K家の食卓のタグまとめ

K家の食卓」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはK家の食卓に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「K家の食卓」タグの記事(23)

  1. 鮮やかな失敗作 - あの日、あの時、あの場所で

    鮮やかな失敗作

    数日前、スーパーの野菜売り場で珍しいものを発見したので、思わず買ってしまった。ビーツです。まさか生のビーツにお目にかかれるとは思っていなかった!以前、プラチナブロガーのDiaryさんがビーツのスープご紹介されていたので、一念発起してチャレンジしてみようかと……。まず、丸ごと30分ほど茹でてから皮を剥く。皮は手でも剥けるらしいが、私はナイフの背を使った。ビーツをカットし、お水とリンゴジュースを...

  2. 和菓子のこと - あの日、あの時、あの場所で

    和菓子のこと

    梅雨明けはまだだけど、パッションフルーツの花が咲いた。これ、トケイソウですよね?例年は梅雨明けしてから咲く気がするけれど、今年は梅雨明けが遅れているのかしら。今日は拙宅のお茶のお稽古日。科目は「行台子」。先月に続き、ちょっと難しいお点前のお稽古をしている。火曜日に一度行っているので、今日は手際良くできた。上のほうのお点前は、教えるほうも一苦労なの。風炉は本当は土風炉なのだけど、ウチにはないの...

  3. お稽古場に七夕飾りが登場 - あの日、あの時、あの場所で

    お稽古場に七夕飾りが登場

    先週金曜日は師匠宅のお茶のお稽古。貴人清次花月で、珍しく私は貴人に当たった。2か所あるお点前座の内、こちらは糸巻棚が設置されていた。糸巻といえば織姫、すなわち七夕の意匠。廊下には恒例の七夕飾りが…。今年は母のことやら何やらで気持ちの余裕がなく、拙宅の玄関スペースの飾り棚は、端午の節句も七夕も、季節の催事はパスしている。でもこうした七夕に因んだお道具や飾り付けを見ると、季節の催事がきちんと踏襲...

  4. 5月の淡交会研究会@人見記念講堂 - あの日、あの時、あの場所で

    5月の淡交会研究会@人見記念講堂

    今日は、世田谷区にある昭和女子大学の人見記念講堂にて開催された淡交会の研究会のお手伝い。三軒茶屋駅から着物で10分近く歩くのが嫌で、初めて二子玉川駅からバスに乗った。バスだと校門前に停留所があるの。二子玉川高島屋前の停留所から乗ると、乗客は私ひとり。そうよね、日曜日の朝7時半だもの。久しぶりに乗ったバスは、短い時間ながら楽しかった。研究科目は「法磨之式」「盆点」「入子点」。外の気温は30度を...

  5. 終わった!終わった! - あの日、あの時、あの場所で

    終わった!終わった!

    今年の年明けから準備していた総会がやっと終わりましたー!総会自体も大きな問題はなく、打ち上げのレストランも評判が良かったようで、まあ、成功だったということでしょうか。私は今年初めて担当したけれど、来年もあるのかと思うと、ちょっと憂鬱。今年は母のこともあったので、けっこう大変だったけど、来年はどうなのかなあ?私の任期も来年までだし、その後は?ですわ~。総会のお呈茶で出したお菓子。千鳥かなあ?可...

  6. 洗濯機を買いに自由が丘へ - あの日、あの時、あの場所で

    洗濯機を買いに自由が丘へ

    母のことと、お茶のことで、忙しい…。若ければ二つ三つのことを同時にこなすのも簡単だったけど、今は出来ることなら一つに集中したい感じ。ま、それも今月いっぱいで終わるのが嬉しい。何しろ疲れているせいか、夜更かしができない。だから自分のブログのコメントのお返事もなかなかできなかったり、よそ様を訪問してもイイネがせいぜい、コメントは無理。イイネをいただいたのにご訪問できないこともある。ここで、すべて...

  7. 初詣 - あの日、あの時、あの場所で

    初詣

    新年2日目。散歩がてら近所の神社へ初詣に出掛ける。家の近くには2つの八幡様があり、なぜか我が家は遠い方の神社の氏子になっている。およそ1年ぶりに歩くと、ご近所の家も様変わりしていることに気付く。それでも昔からのお宅やお庭を見るとほっとする。今時、平屋でこの大屋根のお宅は東京では珍しいと思う。右手の道路に面した入口からは信じられない広さだ。家一軒分がお庭になっているお宅。お庭で読書なんて、羨ま...

