DF50のタグまとめ

DF50」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはDF50に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「DF50」タグの記事(21)

  1. 夜の帳が下りる頃・土讃線大杉駅 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    夜の帳が下りる頃・土讃線大杉駅

    土讃線にDF50が走っていたころの画像、大杉駅での交換風景です。一枚目に暮れていく群青の空と尾根のラインが僅かに確認できます。トワイライトから漆黒の闇に移る時間帯に下り高松発高知行きの227客車列車が入線して来ました。静粛を破って付近にはディーゼルエンジンの重低音が響き渡っています。やがて一番線に高知発阿波池田駅行きのDF50牽引の238列車が到着しました。時節は春、桜が満開ですが山間部の駅...

  2. 今は昔、讃岐財田駅に藤棚がありけり - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    今は昔、讃岐財田駅に藤棚がありけり

    まだ駅員配置駅だったころ、讃岐財田駅の斜面に藤棚がありました。管理が行き届いていて駅員さんが手をかけて大切に育てたのが分かります。この頃、藤の話題を聞くとこちらの藤棚が思い起こされます。昭和60年(1985年)2月、讃岐財田駅は駅員無配置駅になりました、この日より藤棚の管理をする人が居なくなったのか、現在では藤棚が有ったあったと思われる形跡すら残っていません、僅かに支柱2本が倒れかかって立っ...

  3. 五月の風・DF50 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    五月の風・DF50

    五月の風・DF50の客レです土佐一宮駅-布師田駅の間です。現在は高知運転所が移転してきて周辺は様変わりしています。撮影日:昭和50年代前半

  4. 上り貨物列車(伊野駅-波川駅間)仁淀川橋梁 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    上り貨物列車(伊野駅-波川駅間)仁淀川橋梁

    石灰列車の仕業を終えて定期列車で高知機関区に帰るDF50です。遠くのために機番は不明です。重連仕業のわりに牽引貨物が少ないですね、牽引能力が大きい割に少ない牽引では「余裕がある牽引ですのでDF50には役不足」、逆に能力以上のものを牽引するのは「牽引することが出来ないので力不足」というそうです。この列車の場合は「DF50にとっては役不足」ですね。撮影日:昭和50年代前半

  5. 土讃線・土佐山田町大法寺・大平境 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    土讃線・土佐山田町大法寺・大平境

    土佐山田町大法寺と大平は小さな無名の峠で往来が出来ます。土讃線はこの峠の上を陸橋で渡っています。陸橋に登って撮影したのがこちらの下り普通列車高松発高知行きの客車列車です。駅でいえば新改駅と土佐山田駅の間です。撮影日:昭和50年代前半

  6. アイスクリン売り - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    アイスクリン売り

    暖かくなるとイベント会場はもとより幹線道路の道端まで出現するアイスクリン屋さん、アイスクリームとは少し違った氷菓です。なんでも高知県と沖縄県がポピュラーだそうで、県外のお客さんが食べて驚く代物、おおむね評判はいいようです。販売はアルバイトが行っていてコーンの数で販売量を把握している模様、コーンが10個減っていれば10個の販売があったとみなされます。お客さんによってはコーンにつけるキャップが要...

  7. 五月の風・大杉駅 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    五月の風・大杉駅

    山間の駅皐月の風、否、五月の風が似合います。国鉄時代の大杉駅貨物扱いもしていました。構内に積まれた瓶ビールのケースこの駅から内陸の町まで陸送ですその中をDF50に牽かれた高松発高知行きの客車列車が到着しました。皐月の一コマです1977-05

  8. DF50客レと南風20号(佃駅-阿波池田駅間) - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    DF50客レと南風20号(佃駅-阿波池田駅間)

    土讃線、佃駅と阿波池田駅の間を行く下りDF50牽引の下り普通列車、赤鉄橋は吉野川に架かる国道32号の三好大橋です。昭和50年代前半に撮ったものです。こちらが比較的最近撮ったもので、上り特急南風20号です。赤鉄橋は旧国道32号(現県道12号)、近くに国道32号バイパスが完成し、この橋梁は管理が国から県に移管されていますが三好大橋は変わりません。同じ場所での撮影が厳しかったので右に撮影位置をずら...

  9. 昔、機関区・駅で出会った車輌達(14)・津山まなびの鉄道館DF5018 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    昔、機関区・駅で出会った車輌達(14)・津山まなびの鉄...

    再び津山まなびの鉄道館、今度はDF5018です、画像の中心部分にDD13と並んで写っています。前回のDE501は伯備線新見駅で一度だけあった機関車ですがDF5018は地元の機関区の配属されていた機関車です。この機関車、主な仕業は須崎市にある住友大阪セメント(当時大阪セメント)高知工場に原材料の石灰石を運ぶ専用列車を牽引していました。工場から土讃線多ノ郷駅までは専用線、多ノ郷駅~斗賀野駅までは...

