Jリーグのタグまとめ

Jリーグ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはJリーグに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Jリーグ」タグの記事(345)

  1. 君たちのサッカー人生に幸あれ - one day, one photo

    君たちのサッカー人生に幸あれ

    昨シーズンJ3最終節、ガンバ大阪U-23ラストゲームの試合前集合写真。トップチームに加わり残る者、まだ高校生ユースに所属する者、そしてガンバ大阪を離れざるを得ない者。U-23 チームを主戦場としていた選手たちからは今週、一人また一人とガンバ大阪を去っていく。試合後のセレモニーで皆の心に残る挨拶をした山口竜弥選手も、ヴェルディへと旅立っていった。涙の先に素晴らしいサッカー人生が在らんことを願う...

  2. レンタル to 完全 - one day, one photo

    レンタル to 完全

    元旦の天皇杯決勝まで戦ったことで、三が日が明けた今週は連日、選手移籍のリリースが多く出される日々。今年は特に、Jリーグの規定が変わって U-23 チームが消滅したことで、多くの選手が出ていくことになるのは必定。昨シーズン、レンタルで他クラブへ貸し出された選手も、一部を除いては完全移籍になるのも止むを得ない。地元期待の星であった市丸瑞希君も、昨シーズン途中からレンタル移籍していたFC琉球へ完全...

  3. コーナーキック - one day, one photo

    コーナーキック

    メインスタンドしか開放されないガンバ大阪 U-23 の J3 ゲームを観戦する時は、殆ど此処だった。いつも 500mm 一本で撮っていたが、「広角レンズでコーナーキックのシーンを撮っても良いよなぁ…」そう思いつつ、結局撮ったのはラストゲームの後半。急に思い出して撮ったので、Pモードのまま撮ってしまう始末orzそれでも、来年からはもう少し変化をつけられる時は変化をつけないとなー、と今さら反省。...

  4. Jリーグアウォーズ ベストイレブン発表! - 強固な信念があれば何でもできる!

    Jリーグアウォーズ ベストイレブン発表!

    12/22、オンライン上で発表されたJリーグアウォーズ ベストイレブン。今シーズンの大活躍を象徴したような川崎フロンターレから、9人も選出されてますね!谷口彰悟家長昭博守田英正田中碧三笘薫チョン・ソンリョンジェジエウ山根視来登里享平川崎フロンターレ、改めてスゴイですね~!⇒J1日本のサッカー⇒睡眠改善インストラクター⇒安全!快適!なキッチンリフォーム

  5. 3年間の涙 - one day, one photo

    3年間の涙

    Jリーグの規定が変わり、今季で活動を終了し、チーム消滅となるガンバ大阪 U-23。多くの若き選手が U-23 でプロの世界に揉まれ、成長し、トップチームへ、他クラブへ、世界へとステップアップしていった。その中で、U-23 チームで3年間過ごしてきたオムこと山口竜弥選手。今年の成長ぶりを見れば、他の U-23 選手同様にリーグ戦のトップチームに呼ばれてもおかしくなかったように思う。が、最後まで...

  6. 森下仁志監督 - one day, one photo

    森下仁志監督

    ガンバ大阪 U-23 を2年間率いてきた森下仁志監督。昨年の就任時は「ガンバOBだけど、これまでの監督歴で目立ったことは何もないし、どうなんだろ?」と思ったのは事実。けれど、熱い指導で若きガンバの選手を成長させ、トップで活躍したり、海外へと旅立った選手も輩出した。試合中の指示を出す大声はスタジアムのみならず DAZN 中継でも響きわたる、一種の名物ともなった。森下仁志監督はガンバ大阪 U-2...

  7. 体調に合わせた 500mm - one day, one photo

    体調に合わせた 500mm

    太ももと腰でボールを押し合って、暫し膠着していたシーン。珍しいというわけではないが、ちょっと微笑ましく?観客席もちょっと笑顔に。Jリーグの規約により今季で活動終了のガンバ大阪 U-23 のホームゲームは、この日と最終戦を残すのみ。そして、今季最後のナイトゲーム(12月にある方がおかしいのだけど、コロナ禍の今年は特別)。なので、誰にも迷惑かけない隅の席からゴーヨン (500mm F4) の大型...

