JAPAN 京都のタグまとめ

JAPAN 京都」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはJAPAN 京都に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「JAPAN 京都」タグの記事(17)

  1. 京都 2017祇園祭  〜その23・大極殿の琥珀流し〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その23・大極殿の琥珀流し〜

    さすがに、暑い中、朝早くから歩き回ったので、疲れてしまって、ランチの後、お茶でも飲もうということになりました。室町通から少し入ったところにある”和醸良麺 すがり”からは、少し歩くのですが・・六角通りの”大極殿 栖園”へこの素敵な暖簾は、季節や行事によって柄が変わるそうです。夏は、朝顔、でしょうか。涼しげ・・当然ですが、こちらも順番待ちのお客様がたくさん。待ちながら、お店の中をプラプラと見学さ...

  2. 京都 2017祇園祭  〜その22・和醸良麺 すがり〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その22・和醸良麺 すがり〜

    山鉾巡行を見終わった後、プラプラと町を歩きながら、四条方面へ戻ってきて、昨夜気になっていた、お店へ。てっきりカウンターの飲み屋さんかと思っていたこちらは、”和醸良麺”ラーメン屋さんです。行列してないぞ!しめしめ・・と思ったら、入口を入るとうなぎの寝床のような長い通路があり、そちらに行列が。そこから、一度反対側のお庭に出て、戻ってきたら、ようやくお店に入れるという長い道のり。おまけに、お庭は、...

  3. 京都 2017祇園祭  〜その21・山鉾巡行④〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その21・山鉾巡行④〜

    四条烏丸の交差点で、山鉾巡行のスタートを見送った後、烏丸通を北上して、御池通りまで。(途中、画材屋さんで寄り道しましたが・・)丁度、先頭の長刀鉾が到着したところでしたが、あまりの混雑ぶりに、身の危険する感じ・・人が多ければ、それだけ暑いわけですし・・新町通へも行ってみましたが、道が細くなれば、その分混雑ぶりもます感じ。鉾見台で見たい・・と、いうことで、山鉾巡行見学は、これにて終了。プラプラと...

  4. 京都 2017祇園祭  〜その20・山鉾巡行③〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その20・山鉾巡行③〜

    山鉾巡行も、いよいよ後半です。十六番目は、山十番の”蟷螂山”別名”かまきり山”と呼ばれます。南北朝時代、足利義詮軍に挑んで戦死した、町内在住の公卿・四条隆資の戦いぶりが中国の故事”蟷螂の斧”のようであったことから、死後25年ごの1376年(永和2年)町内在住の渡来人・陳外郎宗奇が、四条家の御所車にかまきりを載せたのが始まりと言われています。その後、再三戦火に遭いながらも巡行を続けてきましたが...

  5. 京都 2017祇園祭  〜その19・山鉾巡行②〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その19・山鉾巡行②〜

    山鉾の巡行も、中盤に入ってまいりました。九番目・鉾一番は、”月鉾”です。鉾頭に、三日月をつけているので、この名で呼ばれます。真木の天王座には、月読尊を祀っています。屋根裏の金地彩色草花図は、丸山応挙筆、彫刻は左甚五郎作、四柱の餝金具・破風の金具など大変豪華で、山鉾の中では最高です。前懸のメダリオン絨毯は、17世紀のインド製で、2000年に復元されたもの。何やら、雲行きが怪しい・・そのせいか、...

  6. 京都 2017祇園祭  〜その18・山鉾巡行①〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その18・山鉾巡行①〜

    7月17日 山鉾巡行当日♪ピーカンではありませんが、晴れです。これくらいの方が、出かけるにはラク・・・朝早く起きて、ホテルでローストビーフ丼をいただいて、徒歩で、烏丸通りを南下。観覧の混雑状況がいまいちわからないので、様子を見ながら。山鉾巡行のゴールに近い、御池通は、さすがにまだ人がいないので、そのまま南下して、スタート地点の四条烏丸の交差点へ向かいます。予定では、9:00に四条烏丸をスター...

  7. 京都 2017祇園祭  〜その17・夜の八坂神社〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その17・夜の八坂神社〜

    いまさらですが・・・祇園祭は、八坂神社の祭礼です。清和天皇の貞観11年(869年)に、京洛に疫病が流行し、多数の病人・死者が出たため、祇園社を信仰し、病魔退散を祈願したのが始まりと言われます。毎年7月1日の吉符入から、31日の疫神社夏越祭まで、1ヶ月に渡っておこなわれ、そのハイライトとも言えるのが、17日の前祭と24日の後祭の山鉾巡業と、その宵山ですが、他にもたくさんの行事があります。その祭...

  8. 京都 2017祇園祭  〜その16・山鉾町巡り④〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その16・山鉾町巡り④〜

    お夕食の後、再び、夜の鉾町巡り。昨夜に続いて、2度目の訪問の、”占出山”神功皇后が外征に際し、肥前国松浦郡玉島川で鮎を釣って、戦勝の兆しとしたと言う日本書記の話を題材とした山です。神功皇后は、安産の神様として祀られ、占出山の巡行のくじ順が早いと、その年は、お産が軽いといわれているそうです。今年は、長刀鉾に続く、2番目ですから、かなり軽め??前懸・胴懸は、日本三景を描いたもの。近くで見ると、豪...

