LP RECORDSのタグまとめ

LP RECORDS」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはLP RECORDSに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「LP RECORDS」タグの記事(22)

  1. さようならアリーサ・フランクリン - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    さようならアリーサ・フランクリン

    すごい歌手がまたひとりいなくなった。おれはとくにソウルミュージックのファンてわけじゃないけど、すごい歌手にジャンルなんか関係ない。棚を探すとLPが10枚あった。おれはふだんヴォーカルをそんなに好んで聴くわけじゃないから、ひょっとしたらひとりの歌手のアルバムとしては(ほかにCDもあるし)アリーサのアルバムが一番多いような気がする。晩年のCDはともかくとしてLPはどれも、いやあすごいひとだよなあ...

  2. トコロテンとコルトレーンは一瞬似てる - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    トコロテンとコルトレーンは一瞬似てる

    しかしトコロテンは夏向きだがコルトレーンが夏向きとはいえない。エチゴビールの〈スタウト〉の缶の裏側に印刷されたイラストなんだけど、見れば見るほどコルトレーンに見えてきちゃうのよね。で、こういうジャケット写真があったんじゃないかと棚からいろいろ引っぱり出してみたんだけど、ドンピシャこれだっつうのは見つからない。それでとりあえず〈Settin' The Pace〉の黒いバックにモノクロ...

  3. ピラミッドのなかに未知の石室があるのを発見したようなもんだってソニー・ロリンズはいうんですけど(John Coltrane / THE LOST ALBUM) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ピラミッドのなかに未知の石室があるのを発見したようなも...

    夏だ!海だ!コルトレーンだ!ンなわきゃねーだろが。コルトレーンの「最新発掘盤」は63年3月6日、ヴァン・ゲルダー・スタジオで収録された正式のレコーディングセッションだってところがキモである。ところがそのマスターテープはとうに失われて(レコード会社が廃棄したらしい)、コルトレーンが持ち帰ったチェック用のモノラルテープを遺族がこんにちまで保管してたっていうんだな。クラシック業界でいうとフリードリ...

  4. われらがマレーネは太平洋を越えてやってきた - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    われらがマレーネは太平洋を越えてやってきた

    というわけで今月8日未明滞在先の合衆国カリフォルニア州の某市を発ち、同11日サンフランシスコ国際空港を飛び立ったわれらがマレーネ・ディートリッヒ嬢は、翌12日には本邦成田国際空港に降り立ったのであるが、どういうわけかその後神奈川県川崎市内に移動(アクアライン経由か陸回りかは不明)、ようやく昨日高輪郵便局員の手によって我が家に到着したのであった。めでたしめでたし。いやあ、このアルバムを小田急線...

  5. 豪華箱入四十五回転二枚組重量盤GIANT STEPSなんてのはどうっすか(尻切れです) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    豪華箱入四十五回転二枚組重量盤GIANT STEPSな...

    なんだか知らないけどジャズをBGMに流してる蕎麦屋がヨノナカには結構あるでしょ。どうもおれはあれが苦手でね。蕎麦屋の戸口をガラガラっと開けてジャズが聞こえてきたらそのまま回れ右して立ち去るなんてことまではしませんけど、まあ蕎麦屋に限らずお店やさんでジャズをBGMにするのは出来ることならヨシにしてほしい。こないだ、かかりつけの歯医者へ行ったところ待合室でコルトレーン〈Giant Steps〉B...

  6. ベルト取り替えました - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ベルト取り替えました

    さて前回はいつ取り替えたんでしたっけね。ブログに書いときゃよかったんだけど、どーでもいいことはグダグダグダグダ垂れ流すくせに肝心なこと書き漏らしてんだよなー。いくら見ても前回いつベルトを交換したのかなんてどこにも書いてない。たぶん7、8年前だったと思うんだけど。この狭っくるしいラックにアタマ突っ込んで取っ替え作業した記憶がかすかにある。そして今日2018年3月4日、久しぶりにトーレンスTD5...

  7. クリント・イーストウッドはもう87歳なんだってね。 - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    クリント・イーストウッドはもう87歳なんだってね。

    けさの朝刊に新作〈15時17分、パリ行き〉の全面広告が載ってたけど、すごいねえ。87歳だよ。ふつう老巨匠の映画つうとなんかもう自由闊達・脱俗の境地にたっして奔放の極み、みたいな、よーするに当たり前の客には理解不能の作品をこさえたりなんかするイメージだけど、このドでかい新聞広告ってもう「当たり前の客」に見せようって配給会社ヤル気満々だもんなー。予告編も映画館でバンバン流してるしさ。87歳になっ...

