MJ系メモのタグまとめ

MJ系メモ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMJ系メモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「MJ系メモ」タグの記事(18)

  1. ル・ポールのドラァグ・レースにハマる! - マイケルと読書と、、

    ル・ポールのドラァグ・レースにハマる!

    あのね、ホントここだけの話で、思いっきり“小声”で言うけど、あの例のやつが Netflix で・・って聞いたとき、実は「やったぁー!」って思ったのね。だって、BSプレミアムなんかで放送されたら、NHKラジオで1年間放送される西寺さんの「ディスカバー・マイケル」に悪影響を及ぼしかねないし・・なんてこともそうなんだけど、実は、Netflix で前々からすごく見たい番組があって、今、久しぶりの1人...

  2. ハウステンボスへ(5) - マイケルと読書と、、

    ハウステンボスへ(5)

    こちらはまだ夕暮れどき。イルミネーション日本一を6年連続で受賞したというハウステンボスの夜はこれから。広大な敷地がすべてライトアップされているので、とても写真に撮りきれないんだけど・・。光の滝ブルーウェーブは四季折々の様々な風景が映し出され・・光のドラゴンと炎のショー夜の観覧車昼間はわからなかったけど光の迷路になってた模様運河船による水上ナイトパレードは撮影してる場合じゃなくて船着場の屋台村...

  3. ハウステンボスへ(4) - マイケルと読書と、、

    ハウステンボスへ(4)

    いくら九州とはいえ、2月のテーマパークは寒いし、見どころのお花もあんまり咲いてなくて寂しそう・・という杞憂もあったのですが、夜のイルミネーションや、室内アトラクションだけでなく、昼間の散策も結構楽しくて・・・冬景色も素敵なんですよね!フォレストヴィラ園内で使用されている特別デザインの車馬に乗って散策することも!(この子はアスランという名前で元は競走馬)馬の後ろに見えた白い観覧車からの風景ハウ...

  4. ハウステンボスへ(3)ホテルヨーロッパ - マイケルと読書と、、

    ハウステンボスへ(3)ホテルヨーロッパ

    かつて、マイケルが宿泊したのは、ホテルヨーロッパの別館で「迎賓館」と言われていたところ(上の写真で奥の白い建物)。ただし現在は宿泊施設ではなくなっていて残念・・・ではあるものの、元々ジャネットでさえ宿泊できなかったような特別な場所だったんですよね。そんなこともあって、最初宿泊はホテルヨーロッパ一択で考えていたんですが、迎賓館はないし、他にもマイケルの残り香が感じられる場所もないような気がして...

  5. ハウステンボスへ(2)ホテルアムステルダム - マイケルと読書と、、

    ハウステンボスへ(2)ホテルアムステルダム

    私たちが宿泊したホテルアムステルダムはハウステンボスの中でスリーホテルズと言われるオフィシャルホテルのひとつ。スーペリアツインルーム一番安いお部屋です♪パウダールームは対面にもミラーがあって、この隣のバスルームの中にも広々とした洗面台があって、トイレは別。ランチもホテル内の「ア クールベール」でいただきました。写真を撮り忘れたのでこちらの「料理」のページを参考に。広場側の一階で昼も夜もイベン...

  6. ハウステンボスへ(1) - マイケルと読書と、、

    ハウステンボスへ(1)

    今年のバレンタイン本命は福岡在住なんですが、マイケルゆかりの地である長崎「ハウステンボス」にも寄り道しました。新幹線で大阪から佐賀の「鳥栖」そこから在来線で「ハウステンボス駅」へ。専用列車でもないのに、車両ごとにドアの色もシートデザインも違ってて窓には小花模様のカーテン自由席もすべてフットレスト付きでトイレも新幹線よりずっとキレイ!駅に到着するとすでにホームから撮影者続出の風景が広がってシャ...

  7. ロンドン(4終)ハロッズ、リバティ・・・ - マイケルと読書と、、

    ロンドン(4終)ハロッズ、リバティ・・・

    長々と書いてきたイギリス旅行記ですが、最後に超有名なショッピングスポットの感想も・・。まずは、街を歩いているときに一番惹かれた Selfridge(セルフリッジズ)ロンドンの街にはメインストリート以外でも、凝った意匠が素晴らしいクラシックスタイルの建物ばかりなので、建物の美しさで目立つのがむずかしいぐらいなんですが、こちらは伝統的な意匠とモダンが融合したような建物が素敵。https://ja...

