EOS 5DMarkIIIのタグまとめ

EOS 5DMarkIII」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはEOS 5DMarkIIIに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「EOS 5DMarkIII」タグの記事(340)

  1. 風光る河津桜にスカイツリー - 旅プラスの日記

    風光る河津桜にスカイツリー

    桜の開花が、3月22日と予想される東京で、「今日しかない」と、早咲き桜を撮ってきました。今が満開の河津桜で、場所は東京スカイツリーの下です。昨年の3月17日にも、この桜を撮ってますが、偶然同じ3月17日の撮影でした。昨年も満開でしたが、今年も満開。この河津桜は、スカイツリーの周囲では1本だけ。東武スカイツリーラインの、東京スカイツリー駅から30mほどの業平1丁目にあります。スマホに、コンデジ...

  2. エジプト、ケニア縦断の旅(11)、帰国の途(エジプト上空) - 旅プラスの日記

    エジプト、ケニア縦断の旅(11)、帰国の途(エジプト上空)

    マサイマラを出発して、42時間かかり、昨日(3月12日)の夕方に帰国しました。「時差ボケ」が無いのは鈍感だからとも言いますが、私の辞書に「時差ボケ」はありません(笑)実は帰国便では、日本時間に合わせてお酒を呑み、寝てるからなのですが、昨夜は自宅でいつもと同じ時間に夕飯を食べ、同じ時間に寝て、今朝はいつもと同じ時間に目が覚めました。エジプト、ケニア縦断の旅(11)は、帰国の途で、エジプトです。...

  3. エジプト、ケニア縦断の旅(5)、ピラミッドと、スフィンクス - 旅プラスの日記

    エジプト、ケニア縦断の旅(5)、ピラミッドと、スフィンクス

    エジプト、ケニア縦断の旅(5)は3月5日。午前中のエジプト航空で、ルクソールからカイロに移動し、日本で手配しておいた車とガイドに迎えられ、カイロ近郊のピラミッド巡りに出発しました。夕方には空港に戻るので、持ち時間は7時間。私はカイロが4回目なので、距離感はわかりますが、恐らく6時間もあれば空港に戻れるはず。最初は、説明の必要もありませんが、ギザの3大ピラミッド。左からクフ王、カフラー王、メン...

  4. エジプト、ケニア縦断の旅(4)、ルクソールの日の出と熱気球 - 旅プラスの日記

    エジプト、ケニア縦断の旅(4)、ルクソールの日の出と熱気球

    エジプト、ケニア縦断の旅(4)は、3月4日の朝4時半にホテルを出発して始まりました。さっそくですが、日の出です。太陽の下で光ってる辺りがナイル川。どこから撮ってるかというと、上空100mの熱気球からの眺めです。船長さんはこの人。上昇中は熱気球の中に火が焚かれます。ファラオが残した遺跡はこちらの方向に数多くあり、「王家の谷」と呼ばれます。「焼き畑」の煙がモーモーと立ち上がり始めました。煙は幻想...

  5. エジプト、ケニア縦断の旅(3)、砂漠の日の出とアブシンベル神殿 - 旅プラスの日記

    エジプト、ケニア縦断の旅(3)、砂漠の日の出とアブシン...

    エジプト、ケニア縦断の旅(3)は、アブシンベル神殿です。アスワンの町から、アブシンベル神殿までは片道3時間半。朝4時半に出発し、ドライバーは時速80km~100kmでひたすら砂漠の一本道をぶっ飛ばします。ぶっ飛ばす理由がわかりました。ちょうどコーヒーも飲める休憩所着くと同時に、日の出を迎えました。いつもなら太陽を真ん中に入れますが、アラブのおじさんが左にいたので、彼のシルエットも入れて撮って...

  6. エジプト、ケニア縦断の旅(2)、移動と神殿とアラブ美女 - 旅プラスの日記

    エジプト、ケニア縦断の旅(2)、移動と神殿とアラブ美女

    エジプト、ケニア縦断の旅(2)は、カイロからアスワンへの移動と、町から近いイシス神殿見学と、神殿にいたニャンコと、アラブ美女をお届けします。この日の気温は14度から23度、雨が降る感じは全く無く、空気は乾燥してました。機窓から眺める地上は霞んで見え、地平線は土煙か、空なのか曖昧模糊と霞んでました。これは遺跡ではありません、カイロ近郊の集合住宅です。霜降り肉だったら美味しそうですが、昔は水が流...

  7. エジプト、ケニア縦断の旅1、大移動とボヘミアン・ラプソディ - 旅プラスの日記

    エジプト、ケニア縦断の旅1、大移動とボヘミアン・ラプソディ

    いやはや、とんでもない長旅でした。3月1日の朝8時に自宅を出て、カイロのホテルに到着したのが、3月2日の朝4時。時差も考慮すると27時間の大移動でした。その間、飛行機に乗ってたのはフランクフルトまでの12時間15分、ローマまでの2時間、カイロまでの3時間半。待てば海路の日和ありと言いますが、待ってもカイロは遠かった(笑)JAL機内では和食、昼食、最後に牛丼。映画は3本でボヘミアン・ラプソディ...

