I Love Books!のタグまとめ

I Love Books!」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはI Love Books!に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「I Love Books!」タグの記事(7)

  1. I Love Books! (てらこや新聞2020年10月号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞2020年1...

    「お茶の味京都寺町一保道茶舗」渡辺都(新潮文庫) 「お茶」と聞いてまず思い浮かべる光景は何でしょうか? 子供が生まれて、その子がお茶を飲むようになるまでは、我が家では電気ポットにお湯が常備され、茶葉を急須に入れればいつでも熱いお茶が飲めました。けれども子供はなかなか熱々のお茶を飲めない、また、幼稚園や小学校、職場にお茶を持って行くことが習慣になってからは専ら常温のお茶が常備されるようになり、...

  2. I Love Books! (てらこや新聞2020年9月号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞2020年9...

    BOOK96: 青山美智子「猫のお告げは樹の下で」 (宝島社文庫) タラヨウという木をご存じですか?今回ご紹介する本のキーワードになるのが、このタラヨウという木の葉っぱです。「本州静岡以西~九州、中国、四国に分布する。関東にも植樹されていることがある。(中略)葉は肉厚で20センチほどもある長楕円形をしており、その縁は鋸のように細かいぎざぎざとなっている。日本では葉の裏面に経文を書いたり、...

  3. I Love Books! (てらこや新聞2020年春・夏号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞2020年春...

    BOOK95:垣谷美雨「あなたの人生、片づけます」(双葉文庫)単行本の時からずっと気になっていて、文庫になるのを待っていた作品です。主人公の大庭十萬里は、散らかって手の付けようのない部屋の片づけ屋をしています。片付けられない部屋のコーディネートをする、と言うとなんだかオシャレに聞こえ、それを仕事にしている人もきっとオシャレな人に違いないだろうと空想してしまいそうですが、実際のところ、大庭十萬...

  4. I Love Books! (てらこや新聞2019年秋・冬号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞2019年秋...

    BOOK92・93・94:北村薫「覆面作家は二人いる新装版」「覆面作家の愛の歌新装版」「覆面作家の夢の家新装版」(角川文庫)私の大好きな作家、北村薫さんの作品です。私が北村さんの作品を好きになったきっかけは、友人が勧めてくれた「円紫さんと私」シリーズでした。今回ご紹介する3冊もシリーズ物で、この3冊で完結しています。角川文庫からは1997年に出版されていましたが、気になりつつ私は読んだことが...

  5. I Love Books!  (てらこや新聞2019年春夏号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞2019年...

    BOOK90・91:森下典子「日々是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ」(新潮文庫)「好日日記季節のように生きる」(PARCO出版)今回ご紹介する2冊に共通するのは「お茶」です。いわゆる「茶道」と言われるお茶のことです。亡き樹木希林さんがご出演の映画『日々是好日』を母が見たいというので一緒に映画館に行ったのですが、同名のこの本が映画の原作本です。母に誘われるまま、原作本を読まずに映画を...

  6. I Love Books! (てらこや新聞150-152号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞150-15...

    BOOK84:原田マハ「いちまいの絵生きているうちに見るべき名画」(集英社新書)「○○の秋」に当てはまる「○○」は、人それぞれ違うことでしょう。私自身は、「○○」に当てはまるものがない今年の秋…特に何もしていないなぁというのが、悲しいけれど実情です。 今回ご紹介するのは、このコーナー初めての新書ですが、作家はよく登場している原田マハさんです。ニューヨーク近代美術館に勤務経験のある原田さんが選...

  7. I LOVE BOOKS!  (てらこや新聞143-144号竹川のコーナーより - てらこや新聞

    I LOVE BOOKS! (てらこや新聞143-1...

    BOOK80:柏井壽 「鴨川食堂おまかせ」(小学館文庫)BOOK81:近藤史恵「マカロンはマカロン」(創元クライム・クラブ)今回ご紹介する本は2冊とも、以前ご紹介したことのある本の続編です。まず「鴨川食堂おまかせ」の方から・・・。以前にご紹介したのは「鴨川食堂」という本だったのですが、今回ご紹介する「おまかせ」の間に、「鴨川食堂おかわり」と「鴨川食堂いつもの」という2冊が刊行されています。ど...

総件数:7 件

似ているタグ