HMVのタグまとめ

HMV」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはHMVに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「HMV」タグの記事(23)

  1. HMV32型モーターのOH - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV32型モーターのOH

    毎度々々のHMV32型ゼンマイモーターのオーバーホールです。ところで、なかなか信じていただけないのですが、ここは銀座の三丁目なのです。 #蓄音機 #銀座 pic.twitter.com/5DuI3bia8f— 蓄音機 Shellman artworks (@shellman_aw78) March 1, 2021 弊社で販売の蓄音機は全てゼンマイモーターのオーバーホールと各部整備調整を施した...

  2. ポータブル蓄音機HMV102(黒)が入荷しました - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    ポータブル蓄音機HMV102(黒)が入荷しました

    この投稿をInstagramで見る 株式会社シェルマン アートワークス(@shellman_aw78rpm)がシェアした投稿 こちらは店頭にてご覧いただけます。試聴も可能です。お問い合わせはお気軽に、下記までお願い致します。株式会社シェルマン アートワークス〒104−0061 東京都中央区銀座3-14-16TEL.03-3543-4848/FAX.03...

  3. フロア型蓄音機 HMV163の機種紹介動画をアップしました - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    フロア型蓄音機 HMV163の機種紹介動画をアップしました

    YouTubeに蓄音機HMV163の機種紹介動画をアップしました。HMV163の特徴や機能など、写真では伝えにくい点を簡単な解説付きで動画にしております。動画のバックで流れている音楽もHMV163で演奏したものを使用しております。この蓄音機にご興味の方やご購入お考えの方への検討材料になりましたら幸いです。動画に使用したHMV163はシェルマンアートワークスの店舗にてご覧頂けます。お問い合わせ...

  4. 2021/01/15のFUNKY FRIDAYのアルバムトップ10 - SEのための心理相談室

    2021/01/15のFUNKY FRIDAYのアルバ...

    2021/01/15(金)のNACK5のFUNKY FRIDAYにて。小林克也)さぁ、TOKYOトップ10タワーレコード、そしてHMVレコードの協力で出来上がっております、この番組今週はねぇ、大変なことが起きてるもう、信じられないんだけれども今日も、朝、BTSの話題をしたんですけど・・・今週はね、今まで過去のアルバムがねぇ、このところいっぺんに出てて彼らの人気が全米No1だとか、そういうこと...

  5. HMV130(オーク)が入荷しました - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV130(オーク)が入荷しました

    卓上型の人気モデル、HMV130が入荷してまいりました。HMV130(オーク仕上げ)英国グラモフォン社 1930年頃サイズ W×D×H : 45×43×35 cm1年保証付き*この蓄音機については過去何度かご紹介しておりますが当時の数ある卓上蓄音機の中では、音のバランスや内部機構の信頼性が高い事もあり比較的早い段階で店頭から姿を消すモデルの一つです。今回入荷した個体の状況等は下記の通りです。...

  6. ポータブル蓄音器HMV99が入荷しました - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    ポータブル蓄音器HMV99が入荷しました

    ポータブル蓄音器、HMV99が入荷いたしました。今回の入荷品はレアカラーの赤色です。製造期間が1931〜33年と短かったこのモデルは”Baby Potable”の愛称で呼ばれ同社のポータブルモデルHMV101や102より一回り小さく軽量なモデルです。重量は5Kg位ですので比較的持ち運びがしやすいのが特徴です。反面、HMV102等と比べ搭載されているゼンマイ・モーターは小型です。そのため荒れた...

  7. HMV163 その4 - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV163 その4

    HMV163 その4メーカーのポリシーとして、HMVは顧客が部屋の家具や調度に合わせて選べるように、据え置き型の蓄音機には同じ型番の中にオークとマホガニーの2種類の仕上げを用意していました(最高級機のみ同一コンポーネントでも仕上げの違いにより型番を分けています)。素材としてマホガニーの方が若干高価であったためか(マホガニーで家具を揃えられる顧客も相対的に少ない)、マホガニー仕上げのHMV16...

  8. HMV163 その3 - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV163 その3

    HMV163 その3肝心の再生音ですが、繊細なサウンドボックスと十分に大きなホーンを持つためか、音の空間が広く感じられます。オフマイク気味な録音の空気感を再現できる数少ない蓄音機でしょう。クセがなく、飽きのこないバランスの良さを持ち味としており、買い替えをせずに長くお使いになる方が多いのも納得させられます。ホーンの幅はクレデンザとさほど変わらないにもかかわらず、マンションでも邪魔にならないサ...

  9. HMV163 その2 - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV163 その2

    HMV163 その2HMV蓄音機の美点は、オーソドックスを極めている、という点ではないでしょうか。機械部分については高い製造品質とともに当時の先進工業国として「機械の時代」をリードした英国らしい機能的で洗練された設計を、またキャビネットの端正なフォルムと調度品と言うべき丁寧な仕上げは伝統的英国の職人わざが感じられます。トーンアームに触れ、ゼンマイを一巻きし、側面を軽く叩いただけでその全てが伝...

  10. HMV163 その1 - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV163 その1

    HMV163 その11920年代末〜30年代初頭の10年間は蓄音器の最後の黄金時代とも呼ばれます。この時代の蓄音器は新しい素材や科学的な設計手法を取り入れて、それまでとは一線を画す性能を実現しました。*「新型」蓄音機については米ビクター社のクレデンザについての記事https://gramophone.exblog.jp/238468366/をご参照ください1927年冬にデビューしたHMV16...