  8. 私の収穫2017(あるいは捨てられたシングルのカタキをLPで取る) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    私の収穫2017(あるいは捨てられたシングルのカタキを...

    レコードコレクターズ誌2月号に「私の収穫2017」って特集があってね。名だたるコレクターの皆さまが自慢の獲物を誌上で開陳されているのであるが、これがスゴいのなんのって、おれのようなシロートにはそれがスゴいのかどうかすらさっぱり理解できないくらいスゴいんだから、ホントにスゴいんだと思うんだよ。でその特集を眺めながら、ひるがえっておれの2017年の収穫というとなんだったんだろうかと、コレクターで...

  9. 2018年は1982年ハンブルグのウディ・ショウで始まったのよ - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    2018年は1982年ハンブルグのウディ・ショウで始ま...

    今年もよろしくね。このウディ・ショウは12月31日の午前中ウチに届いた、2017年最後の宅配便なんでした。だけど言っときますがおれは慌ただしい大晦日に不要不急の配達さすような、そこまでクソなクソ野郎じゃないです。12月の中旬、雑誌でこのレコードのことを知ってタワレコのネットショップで注文したら「お取り寄せ」になって、まあそんなことは珍しくもなんともない日常茶飯事ってヤツである。こちとらべつに...

  10. 25年熟成のPink Vinyl - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    25年熟成のPink Vinyl

    近ごろはうれしいことにレコードブームだというので、好きなミュージシャンのニューアルバムのLPレコードが普通にプレスされて発売になる。こんなこと言っちゃナンだけど昔のレコードの復刻ばかりで「ブーム」と言われたって、そんなもなぁひと渡り売れセンの復刻が終わればオシマイで、げんにその兆候はあちこちにある。まあしかし、ニューアルバムがレコードで(しかもリアルタイムで)登場するのはまるで別のハナシって...

  11. ボックスセット海底二万哩(ニコラウス・アーノンクール/ベルリンフィル:シューベルト交響曲全集) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ボックスセット海底二万哩(ニコラウス・アーノンクール/...

    エサ箱から引っこ抜いたわけでもなくネットオークションで落としたわけでもなく、Amazonで予約してたわけでもないのにある日ふと気づけばこんなレコードを手にしていた。いやまったく縁は異なもの味なものとはよく言ったものだねえ、なんつうレコードのことをちょっとやってやろうかと思うのであった。題して「盤は天下の回り持ち」。いかがじゃな。ニコラウス・アーノンクールがベルリンフィルを振ったシューベルトの...

  12. ジョー・ヘンリーだっていうんで(Lizz Wright / GRACE) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ジョー・ヘンリーだっていうんで(Lizz Wright...

    トンネル掘削機はとりあえず置いといて、さいきん聴いたニューアルバム。リズ・ライトってアメリカの歌手をウィキペディアで見ようとすると日本語版には項目がないんだよ。ようするに日本じゃその程度の知名度ということなのかもしれないんだが、英語版を見るとLizz Wrightは「ジャズとゴスペルの歌手」ということになっている。まあジャンルなんてのは何かを説明してるようで何も説明してないようなもんである。...

  13. ブラシ - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ブラシ

    どお、すてきな入れ歯磨きでしょ、なんちて。しかしまあこうやって写真に撮って眺めてみると、じつにおマヌケな姿じゃないか。まさかこんなにフォトジェニックだとは思いもしませんでした。2週間のご無沙汰でございましたが、ひさびさにザリザリのレコード買ってこいつを引っぱり出して使ったのでそのままブログにも流用するのであった。〈デンターシステマ〉って歯ブラシをレコード洗浄用のブラシに使うってアイデアはべつ...

  14. 子どもっぽいとこが(Sonny Sharrock Trio/Dance With Me Montana) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    子どもっぽいとこが(Sonny Sharrock Tr...