  9. 京都 2017祇園祭  〜その14・山鉾町巡り③〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その14・山鉾町巡り③〜

    足裏マッサージの後、一度ホテルに帰り、浴衣にお着替え。去年、浴衣を買った夫、何かと着たがり、はるばる京都まで、一式、持参いたしました。朝から歩き通しで、汗だくだったのですが、シャワーを浴びて、スッキリしました。地下鉄に乗り、四条駅へ。すでに、地下は大変な人出で、混雑していますが、一雨降ったせいか、随分涼しくなり、心地の良い夕暮れです。先ほど、回れなかったエリアを回ろうということで、まずは、”...

  10. 京都 2017祇園祭  〜その13・三条通りの洋館&六角堂〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その13・三条通りの洋館&六角堂〜

    朝から、暑い中歩き続け、あまりにも疲れてしまったので、足裏マッサージをして、一度休憩しようということになったのですが・・三条河原町界隈の、知っているお店は、軒並みいっぱいで、烏丸三条のお店に行くことに。河原町から、烏丸通りまで、洋館ウィッチングをしながら、三条通横断。旧大阪毎日新聞社京都支局の、”1928ビル”現在は、劇場やギャラリー、カフェなどが入った複合施設に。1916年(大正5年)竣工...

  11. 京都 2017祇園祭  〜その12・京極かねよのきんし丼〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その12・京極かねよのきんし丼〜

    四条から、はるばる三条まで歩き、やってきたのは、”日本一の鰻”と謳っている”京極 かねよ”大正初期に創業した鰻やさんで、当時は3階建だったそうですが、火事で消失して、現在は2階建です。以前、京都出身のお友だちに教えてもらって以来、ずっと来てみたいと思っていたのですが。やっと、来られました♪いつも前を通ると行列しているのですが、お店が広いので、案外早く入れました。まずは、肝焼きとお新香で、一杯...

  12. 京都 2017祇園祭  〜その11・山鉾巡り②〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その11・山鉾巡り②〜

    杉本家住宅をでて、新町通りへ。”船鉾”です。船の形をした、鉾です。神功席皇后の出陣を題材にし、出陣する船を模った鉾です。皇后が懐妊中だったということから、安産の神様とされ、巡行の時に岩田帯をたくさん巻いて、お祭りの後、安産のお守りとして妊婦さんに授与されるそうです。舳先には、想像上の瑞鳥”鷁(ゲキ)”を飾っています。前祭りのしんがりを飾ります。迫力です♪くじ取らずの、”岩戸山”船鉾の一つ前、...

  13. 京都 2017祇園祭  〜その10・杉本家住宅〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その10・杉本家住宅〜

    なかなか、アップできずにおりましたが・・まだまだ続きます。祇園祭。もう秋だけど(笑)伯牙山の目の前にあったのが、重要文化財”杉本家住宅”料理研究家の杉本節子さんのご実家かとしても有名で、京町家のしつらえなどで、度々テレビや雑誌などにも登場しているお宅です。以前から、一度見学して見たいと思っていたのですが、祇園祭の期間中は、屏風飾りの公開中で、一般に公開しています。杉本家は、江戸時代に創業した...

  14. 京都 2017祇園祭  〜その9・山鉾町巡り①〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その9・山鉾町巡り①〜

    最初に、出会ったのは、”放下鉾”でしたが、女性の搭乗は不可でしたので、方向転換して、右折。”霰天神山”が見えて来ました。一度も火難に遭ったことがなく、”火除け天神”とも呼ばれているそうです。山鉾には、それぞれ、火除、厄除、などのご利益があり、御朱印が付与され、それ専用の御朱印帳も売っているほどなのですが、どこも御朱印を受けるのは長蛇の列。・・なので、諦めました。御朱印集めをするなら、鉾建てし...

  15. 京都 2017祇園祭  〜その8・紫織庵〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その8・紫織庵〜

    ホテルのカフェ”前田珈琲”で、トーストの朝食をいただいて、お出かけ。お散歩がてら、烏丸通を南下します。”京都国際マンガミュージアム”一度来てみたいと思っていたところ。旧籠池小学校の校舎を利用しています。御池通りを渡ると、山鉾町の風情が。こちらは、後祭りで登場する”鈴鹿山”の保管場所。烏丸通沿いの、レトロなビル”新風館”1926年(大正15年)に建てられた、”旧京都烏丸電話局”です。複合施設と...

  16. 京都 2017祇園祭  〜その7・宵々山〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その7・宵々山〜

    今宵は、祇園祭の"宵々山"たいへんな人出です。7月1日から、31日まで1ヶ月も続く祇園祭ですが、そのハイライトは山鉾行事。山鉾行事は、前祭後祭に分けられ、それぞれ"宵山"(前夜祭)、"山鉾巡行"(前祭:は7月17日、後祭は7月24日)があります。一般的な祇園祭のイメージは、この山鉾行事でしょうか。毎年、日にちで決まってしまっているので、なかなかお休みとタイミングが合わず、諦めていたのですが、...

  17. 京都 2017祇園祭  〜その6・貴船で川床〜 - サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~

    京都 2017祇園祭 〜その6・貴船で川床〜

    お夕食は、"右源太"にて、川床♪貴船の川床は2度目ですが、夜は初めて♡清流の上に、お座敷を作るだなんて、すごい発想です。川床は、鴨川の方が歴史が古く、400年ほど。もともとは、祇園祭の期間のみの営業だったようですが、現在は5月から9月まで営業しています。真夏とは思えない涼しさですが(お隣の方は、膝掛けを使用)、足を伸ばせば水面に届くような高さに床がしつらえてあるので、急な天候の変化や、お大雨...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