JIAのタグまとめ

JIA」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはJIAに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「JIA」タグの記事(19)

  1. 講習会 - 安曇野建築日誌

    講習会

    所属する建築士会安曇野支部とJIA長野県クラブでは楽しくてタメになる講習会をいろいろと開催してくれます。ところが建築士会では今年から講習会の担当を仰せつかり、講習会の企画をしなくちゃいけなくて、たいへんです。ある会員の方から「床断熱と基礎断熱の話を取り上げてもらいたいのですが、どうでしょうか?利点欠点を聞くとどちらがよいのかわかりません(^^;;」というメールをいただきました。そこで、温熱環...

  2. 地域材を考える、ソヤノウッドパーク - 安曇野建築日誌

    地域材を考える、ソヤノウッドパーク

    JIA長野県クラブの地域材を考えるフィールドワークで、県下最大の征矢野建材の製材工場、ソヤノウッドパークの工場見学が開催されました。塩尻市の東山の広大な敷地には選木貯木場〜製材工場〜床板、構造材製造工場が連携してあります。隣地では、床板、構造材を製造する工程で排出されるチップを燃料にするバイオマス発電所が設中です。わたし的にはあれ以来3年ぶりの再訪になりました。用材として加工できない未利用材...

  3. 出版レビュー - 安曇野建築日誌

    出版レビュー

    下の記事で紹介させていただきました、JIA長野県クラブが企画出版する『信州の建築家とつくる家 第14集』が出版されました。 下の記事はこちら昨日は出版レビュー。出版の参加者がそれぞれ自分のページをプレゼンテーションして、質疑応答するという企画です。掲載作品の苦労話やウラ話を聞いたり、ここんところどうなっているの?みたいないなタネあかしなど、座談会風に和やかに進めさせていただきました。広報委員...

  4. 『信州の建築家とつくる家 第14集』まもなく発刊です - 安曇野建築日誌

    『信州の建築家とつくる家 第14集』まもなく発刊です

    JIA長野県クラブが企画出版する『信州の建築家とつくる家 第14集』が、3月末に発刊します。以下、JIA事務局ブログからの転載です。JIA長野県クラブでは、1999年12月にvol.1となる『愛と情熱の家づくり-信州こだわりの建築家ガイド』を発刊しました。それから20年、13冊の本を発刊してきました。ここの活動成果、発進力は小さなものかもしれません。しかし「継続は力なり」で、力をあわせて社会...

  5. 安曇野の民家調査報告会と直富商事見学会 - 安曇野建築日誌

    安曇野の民家調査報告会と直富商事見学会

    昨日は2つの講習会をハシゴしました。安曇野の民家調査報告会(信州大学工学部建築学課梅干野研究室)安曇野に残る多様な民家のスタイルの中から茅葺屋根の民家に焦点を当てた調査報告会が、調査対象の民家のひとつの穂高の旧高山家住宅を会場に開催されました。調査から分かったことは、多くの茅葺民家は、江戸時代(もしかしたら安土桃山の頃、1600年)から明治時代までの間ずーっと3間(5.4m)間口をベースに展...

  6. シビレる現場 - 安曇野建築日誌

    シビレる現場

    施主のご厚意で、たったったの完成見学会を開催させていただきます。日時・3月9日(土)午前9時〜午後4時・3月10日(日)午前9時〜正午(締切にさせていただきます)会場・松本市岡田申込み、問合せは、尾日向辰文建築設計事務所までメールで、お願いします。obin@janis.or.jp詳しい案内をさせていただきます。--さて、昨日の現場の様子外廻りの汚水配管が進行中です。アプローチは間に合いそうに...

  7. 第13回建築祭 - 安曇野建築日誌

    第13回建築祭

    16〜17日と、松本市美術館を会場に、JIA長野県クラブ主催の建築祭が開催されました。今年の講師は原田真宏さん(建築家、芝浦工業大学教授)です。16日は文化講演会、「Mount Fuji Architects Studio の仕事」と題した講演会。デビュー作のカローラ1台分の値段で作った陶芸家のアトリエから近作の道の駅ましこまで、どんな思いを込めて建築をつくっているのかお話していただきました...

  8. JIA長野意見クラブ・建築祭2019のお知らせ - 安曇野建築日誌

    JIA長野意見クラブ・建築祭2019のお知らせ

    JIA長野県クラブの最大の行事であります建築祭『ひと、まち、建築』見つめようくらしの場2019を、松本市美術館を会場に、今年も開催いたします。■文化講演会「Mount Fuji Architects Studio の仕事」・日時:2月16日(土)14:00~16:00・会場:松本市美術館多目的ホール・講師:建築家原田真宏 氏・定員:100名(入場無料)・申し込み:2月1日~2月8日 ※土日は...

  9. 第28回 福岡市都市景観賞 展覧会開催中です。 - みすみたてあきのブログ

    第28回 福岡市都市景観賞 展覧会開催中です。

    12月2日より12月11日まで、「第28回 福岡市都市景観賞 展覧会」が福岡アジア美術館7階のアートカフェにて開催されています。本日はJIAのお手伝いで案内スタッフとして待機中です。福岡市都市景観賞はランドスケープ・建築・広告・活動の4つの部門で構成されています。応募や投票にも参加しやすく、市民の皆さんに広く認知され続けているイベントです。本年度もそれぞれの部門賞、大賞が決定しました。あ、見...

  10. 信州の建築家とつくる家14集の編集 - 安曇野建築日誌

    信州の建築家とつくる家14集の編集

    JIA長野県クラブが企画する『信州の建築家とつくる家 14集』の出版に向けて、着々と編集作業が進んでいます。このたび私、この出版事業を担当する広報委員会の委員長を仰せつかっていて、大変です。昨日、一昨日とまるまる二日間をかけて、参加者の個人面談に立ち会いました。個人面談は、30名の参加者がそれぞれの個人ページのレイアウトプランについて一人づつ編集者と個別に打ち合わせする、出版までの工程のなか...

