EOS 5D MarkⅢのタグまとめ

EOS 5D MarkⅢ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはEOS 5D MarkⅢに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「EOS 5D MarkⅢ」タグの記事(154)

  1. モノクロ上手には原理主義者が多い - 一人の読者との対話

    モノクロ上手には原理主義者が多い

    昼食後に珈琲を飲みながら暇つぶしに「180327国立大学通りの桜」に掲載した写真をモノクロにしてみた。なにか目的があってのことではない。たんなる暇つぶし。私は、平素モノクロ写真を撮ることはあまりない。昨年10月にエキサイトブログの「モノクロ写真ジャンル」に登録したあと遊びで少しモノクロ写真を撮った。同じく「モノクロ写真ジャンル」に登録されている一人の方とコメントのやりとりをするようになった。...

  2. 180327国立大学通りの桜 - 一人の読者との対話

    180327国立大学通りの桜

    毎週火曜日は娘をボルタリングスクールに送っていくため国立に行く。駅前の大学通りの桜並木は東京でも有数の見事さ。あいにく、昨日着いた時には曇っていて桜の写真をとるような光ではなかった。1枚目は国立駅を背にして谷保駅方向を撮った写真。露出補正を掛けずカメラのAE任せで撮った写真に「自動コントラスト補正」を掛けただけ(元ファイルとさほど変わらず)。曇天であるためローコントラストの写り。トーンカーブ...

  3. 180325桜(7) - 一人の読者との対話

    180325桜(7)

    (6)までとは違った絵柄の桜の花の写真はまだまだあるけれどキリが無いので終わりにする。最後は山茶花。私は日陰の花を撮るのが好きである。

  4. 180325桜(4) - 一人の読者との対話

    180325桜(4)

    85mmはポートレート撮影でしか使ったことが無い。この4年程はほとんど使っていない。このレンズは本当に良いレンズだ。

  5. 180325桜(3) - 一人の読者との対話

    180325桜(3)

    ソメイヨシノは「白い」花ビラ。わざわざ陽の当たっていない部分を撮った。

  6. 180325桜(1) - 一人の読者との対話

    180325桜(1)

    一昨日思うように撮れなかったしだれ桜を昨日撮りに行った。リベンジに行ったはずが返り討ちにあった(笑)。陽射しが強すぎたし風も強かった。そして、最大の強敵は「電線」。下からあおって撮ってもよほど画角を絞らないと電線が入ってきてしまう。しかし、ある程度広く撮らないとしだれ桜の雰囲気が表現できない。このカットはなんとか電線をギリギリ外しているが、左側の方の白っぽい枝だが目に付く。ほんの僅かにアング...

  7. 花の写真は難しいちょっとした"コツ"について書いてみた - 一人の読者との対話

    花の写真は難しいちょっとした"コツ&quot...

    木に咲く花を美しく撮るのはとても難しい。枝が邪魔になるからである。一輪だけをアップで撮っても、画角のどこかに枝が入ってしまったり、萼や葉が黒く写って写真の美しさを損ねる。また、木蓮やコブシのような白い花びらは、白飛びしやすいし、白飛びを抑えてもよほど上手に撮らないと"のっぺり”した感じにしか写らない。また、高いところに咲いているのでレベルに撮ることが難しいケースがほとんどである。や...

  8. 白鳥流し撮り一代記partⅧ - 拙者の写真修行小屋

    白鳥流し撮り一代記partⅧ

    相変わらず仕事が激務続きでいらっしゃって下さっている皆様にお礼のコメントを差し上げることも出来ず大変申し訳なく思っています今日、私が住んでいる松本では大雪が降りましたこんな日は、久々に家でひたすらゆっくり・・・と考えていましたが「白鳥流し撮り一代記を完遂せよ」という、冬の神様の声による雪だったのかな、と思い直し久しぶりに記事を更新することにしました今回partⅧでは、、今シーズン大本命の一枚...

  9. EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm F4L(7) - 一人の読者との対話

    EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm...

    このような目立つ直線のある写真を撮ったらどうにもならない。こういう写真をきっちり撮るためには単焦点のEF 24mm F1.4 Ⅱ USMを使うしかない。歪曲率は約1.4%ととても緩やかだ。それはそうと、私はISO AUTOは使わない。そして、多少真面目に撮る時じゃ無い限りファインダー内のインジケーターでSSを確認することも無い。だから、シャッターを切ったとき「あれっ、長いな」と思うことが良く...

  10. EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm F4L(5) - 一人の読者との対話

    EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm...

    「EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm F4L」などというタイトルを付けてしまったが、なんのことはない、国立で撮った写真を何枚か収録しておこうというだけの話である。このブログは私自身の「アルバム帳」なのである。あれこれ書いているが、誰かに何かを伝えようと考えているわけでも無い。たんなる老人の暇つぶしである(笑)。私は文章を書くのが早いので、1000字程度であれば10分から1...

  11. EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm F4L(4) - 一人の読者との対話

    EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm...

    EF 24-105mm F4L IS USMはほとんど使わない。このレンズは、初代の5Dを購入した際にレンズキットとしてボディとセットで購入した。しかし、5Dにこのレンズを付けると約1.5kgにもなる。5Dを購入した当時、2歳の息子と毎日公園に通っていた。しかも、午前中と午後2回出向いていた。その際に5Dを持っていくこともあったのだが、このレンズを付けてるとカメラは「凶器」と化す。首からぶら...

