M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0のタグまとめ

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0」タグの記事(12)

  1. An Art Museum Comprised Of Straight Lines - Soul Eyes

    An Art Museum Comprised Of ...

    先週末から約1年間の修復工事休業に入った豊田市美術館です。休業になる前の最後の営業日、夕方の写真を撮る前に、超広角レンズでも撮っていました。この美術館は谷口吉生氏が設計したモダニズム建築で、シャープな直線が卓越する美しい建物です。その中庭には、ダニエル・ビュレンによる「色の浮遊│3つの破裂した 小屋」と言うインスタレーション作品があります。内部は三原色で塗られ、外部は鏡張りになっている不思議...

  2. ハンドレールピラーで春を主張する光蜥蜴 - Soul Eyes

    ハンドレールピラーで春を主張する光蜥蜴

    今日から4月、いよいよ春めいてきました。冬の間はお疲れ気味だった日差しも、力強さを増して来た感じですね。豊田市駅の東口にできた新しい商業施設”KiTARA"、こういう光蜥蜴を撮るにはなかなか良い場所です。特にその外部階段のハンドレールがお気に入りです。連なるハンドレールピラーが、リズミカルな光蜥蜴を生み出します。フィルムカメラのRolleiflexでも撮ってますが、ハンドレールふぇ...

  3. 冬のナディアパークに棲みついた光蜥蜴 - Soul Eyes

    冬のナディアパークに棲みついた光蜥蜴

    いつになく寒い今年の冬、戸外での撮影時間は限られています。私はネイチャーフォトグラファーには慣れないだろうなあ、暑さ寒さに弱くてヘタレすぎますからね。^^;そんな時、大きなアトリウムのあるビルは助かります。ここは名古屋の栄にあるナディアパーク、LOFTが入っているビルとしても有名ですね。超広角レンズって、普段はあまり使いませんが、こういう場所に来ると振り回したくなりますね。寒い季節は大きなビ...

  4. 師走の摩天楼街 - Soul Eyes

    師走の摩天楼街

    名古屋駅前の摩天楼街、普段から賑やかな場所です。新たにJPタワーや、JRゲートタワー、新大名古屋ビルヂングも完成し、さらに人が集まる場所になってきました。加えて季節は師走・・・行き交う人々の足取りも早いですね。スローシャッターで歩行者をぶらしながら、スナップを楽しんできました。名古屋市中村区名古屋駅にてLUMIX DMC-GX7MK2M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4....

  5. 雲多き空の美術館 - Soul Eyes

    雲多き空の美術館

    豊田市美術館で、奈良美智さんの"for better or worse"展を見てきました。奈良美智(ならよしとも)さんは、鑑賞者を見つめ返すようなまなざしが特徴的な人物像で、世界的に有名なアーチストですね。彼は、このトヨビにほど近い長久手市にある愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻出身です。1987年に愛知県芸の大学院を卒業してから、今年はちょうど30年目・・・それゆえ...

  6. 原色の公園 - Soul Eyes

    原色の公園

    最近の公園の遊具って、色の傾向が変ってきたような気がします。昔はほんわかしたパステル調が多かったような気がしますが、昨今は原色が多いように感じます。個人的にはパステルカラーより原色の方が好きなんですが、子供の情操教育的にはどうなんでしょうか・・・夾竹桃の鮮やかなピンク色も、さらにこの原色の遊具を引き立てていたように感じました。愛知県豊田市土橋町6丁目土橋公園にてLUMIX DMC-GX8M....

  7. 赤と緑が混じる台風一過の青空 - Soul Eyes

    赤と緑が混じる台風一過の青空

    先日の台風3号が通過してから、愛知県はずっと良いお天気です。昨日の豊田市の最高気温は35.9度、酷暑日でした。まさしくSummertime・・・こういう暑い季節のBGMは、体育会系のJAZZが聴きたくなりますね。John Coltraneの”Summertime"は湿り気皆無、実にドライで夏には最適です♪ちなみに、ココに写っている白いクルマは私の愛車、ブランキーニョ君です。Mazd...

  8. 出番の少なさを嘆く光蜥蜴 - Soul Eyes

    出番の少なさを嘆く光蜥蜴

    晩秋から早春にかけては影の季節・・・お昼を過ぎるともうなが~い影がお出ましになり、黄昏た雰囲気が横溢していましたそれゆえ、このブログでも「ホニャララな光蜥蜴」と言うタイトルのエントリがたくさん登場しました。ところが今は梅雨の真っ最中。お日さまが出なければ、光蜥蜴も出番がありません。たとえ晴れたとしても、太陽の高度が高すぎて、よほど夕方にならないと光蜥蜴写真は撮れないんですね。^^;これは5月...

  9. 梅雨の晴れ間のTV塔 - Soul Eyes

    梅雨の晴れ間のTV塔

    名古屋の真ん中、栄町のセントラルパークに建つテレビ塔・・・1954年に完成しました。それ以来ずっと名古屋のシンボルとして認知されてきましたが、2011年にアナログ放送の終了とともにアンテナが撤去されました。今はもうTVの電波は出していないのに、相変わらず「テレビ塔」と呼ばれています。今年の梅雨は、梅雨入りしても全然梅雨らしくないお天気が続いていましたが、ようやく梅雨らしい空模様になってきまし...

  10. 雨上がりの黄昏 - Soul Eyes

    雨上がりの黄昏

    昨日の愛知県は、朝からずっと雨でした。でも、日没直前になって、ようやくお日様が顔を出してきました。ちょうど家に帰ってきたところだったので、カメラを持って裏の公園に行って、黄昏風景を撮ってきました。そのままの色味だとちょっと物足りなかったので、Adobe Lightroomで少々盛っております。^^;愛知県みよし市三好ヶ丘にてLUMIX DMC-GX8M.ZUIKO DIGITAL ED 9-...

  11. 光蜥蜴が集う冬の美術館 - Soul Eyes

    光蜥蜴が集う冬の美術館

    冬の凍てつく光の中に建つ、ポストモダンな建築物・・・名古屋市美術館です。これは、愛知県出身の建築家、黒川紀章先生の代表作の一つですね。季節を問わず美しい建築だと思いますが、一番美しく見えるのはやはり真冬のように感じます。白川公園の鋭い冬欅と一緒に天を衝く建築・・・寒さを忘れて撮影してしまいました。名古屋市中区栄2丁目17−25名古屋市美術館にてLUMIX DMC-GM5M.ZUIKO DIG...

  12. 黄昏る冬の散歩道(写真部門) - Soul Eyes

    黄昏る冬の散歩道(写真部門)

    今日から2月です。この季節のいつもの散歩道、黄昏時はとっても寒いです。でも、日没時間は確実に遅くなりつつあります。一年で一番寒い時期ですが、あと数週間すれば春がやってくる・・・もうひと踏ん張り、我慢ですね。^^愛知県みよし市にてLUMIX DMC-GM5M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6☆ブログランキングに参加しています。この黄昏る冬の散歩道をご覧になって、...

総件数:12 件

似ているタグ