  8. 着物姿のお雛様が、お出迎えしてくれた古民家のひな祭り - 旅プラスの日記

    着物姿のお雛様が、お出迎えしてくれた古民家のひな祭り

    「あれ、まだいたの」と言われそうですが、まだ日本にいます。出発は明日の朝です(笑)在庫から、ひな祭りの日記を掲載しますが、コメント欄は閉じさせていただきました。着物姿のお雛様が、お出迎えしてくれたのは2月17日に訪問した神奈川県開成町のひな祭り。築300年の古民家「瀬戸屋敷」の前で、4人のお雛様がカメラ目線をくれました。左に見えてるのが瀬戸屋敷で、門から中に入るとここが母屋。母屋と蔵の中で、...

  9. 肉の量り売りなら日山、今半、柿安が有名。では食べるならどこ - 旅プラスの日記

    肉の量り売りなら日山、今半、柿安が有名。では食べるならどこ

    来日するオーストラリアの友人に「何を食べたい」と聞いたら、返事は「日本のお肉を食べたい」さらに「ステーキ、すき焼き、シャブシャブとあるけど」と聞くと、返事は「シャブシャブ」さっそく、昼の席を予約しましたが、ヒントは日山、今半、柿安の直営店のうちの1軒です。答えと、そのお値段は文末に(笑)全15種類の前菜には牛肉しぐれ煮、銀だら味噌柚庵焼、海老しんじょうあられ揚げがあり、さらに旬のお造り3種も...

  10. 築300年の古民家「瀬戸屋敷」のつるし雛は、7,000個 - 旅プラスの日記

    築300年の古民家「瀬戸屋敷」のつるし雛は、7,000個

    神奈川県足柄上郡開成町の古民家「瀬戸屋敷」を、訪問したのは2月の17日でした。瀬戸屋敷収蔵のつるし雛と、地元の婦人会手作りのつるし雛は、合わせて7,000個以上。説明を加えることも無かったので写真だけです(笑)最後の写真は前回もお届けした高さ2.4mの「大つるし雛」。築300年の古民家で開催中のひな祭りは3月3日まで。期間中は「夜のひな祭り」、「猿まわし」、「手作り紙びな教室」、「地元野菜の...

  11. 世界らん展。その優良賞、優秀賞、そして日本大賞の受賞作品 - 旅プラスの日記

    世界らん展。その優良賞、優秀賞、そして日本大賞の受賞作品

    花と緑の祭典「世界らん展2019」が、東京ドームで開催されました。最初に優良賞、リカステサガノ「アワユキ」、斎藤正博さんです。訪問したのは2月20日の水曜日でしたが、ご覧のような大混雑。オーキッドゲートから右側の蘭の花。こちらは左側。まさにラン、らん、蘭。ゲートから真っ直ぐ進むシンボルロードには、ずらりとトロフィー賞の蘭が並びます。ファレノブシスゴールデンアポロンチャックハンソン「ナカトウ」...

  12. 築300年の古民家「瀬戸屋敷」のひな飾り - 旅プラスの日記

    築300年の古民家「瀬戸屋敷」のひな飾り

    築300年の古民家「瀬戸屋敷」と言ってもご存じない方が多いと思いますが、場所は神奈川県足柄上郡の開成町。2月17日に新幹線こだま、小田急電鉄小田原線、シャトルバスを乗り継いで行ってきました。江戸屋敷収蔵のひな人形や、地元の蔵から発見されたひな人形の数々を見学できます。豪華絢爛なひな人形に溜め息。享保雛(きょうほびな)は、江戸時代に流行し、面長な顔に切れ長な目、能面に似た静かな表情をしているの...

  13. 今、世田谷美術館が熱い(アフリカ現代美術) - 旅プラスの日記

    今、世田谷美術館が熱い(アフリカ現代美術)

    世田谷美術館は、緑豊かな砧公園の一角にあり、最寄り駅は田園都市線の用賀駅や、小田急線の成城学園前駅。2月11日の建国記念日に訪ねました。お目当ては、田沼武能写真展、東京わが残像、そして、アフリカ現代美術コレクションのすべて。世田谷美術館のエントランスです。設計は内井昭蔵で、館内には企画展の展覧会場に、講堂、レストランまであります。上の写真に見えてますが、エントランス正面の写真のパネルです。最...