  12. EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm F4L(3) - 一人の読者との対話

    EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm...

    EOS 5D MarkⅢ + EF 24-105mm F4L IS USMISO200 F4.0 1/1000 ±0EV DAY LIGHT JPEG(風景モード)32mm域リサイズのみ南欧の強い陽射し風(笑)。あっさりめのモノクロ。

  13. EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm F4L(2) - 一人の読者との対話

    EOS 5D Mark Ⅲ + EF 24-105mm...

    一つ前のエントリーに掲載した写真の店の隣のお店。シャッターボタンを押すだけでこれくらい綺麗な写真が撮れる時代なのである。しかも、6年前のカメラに12年前のレンズを付けて撮った写真である。24mm域で目立つ樽形歪曲が出るレンズなのでその点は不問にしての話であるが…余談であるが、田中長徳さんの著書『ツァイス紀行』に掲載されているような写真は、こういう感じの光でもう少しコントラストの強いシーンを撮...

  14. 春は直ぐそこ(4) - 一人の読者との対話

    春は直ぐそこ(4)

    花はとても好きだ。しかし、花の写真はそんなに好きでは無い。花は肉眼で愛でるモノだと思う。しかし、散歩スナップではレンズを向けたくなるモノが無いので花を撮ることになる。花の写真は陳腐だと思う。鉢植えの花の写真なんて愚の骨頂だと思う。しかし、春の訪れの時期にはレンズを向けてしまう。それはともかく、この写真、Photoshop上での見栄えとブログにアップした後(つまりブラウザ上での)見栄えがかなり...

  15. 春は直ぐそこ(1) - 一人の読者との対話

    春は直ぐそこ(1)

    家の隣の公園の梅が満開となった。未だかつて梅の花を綺麗に撮ったことが無い。梅の花を綺麗に撮るには根気が必要だから。いや、根気と言ったってせいぜいのところ5分ほど撮り続けることなのだけれど私にはそれが出来ない。梅の花は4〜5枚撮ってバッチリ決めるというのはかなり難しい。枝だが汚く出てしまうことが多いからである。また、花同士が重なるのですっきり撮れるアングルを探さなければならない。梅の花を撮るの...

  16.  白鳥流し撮り一代記・2018 part Ⅵ - 拙者の写真修行小屋

    白鳥流し撮り一代記・2018 part Ⅵ

    part Ⅵ第6回は、「小さく撮ってみた」特集小さく撮ってみた、とは言うものの、正直、好き好んで小さく撮るケースは滅多に無く単純に、フルサイズに100-400では焦点距離不足ということである撮影地「御宝田遊水池」では、キヤノン党の内、かなりの割合が100-400を装着しているが大多数は7DmarkⅡや80DといったAPS-C機で、フルサイズ機はごく一握りだ焦点距離不足を補うために、足を使って...

  17. 大学キャンパス - 一人の読者との対話

    大学キャンパス

    建築物を撮るときには人物が写るのを避けることが多いが、この場合一人でも人間が歩いている方がキャンパスらしさが出ると思う。

  18. 気嵐の朝に~大王わさび農場~ - 拙者の写真修行小屋

    気嵐の朝に~大王わさび農場~

    白鳥の流し撮り一代記を投稿中だが、一休み代わりに風景写真の記事を書いてみる白鳥の撮影地・御宝田遊水池から帰宅する際、ちょっと寄り道をすると大王わさび農場がある「安曇野」という場所は、その懐かし気な語感と、常念岳をはじめとした北アルプスの雄大な眺めから日本人の故郷、的なイメージで全国区の知名度を得ているが際立った観光場所は意外にもほとんど無く、辛うじて、このわさび農場だけが、知る人には知れてい...

  19. 白鳥流し撮りバカ一代記・2018 partⅢ - 拙者の写真修行小屋

    白鳥流し撮りバカ一代記・2018 partⅢ

    ご無沙汰をしておりますどうも寒いのが苦手で苦手な分、お布団にもぐるのが大好きでお布団の誘惑に負けてブログ更新が停滞しておりましたでも、毎週末の白鳥流し撮りだけは、欠かさずにトライしていますので何百枚と撮影した写真の中から、個人的に印象的なの(必ずしも成功ショットという訳ではなく)を掻い摘んでご紹介したいと思います(撮影枚数が多すぎてピックアップに手間取ってるのも停滞の原因なんです)では、流し...

  20. モノクロポートレート(5) - 一人の読者との対話

    モノクロポートレート(5)

    小さなファイルなのでちょっと甘くなっているけれどきちんとしたサイズで出せばきっちり写っている。この写真は、すれ違いざまに撮ったに近いテンポで撮った写真である(実際公園ですれ違ったご家族を撮らせて貰ったのである)。もし、綺麗に撮ろうと思ったら母親に娘さんを左手で抱き直して貰う。説明するまでも無いことであるが、女の子の左側から光が来ているからである。母親の身体で光が遮られて女の子の顔に光が当たっ...

総件数:154 件

似ているタグ