HP電卓のタグまとめ

HP電卓」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはHP電卓に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「HP電卓」タグの記事(38)

  1. 数値実験のおもしろさ(回路シミュレーターでやってみたよ) - 電子工作やってみたよ

    数値実験のおもしろさ(回路シミュレーターでやってみたよ)

    前回のブログ「数値実験のおもしろさ」の問題を回路シミュレーターでやってみました。1次遅れのフィルターを2個直列にしてフィルター出力を頭に戻しゲイン10倍のアンプを付けただけのシンプルな形です。1次遅れの時定数は1つが1秒です。(1Mオーム×1μファラッド)波のピークが1秒後、2秒後、3秒後とHP電卓で計算したものとピッタリ合っていますね。ただ1っ目のピークの値がHP電卓で計算したものよりちょ...

  2. 数値実験のおもしろさ(50年前の問題ですが) - 電子工作やってみたよ

    数値実験のおもしろさ(50年前の問題ですが)

    前々回のブログ「電卓より前の計算機」で載せた数値実験の話ですがここに載っていた例題をHP電卓で計算してみました。この時代はまだBASICやC言語もなくメモリーの数も一桁がやっとこの時代。色々制約がきついこんな時代の方が、無い知恵をしぼってやらなくてはならないから楽しかったかもですね。ーHP32Sで計算した結果です。プログラムは下の方に載っています。ほぼこの本の物と同じです。ー表1の数表でサン...

  3. 電卓より前の計算機 - 電子工作やってみたよ

    電卓より前の計算機

    昔会社の図書室にあった本から面白そうな記事をコピー取ってありました。「卓上計算機による数値実験」いろいろ落書きがしてあるので興味を持ってなにかやろうとしたのですね。後ろの方に、当時の日本で手に入るプログラムの出来る卓上計算機一覧表がのっていました。この表を見ると当時の日本にもすでにプログラム出来る卓上計算機が結構あったのですね。そのなかにある「横河ヒューレットパッカードのMODEL10」私が...

  4. 考えるのが楽しい(割り算) - 電子工作やってみたよ

    考えるのが楽しい(割り算)

    小学校で習う一桁の割り算1÷7を20桁まで求めました。やってみたらとても「考えるのが楽しい」どころの話ではなく、「こんなのなぜ出来ないの」と悩んでしまいました。手書きの計算ならば下記のように小学生が出来る問題です。なのにこれをHP電卓のプログラムにやらせようとすると、途端に思考停止。とにかく手計算で答えが出るならば、そのままプログラムに置き換えられるはずだ、と考えて手書き計算でやっていること...

  5. 考えるのが楽しければ(eについて) - 電子工作やってみたよ

    考えるのが楽しければ(eについて)

    机の奥から出てきたメモ。eの値を求める式ですねnを大きくしていけばeの桁数をどんどん増やすことができます。でもHP電卓でそのままやっても有効桁数より大きな値は出てきません。HP32SやHP42Sで12桁。有効桁数を増やした計算はどうすればいいのかな。ネットや本で調べれば解決方法が出てくると思います。しかし、それで答え(有効桁数12桁より大きい値)が解っても「だからどうしたの」でしょう。これは...

  6. HP32Sの演算範囲±499乗まであった - 電子工作やってみたよ

    HP32Sの演算範囲±499乗まであった

    HP32Sの演算範囲の指数が±499乗HP32Sをオモチャしていたら演算範囲の指数が±499乗まであることに気付きました。すごいのね。マニュアルにもちゃんと明記してあるのに気づきませんでした。いままでHP電卓はみな±99乗とばかり思っていたので恥ずかしい限りです。そこで他の機種も調べてみたら以下の様になっていました。========== HP15C±99HP29C±99HP97 ±99HP...

  7. カッコのない国(No2) - 電子工作やってみたよ

    カッコのない国(No2)

    HP電卓の元となっている逆ポーランド記法(RPN記法)について子供向けに楽しく説明した絵本です。現在は絶版になっています。子供にこのような知識が必要かと言う事ちょっと考えてしまいますけれど。この本は以前一度紹介しましたが、今回普通の式を逆ポーランド記法に変換するところを見やすく書いたのでここに載せます。普通の数学の式を鉄道機関車の操車場の動きで逆ポーランド記法になるように説明しています。とて...

  8. HP29Cのゲーム - 電子工作やってみたよ

    HP29Cのゲーム

    最近古い本などかき回していたら、面白いものが出てきたので紹介します。I/O誌の別冊5ランダムボックスです。1979年1月31日発行となってます。この中にHP電卓のゲームを見つけました。HP29C用STAR TREK制作されたのは、東京のJJ1BDXさん(もしこれ見たらコメントください)作られたのは40年も昔なんですね。(追記力武健次さんからご返事いただきました。奇跡的ですね。ありがとうござい...

