Livre*book(本)のタグまとめ

Livre*book(本)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはLivre*book(本)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Livre*book(本)」タグの記事(30)

  1. 昭和の聖菓(Noël en 1972) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    昭和の聖菓(Noël en 1972)

    小川洋子『ミーナの行進』に出てくるベーカリーB(ビゴの店)のブッシュドノエルbûche de Noël de Bourangerie B dans La Marche de Mina de Yoko Ogawa「あの1972年が、ローザおばあさんが采配を振るった最後のクリスマスになったことを思うと、そこに立ち会えた幸運を、神様に感謝しないではいられない。もみの木に揺れる数々の飾り、ろうそくの...

  2. フクロウの触りかた(Comment toucher une chouette?) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    フクロウの触りかた(Comment toucher u...

    お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!ふくろうカフェでプレゼントされたハンカチ☆クリスマスのバッグに入れて持ち帰りました★Voici un mouchoir du Cafe Chouette en Narasur un sac de Royal Copenhagen de snowdrop.ここは南都銀行に面したカフェ入口の窓辺。フクロウの置物目線で通りを眺めていたら…白い翼...

  3. 冬支度(Carte de Noël de Suède) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    冬支度(Carte de Noël de Suède)

    昭和のファッション雑誌 * magazine in Showa periodsnowdropにとって、冬は真っ先に手の甲へやって来ます。たとえ暖冬でも、手袋は欠かせません。L' hiver toujours vient à snowdrop, au dos de la main.Des gants sont indispensables pour lui même en hive...

  4. 長浜逍遥 上(walking around Nagahama1) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    長浜逍遥 上(walking around Nagah...

    現存する日本最古の駅舎の窓(旧長浜駅)現在は鉄道博物館になっている。(外からの写真)Two windows of one of the oldest railway stations.Nagahama Station became a railway museum.一歩入れば、そこは明治の空間。(中からの写真)Inside two windows, there was a space of ...

  5. 本日和(♯reading weather♯reading week♯Indian summer) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    本日和(♯reading weather♯readin...

    小春日の午後、公園の木の椅子に掛けて歌集をひらきました。栞代わりの木の葉を拾ったり、空を仰いだりする時間のほうが長くて…Reading weather continues during Reading Week this year.I spend more time picking up fallen leaves as bookmarks and looking up the blue ...

  6. しをりの話(Reading Week has begun) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    しをりの話(Reading Week has begun)

    10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)Reading Week*October 27th - November 9th 人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌le signet de la viec ’est la rencontre, la séparation,le voyage, ettanka poème que je composepour graver ...

  7. 寺町通そぞろ歩き3(flânons rue Teramachi! 3) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    寺町通そぞろ歩き3(flânons rue Teram...

    60ème Anniversaire du Pacte d'amitié entre Paris et Kyoto 地下鉄を京都市役所前で降り三月書房へ向かふ長月Descendons à la station de métro de Hôtel de ville de Kyotoet allons à la librairie mars au mois de septembre! ...

  8. 寺町通り そぞろ歩き 上(flânons rue Teramachi! 1) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    寺町通り そぞろ歩き 上(flânons rue Te...

    (コンデジでイラスト加工*photo and image-processing by snowdrop)京都の寺町通りには、モダンなお店とレトロなお店が交互に現れる。(2016年2月ー2018年10月撮影)Dans la rue Teramachi, en Kyoto, des boutiques modernes et rétros alternativement apparaissen...

  9. 秋に思(も)ふ薔薇(des roses d' automne) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    秋に思(も)ふ薔薇(des roses d'...

    (2013年)秋篠音楽堂でベートーヴェンの三つのピアノソナタを聴いたのは五年前、季節は秋だったろうか。秋篠の夜空に溶けし三曲のソナタに捧ぐ。三本の薔薇à trois sonata de Beethovenqui a fondu dans le ciel nocturned' Akishinoj' offris trois roses automnalesà Valery ...

  10. アメトリンを知っていますか(Vous savez l'amétrine?) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    アメトリンを知っていますか(Vous savez l&...

    板谷英紀『賢治博物誌』より*L'améthyste est le fossile du vin?(2017年)アメトリンという石を見たことがありますか。アメジスト(紫水晶)とシトリン(黄水晶)がひとつになった石です。石に詳しい友人が、snowdropの誕生日に贈ってくれました。紫と金いろの黄昏の空が、しずかに胸元に揺れます。Vous savez l' amétrine? ...

  11. 絵の滝、山の滝、人工の滝(three waterfalls) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    絵の滝、山の滝、人工の滝(three waterfalls)

    梅田地下街の滝(7月)an artificial waterfall, Umeda underground district, Osaka七月に恩師の喜寿を祝うため梅田へ出かけました。This artificial waterfall is photographed on my way to the celebration of my former teacher's 77th a...

