Kodak Gold 100のタグまとめ

Kodak Gold 100」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはKodak Gold 100に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Kodak Gold 100」タグの記事(18)

  1. 冷たい路地裏から - Film&Gasoline

    冷たい路地裏から

    仙台もこのところ寒波のおかげで12月とは思えない寒さにやられております。我が家のウッドデッキには数日前に降った雪がまだまだ残っております。さて、今日のお写真は今年の1月のものです。な~んだ、って思わないでくださいね!ちょうどこんな感じの寒さなのですよ^^;Leica M6 ttl LHSANOKTON 50mm F1.1Kodak Gold 100(期限切れ)EPSON GT-X820★2つ...

  2. 冬の朝 - 67spirit

    冬の朝

  3. New camera - 67spirit

    New camera

    近ごろ巷では「写ルンです」が流行ってるらしいです。その写ルンですをフイルム交換ができるようにしたようなカメラ富士フィルムの 『 SMART SHOT BF 』 をゲット!BFっておそらく「ビッグファインダー」の略なんでしょうネ。ファインダーが大きくてクリアってところがカメラ好きの心をくすぐります(笑)ピントは固定(1.2m~)、シャッタースピードも1/125固定。重さ95g(軽っ!)調整する...

  4. 鉛色の空にそびえ立つ明日知れぬ煙突 - Film&Gasoline

    鉛色の空にそびえ立つ明日知れぬ煙突

    みなさん、こんにちは。T大学農学部、ついこの間までは誰でも自由に通り抜けできました。しかし、今はもう完全に封鎖されて中に入ることはできません。あの時撮影したこの枯れた蔦が絡まった煙突、今頃はどうしているのでしょう?明日をも知れぬ命・・・きっとそんな心境なんだろうな~Meopta Flexaret Ⅵ Meopta Belar 80mm/F3.5With 35mm adapterKodak G...

  5. 大き過ぎる粗大ゴミ - Film&Gasoline

    大き過ぎる粗大ゴミ

    Meopta Flexaret Ⅵ Meopta Belar 80mm/F3.5With 35mm adapterKodak Gold100(期限切れ)EPSON GT-X820★2つのランキングに参加しております★1日1クリックしていただけると、明日の写欲に火が点きます^^;⬇⬇⬇にほんブログ村モノクロ写真 ブログランキングへ今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。Copyrig...

  6. 閉ざされた赤錆の楽園 - Film&Gasoline

    閉ざされた赤錆の楽園

    みなさん、こんにちは。あのリヤカーたちが暮らす「赤錆の楽園」ことT大学農学部は予想もしなかったスピードで解体が進んでおります。しかも、この目隠しの白壁は想定外でしたね~^^;まさか、ぐるりと一周覆われるとは・・・今まで出入りしていたところも封鎖され、もう二度と中の様子を撮影するのは無理でしょう。唯一中の様子を観察できるのは、このアクリル板の小さな窓だけです。もうすぐキャンパス内の桜が咲きだし...

  7. 止まったくるくるのある街角 - Film&Gasoline

    止まったくるくるのある街角

    みなさん、こんにちは。タイトルの「くるくる」とは床屋さんにあるくるくる回る看板の事であります。この「くるくる」ですが、「サインポール」というのが正式名称のようですね~^^;この建物、あの大地震で傾いたのでしょうか?止まったままの「くるくる」がなんとも切ない光景なのでありました。Meopta Flexaret Ⅵ Meopta Belar 80mm/F3.5With 35mm adapterK...

  8. 限りなく倒錯に近いブルー - Film&Gasoline

    限りなく倒錯に近いブルー

    みなさん、こんにちは。もうお気づきかと思いますが、タイトルは「限りなく透明に近いブルー」のパクリであります^^;村上 龍氏のデビュー作であるこの「限りなく透明に近いブルー」が芥川賞を受賞したのが1976年。そして、このお写真のダットサントラックはそれよりほんの数年前の6代目520型になります。このボディペイントが退色して出来た魅力的なペールブルー。まるで痛々しい傷口から滲み出た赤錆の為に熟成...

  9. お彼岸とは無縁な秘密結社の石 - Film&Gasoline

    お彼岸とは無縁な秘密結社の石

    みなさん、こんにちは。春のお彼岸ですね~今年は17日(金)が彼岸の入りでした。今日明日のお墓参りはさぞや混み合うことでしょうね~さて、今日のお写真ですが、こちらは墓石ではありません^^;知る人ぞ知る仙台のミステリースポット、「フリーメイソンの石」であります。と言っても、こちらも私の定点撮影ポイントですので、もう何度か登場してましたね^^;仙台城(青葉城)の大手門へと続く道の傍らに現れたこの石...

  10. 営業妨害も甚だしい工場前のアブラナ科の野菜 - Film&Gasoline

    営業妨害も甚だしい工場前のアブラナ科の野菜

    みなさん、こんにちは。工業地帯の中の畑で見かけた、夕陽に輝くアブラナ科のお野菜さんであります。後ろの工場の黄色い看板と色が被っております。「当社はホニャララがホニャララで・・・」みたいな言葉でしきりと自社アピールしているのですが、かわいそうにこのアブラナ科のお野菜さんの前では地味な存在となってますね~^^;春の兆しがあちらこちらに見られる今日この頃、私の気分もタリラリラ~ンなのだ~♪!(^^...

