JR北海道のタグまとめ

JR北海道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはJR北海道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「JR北海道」タグの記事(32)

  1. 101 - 21リニューアルされていた滝川 - めぐりめぐる

    101 - 21リニューアルされていた滝川

    丘巡りをするつもりで行った北海道。悪天候のため、最終日も駅巡りに予定変更・・・。跨線橋から大好物のヨンマルをパチリと。で、旭川からやって来たのは滝川。駅舎の一部や駅前がリニューアルされて綺麗になっていました。とは言っても、それを写した写真はありません。駅前にはこんなものが。ヒコーキ好きとしては取りあえず一枚。アングルを考えろといった感じの一枚に仕上がりました。この789は青函を走ってナンボと...

  2. 101 - 202回目の登場富良野 - めぐりめぐる

    101 - 202回目の登場富良野

    地震が発生する前に訪れた北海道。根室本線と富良野線の合流駅、富良野です。以前にも富良野駅は取り扱ったことがあります。が、その時はネタが無くて困った過去写真。今回は新鮮なネタです(笑)北海道物量はこの機関車によって支えられていると言っても過言では無いような・・・。赤熊、レッドベアー。以前にも載せましたが、へそなんです富良野は。跨線橋から構内とレッドベアー。根室線用の駅名標とレッドベアー。この時...

  3. 101 - 19イメチェンした駅旭川 - めぐりめぐる

    101 - 19イメチェンした駅旭川

    実に久しぶりです。最近は撮影のほぼ9割がヒコーキ。残りは風景。よって鉄道はほぼ無し・・・。今回も美瑛の風景を取りに行ったのですが、雨で予定が狂い、気分が乗らなかったので少し駅巡りをしてみた次第。で、最初は旭川。高架駅になって3回目ぐらいでしょうか・・・。初めてきた時は歴史を感じる駅だった記憶が!?開駅120周年だそうで、歴史がありますね。旭山動物園、私も行きました。ペンギンに癒されました。ホ...

  4. 今はなき・・・五十石 - めぐりめぐる

    今はなき・・・五十石

    最近は何でもアリなのですが、巡ってはいません。降りていない駅。車内から撮った駅。ホント、何でもアリです。北海道でよく見ることの出来る『ヨ』駅でも見た目キレイに見えた五十石。廃止されましたね。好きな路線だけにチョット寂しいです。にほんブログ村

  5. タンカートレイン本輪西 - めぐりめぐる

    タンカートレイン本輪西

    東室蘭のお隣、本輪西。ヨンマルとレッドベアーが並びました。今は見ることの出来ないタンカートレイン。入れ替えが見たくて行ったことがありました。寒かったんですよ。鼻水を垂らして撮っていました。スーパー北斗に283が当たり前に入っていた時代。先頭車が連なる珍編成でした。白鳥大橋もチラッと入ってましたね。あ〜、懐かしい・・・。にほんブログ村

  6. 鉄路はここから東京 - めぐりめぐる

    鉄路はここから東京

    日本の鉄道の中心東京。花見帰りに立ち寄りました。東京も変わりましたね。景色もやって来る列車も。東海道新幹線。東海道新幹線と常磐線の特急。何系でしたっけ!?日本なので日の丸を二本。ドーム内は芸術。それを表現出来ないのは撮影者の腕・・・。左はJR東日本、右はJR東海。左のほうが色とりどり。にほんブログ村

  7. 暗闇の中新得 - めぐりめぐる

    暗闇の中新得

    まだまだ続く過去写真。滝川からヨンマルに乗り遥々やってきたのは新得。辺りはだいぶ暗くなっていました。『しんとく』の駅名標とヨンマル。ホームに並ぶヨンマル。今となってはどちらか忘れましたが、片方が滝川から乗ってきたもの。もう片方が新得から乗ったもの。この後、帯広まで行き宿泊。翌日もヨンマルで釧路に向かいました。ある意味なんとも贅沢な旅。現在はやりたくても出来ない旅です。と、駅舎に写真がほとんど...

  8. JR北海道旭山動物園号最終便 - 北国の花鳥風月

    JR北海道旭山動物園号最終便

    3月25日札幌駅17時22分着

  9. 分断路線の起点滝川 - めぐりめぐる

    分断路線の起点滝川

    新鮮なネタは相変わらず仕入れていないので、ハードから探し出しました。函館本線の滝川。であると同時に根室本線の起点滝川。0キロポストが地味にありました。ここから遥々根室まで繋がっていました。この写真を撮ったのは7年ぐらい前。でも、今は途中で途切れています。また繋がって欲しいのですが無理なんですかね。そう思うと寂しいです。と、新鮮なネタが出来るまでハードから発掘した過去写真でやって行きます。にほ...

  10. 祝・青函トンネル30周年! - Joh3の気まぐれ鉄道日記

    祝・青函トンネル30周年!

    今から30年前の3月13日、青函トンネルの営業が開始されました。30年前に記念して発売されたオレンジカードを紹介いたします。台紙表です。ホログラムになっており、快速海峡と青函連絡船が写ってました。台紙の裏です。青函トンネルは距離が全長53.85キロメートル。「ゾーン539」との愛称がつきました。台紙の中です。函館山の夜景になっていました。オレンジカード3枚組で発売されました。1枚目が快速海峡...

  11. 心温まる駅止別 - めぐりめぐる

    心温まる駅止別

    ネタ切れ中なので放置していますが、過去の写真から。今年の3月にも釧網線を訪れていました。流氷を見たくて・・・。で、訪れたのは止別。三月だったのでそこまで雪は多くありませんでした。が、本州に住む私にとっては十分すぎるほどの雪。思っていたほど寒くはなくとも日が暮れると寒くはなります。そんな私の心と体を温めてくれたのは、ここのラーメン。美味しかったですよ。本当に。『やむべつ』『やむべつ』『やむべつ...

