DSC-RX100M3のタグまとめ

DSC-RX100M3」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはDSC-RX100M3に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「DSC-RX100M3」タグの記事(88)

  1. 銃撃戦跡 - レンズで綴る徒然日記

    銃撃戦跡

  2. 柿の季節 - アンチLEICA宣言

    柿の季節

    柿の季節になった。西条柿とか言っていた。色は黄色いけれど、とても甘くて美味しい。ところでRX100M3が不調だ。E:91:01が画面上で点滅する。一度ファームウェアをアップデートしたら出なくなったがストロボを使おうとしたら、また出るようになった。ストロボの不良に対するエラーコードの様だ。RX100M5が目の前にちらつくが、ストロボ以外に悪いところはなく写真も写せる。

  3. 金色 - レンズで綴る徒然日記

    金色

    金色のトンネルを抜けるとそこには・・・

  4. 廃工場2 - レンズで綴る徒然日記

    廃工場2

    廃墟を求めて彷徨う日々。

  5. 獅子身中の虫 TU-8600編 - アンチLEICA宣言

    獅子身中の虫 TU-8600編

    やっとエレキットから新しいPTCが届いた。キットのPTCは黄土色のパーツ。悪いのはこちら側だけだが、同じ形状の物がないので気になるようなら2個とも替えてくださいとの事。こちらも外して取り替えた。替えて暫く聴いてみたが異常は無い。しかし、こんな小さなカメムシみたいな奴が300Bアンプの本来の働きを止めるとは獅子身中の虫だ。

  6. 地図から消えた島 - レンズで綴る徒然日記

    地図から消えた島

    大久野島は終戦後まで長い間地図からその存在を消されていた。何故なら、昭和2年から秘密裏に毒ガス兵器の研究と製造をしていたから。製造に従事していたのは、島の住民や徴兵された若い兵士。勿論、退職などは許されるわけもなく、死ぬまで毒ガスのことは誰にも喋らないと誓約書を書かされていた。目や皮膚をやられ、喉はガラガラで血を吐く人もいたらしい。暗い過去を背負っていた島。終戦後、3000トン余りの毒ガスが...

  7. うさぎ - レンズで綴る徒然日記

    うさぎ

    うさぎって、性欲が強いらしい・・・その言い方って、ちょっとね・・・繁殖力が強いのね!!つづく・・・

  8. うさぎと毒ガスの島 - レンズで綴る徒然日記

    うさぎと毒ガスの島

    連休なので・・・つづく・・・

  9. 白骨林 - レンズで綴る徒然日記

    白骨林

  10. 瓶つぼ - レンズで綴る徒然日記

    瓶つぼ

    氷見二千石原から瓶壷に向かいます。到着~~綺麗な色!冷たい水です!!

  11. 瓶ヶ森 - レンズで綴る徒然日記

    瓶ヶ森

    天気が良いので山に行きました!!男山からの風景~氷見二千石原向こうに見えるのが、石鎚山。少し紅葉していました!!

  12. 『ベイビー・ドライバー』 - アンチLEICA宣言

    『ベイビー・ドライバー』

    カー・アクション映画が続く。アンセル・エルゴート主演。何となくのいい人ぶり、何かで見たことあると思ったら2014年の『きっと、星のせいじゃない。』の主役だった。カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』らしい。危険だが、一寸ロマンチック、そんな映画だった。スバルが主役かと思っていたがスバルは最初の1台目だけ。やはりクルマ映画は面白い!

  13. ストロベリーキャンドル - レンズで綴る徒然日記

    ストロベリーキャンドル

    犬島での撮影は今回で終了です。また機会があれば訪問したい島です!!

  14. 華のある家 - レンズで綴る徒然日記

    華のある家

    花なのか、華なのか?

  15. SVETLANA300B - アンチLEICA宣言

    SVETLANA300B

    まだ真空管について何も知らなかった頃、ザ・キット屋さんのホームページを見つけて大変興奮した。キット屋倶楽部の右上に出ているSV-91Bのスケッチ画を見て310AはWestern Electricで、右の整流管はGoldenDragonだと思った。だが肝心の300Bの袴のロゴが読めない上に、ガラス面のプリントが丸にCと見える。これがずっと脳裏に焼き付いた。それがSVETLANA300Bだろうと...

  16. 雨の日 - レンズで綴る徒然日記

    雨の日

    水滴でかくない?

  17. 『スクランブル』を観た - アンチLEICA宣言

    『スクランブル』を観た

    数日前『スクランブル』を観に行った。よほど疲れていたのか、オープニングチョット過ぎに寝落ちしてしまった。時間にして20分くらいだと思う。依って映画については語る資格無し。唯一言「コブラが1番好きだ、他は要らない!」帰りに晩ご飯を食べた。アメリカンビーフだ。此方は連れのご飯。とても美味しかった。

  18. 飛鳥乃温泉(5) - アンチLEICA宣言

    飛鳥乃温泉(5)

    2階約60畳の大広間。正面の壁には道後の四季と祭りが描かれている大きな鳥瞰図が掲げられ、下には「やちゃら編み」の行燈が並ぶ。天井には大洲和紙と金箔で作られた「ギルティング和紙」のシェードと照明。外廊下にも「ギルティング和紙」のシェードと照明。風呂は26日にオープンされたが外構工事と中庭の工事が残っている。

  19. 飛鳥乃温泉(4) - アンチLEICA宣言

    飛鳥乃温泉(4)

    道後温泉にまつわる伝説を表現した5つの個室。『伊予水引』に依る「白鷺伝説」。『筒描染』に依る「玉の石伝説」。五彩織りの技法を使った『今治タオル』の「椿の森」。『桜井漆器』の技法に依る「行幸の歴史」。『だんじり彫刻』の「伊予の湯桁」。どれも繊細で、すぐ壊れないか心配だ。

  20. 石職人の家跡 - レンズで綴る徒然日記

    石職人の家跡

    アートディレクターと建築家の作品。民家の跡地や家中を利用した作品群。 直島、豊島に続く芸術の島。つづく

1 - 20 / 総件数:88 件

似ているタグ