  8. ナイスクリア - one day, one photo

    ナイスクリア

    左サイドから駆け上がられていくところへ、塚元大選手がダッシュして寄せていく。その勢いのまま、上手いタイミングで足を伸ばしてボールをタッチラインの外へ。カウンターを防ぐ、ナイスプレーの瞬間だった。J3 ガンバ大阪 U-23 の前節は、このところトップチームに合流していた若手4人が戻ってスタメンだった。最後の2戦を前に J1 は試合間隔が空くなか、少しでも試合経験をということで出てきたのだろう。...

  9. やられた… - one day, one photo

    やられた…

    GK と味方の選手の間を弾丸シュートが突き抜けていった。ボールの行方を目で追うのが精一杯、やられた…という表情の GK 一森選手。最初のシュートをブロックしたものの、こぼれ球を再度ど真ん中から強烈な一発を決められて、これが決勝点に。Jリーグの規定が変わり、U-23 チームの J3 参戦は今季限り。ホームゲームは最終戦の1試合を残すのみとなった。Jリーグが U-23 チームを除外する理由は判る...

  10. 低速SS未だ修行中 - one day, one photo

    低速SS未だ修行中

    飛行機やモータースポーツなどで低速なシャッター速度で流し撮りというのは普通。スポーツ写真で低速シャッターを切ることはあまりないけど、上手くいけば動感表現がいい感じになる。撮影ポジションが思うようにならない一般民はサイドから撮ることも多いので、低速SSで撮れれば絵になる。F5.6 の暗いレンズでも低速SSなら感度を上げなくて済む利点もある :-)が、動きが予測できるヒコーキや車と違って、いつ動...

  11. ワタシ、ナニモシテナイヨ〜 - one day, one photo

    ワタシ、ナニモシテナイヨ〜

    何もしてないアピールのパトリック選手と大袈裟に転んでやられたアピールをする鳥栖のDFと転んだ味方選手を指さして審判にアピールする鳥栖GK全てがわざとらしくて笑える一枚。まぁ珍しくない光景だけどw(D5 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR)

  12. 席(撮影位置)が悪いとは言いたくない - one day, one photo

    席(撮影位置)が悪いとは言いたくない

    右サイドを疾走する髙尾瑠選手。相手選手たちも一斉に戻る中で当然被られることも多く、なかなか思うようには撮れない。この撮影位置というか座席は、写真を撮るには正直あまりよろしくない。ただ、このコロナ禍にあって、構造上あまり人が出入りしない座席なので、心配性の連れ合いは気に入っている。また試合を見るという点では悪くない席だし、手の届く距離で控え選手がアップする良さみもある。あくまで写真を撮りに行っ...

  13. やっと大宮の翁長の応援に行けた - ウエストコースト日日抄

    やっと大宮の翁長の応援に行けた

    V長崎のホーム新潟戦の翌日、福岡のベススタでアビスパ福岡と大宮アルディージャの試合がある。大宮に移籍した翁長選手を応援しに行くには今シーズンはこの日が一番行きやすい。すでに大宮の主力選手として活躍している翁長選手なので、今更感はあるのだが、やはり長崎で3年間応援し続けた選手、長崎の聖でなくサッカー選手翁長聖を一歩引いた場所から応援していく切り替えの機会も欲しかったので、ベススタに応援に行くこ...

  14. 頑張れ、天を仰ぐ若人 - one day, one photo

    頑張れ、天を仰ぐ若人

    サガン鳥栖戦の後半途中から出場した、飛び級ルーキー唐山翔自選手。同点に追いついた後、勢いよく攻撃が連続している時の絶好機シュートを外して天を仰ぐ。J1 での出場機会も増えてきたが、先日の仙台戦といい、なかなか試練をもらっている感はある。でも、まだ18歳になったばかり。将来のエースに課された命題を一つ一つこなして、ガンバ大阪のタイトルに貢献する日を待っている :-)(D5 + AF-S 500...

