D810のタグまとめ

D810」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはD810に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「D810」タグの記事(372)

  1. 水彩画家かとうくみ展〜江ノ島シーキャンドル 展望灯台 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    水彩画家かとうくみ展〜江ノ島シーキャンドル 展望灯台

    きのうは、最終日の水彩画家かとうくみさんの個展を観に行ってきました。海を題材にした作品が多いので、江ノ島周辺を見渡せる展望台から鑑賞する水彩画は、まさしく「絵」になり素晴らしいの一言でした!『【かとうくみ個展】12年ぶりの 江ノ島 展望灯台 個展All began from here〜すべてがここからはじまった〜』赤色パーカーのかとうくみさん、いつも笑顔が素敵で、お話しすると元気が出る方です...

  2. サバンナのキリンと夕陽 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    サバンナのキリンと夕陽

    夕陽に照らされたシルエットだが、ネイリーマン諸島のサバンナに住むキリンの姿だ。カバの群れからの引き続き動物シリーズ。撮影している所に、おもむろに近づいてくるキリン。敵意は無いようだ。モノクロバージョン。ジオラマ風をセッティング中だが、デジタル時代に「昔ながらの撮影の仕方...」だ。しかし、流石にカメラはデジタルですが。ジオラマ風写真/Diorama-like photography

  3. 砂漠を走るHONDA F1 RA271 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    砂漠を走るHONDA F1 RA271

    無謀にも砂漠地帯を走行することに...1964年ホンダがF1に参戦した時のV12を積むマシーンだが「こんな地を走らされるとは...」オーナーは、単に「走ってみたかった〜」と言うことだ...笑水冷横置き60度V型12気筒DOHC48バルブ車体重量525kg 1495cc 220hp 燃料タンク130L絶対に戻って来れないと思う。砂を巻き上げるカット撮り。モーターでゴムタイヤを回してみた。モノク...

  4. ネイリーマン諸島の朝とカバの群れ -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    ネイリーマン諸島の朝とカバの群れ

    朝、陽も昇り水辺にカバの親子らしき群れがやって来たようだ。親父が出てますが...笑、こんな感じで、作ってます。ジオラマ風写真/Diorama-like photography

  5. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・最終回 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・最終回

    最終日の朝。この日も快晴、暑い一日になりました。まず向かったのは、車で15分ほどの場所にある「八重垣神社」です。ナビの指示通りに走り神社の駐車場へ。徒歩1分で鳥居の前に立つことが出来ました。目の前のバス停に丁度バスが止まり、女性グループが数組下りてきました。あ~こりゃ縁結び祈願だなとすぐに分かります(^_^;)それもそのはずで、この八重垣神社に祀られているのは、「素盞嗚尊」と「稲田姫命」とい...

  6. イルカを助けるクジラ -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    イルカを助けるクジラ

    最近見つかった、タコに襲われているイルカをクジラが助ける写真。いつ撮られたか不明だが、クジラとイルカが仲良く一緒に泳いでいる理由が分かったような気がする。・昔々のクジラとイルカの写真・クジラとイルカの写真まあ〜こんな感じ、の簡単なセットなんですね〜笑。ジオラマ風写真/Diorama-like photography

  7. コーヒー屋さんとスナップ写真 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    コーヒー屋さんとスナップ写真

    たま〜に入る吉祥寺のコーヒー屋さん。いつも混んでいる。10人も、入れるか〜、と言う感じの販売が主なような珈琲専門店。注文すると、個々にカウンターのコーヒーフィルターで淹れてくれるが、飾らず、気さくな感じがとても良い。店名:ROASTER CAFE ぷらす90℃気軽に撮れるスナップ写真、っていいですよね〜カラーからモノクロに変換したので「モノクロ風」と言うことで...

  8. 先週は吉祥寺の祭りでした -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    先週は吉祥寺の祭りでした

    散歩がてらいつも行く吉祥寺。14(土)、15(日)とお祭りで、毎年祭りに遭遇するが...笑。通りすがりに見る程度、なにせ人を見に行くようなもの、で...祭りの写真は、無いです〜モノクロ風スナップ写真、でした。

  9. 昔々のクジラとイルカ -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    昔々のクジラとイルカ

    前回紹介した現在のクジラとイルカ。これは昔のモノクロ写真だ。親子代々、仲が良かったようですね〜ジオラマ風写真/Diorama-like photography

  10. クジラとイルカ -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    クジラとイルカ

    ネイリーマン諸島沖に、いつも一緒にいるマッコウクジラとバンドウイルカ。良く見かけるが、仲が良いようだ。ヨドバシカメラのオモチャ売り場で買ったクジラとイルカ。動物系のリアルなおもちゃは結構売られている。おじさん一人で入りにくい場所だが、ついつい見てしまう...うちで飼っている銭亀より小さい...笑また、挑戦してみようと思う。ジオラマ風写真/Diorama-like photography

  11. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その6(松江市禊ぎの酒場・よびこ) - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その6(松江...

    この日もホテルからタクシーで向かいました。運転手さんに店名を告げてもさすがに分からず、住所を告げ、ナビ案内で行きます。前夜の「やまいち」から歩いて10分もかからない距離でしたね。今宵、禊ぎの酒場は「よびこ」です。店内に入り、予約名を告げるとカウンターへ通されます。先客は2名でした。落ち着いた店内はそう広くありません。さて、と言うことで、カウンターの上、周りの壁、見渡します・・・。メニューらし...