  11. 昭和な店先の紅いスクーター - Film&Gasoline

    昭和な店先の紅いスクーター

    みなさん、こんにちは。こちらは最近見つけました昭和レトロな床屋さんです。いまも営業なさっているのかは定かではありませんが、この店先の光景に写欲を抑えきれなくなり、こっそり撮らせていただきました^^;出来上がった写真を見てとても不思議に思えることがありました。それは、店先のスクーターです。特別レトロなデザインのモデルでもないのに、しっかり昭和を演じているんですよね。この黒いハンドルカバーのせい...

  12. トランス芽吹く春の訪れ - Film&Gasoline

    トランス芽吹く春の訪れ

    みなさん、こんにちは。さっそくですが、昨日ご紹介させていただきました Flexaret Ⅵ によります35mmフィルムでのお写真です。私の定点撮影ポイントであります、地上に降りた赤錆のトランスさんです。久しぶりに訪ねてみたら、ご覧のとおり春の装いで私を出迎えてくれたのでありました~!(^^)!縦構図のウエストレベルでの撮影は私の写癖にとてもよくマッチします。なにせレンジファイダー35mmカメ...

  13. ギミックに痺れるMeopta Flexaret Ⅵ - Film&Gasoline

    ギミックに痺れるMeopta Flexaret Ⅵ

    みなさん、こんにちは。「えっ!このカメラが何かするの?」と、首を傾げているいるのはテディベアのモリスくんです。新しいカメラがやって来ると、思い出したかのように呼び出されるので、ちょいと苦笑い気味で問いかけてきました^^;さて、そのギミックの素が、この小さな革のケースに収まっています。Meopta社純正アクセサリーFlexaret Ⅵで35mmフィルムを使用するための小道具なのであります♪使い...

  14. 春が待ち遠しい駄菓子屋さんの暖簾 - Film&Gasoline

    春が待ち遠しい駄菓子屋さんの暖簾

    みなさん、こんにちは。こちらは仙台駄菓子の老舗、石橋屋さんの暖簾であります。こちらの枝垂桜は仙台の桜スポットとしても有名でして、桜の季節ともなればカメラを持った人たちで賑わいます。しかし、昨日も雪がちらついた仙台。名物の枝垂桜には雪の花が咲いております。まだ春は遠いようですね~^^;実はこの写真を撮らせていただいたのは1月のこと、今はここまでは冬らしくはありません。一歩一歩確実に春に近づいて...

  15. たぶん今日あたり解け出すふたり - Film&Gasoline

    たぶん今日あたり解け出すふたり

    みなさん、こんにちは。天気予報によりますと、今日の仙台の予想気温はなんと15℃だそうです。4月並の気温にブロンズ像のふたりも「ああ~、これでやっと解けることが出来るわよ~♪」と、きっと喜んでいることでしょう。などど、いい加減な事を言って、溜まってしまった冬の写真をせっせと消化するのでありました~^^;Leica M6 ttl LHSANOKTON 50mm F1.1Kodak Gold 10...

  16. 人目もはばからずラッパ飲みする横丁の一升瓶 - Film&Gasoline

    人目もはばからずラッパ飲みする横丁の一升瓶

    みなさん、こんにちは。平日の午後の人気のない小さな横丁での出来事です。扉が可愛らしいグリーンに塗られた飲み屋さんの前で奇妙な光景を目にしました。これです・・・^^;一升瓶が無我夢中で何かをラッパ飲みしているんです。ラッパ飲みされる方がラッパ飲みしている・・・立場逆転なのであります。実際のところ、エアコンのドレンホースからの水を受けているんでしょうけど、何だかニヤけてしまう光景なのでありました...

  17. 夜のアーケード街で長電話する透明人間(写真部門) - Film&Gasoline

    夜のアーケード街で長電話する透明人間(写真部門)

    みなさん、こんにちは。雪が吹き込む仙台一番町商店街のアーケードです。ここのアーケードはドーム型の開閉式高層アーケードといいまして、中央部の屋根がいつでも開閉できる仕組みとなっております。が・・・雪が降ったくらいで屋根は閉じないようですね。^^;さて、そんな雪が積もり始めた夜の電話ボックスの中、またしても透明人間さん登場です。^^;隣の街路樹さんが「おんめぇ、誰も使わねのをいいごとに、いづまで...

  18. ふたりを温める冬のRUM(写真部門) - Film&Gasoline

    ふたりを温める冬のRUM(写真部門)

    みなさん、こんにちはこちらは昨年の夏にベスト判二眼レフカメラRICOHMATIC 44でご紹介いたしましたお洒落なRUMバーであります。雪が舞い散る中、お店の外で待つふたり(二台の自転車)がとても寒そうですね。いや、もしかすると既にこちらでいいくらいRUM酒をご馳走になっていて、寒さなんかへっちゃらなのかも知れません。^^;むむむ・・・、近寄ってみるとやっぱり震えてますね。などと、自分の手ブ...

総件数:18 件

似ているタグ