  8. 謹賀新年2019&3年目のスタート - あの日、あの時、あの場所で

    謹賀新年2019&3年目のスタート

    新年、明けましておめでとうございます。新しい年を迎えるとともに、私の拙いブログも3年目にはいります。もともとこのブログはとても私的なもので、お茶会やら何やらで、いったいどの着物を着たのかを記録するために始めました。(着物が沢山ある訳ではないので、すぐにカブってしまいます💦)だから、ファッションブログでもお料理ブログでもなく、ただ、私の日常を記録するだけ……。そんなブロ...

  9. 大晦日2018 - あの日、あの時、あの場所で

    大晦日2018

    今日は大晦日。夫は下漬けしていた白菜を本漬け」にした。これは最初の白菜干し。この後、塩を強めた予備漬け(下漬け)をし、その後本漬けにする。私はお節料理の足りないものを隣町に買いに行き、夜は恒例の鶏の丸焼き。今年も上手に焼けました!白菜は、夫が田舎でお安めを購入。東京より断然安いんだって!明日は新年。私のブログは明日から3年目となります。今年の感想は明日記しますね。今年もお立ちよりいただき、有...

  10. 大チョンボのXmas忘年会 - あの日、あの時、あの場所で

    大チョンボのXmas忘年会

    毎年、年末近くに夫が田舎の家の掃除に行く。その間に、友人ふたりがお泊りしての飲み会をウチで開く。そう、クリスマス忘年会と呼んでいる。今年は22日昼から、夫がネコを連れて田舎へ帰った。Xmas忘年会は23日。掃除や準備は当日でも間に合うから、お一人様の夜を楽しむためにスーパーにワインを買いに行き、ついでに翌日の準備の品をちょこっと買い、晩酌用に焼き鳥2本を買って帰宅。さあ、のんびり1杯飲もうと...

  11. これ、なーんだ? - あの日、あの時、あの場所で

    これ、なーんだ?

    韓国にカニを食べに行った夫が帰宅。行った先はワタリガニの名産地、黄海側の安眠島。民宿に泊まり、市場でカニを買って自炊し、思う存分カニを食べるはずが、市場にカニがいなかったそうな。韓国はちょうどケジャン(ワタリガニの醤油漬け)を作る時期とかで、一般家庭でも市場でワタリガニを大量に買い、自宅で漬け込んでいるとか。結局、レストランでカニを買い、調理したという。お粗末な噺でございました&#1...

  12. 東京ミッドタウンへ - あの日、あの時、あの場所で

    東京ミッドタウンへ

    昨日は六本木のサントリー美術館へ行ってきた。会期がお茶会当日までなので、もう時間がなく、昨日を逃すと行けない!と向かったが、平日なのに凄い人出。老若男女、密教美術に興味がある人がこんなにいるとは!私は最近読んだ空海のエンタメ本の影響と美術館会員の会費を無駄にせぬため出掛けたけど、正直、あまり刺激はなかった。判りやすい説明はあるけど、こちらの知識不足なのね。印象に残っているのは、秀吉の「醍瑚の...

  13. 炭を洗う - あの日、あの時、あの場所で

    炭を洗う

    11月のお茶会まで、あと3週間ばかりとなった。今日はお天気も晴れて湿度も低いので、お茶会用の炭を洗った。初めに外でシャワーを当てたけど、あまり効果がないようなので、キッチンでタワシを使ってごしごし。水で洗うのは、炭に付いた黴や匂いを落とすため。余分な粉が落ちるので、炭が爆ぜない効果もある。洗った炭はベランダに干した。(友人は庭に干したら野良ネコちゃんに●を掛けられた…とか)どれくらいで乾くの...

  14. 松茸祭りふたたび - あの日、あの時、あの場所で

    松茸祭りふたたび

    このところバタバタとした日が続く。先週金曜日は師匠宅のお稽古で、11月のお茶会の打ち合わせとお茶券代の集金。土曜日はお茶席の水屋に入っていただくお道具屋さんの担当者と細かい打ち合わせ。そんな中、夫が韓国旅行から帰ってきた。韓国へ松茸狩りに行ったのだが、自力では発見できず、街中で売られていたものをお持ちかえり。(サイズ比較のため、煙草の箱を置いてみました)おまけに日本ではちょっと珍しい乾物類も...

