FUJINON XF10-24mmF4 R OISのタグまとめ

FUJINON XF10-24mmF4 R OIS」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはFUJINON XF10-24mmF4 R OISに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「FUJINON XF10-24mmF4 R OIS」タグの記事(26)

  1. トスカーナからエキストラ・ヴァージン・オイルが着きました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    トスカーナからエキストラ・ヴァージン・オイルが着きました

    2017年10月20日 金曜日 雨 今日のまた雨。その雨のなかに、イタリアからクロネコヤマトの大きな箱が二つ着いた。ほっと胸をなでおろしている。 モナリザの里 Villa Vignamaggio からの初搾りのエキストラ・ヴァージン・オイルが切れてから六ヶ月がたった。もう何年もまえに日本に輸入したことがあるトスカーナのヴィッラヴィーニャマッジオのエキストラヴァージンオイル。その美味しさが忘れ...

  2. 六日ぶりの青空に枯れ葉が舞って、、、、 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    六日ぶりの青空に枯れ葉が舞って、、、、

    2017年10月18日 水曜日 晴れ 六日ぶりの青い空 窓からの光が明るくて眼が覚めた。スコットさんがアメリカにお帰りになる日。青い空だ! 良かった!日本滞在中の後半はずっと雨だったので、今日の青空がなんとも嬉しい。短い日本でのご滞在で、お仕事にご趣味のご交遊にと満喫なさった様子は、お友達のフェイスブックへの書き込みでちらほら拝見していた。 フランスとかアメリカに住んでいる海外からの友人が一...

  3. 最晩年の木村伊兵衛と晩年のスコット津村とかけて何ととく - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    最晩年の木村伊兵衛と晩年のスコット津村とかけて何ととく

    2017年10月13日 金曜日 小雨のち曇り その一            (一週間前に遡って、、、) 一時帰国なさってらっしゃるスコットさんとゆっくりお目にかかれた。先だって彼のファン十人があつまっての昼食会があったばかりだったが、お時間をおつくりくださった。連れ合いはご挨拶だけて失礼させていただき、小雨の中を二人でふくさんへ。 時間をずらしてうかがったのだが、金曜日で満席の上にぎやかなお...

  4. 週末は東川の友人から届いた新米<ゆめぴりか>です - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    週末は東川の友人から届いた新米<ゆめぴりか>です

    2017年10月14日 土曜日 小雨 北海道の友人からの新米<ゆめぴりか>とお水が届いた。いくつもの会食があった週だったので、週末はありあわせでの夕食。東川町の「ゆめぴりか」ほんとうに美味しい。もっちりして甘い旨みがあって、これがなんとも美味しかったです〜〜〜!一億五千年前の氷河から流れる大雪山の水をふんだんに与えているのですから、それはそれはとても美味しくできると思ってしまいます。 東川町...

  5. 白鵬さんとのお食事会にお招きをうけました! - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    白鵬さんとのお食事会にお招きをうけました!

    2017年10月10日 火曜日 晴れ 白鵬さんにお目にかかれました。男性の会にはほとんど失礼させていただくのだが、白鵬さんとのお食事会とあって連れて行ってもらったというわけです。 第六十九代横綱になってから三年たった2010年大相撲九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬さんの優勝を観戦してからすっかり白鵬さんファンになってしまっている。<br> 国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝...

  6. エアポケットの日は、さくさくジューシーの牡蠣フライで - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    エアポケットの日は、さくさくジューシーの牡蠣フライで

    2017年10月11日 水曜日 晴れ 暑い一日 一昨日のスコットさんの会に続いて、昨日は白鵬さんのお食事会にお招きをうけた(写真はまた後で)。こういう会にはあまり出ない私なのに、スコット&白鵬さんとあればどうしても行きたかったのです。 先週からいろいろずっと続いていたので、今朝は体がうんともすんともいわない。エアポケットに落ちたように今日は何も約束がなかった。多分そうなると、脳内は<休みモー...

  7. 素敵な友人を囲む昼食会に感謝して - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    素敵な友人を囲む昼食会に感謝して

    2017年10月9日 月曜日 晴れ  Scottさんがシアトルから一時帰国していらっしゃり、青山一角の加賀料理のお店での昼食会にご一緒させていただいた。スコットさんを囲む十人の濃密な数時間だった。新潟から長野の奥から松本から、奈良から鎌倉から松戸からと、写真とブログを通じてスコットさんからご縁をいただいか方々で、お仕事も外科医、歯科医、会社経営者、画家と多彩。皆さんライカお仲間かしらと思うほ...