  12. 101−18雨に負けた・・・函館 - めぐりめぐる

    101−18雨に負けた・・・函館

    ようこそ函館へ。函館に到着したのは16時ごろ。雨が降り出したので早くも薄暗い空。札幌から乗ってきた183の北斗。先頭で簡易前面展望を楽しみました。途中何度か寝たけれど・・・。北海道の鉄道は函館が起点。函館本線の0キロポストです。その隣にはいつもの大谷くん。一度だけ、この夜景を見に行ったことがあります。撮影が目的だったので男一人で。しかも冬・・・。この上なく寒く感じました。江差線は道南いさりび...

  13. 101−17わずか20分小樽 - めぐりめぐる

    101−17わずか20分小樽

    11月にチョットだけ駅巡りをやっていました。まずは小樽。何度目の小樽でしょう?多分4回目。前回は真冬に来まして飛行機の欠航が出るくらいの荒天。もちろん小樽も荒れまくっており、やって来たのはいいけれど駅の外に出れないので、乗って来た列車に乗って札幌に戻った思い出が・・・。小樽といえば石原裕次郎さん!?記念館も終了だそうで。何となく残念な気がします。山線を走るキハ150とこれから私が乗る731系...

  14. 北海道の玄関新千歳空港 - めぐりめぐる

    北海道の玄関新千歳空港

    北海道の空の玄関、新千歳空港。その地下にあるのがJR北海道の新千歳空港駅。1面2線で6両編成がギリギリの狭いホーム。空港の下なので駅舎はなしと駅巡りで写真を撮るには結構厳しい環境。やって来る列車のほぼ9割近くが快速。ここにもやっぱり大谷くんと北海道新幹線。駅名標、隣は南千歳。その昔は千歳空港駅。北海道もえきねっと・・・。にほんブログ村

  15. ノロッコ号をもう一度釧路 - めぐりめぐる

    ノロッコ号をもう一度釧路

    厚岸から釧路に戻ってきました。隣のホームにはノロッコ号が出発待ち。ノロッコ号の起点である釧路でこの旅最後の撮影。駅名標とノロッコ号と女性。道東駅巡り、最後の写真は地下連絡通路での発車案内。みんな愛称が付いている列車ばかりでした。釧路終了時点でご当地入場券は101駅のうち16駅。先はまだまだ長い・・・。にほんブログ村

  16. JR北海道・・・再生は・・財政は!? 「 国費 」?!?! - SPORTS 憲法  政治

    JR北海道・・・再生は・・財政は!? 「 国費 」?!?!

    以前のも!!!「 国鉄民営化 」、、、………30年………経ってるんですよね、、、こんな時期でしたね、、、、、「 バブル 」が 、、、、、、、〈 映像 〉毎晩のように・・・・騒ぎ回ってませんでしたか???政治が、、、政治家も??? 「 バブル崩壊 」は 想定外??!!だったんですよね………?この頃から、、、、、、少子高齢化社会 と 過疎化対策 を となえる 学者、、、、 いなかったですかね??...

  17. 101−16牡蠣食えず厚岸 - めぐりめぐる

    101−16牡蠣食えず厚岸

    釧路から乗った列車は7割方若い女性という男性からしてみると何とも嬉しい状況。乗っていた男性のほとんどが降りた駅、それが厚岸。地元の方数名、ほか数名は私と同じようなことをしている人たち・・・。糸魚沢と門静に挟まれた厚岸。雲はあるけれど、空の青さが気持ちいいです。根室方面はこんな感じ。釧路方面。独特のホーム配置です。厚岸といえば駅弁のかきめし。残念ながらこの日は臨時休業。近くの道の駅に行って牡蠣...

  18. 文明の偉大さを感じた釧路湿原 - めぐりめぐる

    文明の偉大さを感じた釧路湿原

    細岡の展望台を出発したら日が暮れ出していました。こんな中を釧路湿原の駅に向かって歩きます。足元が暗く怖い場面もありましたが、無事に駅へ到着。ちょうど網走行きが到着。これに乗るわけではないので呑気に撮影。そして見送る・・・。やっぱりイイ駅。臨時駅としての開業は昭和63年だそうで・・・。もう30年近く前の話ですね。外にいるとチョット(結構)怖いので駅舎の中へ。明るい手書きの案内図がありほのぼのと...

  19. 再訪釧路湿原 - めぐりめぐる

    再訪釧路湿原

    塘路から歩いて釧路湿原に戻ってきました。釧路湿原と細岡の間はほぼ線路に沿って道路があります。そのほとんどが細岡の展望台に“車”で行く人なのですが、極々稀に私みたいに徒歩で行く人がいます(笑)緑に囲まれて静かないい駅ですよ。到着する列車を撮影しようとホームにいたら、鹿の親子ですよ。慌てもせずに通り過ぎました。運転手さんも警笛を鳴らしませんでした。人間と鹿の阿吽の呼吸なんですかね?この後は、夕陽...

  20. 秘境駅?細岡 - めぐりめぐる

    秘境駅?細岡

    塘路からノロッコ号に乗り一駅、隣の細岡で下車。乗る人はいませんでした。降りたのも私一人だけ・・・。ホームで一人お見送り。観光客満載の列車、一人ホームでカメラを構えているのは結構恥ずかしかったです(^◇^;)周りには集会所らしき廃屋風の建物があるだけ。駅舎はログハウス風ですが、チョット臭いが漂っていました・・・。チョット歩いて踏切からホームを。カヌーポートがあるので、そこには人がいます。細岡の...

総件数:32 件

似ているタグ