FE85mm F1.4 GMのタグまとめ

FE85mm F1.4 GM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはFE85mm F1.4 GMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「FE85mm F1.4 GM」タグの記事(58)

  1. 光をコントロールして撮れば… - 一人の読者との対話

    光をコントロールして撮れば…

    iPadで写真を見せたら「まるで写真館で撮った写真みたい!」を驚かれた。確かに写真だけ見せられた白のバックペーパーを背景にしてストロボをぶつけて撮った写真のように見える。しかし、室内で窓をバックにして撮影した写真である。レンズを向けている真正面が南向きの窓。その窓からの光はママの顔に回っている。この窓からの光は赤ちゃんには逆光。しかし、赤ちゃんの向いている方に西向きの窓がありそこからの光が赤...

  2. 写真は"ほんの僅かな差”で大きく変わる(2) - 一人の読者との対話

    写真は"ほんの僅かな差”で大きく変わる(2)

    (1)に掲載した写真の5秒後に撮った写真である。モデルの位置は同じ。カメラマンの位置も同じ。つまり全く同じカメラアングル。変わったのはこの子がピンク色の器を胸の前まで下げたこと。私は5秒間ファインダー越しにこの子を見ていた。器が下がった瞬間、ピンク色のバウンス光が無くなった。その瞬間にシャッターを切った。その時、自分でも良く覚えていないのだがとっさに絞りをF2.0からF2.2に1/3段絞って...

  3. 写真は"ほんの僅かな差”で大きく変わる(1) - 一人の読者との対話

    写真は"ほんの僅かな差”で大きく変わる(1)

    8月25日の「トムソーヤの森プロジェクト」で撮影した写真の中の1枚である。「流し素麺」を食べているシーンである。私はこの写真を「記録としての写真」として撮った。もちろん可愛らしく撮って上げたいと思って撮っているし、綺麗に撮れたら親御さんに差し上げる積もりで撮っているので普通のご家庭では撮れないような雰囲気の写真にすることを念頭に置いた上で撮影している。この写真は「記録としての写真」としてはパ...

  4. ポートレートレンズ(1) - 一人の読者との対話

    ポートレートレンズ(1)

    この写真は3通りのレタッチをしてみた。クリエイティブスタイル「人物」で作った写真が一番ナチュラルで自然な感じに仕上がった。この写真より少し肌色が黄色っぽく僅かにコントラストとシャープネスが弱い。とても自然だ。もう一枚はCSを「クリア」にして作った。肌の色に透明感があり鮮やかな印象であるが心持ち派手な感じになった。そして掲載したこの写真はα7Ⅲオリジナルのクリエイティブスタイルを使わず、Pho...

  5. 記録としての家族写真(7) - 一人の読者との対話

    記録としての家族写真(7)

    我が娘と同名の「ゆいちゃん」は2年生。笑顔が素敵だ。可愛らしい写真を沢山撮ってあげるね。13時も回ったというのに今日はなにもしていない。8時過ぎの起床だった。いった5時間なにをしていたのだろう?決してボーッとしていたわけではないのだが。そうだ、昼前に今回の「旅行」で撮った写真の整理をした。21日のイベントで撮影した子供の写真ではなく、我が家の旅行の記録写真を整理した。娘のお友だちが一緒だった...

  6. パステルカラー - 一人の読者との対話

    パステルカラー

    ひとつ前のエントリーに掲載した写真の女の子の"いもうと"。顔も似ていないけれど性格も正反対。写真を撮られるのが嬉しくないお年頃のようで良い写真が撮れなかった。私は、SIGMA 85mm F1.4を愛用していた。Artモデルになる前の初代のレンズの方を使っていたのだけれどそれでも十分満足できた。Artモデルの85mmは使ったことがないが、一度使ってみたいと思う。85mmのF...

  7. やはり曇天の写真は物足りない - 一人の読者との対話

    やはり曇天の写真は物足りない

    まあ、遊んでいるところをさっさと撮っているのでこんなもんなのかな〜。でも、ちがうんだよな〜。物足りない。暗部にノイズが出ているし。まあ、私が撮りたい感じの光ではないのだから仕方がないけれど…ほぼ真正面からなので絞り開放で問題なし。次回は晴天で撮ってみたいな。私はこういう感じの子供の写真はあまり好きでは無い。もっと自然な感じのどうといったことのない"平凡な写真”が好きである。しかし、...

  8. NHKの朝ドラ・CM・ミュージックビデオはライティングの教科書 - 一人の読者との対話

    NHKの朝ドラ・CM・ミュージックビデオはライティング...

    モノクロでポートレートフォトを撮っている人、あるいはこれから撮ってみたいと言う人にお勧めなのはこのミュージックビデオ。モノクロポートレートのライティングのあらゆるバリエーションが出てくる。撮ってみたいと思っているライティングがいくつも出てくる(笑)。ついでながらの感想であるが、宇多田ヒカルはモノクロポートレートのモデルとしてなかなか魅力的だと思った。タイプではないがやはり顔立ちは整っていると...

  9. 子供のポートレートは難しい - 一人の読者との対話

    子供のポートレートは難しい

    【おことわり】長々と「能書き」を書いたが暇つぶしである。今日も本を読む気にならないのである。その上で断っておくが、不特定多数の「訪問者」に向かって書いたわけでは無い。最近女性ポートレートを撮り始めた0123okkun君を念頭に置いて書いた話しである(shi-photo君とfrom_vixen君の二人も思い浮かべつつ)。彼は最近女性ポートレートに取り組み始めた。撮り始めたばかりにしてはなかなか...

