打ち」の真似のよう。そこに、...

  17. 4連休最終日。離陸機の、お腹とタイヤを撮った(城南島海浜公園) - 旅プラスの日記

    4連休最終日。離陸機の、お腹とタイヤを撮った(城南島海...

    4連休最終日は、第1ターミナルで、着陸機のタッチダウンスモークを撮ってから、離陸機を真下から撮るために、城南島海浜公園に移動しました。ここは北風の日、C滑走路を飛び立つ飛行機を、ほぼ真下100mから撮影できます。スターフライヤーの、エアバス320型機を下から見ると、まるでクジラのお腹。エアドゥーの、ボーイング767型機。ほぼ真上を飛ぶので、しつこく連写してると、後にひっくり返りそうになります...

  18. キジの三郎と家族、そしてチョウゲンボウ(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    キジの三郎と家族、そしてチョウゲンボウ(江戸川矢切)

    最近、矢切の江戸川河川敷に出かけることが多い。目標は、農耕地に出没する、キジ、チョウゲンボウ、セッカ、アマサギ。でも、野生の鳥なので、出て来てくれる日もあり、出て来てくれない日もあります。9月21日は、先に到着していた「O」さんが、3番(矢切仲間の符丁)で撮影中。目の前の草むらには三郎(矢切仲間の愛称)と、その家族が2羽見えました。幸先良し。オスの成鳥、三郎です。こちらをちょっと気にしたよう...

  19. 4連休最終日。着陸機のタッチダウンスモーク(羽田空港A滑走路) - 旅プラスの日記

    4連休最終日。着陸機のタッチダウンスモーク(羽田空港A...

    4連休の最終日ですが、上りの高速道路は渋滞し、羽田空港への到着便は殆どが満席でした。乗客と荷物を満載した到着便を撮るには、第1ターミナルの展望デッキが最適です。・・・・と言っても、私が撮るのは乗客でも、飛行機でも無く、そのタッチダウンスモーク。A滑走路に、JALのボーイング787型機が着陸します。見事な白煙でした。次もJALで、ボーイング737型機。同じくボーイング737型機で、ソラシドエア...

  20. 初見、初撮り、初掲載。サギはサギでもアマサギ(江戸川矢切) - 旅プラスの日記

    初見、初撮り、初掲載。サギはサギでもアマサギ(江戸川矢切)

    鳥撮りの先輩諸兄は「アマサギなんて、いちいち撮らないよ」というくらい、全国で普通によく見る鳥かもしれませんが、カワセミ以外は鳥撮りの経験が浅い自分にとって、アマサギは初見で、初撮り。9月11日に、矢切の農耕地で見かけたので、掲載させていただきます。アマサギは、サギの群れと一緒にいて、真ん中です。そこに自転車のおじさんが通りがかりました。「静かにそ~~っと行ってよ、折角アマサギを見つけたんだか...

総件数:344 件

似ているタグ