  12. 花々と星々と(flowers and stars) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    花々と星々と(flowers and stars)

    切手「星を見る女性」(太田聴雨)*stamp(ladies observing stars)今日は旧暦の七夕ですね。★今月は金星のように大きな火星が見えています★According the lunar calendar, today is Star Festival of Altair and Vega.This year we can observe the big Mars like ...

  13. 青いエアメイル(des cartes postales par avion) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    青いエアメイル(des cartes postales...

    アンデルセンとヴァイキングの国より、ピーターラビットの村より(1990年代)むかし家に送りし旅の絵葉書をいまの私が読みふける夏des cartes postalesque j' ai envoyé à ma familleil y a vingt ansje les lis cet été始まりは、青いポストカード ― つのる旅への憧れ。海へゆきたしと思えど、海はあまりに暑し。せめ...

  14. 夢二のみた夢(Dream of Yumeji) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    夢二のみた夢(Dream of Yumeji)

    今年もゆくあてのない夏帽子…日曜の朝、新聞をひらいたら、夢二の絵が目に飛び込んできました。いぜん岡山に泊まった時、夢二郷土美術館に寄りたかったのですが…ちょうど降り始めた雨に、まっすぐ帰るよう宿の人に勧められました。岡山の雨はきっとあの頃も激しく降ったのでしょうね。。。頂き物の「竹久夢二本舗敷島堂」の涼菓、今日はどれにしましょうか。My straw hat without destinat...

  15. 夏への扉(The Door into Summer) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    夏への扉(The Door into Summer)

    海の見えるフランス窓(プルーストゆかりのホテル)Cabourg(Balbec en RTP), France(2004)この海を連れて帰ろうわが窓の樹の葉もまねる潮騒のうた今日は海の日です。Aujourd'hui, c'est la Journée de la Mer au Japon.海を見ながら朝ごはん*mon petit déjener(2004)&#128...

  16. ラスト・ガトー・ビジブル?(le dernier gâteau visible?) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    ラスト・ガトー・ビジブル?(le dernier gâ...

    林檎のガトー・アンビジブル(見えないお菓子)を焼いて以来、南瓜のをこさえてみたい、とずっと思い続けてきました。やっと見つけた国産の南瓜を使ったのが、チョイ不格好な、これ。ブランチにもなるようにお砂糖ひかえめ。南瓜は皮ごと、ほくほく感を残すべく厚切りにしました。黄色と緑がパイ層のように重なっています。ガトー・ビジブル、「(層の)見えるお菓子」ですね!不器用なsnowdropは「見えないお菓子」...

  17. 雨のふる日は謎解きを… 下(Readin' in the rain ♪2) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    雨のふる日は謎解きを… 下(Readin' ...

    早くこの雨がやみますように…わが庭の高砂百合(2015年撮影)漱石の白い百合は西洋の花なのだろうか。もう一度、『それから』と『夢十夜』の百合の場面を読み返してみよう。「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見...

  18. 雨のふる日は謎解きを… 上(Readin' in the rain ♪1) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    雨のふる日は謎解きを… 上(Readin' ...

    わが庭の高砂百合(2015年撮影)*Formosan lily 夏目漱石の小説『それから』に出てくる白百合の品種は何か?こう問いかけるのは、『漱石の白くない百合』を著した植物学者、塚本裕一氏である。曰く、日本の白百合の代表格、山百合には黄色の筋や赤い蕊があり、間近では純白には見えない。漱石の白百合は遠目のイメージ、あるいは西洋の白百合を思わせる。西洋の白百合とはマドンナ・リリー(聖母の百合)...

  19. フランス窓便り(une lettre de la fenêtre à la française) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    フランス窓便り(une lettre de la fe...

    相似形のような欅(けやき)若葉*Zelkova serrata姉さまの真似つこしてる妹のやうな葉つぱのあさきくれなゐcomme une petite sœur imitant sa grande sœur un brin de feuilles roses est mignon夏日になると、外出がおっくうになります。snowdropは冬生まれなので…。1970年代に父の友人が設計してくれた我...

  20. 清子の返信メイル*平成枕草子4(réponse de Seiko) - ももさえずり*紀行編*cent chants de chouette

    清子の返信メイル*平成枕草子4(réponse de ...

    ドライブを終らせたのは俄か雨それとも戸惑ふ僕らの心さねかたC' a été l' averse qui fit finir notre randonnée en voiture ou nos coeurs embarrassés ?色あひ深く花房長く咲きたる藤の雨脚のごとく…清子(恋文ペン字)この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。ごめんなさい。本...

総件数:30 件

似ているタグ