Jカスタムのタグまとめ

Jカスタム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはJカスタムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Jカスタム」タグの記事(10)

  1. SOW:ベイトフィネス - Go Beyond

    SOW:ベイトフィネス

    埼玉県のヨーディーさまからSOWを頂きました「初めての投稿になります。TCR.UTRではかなり魚を釣らせていただいて今年やっとPFRを購入する事が出来て初の魚です!とても感度が良くティップがクィッと入り込んでくれるのでキャストもしやすく魚が食べてからの食い込みがとても良くて凄い惚れ込みました!!!これからもノースフォークコンポジットを使ってどんどん良い魚を釣り上げたいです!!」必要だ、とか、...

  2. SOW:ベイトdeネコ - Go Beyond

    SOW:ベイトdeネコ

    笑顔がはじけているナイスなフォトを大阪の浅居さまから頂きました。「今年は忙しくて、なかなか釣りに行けませんでしたが、今年初琵琶湖で今年初バスいただきました。PFR610MLとフロロ8lbで6インチのネコで丁寧にたまに掛かるウィードを外していくと、外れた瞬間にクン!!ラインが細いので、スィープに合わせてロッドを曲げて、ラインをゆっくり巻いているだけで浮いてきました。」ネコを残りウィードにスタッ...

  3. 製品登録のお願い - Go Beyond

    製品登録のお願い

    前回の更新から約1ヶ月・・・随分と間隔が空いてしまいました。二つ返事で「ゼンゼンモンダイナイヨ」と言ってたのに当初の予定納期からあーだこーだと2ヶ月以上待たされた挙句、指定した仕様とは異なるサンプルが上がってきたりと、相変わらずな北米ヤローに振り回されっぱなしの日々を過ごしておりました。まぁいつものことと言えばいつものことなんですが、北米で育った人たちと僕ら日本人との感覚的な差って、慣れてい...

  4. SOW:サンデーアングラー道(番外編) - Go Beyond

    SOW:サンデーアングラー道(番外編)

    釣りはイケてるが、写真の撮影はお世辞にも・・・だったテスター近藤も継続的な努力(ダメだし)の甲斐があってか、写真の腕も着実に上がってきているようです(笑)今週末も爆風にもめげず頑張っておられましたテスター近藤の強みは何と言っても皆さんと同じサンデーアングラーであるということポジティブに目線が一緒ってことです天気のいい日を狙って出撃する訳でもなく人の少ない曜日を狙って出撃する訳でもない釣りに行...

  5. SOW:霞のスペシャルゲスト - Go Beyond

    SOW:霞のスペシャルゲスト

    霞探Rの望月さまからSOWを頂きましたスマイル・オン・ザ・ウォーターなんで、基本「笑顔」が欲しいところなんですが、これが・・・全然笑っていないんですね〜理由はコレレンギョまぁ何キロだったか知りませんが、とにかくデカイですこれをJPR65Lで釣り上げたんだけとか望月さま曰く「走られはしましたがレンギョ相手にも主導権を与えることなく安心してやり取りできました。本当に良い竿です」とのことさらに、8...

  6. SOW:サクラサク - Go Beyond

    SOW:サクラサク

    バックの桜も眩しい春爛漫なSOWを田中さまから頂きました!琵琶湖の春の定番ポイントでの釣果琵琶湖での釣りの経験が浅い方、もしくは、経験がない方にしたら春の定番ポイントに行けば釣れる、と思っていませんか?これがね・・・そーでもないんですよ写真の場所は3.8とか4.2くらいのフラット(のはず)でも、その中にももちゃんと釣れるところと釣れるないところがあってさらに釣れる釣り方と釣れない釣り方がある...

  7. これが理由の一つです - Go Beyond

    これが理由の一つです

    未だに高い人気を誇る素材、バールコルク。Jカスタム2.0のフードリングとして使っていたものです。「こんなにカッコいいのにどうしてやめちゃったんですか?」って未だに言われるんですが、以前にも書いた通り、素材として脆いことと、修理するにもまぁまぁ高いことが主な理由。なので、変更した訳ですが、選びに選んだパーツなので、当然のことながら今でも個人的には大好き。なんと言っても使い込んだ時の風合いが格好...

  8. 激しく使い込まれたロッドも展示します - Go Beyond

    激しく使い込まれたロッドも展示します

    いよいよ週末に迫ったKEEP CAST 2018。今回は現行の製品やプロトタイプだけでなく、初の試みとして激しく使い込まれたロッドも展示する予定。右がほぼ365日湖上に出るプロフェッショナルガイド舞木くんのロッドで、左がほぼ毎週末湖上に出るサンデーアングラー近藤テスターのロッド。365日・・・というのはさすがにちょっと大げさな表現で、現実には恐らく年間250日前後ではないかと思います。ただ「...

  9. ハイプレッシャーローリングのマイナス面 - Go Beyond

    ハイプレッシャーローリングのマイナス面

    ハイプレッシャーローリングが釣り人にもたらすメリットは昨日取り上げた通り。ただ世の常としてプラスがあれば必ずマイナス面があることも事実。例えば・・・1.マシンの製造コストが高いとか、2.メンテナンスコストが高いとか、3.マシンを正しく動作させるため、熟練が必要とか、4.使い過ぎると壊れるなど、ローリングマシンはゲイリーのお手製。自ら考案し、設計図を引き、部品を選定し、組み上げ、調整してきたも...

  10. ハイプレッシャーローリングの恩恵 - Go Beyond

    ハイプレッシャーローリングの恩恵

    ノースフォークコンポジットのブランク作りの特徴と言えばハイプレッシャー・ローリングがその一つ。業界平均が約60psiと言われているところノースフォークコンポジットではその4倍の250psiでマンドレル(芯金)にカーボンシートを巻きつけています(psiは"pound per square inch"の頭文字で「ポンド・パー・スクエア・インチ」と読み、意味は1インチ四方に何ポンドの圧力がかかって...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