  11. 電蓄 HMV1508 が入荷しました - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    電蓄 HMV1508 が入荷しました

    当店でもSPレコードの試聴用に使っている、HMVのラジオ付き電蓄が入荷しました。AMラジオの周波数帯はおよそ500〜1500、NHK第1(594) からラジオ日本(1422)まで受信できました商標(トレードマークはダメージがあります)10インチ盤12インチ盤も演奏可能です久々の入荷です。お客様から度々、この電蓄は入荷しないのとお問い合わせを頂くのですがもともとの製造数が少なかったのか、なかな...

  12. 2019/12/06のFUNKY FRIDAYのアルバムトップ10 - SEのための心理相談室

    2019/12/06のFUNKY FRIDAYのアルバ...

    2019/12/06のNACK5のFUNKY FRIDAYにて。小林克也)さぁTOKYOトップ10の時間がやってまいりましたHMV、タワーレコードの協力を頂いて東京で10枚のアルバムのカウントダウンっていうことです店によって違うんだけれど、もちろん店の特徴が、どういうことになっているのかなぁタワーがね、タワーは1位が、あれですよ、TWICEが強いね、ほんとね、TWICEが1,2位と、韓国です...

  13. 2019/09/06のFUNKY FRIDAYのアルバムトップ10 - SEのための心理相談室

    2019/09/06のFUNKY FRIDAYのアルバ...

    2019/09/06のNACK5のFUNKY FRIDAYにて。小林克也)さぁTOKYO TOP 10です。これはタワーレコード、そしてHMVの協力を得て実現しています。それぞれの店の売れ方がぜんぜん違うっていうのがよくわかっていると思いますがそれを数字で調べて、出したのがタワーレコード、HMVの協力を得てできたのがTOKYO TOP 10というわけです。さぁ10位からカウントダウンを開始し...

  14. ポータブル蓄音機HMV101が入荷しました - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    ポータブル蓄音機HMV101が入荷しました

    ポータブル蓄音機の人気モデル、HMV101のブルーカラーが入荷しました。マイカ(雲母)振動板のHMV/Victor系サウンド・ボックスの最終版となるNo.4を搭載。大口径マイカ振動板により以前の時代の物と比べてレンジもあり、電気録音のレコードにも十分に対応出来ます。さらにモデル最終型となるこの個体は、オートスタート/ストップ機構が搭載されており、クランクの収納位置も後継機種102と同じく蓋側...

  15. HMV130(オーク) - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV130(オーク)

    1930年に登場したHMVの卓上モデル、HMV130が入荷しました。

  16. デ・ヴィートのブラームス・ダブルコンチェルト1952 - いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

    デ・ヴィートのブラームス・ダブルコンチェルト1952

    ジョコンダ・デ・ヴィート(1907-1994)のブラームス・ダブルコンチェルトBLP盤を見つけました。E. フィッシャーとのブラームスを入手して以来、あとはCD全集[1]があるからいいやと思っていたのですが、格安だったのでポチってしまいました。デ・ヴィートのレコードは人気の有るのと無いのでは価格差が激しいですね。 先日、到着しました。18, 19 Feb. 1952, Kingsway Ha...

  17. Electrola蓄音機(HMV104) - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    Electrola蓄音機(HMV104)

    ようやく猛暑にひと段落してほっとしたのも束の間今週末は台風の襲来ですね、、、。以前も少しだけご紹介しましたが英グラモフォン社の卓上機HMV104をドイツのエレクトローラ社販売向けにバッジ変更した珍しいモデルが入荷致しました。商標デカールとサウンドボックス裏蓋の表記以外はHMV104と同仕様です。キャビネットや金属メッキの状態も良く、ネットもオリジナルですエレクトローラ1051930年頃ドイツ...

  18. 卓上蓄音機 HMV 6号 - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    卓上蓄音機 HMV 6号

    この度の大阪北部地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。英グラモフォン社の卓上蓄音機が入荷しています。モデル名は”HMV 6号”、1918年〜22年頃にかけて製造されていたモデルです。キャビネットは、テンプルトトップ(宮型)に観音開きの扉が付いたホーン部とこの時代によく見られる意匠。HMV製エキシビジョン・サウンド・ボックス...

  19. HMV163(ダークオーク) - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    HMV163(ダークオーク)

    HMVの傑作フロア蓄音機、"HMV163" のご案内です*4/13追記:ありがとうございます。こちらは売約となりました。電気録音盤が登場した1920年代半ばから終わりにかけては蓄音機の成熟期と言えるでしょう。この時期に登場した一連の"新型"蓄音機の代表格は米ビクターのクレデンザですが、英HMVもまたクレデンザ同様の・ジュラルミン(アルミ合金)製のダイア...

  20. デジタル化その16ヨーゼフ・ハシッド - いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

    デジタル化その16ヨーゼフ・ハシッド

    デジタル化16回目は、Josef Hassid (1923-1950)の3枚です。ハシッドの録音は1939年のテスト録音含め、下記の9面です。HMV09 Jan. 1939, Abbey Road Studio by Fred Gaisberg, with Ivor Newton (piano) [2EA 7419-1, EH 29 1230 1] Elgar: La Capricieuse...

総件数:23 件

似ているタグ