  10. DF50 56 (土讃線黒川駅通過中) - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    DF50 56 (土讃線黒川駅通過中)

    黒川駅通過中のDF50 56土讃本線、下り貨物列車、列車番号は不明、通過時刻も不明撮影日:昭和50年代前半何もかも不詳です、そこに画像が有ることだけが自明です

  11. DF50 37(土讃線黒川駅) - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    DF50 37(土讃線黒川駅)

    黒川駅に停車中のDF50 37 です。土讃本線、下り普通列車高松発-高知駅行き、225レ黒川駅発車は16:40、数人の乗客が乗り降りしました。撮影日:昭和50年代前半、データの記録が無いので撮影日は不詳です。

  12. DF50 19(土讃線黒川駅) - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    DF50 19(土讃線黒川駅)

    黒川駅を通過するDF5019です。土讃本線、上り普通列車高知発-高松駅行き、226レ黒川駅(通過駅)は通過16:50頃です。撮影日:昭和50年代前半データの記録が無いので撮影日は不詳です。

  13. 坪尻駅・DF50 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    坪尻駅・DF50

    再び坪尻駅、「坪尻駅・急行土佐」のコメントで話題になった分岐線が写っている画像です。下りの下り普通列車、高松駅(9:07)始発高知駅(14:50)終着の223列車です、坪尻駅発車は11:36です。一枚目、本線からまっすぐ引き上げ線に進入します。二枚目、分岐器を過ぎるところまで進んでバックで分岐器を渡りホームに進んでいる所です。三枚目、ホームに着くと客扱いを行い、やがて出発時刻になり本線に向か...

  14. 第二吉野川橋梁・DF50 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    第二吉野川橋梁・DF50

    第二吉野川橋梁は昔も今も定番の撮影場所ですが撮影当時は国道32号に歩道はなく撮影ポイントである大歩危洞門の川側の張出し歩道もありません。当時安全に撮影出来る場所は、現在のWest-Westの駐車場かサンリバー大歩危の駐車場です、当時はサンリバー大歩危の施設は無く町道からの撮影でした。当時の時刻表を紐解いてみると写真に該当する列車は高知発(12:41)高松着(18:40)の226レですね、大歩...

  15. DF50 65・土佐山田町大法寺と大平の界辺り - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    DF50 65・土佐山田町大法寺と大平の界辺り

    昭和50年代、土讃線の客貨列車はDF50が牽引していました。それ以前はあまり知られていないのですが、四国では昭和24年頃から高知機関区だけにD51が10輌程度配置されて土讃線の貨物列車を牽引していたようです。その後DF50の新製が昭和32年から始まり、四国に配置されるようになるとD51は順次DF50に置き換えられると共に他区に転属させられ、結局高知区に配置されていた期間は10年程度だったよう...

  16. 新改駅 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    新改駅

    国鉄時代の新改駅です、坪尻駅と同様秘境駅(2020年版秘境駅ランキング第9位)と言われています。坪尻駅、新改駅は共にスイッチバックの駅で共に秘境駅です、共に昔は信号場で共通点が多いですね。坪尻駅がシーサスクロッシングから片渡り分岐器に変りましたがこちらは現在も同じ分岐器を使用しています。一方の渡り部分を直線にした変形のシーサスクロッシングです。下りDF50 52の牽引する貨物列車が通過します...

  17. 坪尻駅 - 南風・しまんと・剣山 ちょこっとバリ

    坪尻駅

    昭和時代の坪尻駅です。撮影は昭和52年9月、このころの分岐器はシーサスクロッシングです。DF5041の牽引する下り普通客車列車が入線します。バックでホームに進入、客扱いの後出発します。縦位置で、マニを含む5輌編成です。こちらはキハ181系特急南風、中央西線電化で四国に配置換えされた車輛です。シーサスクロッシングを通過するには35km制限になるため現在分岐器は片開き分岐器に交換されています。こ...

  18. 穴内川に沿って- 1982年・土讃線 - - ねこの撮った汽車

    穴内川に沿って- 1982年・土讃線 -

    こんばんは今日は掃除洗濯に写真整理で過ごした一日。新ネタの補給は無いので、昭和の貨物列車。大歩危小歩危よりもさらに上流。高知へ向かう土讃線は吉野川と分かれた穴内川に沿って走ります。シャッタースピード1/60sec、絞り開放ISO64のコダクロームではもう限界…日の短い12月の夕暮れ、棚田や斜面に畑が広がる風景の中、赤い機関車の牽く貨物列車が走ります。1982/12/25土佐穴内→大杉275レ...

  19. 80年代DF50 513 - 『タキ10450』の国鉄時代の記録

    80年代DF50 513

    高校の同級生F.Y君から頂いた写真です。(DF50 513撮影年月・撮影場所不明)幅広のスノウプラウを装着しているので、山陰本線や福知山線で活躍していたDF50だと思われます。1976年か1977年頃に撮影されたものと思われますが、当時10歳頃の私はカメラも無く自由な行動が出来る環境でも無かったので、DF50もDD54も現役時代の活躍は見ることが出来ませんでしたので、F.Y君のことが羨ましか...

  20. 80年代DF50 22 - 『タキ10450』の国鉄時代の記録

    80年代DF50 22

    高校の同級生F.Y君からもらった写真です。(DF50 22撮影年月、場所は不明)架線が張られていて、スノープラウが無いので、紀勢線での活躍と思います。場所は紀伊田辺かな?引退近しの雰囲気です。DF50を生で見た記憶は無く、中学生の頃にDF50が活躍していたのは四国と九州でしたので、行けるわけも無く、ただただ雑誌で活躍する姿を見るしかありませんでした。かつて16番でTOMIXがプラ製のDF50...

総件数:21 件

似ているタグ