  12. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その5 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その5

    二日目の朝、この日も快晴、猛暑日の予報が出てます(^_^;)ホテルでの朝食後、向かった先は車で10分ほどの場所にありました。「月照寺」です。松江城に近い場所にあることでもわかるように、歴代松江藩主松平家の菩提寺なんですね。月照寺というなんとも素敵な寺名は、初代藩主、松平直政の母が月照院だからです。そもそもこのお寺は、その母の霊碑を安置するために1664年にこの寺を再興したのが始まりと言われて...

  13. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その4(松江市禊ぎの酒場・やまいち) - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その4(松江...

    西へ旅すれば、東京に居るときよりも日暮れが遅いわけです。当然のことですが、それで別段、何か得することはありません、ただ、薄明と言われる時間帯は、赤提灯などが町中に溶け込むように灯っているのを見ると、何とも風情が感じられ、好きですね。19時に予約していたので、間に合うようにホテルからタクシーで向かいます、店名を告げると、運転手さんはすぐに走り出します。有名なお店なんですね。町の中を走り抜けるタ...

  14. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その3 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その3

    出雲大社と稲佐の浜は、ほぼ直線で結ばれ、車だとわずか数分で行けます。地図で見れば、その道は431号線、その431号線と並行に浜へと延びる道がもう1本有ります、「神迎の道」です。稲佐の浜と出雲大社の「勢溜の大鳥居」を結びます。神々は稲佐の浜で迎えられ、「神世の道」を通り大国主命の許へと向かいます。今でも、毎年旧暦の10月10日に神迎神事が19時から行われています。重要な神事は夜に行われます。ち...

  15. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その2 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その2

    大国主命。やっと出雲神話の主人公の元へ来ることが出来ました。大国主命と名乗る前の名前は「大穴牟遅神(おおなむじのかみ)」その昔、八十神の恨みを買い、なんと殺されています。・・・まぁ、蘇るわけですが。その時に蘇らせたのが二人の貝の女神でした、なんでも貝殻を削った粉を水に溶き、火傷した全身に塗ったと言われてます。その女神達の名は、𧏛貝比売(きさがいひめ)と、蛤貝比売(うむ...

  16. 2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その1 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・夏旅の出雲神の国ぶらぶら巡礼記・その1

    古事記から・・・。イザナギとイザナミが国生みをし、その後、神生みを行いましたが、イザナミが火の神を生んだときに自身も焼かれて死にました。イザナギはイザナミ恋しさに黄泉の国まで連れ戻そうと行きましたが、変わり果てた妻の姿に逃げ出し・・・(実に勝手です(^_^;)黄泉の国入り口まで戻り、その穴を岩で塞ぎます。この場所は「黄泉比良坂(よもつひらさか)」と言い、島根県松江市にあります。戻ったイザナギ...

  17. 2019・立秋 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019・立秋

    今週は休み明けなんで全くやる気無しです(笑)そんな中、今日から暦の上では「秋」になりました。そう言われると多少は暑さも和らぐような気がしますが・・・(^_^;)確かに今朝のワンコ散歩時に見上げた空の雲、少し秋らしさが感じられました。世間は今週末からお盆休みということですが、ワタシは仕事です、多少ヒマかなと期待してますが・・・。とりあえず連日の暑さにグッタリなので、今週末、特に予定の無い三連休...

  18. そしてまた、旅は終わった。 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    そしてまた、旅は終わった。

    昨日の夜、夏旅の出雲から戻りました。とにかく暑くて、かなり汗かきましたね (~_~;)でも、まぁ、それが夏旅の醍醐味でもあります、むしろ晴れてくれて感謝なのです。初めての出雲、2泊3日の短い旅で一番に感じたのは島根という場所は太古の昔から、とても過ごしやすく恵まれた土地だったということでした。出雲族へ思いを馳せれば、神話が絡んで白ウサギが跳ねる。豊潤な宍道湖に日が昇り、日が沈む、そして人の営...

  19. 2019 改元GW・琵琶湖巡礼の旅(観音の導き編)最終回 - ろーりんぐ ☆ らいふ

    2019 改元GW・琵琶湖巡礼の旅(観音の導き編)最終回

    5月3日(令和元年)【巡礼地・金剛輪寺・西明寺・竹生島(宝厳寺)】彦根城は国宝です。天守は大津城から移築され、1607年に完成と言いますから、関ヶ原から7年後になりますね。元々、この辺りは石田三成が治めていたわけで、その居城は佐和山城でした。石田家滅亡後に徳川四天王の井伊直政が佐和山城に入りましたが、領民の三成への思いを断ち切るべく、新たに彦根城を築城、佐和山城の建造物を移築し、跡地には何も...

  20. ストーンベース島の夜 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    ストーンベース島の夜

    「夜に帰ってきました」的な写真。明かりもない空き家、修復すれば住めるか〜笑コブラ427、丸みの帯びた曲線美、名前は蛇から来ているが、見た目は恐ろしく見えない、むしろ愛らしいスポーツカーに見える。当時V8サウンドと走りはコブラに相応しい姿だったのかもしれない。昼間バージョンからの、にわかジオラマでした!ジオラマ風写真/Diorama-like photography

総件数:372 件

似ているタグ