  10. あるがままに撮った写真 - 一人の読者との対話

    あるがままに撮った写真

    20人の子供の写真を撮ったのだが、3〜6歳の女の子の写真を特に沢山撮った。この年齢は生涯でもっとも可愛い盛りなので撮り残してあげたいという気持になるのである。この年齢の子供を撮りたくなる理由がもう一つある。撮られることに対して「無頓着」なのである。中には撮られることを意識する子供もいないではないが、そういう子供の場合でも撮り続けているとすぐに気にしなくなる。まだ自意識が稀薄な時期なのである。...

  11. ポートレートを撮るカメラ - 一人の読者との対話

    ポートレートを撮るカメラ

    昨年12月に購入したSONY α7Ⅲはほとんど使っていなかった。女性ポートレートを"本気で”撮るために購入したのであるが、諸事情でとりあえず今年は撮影することを断念した。スナップにはFUJIFILM X-T20を使っている。スナップにα7Ⅲが必要だとは思えないからである。もちろん、スナップに使ってもX-T20以上の絵を作ってくれるカメラであるとは言うまでもないことである。カメラの違...

  12. カラー写真におけるTonarityの探求そろそろフィルムかな - 一人の読者との対話

    カラー写真におけるTonarityの探求そろそろフィルムかな

    今年はほとんどスナップをしていない。正月始めに、自宅のすぐ周りで古いZeissレンズと初代のα7のテスト撮影をしたことを除くと旅先以外ではほとんど写真を撮っていなかった。昨秋あれほど頻繁に通っていた江の島・鎌倉界隈にも4ヶ月半足を運ばなかった。どうしてかというと「スナップ写真」を撮ることに「うんざり」していたからだ。写真を撮ることはとても好きなのだけれど、何を撮っても「陳腐な写真」にしかなら...

  13. 肖像写真 - 一人の読者との対話

    肖像写真

    写真を撮って差し上げるとき、1枚はこんな風に真正面から肖像写真のような写真を撮ることが多い。こういうストレートな写真は結構喜ばれるのである。プロフィール写真として使えるという実用性もある。まだこの時間だと光が強すぎる。30分後だともっと綺麗な写真になる。1時間あとだともっと雰囲気のある写真になる。レフを使ってこんな風に写真を撮って貰う機会が無いため本人には喜ばれるが、撮る側からすると「つまら...

  14. α7Ⅲでの初めてのポートレートテスト撮影 (アングルの僅かな違い) - 一人の読者との対話

    α7Ⅲでの初めてのポートレートテスト撮影 (アングルの...

    ※もう写真の撮り方について教えるのは辞めたい。正直に言って「生徒」のあまりの無知と不勉強さにウンザリしてきた。このエントリーは写真の撮り方を教えるために書いたわけでは無いが、0123okkun君がポートレートフォトへのチャレンジを始めたので彼への「餞」という気持ではある。こういう話はこれで最後にしようと思う。あとは自力でがんばって。健闘を祈る。目のコンディションが悪いため長い時間本を読むこと...

  15. テスト撮影(10) - 一人の読者との対話

    テスト撮影(10)

    つまらない写真の最たるものだと思うが、カメラもレンズもほとんど使っていないのでとにかくいろいろ撮ってみないことには分からないので。画角中央でピントを合わせて「財」の文字がこんなにボケている。ポートレート撮影には85mmを一番使ったが開放を避けいつでもF2.0〜2.5を使っていた。よほどじっくり撮れるとき出ない限り開放では撮れない。CSはディープなので独特な雰囲気になった。

  16. テスト撮影(9) - 一人の読者との対話

    テスト撮影(9)

    気になったけれど撮るのは失礼だと思って通り過ぎた。しかし、やはり撮ってみたくてちょっと戻って立ち止まってサッと撮った。ピントを合わせたのはイヤリング。きちんと撮ってみないことには分からないが、このセンサーはハイライトに対よと言う印象である。

  17. テスト撮影(8) - 一人の読者との対話

    テスト撮影(8)

    この「抜け」感は凄いな〜。XF56mm F1.2 Rとは傾向が違う描写だ。きちんと撮ってみないことには分からないが、XF56mm F1.2 Rより使い方が難しいような気がする。3枚ともF2.0での撮影。RAW現像をしてみてダイナミックレンジの広さを実感した。

  18. テスト撮影(7) - 一人の読者との対話

    テスト撮影(7)

    あまりにボートが多くてボートを外して撮るのが困難だったので、逆手にとって映り込みを利用して絵を作ってみた。思考力(笑)。

  19. フェミニンな感じ - 一人の読者との対話

    フェミニンな感じ

  20. 正しきスナッパーの心得カメラは小型軽量を旨とすべし - 一人の読者との対話

    正しきスナッパーの心得カメラは小型軽量を旨とすべし

    午前中自宅から2.5kmのところにある三菱自動車に出掛けてきた。車を車検に出したので行きは車であったが帰りは徒歩であった。2.5kmをただ歩くのは暇なのでカメラを持って出かけた。愛機X-T20に久しぶりにF56mm F1.2 Rを付けて持って出ようと思ったのだがレンズが見当たらない。α7とα7Ⅲ、X-T2とX-T20、それぞれにレンズを付けたボディと、α7用の交換レンズ4本、X-T2・X-T...

総件数:58 件

似ているタグ