  11. 第2回『地域材を語ろう』 - 安曇野建築日誌

    第2回『地域材を語ろう』

    JIA長野県クラブの『地域材を語ろう』という集会に参加しました。集会は3名の講師の講話の後にフリーディスカッションという進行で行われました。長野県林務部の県産材利用推進室販路拡大担当の久保田さんから、フィンランドの木質バイオマスの現状、オーストリアの木材展示会に出展した体験談、県産材の輸出販路のお話。しみず建築工房の清水さんから、東日本大震災で建てた板倉工法の木造仮設住宅と、東北で役目の終わ...

  12. 建築家会館 - ジュンメ食堂

    建築家会館

    外苑前駅にほど近い、建築家会館に初めて行きました。僕はJIAの会員ではありませんが、建築士会の全国大会で講師をしていただく先生の計らいで、打ち合わせをすることになりました。講師の先生からは、まるで大学のゼミで聞くような話をしていただきとても有意義な時間でした。会館の外壁は、なかなか渋い打ち放しコンクリート。モダニズム建築、まだまだ健在です。

  13. 信毎松本本社の現場見学会 - 安曇野建築日誌

    信毎松本本社の現場見学会

    先だっての建築祭の講師の中山英之さんの縁で、伊東設計の現場担当者のご好意で、工事中の信濃毎日新聞社松本本社の現場を見学させていただきました。建物の全周を敷地境界から大きくセットバックして計画した配置は、ビルが隙間なく建ち並ぶ商業地の中にゆとりができたような感じで、風通しがよさそうで、楽しくて気持ちがいい人の流れが生まれそうです。場所の読み方や活かし方、それを実現する建築の組立方など、みごとで...

  14. JIAフレッシュマンセミナーに参加しました。 - 環境と建築

    JIAフレッシュマンセミナーに参加しました。

    2月24日25日に金沢で開催された「JIAフレッシュマンセミナー」に参加しました。フレッシュマンとは、JIA入会5年以内の新人会員のことで今回は全国各地から20名近くの参加者が集まりました。 セミナーでは、まずJIA北陸髙屋支部長よりJIAの取り組み、JIAの活動がどう役立つのかについて講演がありました。中でも被災地でのボランティア活動が印象的で阪神淡路大震災以降大地震があるたびに現地へ出向...

  15. 2018建築祭のお知らせ - 安曇野建築日誌

    2018建築祭のお知らせ

    JIA長野県クラブの最大の行事であります建築祭『ひと、まち、建築』を、松本市美術館を会場に、今年も開催いたします。■文化講演会□日時・2月17日(土)午後2時〜□会場・松本市美術館多目的ホール□講師・中山英之(建築家)□演題・これまでつくってきたもの□申込・JIA長野県クラブ(ごめんなさい、すでに定員です)■建築家宮本忠長展□日時・2月17日(土)午前9時〜12時□日時・2月18日(日)午前...

  16. 藤森建築三昧 - 安曇野建築日誌

    藤森建築三昧

    先の日曜日はJIA長野県クラブの冬のセミナーで、茅野の藤森建築を中心に巡りました。藤森さんの私有地に立つ『空飛ぶ泥船』『高過庵』『低過庵』の三つの茶室を、地元ならではの特別な縁で、間近で見学させていただきました。--空飛ぶ泥船(2011)藤森照信--そして、低過庵(2017)から高過庵(2004)を見ます。低過庵の寄棟屋根は、とても簡単な仕掛けで開閉されます。来年の夢ができました。オレも茶室...

  17. 信州温熱教室実践編 - 安曇野建築日誌

    信州温熱教室実践編

    二日続きで、あがたの森文化会館で勉強です。今日は、JIA長野県クラブ主催の信州温熱教室、岐阜県立森林アカデミーの辻充孝准教授を講師に迎えて足かけ3年、通算12回に渡る講習会の最終日でした。毎回毎回実践的な濃い内容の講習なので、本当は講習から日を空けずにおさらいをすればもっと身についたんだろうけどできなかった、それでも繰り返し学ぶことで温熱環境に対する理解が格段に高まりました。(この道のある大...

  18.  JIA埼玉空間デザインワークショップ「紙の森」をつくろう - アライ設計                                 「建築・環境・福祉」 

    JIA埼玉空間デザインワークショップ「紙の森」をつくろう

    私が所属しているJIA埼玉で行ったイベントを紹介します。 昨年のトリエンナーレ企画「タイムチューブをつくろう」から1年、今年も親子で楽しめるワークショップを企画しました。場所も同じく別所沼公園ヒアシンスハウス前。10/7(土)10/8(日)の2日間いつでも、だれでも気軽に参加できるイベントとして大勢の方々に楽しんでもらうことができました。昨年に引き続き紙管(しかん)をメインの材料としましたが...

  19. 第11回建築祭 - 安曇野建築日誌

    第11回建築祭

    25〜26日と松本市美術館を会場に、松本市美術館とJIA長野県クラブとの共同企画、みつめようくらしの場『ひと、まち、建築』の一環で、JIA長野県クラブの第11回建築祭が開催されました。今年の講師は手塚貴晴(建築家、東京都市大学教授)先生、由比(建築家)先生ご夫妻です。25日は文化講演会、「建築家の仕事」と題した講演会。屋根の家、ふじようちえん、あさひ幼稚園などの代表作にまつわるエピソードを通...

総件数:19 件

似ているタグ