  15. 弟分も見せられたら兄貴分も - one day, one photo

    弟分も見せられたら兄貴分も

    1週間前、ガンバ大阪U-23はシーズン無敗で突き進んでいたブラウブリッツ秋田との対戦。勝てば秋田がJ3優勝の試合で、ユース中心のヤングガンバも頑張ったが、堅い秋田を崩せず完敗。目の前で J3 優勝セレモニーを見せられる羽目になった。でも、こういう体験が若い選手たちの糧になってくれることを期待したい。そして、1週間後。J1 トップチームはアウェイで首位独走中の川崎と対戦、ボロクソにやられて川崎...

  16. J3初出場 - one day, one photo

    J3初出場

    Jリーグの方針で、今季で J3 参戦終了となるガンバ大阪 U-23。それもあって今季はできるだけ U-23 の試合にも足を運んでいる。先週は水曜日に続いて土曜日の試合も観に行ったが、何の情報も入れずにスタジアムに着いたら、トップの浦和アウェイに帯同してると思っていた三浦弦太選手がスタメンに名を連ねていてビックリ!調整のための出場、色々事情があってのことだろうが、トップの試合での輝きを取り戻す...

  17. 御礼参りはハットトリック - one day, one photo

    御礼参りはハットトリック

    一昨年の夏まで3年間、ガンバ大阪に在籍した長沢駿選手。昨シーズンからベガルタ仙台に加入して、昨春のガンバ大阪戦でも試合終了間際に決勝点を決められている。まぁ、ウチ(ガンバ大阪)は何かと移籍した選手と対戦した時に決められたり、活躍されたり、が多い。単に印象深いだけかもしれないが、御礼参り弾を食らうくらいは覚悟していた。が、まさかハットトリックとは……前節、けが人や今後のこともあって、最下位で1...

  18. 初スタメンは将来の糧に - one day, one photo

    初スタメンは将来の糧に

    水曜日の試合終盤にJ1デビューを果たした18歳の若者は、中2日の土曜日にはスタメン起用された。怪我人続出で、やむを得ない状況だったとしても、将来のエースを期待される彼の能力を期待してのことだろう。ただ、残念ながらJ1初スタメンは、ほろ苦い、ほとんど何もできないまま、ハーフタイムで交代となった。でも、これで彼の評価を下げたりするような人はいないだろう。最下位相手にメンバーをターンオーバーして、...

  19. 3人目のJ1デビュー - one day, one photo

    3人目のJ1デビュー

    水曜日のヴィッセル神戸戦では、奥野耕平、唐山翔自といったユース上がりの若手選手がJ1デビューした。そして、3日後のベガルタ仙台戦では今週3人目、芝本蓮選手が短い時間ながらもJ1デビューとなった。個人的に、今のユース上がりの若手では一番好みの、応援している選手。トップでベンチ入り、スタメン争いするライバルはかなり強力だが、頑張って欲しいと思う。12戦負けることなく勝ち点を積み上げてきたせいか、...

  20. 2020年代のガンバ大阪を担う選手たち - one day, one photo

    2020年代のガンバ大阪を担う選手たち

    水曜日、ヴィッセル神戸戦の試合後挨拶の一コマ。左端の渡辺一馬、右端の東口順昭、ヤットがいない今、チーム最高齢の両選手の間にいるのは10代から20代前半の若い選手たち。左から、ユース出身2年目の川﨑修平選手、今季ユースから飛び級でプロ契約した将来のエース候補18歳の唐山翔自選手、J1デビューがスタメンで活躍したユース出身20歳の奥野耕平選手、大卒ルーキー2年目で完全に欠かせぬレギュラーとなった...

総件数:345 件

似ているタグ