EOS 5DMarkIIIのタグまとめ

EOS 5DMarkIII」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはEOS 5DMarkIIIに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「EOS 5DMarkIII」タグの記事(62)

  1. 望遠レンズで撮影した旧古河庭園のバラたち - 旅プラスの日記

    望遠レンズで撮影した旧古河庭園のバラたち

    東京のバラは、4月下旬から一気に咲いてしまったので、現在は見頃終盤。旧古河庭園の「HP」には、「4月末に見頃を迎えたバラたちは傷みが目立つようになってきました。現在一部のバラはまだ見頃」、と書かれてます。旧古河庭園のバラを、マクロレンズで撮った20枚は既に掲載しましたが、望遠レンズで撮ったバラが10枚残っていたので、ずらずらと掲載いたします。ミスターリンカーン(アメリカ)シャルル・ドゥ・ゴー...

  2. 「圧倒的桜。2018」に参加中。 - 旅プラスの日記

    「圧倒的桜。2018」に参加中。

    エキサイトブロガーの「USA104」さんが、音頭を撮って下さった「圧倒的桜。2018」。現在の参加者は全国から116人。勿論、私も参加しています。今シーズンの桜取材は、9回、9ヵ所でしたが、その中から圧倒的桜を1ヵ所から1枚ずつ選びました。実はこのブログで紹介した桜が殆どですが、「あ、それ見たよ」と言わないで下さいね(笑)1) 2月10日  熱海桜とメジロ     静岡県熱海市2) 3月17...

  3. 東京でも一二を争う超特大の神輿が、危険だった瞬間(台東区、下谷神社大祭)(後半) - 旅プラスの日記

    東京でも一二を争う超特大の神輿が、危険だった瞬間(台東...

    5月13日の下谷神社神輿の続きです。10時7分、神輿は狭い道路から、広い浅草通りに出て来ました。ここら辺りは、仏壇店、神具店が軒を連ねるので、通称は「仏壇通り」とも言われます。後方に見えてる看板は、全て仏壇店の看板です。担ぎ手たちも交代場所が近づいて来たので笑顔。神輿の真ん中には、自撮りしてる呑気な男も(笑)最後は渾身の力を振り絞って、神輿を次の町会に引き継ぎます。同時に、ここで宮司も交代し...

  4. 赤坂プリンスクラシックハウスは、泡が美味い(千代田区紀尾井町) - 旅プラスの日記

    赤坂プリンスクラシックハウスは、泡が美味い(千代田区紀...

    5月5日に掲載した「出没!アド街ック天国、本日は東京千代田区紀尾井町です」、の続きです。今回は、赤坂プリンスクラシックハウスの館内をご案内しましょう。赤坂プリンスクラシックハウスの正面エントランス。窓枠がお洒落。ステンドグラスが嵌め込まれた窓も見えます。入ってすぐのフロントですが、天井のシャンデアリアもお洒落。CAFEの開店まで10分程あり、「どうぞ、こちらでお待ちください」と、通された部屋...

  5. 東京でも一二を争う超特大の神輿が練り歩くと、下町に夏がやってきます(台東区、下谷神社大祭)(その1) - 旅プラスの日記

    東京でも一二を争う超特大の神輿が練り歩くと、下町に夏が...

    5月13日、日曜日、今年も「自称:神輿カメラマン」の季節がやってきました(笑)下谷神社大祭は、今年が2年に一度の本祭り。東京でも一二を争う超特大の千貫神輿が氏子町内28カ町を練り歩くと、下町に夏がやってきます。自宅からも近い下谷神社からの宮出し(神輿が神社の境内から出ること)は朝の6時15分。 この様子はブロ友の「オレ」さんが取材してくれました。自分はそんなに早くは行けないので、神輿がどこら...

  6. 100種類ものバラが華やかに咲き誇る庭園と、重厚な洋館(北区、旧古河庭園) - 旅プラスの日記

    100種類ものバラが華やかに咲き誇る庭園と、重厚な洋館...

    GW前半の3連休の最終日(4月30日)に撮影した旧古河庭園のバラの花です。相変わらずですが、カメラマンの好みにより、咲き誇る妖艶なバラではなく、これから咲く可憐なバラを撮ってます(笑)エグランタイン・マサコ(イギリス)フロージン82(ドイツ)ローラ(フランス)インカ(ドイツ)プリンス オブ ウェールズ(イギリス)ソニア(フランス)マリアカラス(フランス)ブルームーン(日本 伊藤良順)ここまで...

  7. 白浜の名の通り真っ白でサラサラの砂浜、そして伊勢海老と地魚の夕食(南紀白浜の白良浜) - 旅プラスの日記

    白浜の名の通り真っ白でサラサラの砂浜、そして伊勢海老と...

