CrazyBullのタグまとめ

CrazyBull」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCrazyBullに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CrazyBull」タグの記事(36)

  1. ラフアウトの魅力。 - Crazy Bull の独り言。

    ラフアウトの魅力。

    見た目はスウェードに似ているけれどスウェードでは無いラフアウトレザーのアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSが自分的にはこんなコーディネートがお気に入り。それがコチラ。アーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSがクラシックスタイルなのでデニムジーンズも白色の綾織デニム素材のジーンズが良い感じに思えます。トータルバランスもエピソードバランスもマッチしていて良い感じに思えます...

  2. お気に入りの重ね着スタイル。 - Crazy Bull の独り言。

    お気に入りの重ね着スタイル。

    寒い時期に屋外に外出するにはこの上にアウターが必要かもしれませんが屋内であればこんなスタイルのコーディネートは良い感じ。それがコチラ。柄モノと無地モノをうまく取り入れたコーディネート。半袖もこんな感じで愛用すれば春夏だけのモノでは無く1年中、愛用を楽しめるアイテムに早変わり。こんなバランスと感覚で作り上げたアメカジスタイルは魅力的です。

  3. 経年変化参考例⑤。 - Crazy Bull の独り言。

    経年変化参考例⑤。

    人によっては経年変化をダメージと思われて変化を楽しめない方もいらっしゃるとは思いますが自分はこんなほころびや色褪せも魅力的に感じています。そんなアイテムの光景がコチラ。このアイテムはTeeシャツなのですがリブも擦り切れているけれど自分にとってはこんな光景も愛着。まだまだ新品からは変化した見た目ではあるけれど柔らかく身体にフィットする感覚を愛着として楽しみながら変化した見た目の表現も楽しみなが...

  4. 王道アメカジスタイル。 - Crazy Bull の独り言。

    王道アメカジスタイル。

    今回のブログでは王道中の王道なアメカジスタイルをご紹介致します。それがコチラ。チェック柄のフランネルシャツに綾織りのデニムジーンズにアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSのスタイル。カラー的にメンズライクなスタイルになっておりますが同じ様なアイテムを愛用してカラー違いでも良い感じだと思います。やっぱり王道はぶれなくて良いですね。クラシックでありながらブレナイ雰囲気は最高です。

  5. 肉厚なアイテムと過ごすライフスタイル。 - Crazy Bull の独り言。

    肉厚なアイテムと過ごすライフスタイル。

    寒い時期には肉厚な衣類を身に纏う暖かなライフスタイルは素敵に感じます。ただ単に肉厚なだけでなく暖かい奴。そんなアイテムが魅力的。そんなアイテムがコチラ。肉厚で暖かいだけでなく動きやすくてノンストレス。そんなアイテムでもコーディネートが安易な中間色的なアメカジカラーのGREYカラーのスウェットがオススメです。コーディネートしやすいだけでなく、屋内でも屋外でも大活躍なアイテムとして活躍しますよ。

  6. オーバーオールとのコーディネート。 - Crazy Bull の独り言。

    オーバーオールとのコーディネート。

    個人的なコーディネートのご提案をこのブログでご紹介致します。それがコチラ。ヒッコリー柄のオーバーオールに赤シャツを羽織り、ラフアウトレザーのアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSのコーディネート。秋冬のコーディネートとしてこんなスタイルは個人的にオススメです。

  7. かなりオススメです。 - Crazy Bull の独り言。

    かなりオススメです。

    定番品番では無い為、常に購入可能ではないけれどコアなスタイルのアイテムなので様々なブランドがこのアイテムをリスペクトして似た様なアイテムを生産しているけれどやはりこれが最高に良い。ヘルメットのライナーマスクとしても使えたりネックウォーマーとしても使えるスグレモノ。それがコチラ。アメリカのワークブランドが生産したとあってかなりヘビーデューティーな仕上がりになってます。コアなCarharttファ...

  8. 旧タグのウエスタンシャツで演出。 - Crazy Bull の独り言。

    旧タグのウエスタンシャツで演出。

    今回のブログでは歴史が長い老舗ブランドの旧タグのウエスタンシャツをご紹介致します。そんなウエスタンシャツがコチラ。DarkBrownのボディにターコイズの糸の刺繍やパイピングが良い感じです。手の掛かったチェーン式の雌雄は存在感を独り占めします。それがコチラ。アメリカンンな柄に仕上がっています。このツートーンのカラーリングが良い感じです。最後に旧タグとなる通称「レインボータグ」と呼ばれるもの。...

  9. こんなアメカジの楽しみ方。 - Crazy Bull の独り言。

    こんなアメカジの楽しみ方。

    秋冬の時期に楽しめるアメカジスタイルを今回のブログではご紹介致します。ズバリ重ね履き。ボトムスを2枚着用しているのではなくHickory柄のボトムスにDarkNavyカラーのダック素材のオーバーオールの重ね履き。そんなコーディネートで生まれる下半身のもたつきをミッドソールで厚底にしたアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSをセレクトしてバランスを取ったスタイルです。個人的にもお気に...

  10. 経年変化参考例④。 - Crazy Bull の独り言。

    経年変化参考例④。

    青みがかった素材の特色が見え始めている途中経過の画像です。そんな素材とはヘリンボーンストライプの素材です。そんな織り生地特有の画像がコチラ。全体的に白っぽかった素材の表面が少しずつ少しずつ青みがかっていく。その経年変化が更なる愛着を生み出して魅力的に感じてしまう。現行品ではこのCarhartt社のアイテムもこの素材のアイテムは少なくなってきているので貴重なのかもしれません。経年変化を楽しみな...