  8. 金木犀の香りに昔の桂林への旅を想いだして - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    金木犀の香りに昔の桂林への旅を想いだして

    2017年10月8日 日曜日 晴れ どこからともなく金木犀の香りが流れてくる土手の道。ぐるっと廻ってみたらなんと十本もの木があった。この季節にならないとそのその存在を忘れていたなんて、、、ごめんなさい! 金木犀銀木犀の香りをかぐと思い出すのは、もう何年も前に志村ふくみ先生と旅した桂林の銀木犀。町中が銀木犀の木々の香りに満ちていて驚嘆。帰国して先生はすぐにその感動をある新聞に書いていらした。脳...

  9. 今年はじめての北海道の厚岸西の昆布森の牡蠣と宮城県閖上の赤貝をいただきました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    今年はじめての北海道の厚岸西の昆布森の牡蠣と宮城県閖上...

    2017年10月7日 土曜日 雨のち曇のち晴れ 十六夜 Kさんがお誕生祝いをしてくれることになった。皆んなそれぞれ病い持ちで、十一席のお寿司屋さんのカウンターの他のお客様も含めて、なんと半数が手術の経験者だった。二人に一人がガン患者という今の日本の縮図のようだ。 オープン二十二年のこの店のオーナーシェフも昨年末に突然の病宣告で、珍しい鼻口腔癌の手術は、日本では三つの病院しかできないようで有明...

  10. “あれから三回目のお誕生日を迎えられましたね!” - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    “あれから三回目のお誕生日を迎えられましたね!”

    2017年10月6日 金曜日 曇りのち雨 誕生会 満月 “お誕生日おめでとう! ”白ワインで乾杯!“あれから三回目のお誕生日を迎えられましたね!”二人とも感無量、、、、。 今日は連れ合いのお誕生日だった。二年半前に九時間半の大きな手術から生還した連れ合いは、自分の誕生日と私の誕生日とお正月を思って生きていくね、、、、と、けじめけじめを生きていけるかねと話していた。手術の前に率直にうかがった時...

  11. 2017年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーは<フレッシュで輝かしく朗らかで絹のようにしなやかで豊満> - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    2017年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォ...

    2017年10月5日 木曜日 晴れ ボージョレ委員会から今年に出来具合の情報が入った。乾燥した夏の数ヶ月で天候的には恵まれていないと思っていたら、今年は最上といわれた2015年よりもさらに素晴らしいと予想されるそうでよかった。<フレッシュで輝かしく朗らかで絹のようにしなやかで豊満>と。 同時にシャトー・ドゥ・ピゼイの醸造家のパスカルデュフェートルからのテイスティングノートが入った。いや〜〜困...

  12. 最後の日に<たもぎ茸の土鍋炊込飯 新いくら添え>といただけました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    最後の日に<たもぎ茸の土鍋炊込飯 新いくら添え>といた...

    2017年9月30日 土曜日 晴れ 夕陽 昨日からすべてのチャンネル、すべての新聞は、小池百合子知事の<希望の党><民進・希望合流 連合含め極秘会談 前原氏決断、火種残す>一色の感じ。今朝の日経も一面の上部五段ぶっちぎりで<小池一強の野党再編>の記事。各ページも政治関係の小池さんのニュースが続いたが、五ページのその下の小さな記事に目がとまった。<大隅良典氏「ノーベル賞、日本から出なくなる」 ...

  13. 松川玉堂先生の三十回目のお習字でした。 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    松川玉堂先生の三十回目のお習字でした。

    2017年9月28日 木曜日 晴のち曇りのち小雨 八月入院騒ぎでお休みさせていただいてしまったし九月も一度おやすみで久しぶり!先生との久しぶりのお話しに花が咲いて嬉しい半時。書海社の会報もすでに九月になっていて、早速に楷書のお稽古。 <連山若波濤>。 松本芳翠先生の「草書千文字」(60) のお稽古のあとは、松川先生が来年の展覧会のためにお書きくださった半切の中からの六文字のお稽古。ぐずぐすし...