    4月21日から22日にかけての小旅行、南紀白浜です。旅館の予約は国内のホテル予約サイトを使って、ホテル三楽荘別館の「ホテル花てまり」。アドベンチャーワールドに近く、白良浜の真ん前というので選びました。朝食・夕食有りの宿泊と、朝食だけの宿泊では1万円もの料金の差があり、夕食が付かない宿泊にしました。アドベンチャー・ワールドで、パンダを見て、サファリをして、イルカのショーも見て、ホテルにチェック...

  8. 大きくなあれ、大きくなあれと囃す、出世鯉の放流(亀戸天神) - 旅プラスの日記

    大きくなあれ、大きくなあれと囃す、出世鯉の放流(亀戸天神)

    5月5日、子供の日。GWの後半、残りはあと1日です。毎年恒例の「出世鯉の放流」を見学するために、江東区の亀戸天神に出かけました。ここが鯉を放流する会場です。社務所で手続きをしてから、放流する鯉を選びます。鯉が手から放たれます。飛び跳ねる鯉。大きくなあれの、囃し声とともに流れていく鯉。カメラ目線で別れを惜しむ鯉(笑)この女の子が選んだ鯉はちょっと大きいです。跳び跳ねて逃げないように係が手を添え...

  9. 出没!アド街ック天国、本日は東京千代田区紀尾井町です - 旅プラスの日記

    出没!アド街ック天国、本日は東京千代田区紀尾井町です

    GW後半、5月3日の憲法記念日に出かけたお散歩日記です。東京は前日の雨が朝まで残り、遠出は無理なので、紀尾井町まで散歩に出かけました。紀尾井町は千代田区の西に位置し、港区、新宿区との境に位置します。江戸時代は紀伊和歌山藩徳川家、尾州徳川家、彦根井伊家の中屋敷があり、各家の文字を1文字ずつとって紀尾井町という名前になりました。東京ガーデンテラス紀尾井町には、オフィス、ホテル、商業施設等が入居す...

  10. 江戸っ子は皐月の鯉の吹流し。東京スカイツリータウンのこいのぼりが元気に泳ぎました。 - 旅プラスの日記

    江戸っ子は皐月の鯉の吹流し。東京スカイツリータウンのこ...

    江戸っ子は皐月の鯉の吹流し、口先ばかりではらわたはなし・・・なんて川柳がありますが、江戸っ子はポンポン言うけれど、お腹の中には何も残さず、さっぱりしてるという意味です。5月5日の子供の日に備えて4月中旬に、東京スカイツリータウンのこいのぼりを撮りました。鯉のぼりの街で有名な埼玉県加須市の職人、橋本隆さん・勝さん兄弟が手がけた10メートルの手描きのこいのぼりが、押上駅で来場者を出迎えてくれます...

  11. 大長藤、うす紅藤、大藤が見頃です(あしかがフラワーパーク、その後半) - 旅プラスの日記

    大長藤、うす紅藤、大藤が見頃です(あしかがフラワーパー...

    4月28日に訪問した、足利フラワーパークです。その前半は白藤、八重藤、きばな藤でした。後半の最初は大長藤。栃木県指定の天然記念物です。花房が最長1.8mに達するフラワーパーク屈指の「野田の長藤」ですが、まだ昨年の長さに、20cmから30cm及びません。本当の見頃はあと1週間でしょうか。でも、ここに来て、「世の中にこんな大きな藤があったのか」、と立ち尽くす観賞客が多数。1本の藤の樹木から、この...

  12. バラよ、お前もか。10日も早く見頃を迎えてしまったバラで人気の庭園(北区、旧古河庭園) - 旅プラスの日記

    バラよ、お前もか。10日も早く見頃を迎えてしまったバラ...

    4月30日、GW前半の3連休の最終日。ブロ友さんの日記にも、チラホラとバラの花が登場するようになり、バラの名所ランキングの「トップ5」を順番に調べた結果、「8割のバラが開花した」という旧古河庭園を訪ねました。ビッグドリーム(アメリカのバラ)香貴(日本、京成バラ園芸)コンフィダンス(フランス)ランドラ(ドイツ)え、なんですって。蕾ばかりじゃないかって。本当は、大きな花も咲いてたのですが、自分は...

  13. まさに満開なのは白藤、八重藤、きばな藤、うす紅藤、あとちょっとは大藤、大長藤(あしかがフラワーパーク、その前半) - 旅プラスの日記

    まさに満開なのは白藤、八重藤、きばな藤、うす紅藤、あと...

    4月28日の土曜日。都内の藤の花は既に開花が進んでいるので、遅いかなとドキドキしながら訪れた2018年の、あしかがフラワーパーク。昨年の訪問は5月4日でしたが、今年は4月28日、なんとか間に合いました。総論として満開なのは白藤、八重藤、きばな藤、うす紅藤、見頃だけどもうちょっと長く伸びそうなのは大藤、大長藤。最初に白藤のトンネルです。朝の10時ですが、ご覧のように超満員。白藤のトンネルをくぐ...