  9. お宝古文書 ( HP25カタログNo3 ) - 電子工作やってみたよ

    お宝古文書 ( HP25カタログNo3 )

    HP25の手持ちのカタログはこの3種目で最後です。定価は以下のように変化していったのだと思われます。74,000円>61,000円>54,000円わたしの購入した時期は74,000円のときですね。たぶん月給が同じくらいだったと思います。正直言ってほとんど記憶に残っていませんけれど。電子工作ランキングにほんブログ村

  10. お宝古文書 ( HP25カタログNo2 ) - 電子工作やってみたよ

    お宝古文書 ( HP25カタログNo2 )

    お宝古文書 ( HP25カタログNo2 ) です。電子工作ランキングにほんブログ村

  11. お宝古文書 ( HP25カタログNo1 ) - 電子工作やってみたよ

    お宝古文書 ( HP25カタログNo1 )

    お宝古文書などと言われていい気になって、HP25に関するカタログを3種見つけました。順次ブログに載せます。この3種定価がみな違うのです。たぶん最初は高くてだんだん値下げしたのでしょうね。74,000円>61,000円>54,000円と変化していきます。電子工作ランキングにほんブログ村

  12. HP電卓_本(ポケット電卓による計算解析) No2 - 電子工作やってみたよ

    HP電卓_本(ポケット電卓による計算解析) No2

    HP電卓_本(ポケット電卓による計算解析)「実数の連分数表示」のプログラムHP25 をHP42に変更してやってみます。HP25は「ラベルが無い」「サブルーチンがない」などをHP42用に変更して動作させました。この変更によりHP25以外ならほとんどそのまま実行出来るはずです。連分数興味は前からあったのですが、今回実際にやってみて少し解った気がします。円周率やeなどすべての数値に関連しているので...

  13. HP電卓_本(数理現象解析のためのプログラム計算入門) - 電子工作やってみたよ

    HP電卓_本(数理現象解析のためのプログラム計算入門)

    HP電卓に関連する日本語の本は、わずかしかありません。その中で、私が持っているものを紹介します。数理現象解析のためのプログラム計算入門山田明雄著裳華房1985年昭和60年3月25日第一版発行定価3000円この本はHP41を使ってRPNのプログラムを組むテクニックの説明やBASICのプログラムとの対比を行っています。高速化するためのテクニックなどが載っています。ここでは目次など一部のみ紹介しま...

  14. お正月は、HP電卓三昧で過ごしてみよう。 - 電子工作やってみたよ

    お正月は、HP電卓三昧で過ごしてみよう。

    お正月は、HP電卓三昧で過ごす。これ最高に贅沢かも。何ができるかな。1、確定申告の計算手持ちのHP電卓全部出して動作確認も兼ねてやってみる。手計算だけね。2、HP電卓のマニュアル全て読む。3、HP電卓関連本を読み漁る。3、HP電卓のゲームやりまくる。4、HP電卓ゲームを作る。5、HP電卓の関連ブログを書きまくる。まあ何でもいいやとにかくHP電卓に漬かって過ごしてどうなるか。

  15. 面白い数学問題 - 電子工作やってみたよ

    面白い数学問題

    ヤフーニュースに出ていた記事です。

  16. HP48SX グラフ電卓挑戦(No4) - 電子工作やってみたよ

    HP48SX グラフ電卓挑戦(No4)

    HP48SXをいじったからには、最低限なにかグラフを表示させるところまでやらなくちゃと言う事でやってみました。HP48ではグラフを使って根、交点、傾き、極値、面積などを計算できるそうです。画面上に十字のカーソルが出てくるので必要な交点まで移動させてROOTコマンドを実行するとそこの解が表示されます。ここでは3つの解の内一番左のマイナスの答えが画面左下に表示されています。左から2番目の解が画面...

  17. HP48SX グラフ電卓挑戦(No3) - 電子工作やってみたよ

    HP48SX グラフ電卓挑戦(No3)

    ほんとこのグラフ電卓HP48SX私にとっては難し過ぎます。これでは、電卓を使って何かをやろうとする前に、電卓を使えるようになるだけで息切れしてしまいます。ネットを見ると、このHP48シリーズを現役で使っている人がたくさんいるんですね。それも英文マニュアルだけで使っているひとも多いみたい。みんなすごいわたしには、HP29CとかHP97、HP15Cなどの7セグメント表示機種あたりがいいのかなHP...

  18. 円周率の計算式少し解った気がするその3 - 電子工作やってみたよ

    円周率の計算式少し解った気がするその3

    円周率の計算について「e-Gadget-プログラム関数電卓」ブログで、やす様が「多桁円周率の計算(1)」というのを発表されています。これはカシオのfx-5800上のカシオBASICで書かれていますが、実験しやすいように F-BASIC97 に書き換えて動作を調べてみました。一言で言ってしまえば、オイラーによる arctan(X) の展開式をそのまま使って電卓が計算できる桁数(今回は10桁)を...

  19. 円周率の計算式少し解った気がするその2 - 電子工作やってみたよ

    円周率の計算式少し解った気がするその2

    HP電卓のRPN(逆ポーランド記法)で書かれた円周率計算プログラム、動作は10000桁まで正しく行う事を確認してあるのですが、原理と仕組み、そして動作、いまだ理解できません。このプログラムのオリジナルはMany Digits of Pi by Katie Wasserman - MoHPCwww.hpmuseum.org/cgi-sys/cgiwrap/hpmuseum/articles.c...

  20. 円周率の計算式少し解った気がする - 電子工作やってみたよ

    円周率の計算式少し解った気がする

    円周率の計算する以下の式、最後は延々と繋がっており、どこからどのようにして計算を開始すればいいのか、見当がつきませんでした。そんな時ある本(参照1)を見ていたら式の最終としたいところの(2+・・・)を1とおいてやるように書いてありました。早速その手順でやると円周率らしき値が出てきました。Kの値の大きいところから計算を開始することにより有効桁がどんどん増えていきます。今回はHP42Sを使ってこ...

総件数:38 件

似ているタグ