  14. クリスマスマーケットで賑わうニュルンベルクの夜 - 旅プラスの日記

    クリスマスマーケットで賑わうニュルンベルクの夜

    2018年12月4日の、ニュルンベルクの夜は、クリスマスマーケットで賑わってました。中世そのままの雰囲気が残るこの街のクリスマスマーケットの会場は中央広場。クリスマス一色に彩られた屋台や店舗が建ち並びます。夜になると、グリューワインを呑みながら語り合うグループやカップルが続々とと集まってきて、屋台の土産物屋さんは、クリスマス用品の買い物客で賑わいます。近くのホテルの前では、観光馬車もスタンバ...

  15. 何でもランキング「五感で楽しむ屋内レジャー」、ランキング3位の施設は? - 旅プラスの日記

    何でもランキング「五感で楽しむ屋内レジャー」、ランキン...

    何でもランキング「五感で楽しむ屋内レジャー」、と言っても、「ハテ?」ですよね。日経新聞の「NIKKEIプラス1」に掲載されたのですが、VRなどの映像と音や振動などリアルな体験を組み合わせた施設で、東の1位はスカイサーカスサンシャイン60展望台、2位は、チームラボボーダレス、3位は、オービィ横浜。西の1位は、ハウステンボス、2位は、リフレル、3位は、アジトオブスクラップ大阪ナゾビル。どんなとこ...

  16. 上野の森美術館のフェルメール展と、自分のメモ書き - 旅プラスの日記

    上野の森美術館のフェルメール展と、自分のメモ書き

    上野の森美術館のフェルメール展は2月3日までなので、展示期間もあと1週間。今回は9作品が来日し、今も8作品が展示中です。大阪市立美術館での展示は2月16日~5月12日までですが、展示は6作品となります。私が訪問したのは年末の12月30日。日時指定入場制なので安心してたら開館前なのに既に200人以上が並んでました。後で知ったのですが9時から10時半の入場時間枠のチケットの場合は10時頃に行った...

  17. レンガ色のおもちゃ箱のような町、ニュルンベルク - 旅プラスの日記

    レンガ色のおもちゃ箱のような町、ニュルンベルク

    2018年12月4日の、ドイツ、ニュルンベルクです。旅行中にホテルで書いた日記はこちらと、こちらです。カイザーブルクという神聖ローマ皇帝の城からは町を見渡せます。屋根が尖がっていて、オレンジ色で、工事中のクレーンが多かった。ルネッサンス時代の画家、デューラーが過ごした家。フラウエン教会の選帝侯の仕掛け時計は、1日1回、12時だけ。中央広場に戻ってきました。12時前になると、見物客が増えてきま...

  18. 銀座の名店で味わう、1,600円の鯛茶漬け(銀座あさみ) - 旅プラスの日記

    銀座の名店で味わう、1,600円の鯛茶漬け(銀座あさみ)

    店の名前は、割烹料理店「銀座あさみ」さん。夜の会席コースは、税別で15,000円、18,000円、20,000円、25,000円ですが、ランチタイムは税込み1,600円で、鯛茶漬けを食べることができます。鯛茶漬けは、白ご飯、胡麻ダレで和えた鯛のお刺身、小鉢、香の物、デザートがセットになっており、毎朝市場で仕入れる新鮮な鯛を、特製胡麻ダレと和えた刺身は、たっぷり8切れ。まずは鯛の刺身を、そのま...

  19. 世界遺産メテオラの天空に浮かぶ、ルサヌ修道院(ギリシャ、メテオラの最終回) - 旅プラスの日記

    世界遺産メテオラの天空に浮かぶ、ルサヌ修道院(ギリシャ...

    昨年11月に、カランバカからの、日帰りバスツアーに参加して登った、天空の修道院。その三つめは、ルサヌ修道院でした。一つ目のメガロ・メテオロン修道院はこちら。二つ目のヴァルラーム修道院はこちらです。ルサヌ修道院は、バスで隣接した山腹まで乗り付けて、そこからハイキングのように移動ができるので、天空の修道院の中では、一番楽に登ることができます。11月24日のギリシャは紅葉が鮮やかで、林は美しい黄色...

  20. 氏子さんが持ち寄るしめ飾りや、破魔矢を焼く「トンド」の習わし(浅草鳥越神社) - 旅プラスの日記

    氏子さんが持ち寄るしめ飾りや、破魔矢を焼く「トンド」の...

    氏子さんたちが「トンド」に持ち込むのは門松、しめ飾り、輪飾り、破魔矢、古いお札。町内の「ほトンド」かどうかは分かりませんが、境内に高く積み上げられ、火が点けられます。毎年1月8日に行われますが、毎年写真を撮り、毎年日記を書き、毎年ながら「ほトンド」というギャグも同じ(笑)「ト~ンド、トンド」、の掛け声に合わせ、地面を竹で叩きながら、火の回りを2周すると1年間は無病息災。鳥越神社では「トンド」...

総件数:340 件

似ているタグ