    ばーん。わざわざ大きく載せてみた。むかし中学校の美術の教科書に「友だち」なんて題で載ってる「生徒作品」にこんな感じの絵があった気がしてさ。思い出してみるとあの「生徒作品」てのがどれもテーマにかかわらず、だいたいが技巧的なうまいヘタよりもインパクト重視だった気がするんだな。シャラシャラシャラっと小器用に描かれたようなのはまるで評価されない世界が教科書にはあって、だけどおれら生徒にはなんでこれが...

  15. こんなやりたい放題を宇田川町でやってたのか(Marc Ribot  THE PHILADELPHIANS LIVE IN TOKYO) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    こんなやりたい放題を宇田川町でやってたのか(Marc ...

    こんにちは。レコード買ってますか。ぼくは今もときどき買います。ときどき、じゃねーだろ。マーク・リーボウがザ・ヤング・フィラデルフィアンズなんてバンド作って、おれくらいのトシならどっかで聴き覚えのあるようなフィリーソウルの有名曲ばかりを東京のライヴハウスでやって、しかもそれをアルバムにしてたなんてつい先日〈僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚オーディオファンも聴いておきたい優秀録音盤〉(田中伊佐...

  16. 三大ギタリストなんです《なんの役にも立たないLPガイド237選 その0》 - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    三大ギタリストなんです《なんの役にも立たないLPガイド...

    ついせんだってのことだが、レコードの袋を抱えて行きつけの店のカウンターに座ったら長年顔なじみの従業員が、何を大事そうに持って歩いてんのと聞くんだ。いやなに、ただのレコードだよと言うと、へえー今どきレコードなんて売ってるとこがあるんだと驚いている。ようするにまあ、いまさらレコードがブームだなんて言ったところでどだいその程度のモンで、レコードがブームになってるなんて大抵の人は知らない。大抵の人が...

  17. 嗚呼懐かしき哉内袋鑑賞総天然色国内盤堂々初登場(吉例内袋鑑賞その734) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    嗚呼懐かしき哉内袋鑑賞総天然色国内盤堂々初登場(吉例内...

    もう、レジで検盤するとき肝心のレコードより内袋のほうに目が吸い寄せられて困ったもんである。こいつは邦題〈ドン・エリス・オーケストラモントレーのドン・エリス(ビッグ・バンドによる前衛的実験)〉つう東芝音工製のLP(原題はDon Ellis Orchestra 'Live' At Monterey!)に入ってたんだが、ウィキペディア英語版によるとこのアルバムは66年モンタレー...

  18. さいきん聴いてるオビ付き新品同様の1枚なんです - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    さいきん聴いてるオビ付き新品同様の1枚なんです

    「常用レコード絵日記」なんていいながら1か月以上のご無沙汰でございました。なにしろ花見だ歌舞伎だ旅行だと春はどうも目移りがしていけない。でも、レコード買って聴いちゃあいるんだよ。3月のなかばくらいだったか渋谷のハンズへ台所用品だか掃除道具だか、とにかく近所のホームセンターには売ってないナニモノかを買い出しに行った帰りがけ、久しぶりにハンズの斜め向かいのビルにあるレコファンをちょこっと覗いてみ...

  19. ビッグバンドはたっぷりと - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ビッグバンドはたっぷりと

    東京は桜開花だって。ホントかよ。さいきんあんまりジャズのレコード買ってないんだけど、ふと気づいたらここふた月ほどの間に買い求めたジャズのレコード6枚のうち5枚がビッグバンドだったのであった。まあここ数年ビッグバンドのレコードをよく聴いてるってのはあるんだ。そもそもStudio 2Aなんていう12インチウーファーがでっかいバスレフ箱に入ったスピーカーを手に入れたのも、ひとつにはビッグバンドをた...

  20. ギターのデュオが2枚(さようならラリー・コリエル) - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    ギターのデュオが2枚(さようならラリー・コリエル)

    ラリー・コリエルが今月19日ツアーで滞在中のニューヨークで死去。73歳。就寝中の突然死だったそうだ。おれは熱心なコリエル・ファンだったことなんて一度もないんだが、左のスティーヴ・カーンとのデュオアルバム〈TWO FOR THE ROAD〉を買い求めて以来40年近く、いまでも時折引っぱり出しちゃ聴いてたりする。これはもしかするとアコースティックギターの無伴奏デュオとかトリオの(しかも速弾きギタ...

総件数:22 件

似ているタグ