E-M5のタグまとめ

E-M5」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはE-M5に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「E-M5」タグの記事(247)

  1. 181031 macOS Mojave をインストール - Cameraな日々

    181031 macOS Mojave をインストール

    ’18/10/30 macOS Mojave アップグレードの案内が表示された。 10/23 には「詳細」をクリックしたらこの画像が消えてしまったのでインストールしなかった。 特に急いでアップグレードしようとは思っていないのでそのまま使っていたところ、10/30 に再度案内があった。 今回は「インストール」をクリックした。 21:55 にインストールを始めた。 21:56...

  2. 181013悪いアップル - Cameraな日々

    181013悪いアップル

    変見自在高山正之 悪いアップル 90年代、米国に出ていた日本企業の半分が潰れた。 業績が悪かったのかと撤退する大手螺子ネジメーカーに聞いたことがある。 いや、こっちのビジネス風土に馴染めなくて。 それに尽きますという上品な答えだった。 例えばボンバルディア社との取引だ。 昔はカナダの自転車屋。 今はデ・ハビランドとか潰れた航空機企業をかき集めて旅客機まで作っている大会社だ。 ...

  3. ’18/09/29の朝刊記事から - Cameraな日々

    ’18/09/29の朝刊記事から

    ’18/09/29の朝刊記事4面 総合欄 あす投開票沖縄知事選「期日前」攻防 30日投開票の沖縄知事選が最終盤を迎える中、期日前投票の投票者数が異例の勢いで伸びている。 大票田の那覇市では前回知事選の2倍以上となる3割近い有権者が既に投票を終えた。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を巡って激しく争う選挙戦への関心の高さの表れとみられるが、過熱する選挙運動に懸念の声も出ている。(...

  4. memories #068 - w:life

    memories #068

  5. memories #067 - w:life

    memories #067

  6. memories #066 - w:life

    memories #066

  7. memories #065 - w:life

    memories #065

  8. 午後の水平線 - caetla

    午後の水平線

    海から風が流れていくくる♪暑さも少し落ち着いたきたようですね。

  9. 180819    アレサ・フランクリン - Cameraな日々

    180819 アレサ・フランクリン

    ’18/08/16 アレサ・フランクリンが米ミシガン州デトロイトの自宅で亡くなりました。 76歳でした。 このレコード WHO’S ZOOMIN’ WHO?(日本語タイトル / フリーウェイ・オブ・ラヴ)は昭和60年(1985)/10/19に買いました。 ソウルシンガーとして有名ということで、当時発売されたレコードを買ったものでした。 ビリー・ホリディ、サラ・ボーン、エラ・フィッツジェラ...

  10. 180807    一見平和な日本、だが千葉沖に中国の脅威 - Cameraな日々

    180807 一見平和な日本、だが千葉沖に中国の脅威

    日本ルネッサンス櫻井よしこ 一見平和な日本、だが千葉沖に中国の脅威 千葉県銚子市、九十九里浜沖で中国の情報収集艦が頻りにデータを取り続けている。 その理由を、東海大学教授の山田吉彦氏はインターネット配信の、「言論テレビ」の番組で次のように説明した。 「温暖化で潮流も海水温度も変化しています。黒潮(フィリピン東方から台湾、南西諸島、日本列島の南岸から、銚子沖に走り太平洋に溶け込む潮流...

  11. Summer fashion - caetla

    Summer fashion

    *Meru暑いのでのびりUPします。まぁ気分次第ですが?

  12. 180623      プロが対象の「テロ等準備罪」 - Cameraな日々

    180623 プロが対象の「テロ等準備罪」

    新聞ネットじゃわからない国際問題宮家邦彦 プロが対象の「テロ等準備罪」 「うちの課長、マジでムカつく、殴ってやりたいよ」 「いいね!じゃあ、俺も手伝おうか、アハハハ」 中小企業が集まる西新橋の居酒屋で飲んだ時、耳にした会話だ。 外務省退職後、筆者は亡父が残した小さな会社にいたから、気持ちは分かる。 若いサラリーマンの単なる憂さ晴らしだが、一部の識者は「テロ等準備罪」に相当し得ると宣の...

  13. 180620    チベットの悲劇、許しがたい中国の蛮行 - Cameraな日々

    180620 チベットの悲劇、許しがたい中国の蛮行

    チベットの悲劇、許しがたい中国の蛮行日本ルネッサンス櫻井よしこ 1月の連休中に、3年9か月振りに日本を訪問したチベット亡命政府の首相、ロブサン・センゲ氏にお会いした。 米国ハーバード大学で上級研究員の地位にあった氏は、2011年8月にチベット人の自由選挙によって首相に選ばれ、亡命政府のあるインド北部のダラムサラに戻った。 ダライ・ラマ法王14世から政治指導者の地位を受け継いだ氏は、今...

  14. 晴れの日の紫陽花開成町あじさいの里 - rambling about...

    晴れの日の紫陽花開成町あじさいの里

    またしばらくブログを放置してしまいました。写真はたま〜に撮ってますが、なかなかブログやHPに載っけるまでにいきませんね…先週の木曜、突然思い立って、神奈川県開成町のあじさいの里に行って来ました。以前から行ってみたいなと思っていた場所です。紫陽花は雨が似合うとは思いますが、ここはのどかな田園地帯なので青空が似合います。この日は梅雨入りの直後早くも訪れた梅雨の晴れ間。暑いくらいの日でした。これだ...

  15. June Flower - 風に吹かれて

    June Flower

    梅雨に入り、庭の紫陽花が俄然、いきいきとしてきた。

  16. memories #064 - w:life

    memories #064

  17. memories #063 - w:life

    memories #063

  18. 180605   惇郎の躊躇い - Cameraな日々

    180605 惇郎の躊躇い

    変見自在高山正之 惇郎の躊躇ためらい サイゴンが落ちたとき「米軍が北爆を始めて10年。長い戦争だった」と深代惇郎の天声人語にある。 続けて「ベトナム人同士で戦わせるため2年間、戦争を長引かせた」とも書いている。 まるで米国に悪意があったみたいに。 確かに悪い国だが、これは言いがかりが過ぎる。 米軍が撤退した後も北ベトナム軍が矛を収めなかったのには理由があった。 その答えがサイ...

  19. 180514  宮崎哲弥の時々砲弾続 完全死刑マニュアル - Cameraな日々

    180514 宮崎哲弥の時々砲弾続 完全死刑マニュアル

    宮崎哲弥の時々砲弾続 完全死刑マニュアル引き続き、日本弁護士連合会刑事弁護センター死刑弁護小委員会が作成した冊子「手引き死刑事件の弁護のために」を論あげつらう。この”マニュアル”は死刑回避のためには、なりふり構わぬ態勢で臨むことを弁護士たちに要請する。仮にそれがダブルスタンダードに陥っていても躊躇ためらうことはないと主張するものだ。「手引き」は被告人への共感を醸成するような「物語(ナラティ...

  20. 180504    自爆テロをカミカゼと言うな - Cameraな日々

    180504 自爆テロをカミカゼと言うな

    東京情報自爆テロをカミカゼと言うなS・P・I 特派員 ヤン・デンマン 【東京発】パリで発生した同時多発テロを、現地メディアが「カミカゼ攻撃」と表現しているようだ。 しかし、その語源となった日本の神風特攻隊は、一般市民を攻撃対象にしたものではない。 あのような表現は誤解を招くのではないか。 白髪のバーテンダーが頷く。 「先日、作家の野坂昭如さんが亡くなられました。彼は『国家非武装さ...

総件数:247 件

似ているタグ