  14. Web日記のブログなのになかなか更新できません - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    Web日記のブログなのになかなか更新できません

    2017年9月27日 水曜日 晴れ ブログはWeb日記なのだから、毎日書いていかねば意味がない、、、のだが、その時間も見つけられないほどバタバタしている。 夜になって時間は見つかるだろうが、どうも最近はオカシイおかしい!外でも内でも夕食をすませると、もう眠くなってしまいバタンキュウ!数時間で眼が覚めてしまい真夜中の起きだしてもそもそ、、、今までだったら、それから数時間Macに向かって諸々を書...

  15. 人生山あり谷あり、それでも一緒に秋の味覚をいただきましょう! - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    人生山あり谷あり、それでも一緒に秋の味覚をいただきましょう!

    2017年9月25日 月曜日  晴れ  久しぶりに天空の館に住む友人を訪ねた。借景は、武道館と吹上御所、そしてはるかに議事堂や東京タワーが夕闇にうごめいていてしばし時を忘れて、、、。華やかにみえる彼女の初めて聞く若い頃の苦労話には驚くものがあり、それが私たちの世代ではなく1980年代のことだとわかり更に驚嘆。 大変だったのですね、頑張ったのですね!  しばし話し込んで、二人は今夜は、ふくさん...

  16. 最終日に<レオナルド×ミケランジェロ展><イタリアが生んだ2大天才の素描とは?>を鑑賞 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    最終日に<レオナルド×ミケランジェロ展><イタリアが生...

    2017年9月24日 日曜日 晴れ 三菱一号館美術館 七月から三菱一号館美術館で行われていた<レオナルド×ミケランジェロ展><イタリアが生んだ2大天才の素描とは?>が今日が最後とわかったのは、午後遅くだった。しまった〜〜〜ご招待状をいただいていたヴェルニサージュもいかれなかったし、入退院騒ぎとか暑さとかいろいろあった夏だったので、すっかりわすれてしまっていた。 レオナルドダヴィンチ展は、二十...

  17. 台風一過の朝の空はなぜこんなに青いのだろう - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    台風一過の朝の空はなぜこんなに青いのだろう

    2017年9月18日 月曜日 雨のち晴れ 青い空 真夏日  夜半からすごい風で、借景の木々が朝方までヒューヒュー言っていた。超大型の台風18号は南から北まで日本列島の全てに大きな被害を残して温帯低気圧になった。 開けての空は真っ青だった。台風一過とはこのことか!そして暑い暑い一日となってしまった。 地球温暖化の影響がこんな形で世界中の異変気候を招いているのはあきらかなことなのだそう。海温があ...

  18. 「Forever blue」を聴きながら、広い青い海を想って - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    「Forever blue」を聴きながら、広い青い海を想って

    2017年9月6日 水曜日 雨 どうも体調が今一つ、、、、。夏の疲れがたまっているのかもしれないと思うし、先だって新幹線のホームと列車の広い間をむりしてキャリーバックをもったまま大股に降りたときに痛めた腰がどうもおかしい。 明日からは妙高にお招きを受けていたのだが、それもお断りしてしまった。とっても残念〜〜〜〜。様子をお話ししたら、“あはっはは〜〜〜歳ですね〜〜〜”と九十四歳の御大を喜ばせて...

  19. 海の見えない東京へは四十八分で着いてしまいました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    海の見えない東京へは四十八分で着いてしまいました

    2017年9月2日 土曜日 晴れ 相模湾に淡い太陽がのぼる頃までゆっくりとできた。強い太陽がなかった三日間だったが、この雲のおおい海はなかなかなごむさざめきだった。 東京に午後一で用事ができてしまって、あたふたと宿の朝食をすませて、早くに宿をでた。駅では小一時間時間ができてしまったが、新しい駅ビルの散策ができた。熱海の駅は昨年末から新しくなっていて、三フロアーからなる駅ビルは、お土産物やさん...

  20. 相模湾を腕の中にかかえて源泉掛け流しの朝風炉に - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    相模湾を腕の中にかかえて源泉掛け流しの朝風炉に

    2017年9月1日 金曜日 曇り後ときどき晴れ この宿には、高級旅館にあるようが個人風呂がないので、屋上の大きな溫泉を利用しなければならないのが少し残念。一昨日までは夏休みの子供達も多かったようだが、昨日の泊まり客は少なくなっていたので、今朝は少ないはずと、一番風呂は朝の五時からなので、頑張って起きだした。 まだ明けきれぬ朝の相模湾はうす曇り。左の方は房総半島かしら? 正面には初島、右の方に...

1 - 20 / 総件数:26 件

似ているタグ