  15. K家のキッチン・ラボ瓜の粕漬け - あの日、あの時、あの場所で

    K家のキッチン・ラボ瓜の粕漬け

    我が家の夫は、仕事で出張しても市場に出掛け、何かしら買って帰るタイプ。それでも昔は忙しかったので、自分で何か作る時間は無く丸投げ状態だった。(もちろん私に)それが定年後は時間ができたので、何かしら初挑戦して面白がっている。この夏の初挑戦はウリの粕漬け。漬物用のまくわ瓜を買い、大から小へ卓上漬物器を代えて、何回か塩漬け。お酒で延ばした酒粕に漬けて、冷蔵庫で数日おいたら、こんなふうに↓なった!緑...

  16. 半日キッチンで過ごす - あの日、あの時、あの場所で

    半日キッチンで過ごす

    今日は半日キッチンで、私と夫がそれぞれ持ち帰った果物や野菜の整理。帰宅時に野菜類はなんとか冷蔵庫に詰め込み、入りきらないものは保冷剤を入れた箱に入れたけど、もう限界。山の家近くのTSURUYAという地元スーパーに登場するルバーブ。この季節ならではのものなので、見ると欲しくなる。北欧や欧州ではルバーブパイが有名ですが、すぐにパイが作れない時はジャムにしてしまおう。夫が田舎から持ち帰った地元の完...

  17. 大雨にも、大汗にも備えて - あの日、あの時、あの場所で

    大雨にも、大汗にも備えて

    台風12号の進路と速度が気になるが、日曜日は「浴衣ざらい」の会。毎年、7月最終日曜日に開かれる社中の掛け釜だ。ご自分で着物を着られない若い人でも、浴衣ならなんとか着て来られるのではないか、ということで、基本は浴衣を着ての参加。しかし、朝っぱらから良い歳したオバサンが浴衣を来て電車に乗っているのはちょっとマズい。盆踊りで朝帰りって感じ?そこで私は浴衣ではなくいつも着物を着て行くのだが、昨年は何...

  18. 春の名残り - あの日、あの時、あの場所で

    春の名残り

    ネコの鼻の頭ほどの我が家のベランダで咲いた薔薇。まだ蕾だけど、内側には何重もの花びらがつまっている。私の薔薇たちの中でも一番香りが強いキャンドスビューティ。春の名残りの花となった。昨日は自宅稽古で、生徒さんは3人。先月までの炉から、夏バージョンの風炉に変わり、お点前はちょっと混乱気味だったけど、大丈夫、来月になれば慣れるわよ。こちらの写真はGWのお土産いろいろ。生徒さんの一人に頼まれていたの...

  19. 韓国土産‥‥たぶんⅡ - あの日、あの時、あの場所で

    韓国土産‥‥たぶんⅡ

    夫が韓国出張から帰り、例によっていろいろ買い込んできた。今回の一番の収穫は……。辛子明太子‥‥。2・5キロで約2000円だったという。生で食べると日本産に比べちょっと生臭いが、焼いてしまえば大丈夫。韓国では日本と違い、太くて大きい物より小粒なものが好まれるという。冷凍するため小分けにしたけど、冷凍庫には入りきらないので、明日は少しお裾分け予定。これは太刀魚。韓国の方の好物は、イシモチと太刀魚...

  20. 韓国の味 - あの日、あの時、あの場所で

    韓国の味

    昨日、夫は昔からの在日韓国人の友人と東京・三河島の韓国料理屋に行き、市場でお土産を買ってきた。昨年のお正月に私が行った所ではなく、別の高級市場だとかで、たしかに美味しそうな気がする。白菜キムチ、ワタリガニのケジャン、タラの内臓の塩辛チャンジャ、そしてナムルと豚足。私がいただくのは、ケジャンとキムチ、ナムルくらいだけど、スーパーで買うキムチとはまったく味が違う。一昨年まで数度訪れた韓国の味がし...

総件数:23 件

似ているタグ