  14. 今が見頃の春ぼたんを楽しみましょう(上野東照宮、ぼたん苑) - 旅プラスの日記

    今が見頃の春ぼたんを楽しみましょう(上野東照宮、ぼたん苑)

    少し前になりますが、4月18日に、上野東照宮ぼたん苑の、春ぼたんを観賞しました。春は110品種、600株。冬は40品種、200株なので、春のが華やかに訪れる人の目を楽しませてくれますが、冬と違って藁囲いはありません。今年の冬ぼたんは、「藁ぼっち 暖光そそぎし 冬ぼたん」(2018年1月22日)、「今が見頃の冬ぼたんを楽しみましょう」(2018年1月30日)の日記でご覧になれます。名前は「鎌田...

  15. まったりくつろぐモモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウのゴリラ一家(京都市動物園) - 旅プラスの日記

    まったりくつろぐモモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウのゴリラ...

    4月22日は、南紀白浜から、京都に移動しました。真っ先に向かったのは京都市動物園。昨年の4月以来なので2度目です。まったりとくつろいでるのは、ゲンキ母さん(1986年6月、京都市動物園の生まれ)と、ゲンタロウ(2011年12月、京都市動物園の生まれ、日本初の4世ゴリラ)だらしない恰好でくつろいでるのは、モモタロウ父さん(2000年7月、上野動物園の生まれ)この日の京都は29度ですから、「こう...

  16. まだまだ見頃が続いていたチューリップ(茨城県、ひたち海浜公園) - 旅プラスの日記

    まだまだ見頃が続いていたチューリップ(茨城県、ひたち海...

    4月14日は、みはらしの丘でネモフィラを見た後、チューリップワールドに向かいました。ここには250品種、25万本のチューリップが咲き誇り、メルヘンな世界を創り出しています。昭和記念公園のチューリップは4月上旬が見頃で、ほぼ終わりですが、ひたち海浜公園は咲き始めのチューリップも多く、見頃が続いてました。美しいチューリップを3本選びました。天気は生憎の曇り空。もっと光が欲しい。あまりうまく撮れな...

  17. 農林水産大臣賞に輝いた「和金」は、体長30cm、紅白の色と、つやがよい。 - 旅プラスの日記

    農林水産大臣賞に輝いた「和金」は、体長30cm、紅白の...

    4月15日、日曜日、関東は朝から雨。雨では上野動物園のシャンシャンも、リキ君も、水元公園のカワセミも、あしかがの藤の花も、撮影がきびしい。そこで選んだのは室内で観賞ができて、撮影もできる江戸川区船堀の「日本観賞魚フェア」。タワーホール船堀の会場で、最高賞である農林水産大臣賞に輝いたのはこの「和金」。自分、金魚は全くの素人ですが、この和金は体長30cm、白と赤の対比や、色つやがよいのが評価され...

  18. 2週間も早く見頃を迎えてしまった450万本のネモフィラ(茨城県、ひたち海浜公園) - 旅プラスの日記

    2週間も早く見頃を迎えてしまった450万本のネモフィラ...

    4月14日、今にも雨が降りそうな曇り空の土曜日。新聞やテレビで、「2週間も早く見頃を迎えましたと」、言われても、毎年GWに訪問してたので、今年はいつ行けばいいのか判断が難しい。「ええい、面倒くせえ。明日は雨だし、今日しかないでしょう」、と茨城県ひたち海浜公園に行ってきました。本当でした。間違いなく、マジで満開でした。開園は9時半で、到着は9時40分。それなのに、もうこの人数が丘の頂上を目指し...

  19. 都市空間  庭を染め抜く  シバザクラ(港区、三田) - 旅プラスの日記

    都市空間  庭を染め抜く  シバザクラ(港区、三田)

    4月13日の昼休み、不思議な都市空間があるという記事につられて田町駅から徒歩5分の高層ビルにやってきました。ビルの中から庭を眺めると、一面のピンクの世界。フロアーにも庭のピンクが映り込みます。国道の第一京浜側の入り口にも、ピンクの帯が映り込み、ここは不思議な都市空間。この日は風が強かったので、お弁当を食べるOLさんの黒髪も風にそよぎます。庭園に出てみましょう。本物のシバザクラは光でシロトビし...

  20. 一面鮮やか つつじまつり(その後半)(文京区、根津神社) - 旅プラスの日記

    一面鮮やか つつじまつり(その後半)(文京区、根津神社)

    4月8日に訪問した文京区、根津神社のつつじ苑。その後半は、苑内の様子と、ツツジの花です。花は赤系オレンジ、背景は赤系ピンク。とにかく赤系オンパレード、どこをどう撮ればいいのやら。インスタ映えに挑戦中のスマホ女子も赤狙い。目立ってる可愛いツツジも赤が多い。ツツジは約100種類。可愛いツツジがすぐに見つかります。このピンク色のツツジが一番可愛らしかったのですが、背景の色の濃さに負けてしまって目立...

1 - 20 / 総件数:62 件

似ているタグ