  11. 日本国内ではあまり見られない光景。 - Crazy Bull の独り言。

    日本国内ではあまり見られない光景。

    草履のカルチャーが長い日本国内ではあまり店のスタッフが靴のフィッティングを行なう光景はあまり見られませんが革靴のカルチャーが長い欧米ではしっかりとしたサイズ測定からフィッティングまでをしっかり行います。そんな光景がコチラ。あまり見掛けませんよね ???本来はかなり商品購入に必要な行動なのですが日本にはこんな事が行なわれません。残念な話です。でもお客様の事を考えるお店ではこの様な光景は僅かでは...

  12. 暗黙の了解スタイル。 - Crazy Bull の独り言。

    暗黙の了解スタイル。

    以前からこのスタイルはお気に入りスタイルだったのですが最近は特にこんなアイテムを取り入れるスタイルが自分の周りでは暗黙の了解で一致しているマイブームなのです。それがコチラ。画像では光の入り込みの関係でわかり辛いのですがズバリBLACKカラーのボトムスを取り入れるアメカジのコーディネートです。日本国内では学生服のイメージの固定観念で避けられがちですが意外や意外。このアイテムを取り入れる事でワン...

  13. スポンジソールの魅力。 - Crazy Bull の独り言。

    スポンジソールの魅力。

    このスタイルはWORKBOOTSというアイテムの最もスタンダードなスタイルなのでどれも一緒に見えがちですが今回ご紹介する画像のアイテムはアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSなのでアメリカの大量生産のWORKBOOTSとの違いは格別です。アメリカ製という事も大切ですが一番大切なのはアイテムの構造です。単なるアメリカ製のWORKBOOTSの生産ならタイムパートの流れ作業で誰でもでき...

  14. リアルな感じ。 - Crazy Bull の独り言。

    リアルな感じ。

    アメリカ本国のリアルなワークスタイルは日本国内でカジュアルスタイルとして楽しむのも悪くない。そんな画像がコチラ。素材合わせ。カラーコーディネート。雰囲気。カッコ良くないですか ???自分はこんな感覚をオススメ致します。

  15. 経年変化参考例③。 - Crazy Bull の独り言。

    経年変化参考例③。

    今回もアメカジの楽しみ方の醍醐味である経年変化の様子をこのブログでご紹介致します。それがコチラ。まずは素材の色落ち。元々真っ黒な素材だったものが色落ちに伴いGREYに近づいています。そして縫い目に添ってアタリがあり色落ちの感感もムラ落ちしています。そして素材感が身体の形に添った馴染みが進み素材が柔らかくなった感覚を感じます。まだまだ経年変化は進むと思いますがその時その時を楽しんでアメカジのラ...

  16. どのカラーも魅力。 - Crazy Bull の独り言。

    どのカラーも魅力。

    今回ご紹介する画像は自分が好むアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSのラインナップ集。それがコチラ。BLACK,WALNUTS、REDWOOD。どのカラーもそれぞれの魅力を持ちバリエーションとして所有したり愛用したりする大人の男性のカジュアルスタイルとして悪くないと思います。

  17. Short丈のアウター。 - Crazy Bull の独り言。

    Short丈のアウター。

    寒い時に愛用する衣類はアウターなのですがアウターは丈が長いモノが多いのですがShort丈のアウターというモノも存在し、Short丈のアウターだからこその魅力も存在します。今回、自分的にオススメなアウターがコチラ。日本国内ではあまり知名度が無いブランドなのですがアメリカ本国の老舗ブランドであり創業当初から現在に至るまでアメリカ製に拘り続ける粋なブランドの粋なアイテムなんです。オススメです。

  18. THE HOTSHOT !!!!!! - Crazy Bull の独り言。

    THE HOTSHOT !!!!!!

    HOTSHOTとはアメリカ合衆国の森林消防隊の先鋭部隊でありNICKS CUSTOM BOOTS社の代表的なモデル名でもある。今期、自分自身BROWN系のカラーのWORKBOOTSが気になっているので今回はHOTSHOTのBROWN系のカラーのモデルのご紹介です。それがコチラ。以前自分の店でも販売経験のある粋なアーチイーズでHANDMADEなWORKBOOTSです。自分お店ではBLACKカラ...

  19. サイズ感で楽しめるアイテム。 - Crazy Bull の独り言。

    サイズ感で楽しめるアイテム。

    自分はこのアイテムが好きでジャストサイズとオーバーサイズとで愛用時のシルエットを変えて愛用する為、ジャストサイズとオーバーサイズとで2種類のサイジングでアイテムを所有しています。そんなアイテムのジャストサイズの画像がコチラ。ジャストサイズでもそこはWORK PANTSなので動きは安いのですが緩い感じのシルエットを出したい時はオーバーサイズで愛用するのもアリだと思います。そしてアメリカ本国では...

  20. 締める美学。 - Crazy Bull の独り言。

    締める美学。

    この行為が面倒だと思われるかもしれません。しかし慣れの問題で慣れてしまえば面倒な事が気の引き締まる思いも感じたりします。そんな行為がコチラ。日々、こんな行為を繰り返している自分としては上手くレースアップできた時は何か良い日が訪れる様な気がして気持ち良くもあります。面倒ですが儀式的に繰り返し行えば慣れてきて定期的にレースアップしたくなりますよ。

総件数:36 件

似ているタグ