  8. ケンブリッジ(3)heffers書店ほか - マイケルと読書と、、

    ケンブリッジ(3)heffers書店ほか

    キングスカレッジのチャペルを長々と見たあとは、キャンパスを通り抜けて、ケム川の方へ。ケンブリッジという都市名の由来は「ケム川にかかる橋」数学橋や、ためいき橋など、ケム川にかかる素敵な橋が眺められるクルーズは、ケンブリッジで人気の観光で、この日はクルーズに最適なお天気だったんだけど・・・わたしたちは横目に見ながら通り過ぎる。トリニティ・カレッジも外から眺めただけで、セント・ジョンズ・カレッジの...

  9. マイケルの足跡を求めて・・ “Gloucestershire”? - マイケルと読書と、、

    マイケルの足跡を求めて・・ “Gloucestersh...

    オックスフォード大学の講堂に入れなかった私たちが、次に思いついたのは、マイケルが歌っていた Gloucestershire(グロスタシャー)に行くこと。Days In Gloucestershire(アルバム未収録)ただ、「Gloucestershire」というのは、州の名前で具体的にどこかはわからない。でも、アイルランドの村に滞在中のマイケルが思い出して、歌にしたぐらいなので、きっと静かな...

  10. オックスフォード(2)マイケルがスピーチした・・・ - マイケルと読書と、、

    オックスフォード(2)マイケルがスピーチした・・・

    さて、オックスフォード大学と言えば、マイケルがスピーチしたところですよね。https://www.oxford-union.org/private_hire/the_chamberそこは、Oxford Union Debate Chamberという場所で、現在はUnion Library(もしくはOld Library)と呼ばれているらしく、私たちは(亜子先生との二人旅)その場所を見学したく...

  11. オックスフォード(1)キーブル・カレッジ - マイケルと読書と、、

    オックスフォード(1)キーブル・カレッジ

    ロンドンで3泊したあとは、オックスフォードへ。駅に着くと、あちこちに「スリラーライブ」のポスターが!上演中のロンドンでも大きな看板を見たけど、このあとオックスフォードにも来るみたい(初演からずいぶん経ってるのに、まだまだ人気!)ここでの宿泊は、オックスフォード大学キーブル・カレッジの寮。お部屋は殺風景だけどお勉強しやすい感じで(しないけどw)湯沸かしポットも、お茶セットもあって、バス・トイレ...

  12. 今日ではなく、主に昨日のこと。 - マイケルと読書と、、

    今日ではなく、主に昨日のこと。

    今日フォレストローンに行く友人にメッセージやお花代を託したのは、十日ほど前のことだったかな・・私はいつか、そこが今よりずっと静かになったとき、こっそりお花をもって行ってみたい気はするけど、やっぱり誕生日の方をずっと祝っていたい。そんなこんなで、マイケルよりもちょっぴり早く誕生日を迎えていたプリンスのお祝いもあって、昨日は久しぶりに「プリパ」へ。15時過ぎに会場である北新地のバーに到着し、途中...

  13. 低温調理機とクソ野郎とYRMW・・ - マイケルと読書と、、

    低温調理機とクソ野郎とYRMW・・

    低温調理器を買ったせいか、肉ブームには拍車がかかっているんだけど、肉ダイエットになっているのかどうかは微妙で、朝ドラで、バリバリ1970年代の髪型にしてる松雪泰子や滝藤賢一が、いつものおしゃれ髪型を守り通すおじいちゃん役の中村雅俊のことをどう感じているのかもきになる・・。そんな中、毎週1本ノルマのように見ている今週の映画は『クソ野郎と美しき世界』4人の監督によるオムニバスなんだけど、それぞれ...

  14. 100分 de 名著『ノートル=ダム・ド・パリ』第1回のメモ - マイケルと読書と、、

    100分 de 名著『ノートル=ダム・ド・パリ』第1回のメモ

    古典って実際に読んでみると、紹介されていた「あらすじ」や、映画や演劇になっているものとは、まったく印象が違っている、なんてことがよくありますよね。『ノートル=ダム・ド・パリ』もリメイク作がとても多い古典ではあるものの、原作はとても読みにくいことでも知られていて、実は私も最後まで読んだことがない作品だったのですが、鹿島茂氏の解説で「100分 de 名著」に登場!下記は、期待どおりだった第1回の...

  15. アイスダンスでマイケルのあの曲が・・・ - マイケルと読書と、、

    アイスダンスでマイケルのあの曲が・・・

    アイスダンスって、女性スケーターの方に注目しがちなんだけど、このペアに関しては男性にしか目が行かないなぁって思ってたら、こんな曲で滑ってくれてました・・・白のフリルがすごく似合うし、ゴーストもお願い出来ないかなぁ・・[Wikipedia]Adam LUKACS(ハンガリーのアイスダンス選手)↑ルカッチが名字だと思うんだけど・・・写真はすべてこちらからお借りしました → https://twi...

  16. 冬の京都とムーンウォーカー(3) - マイケルと読書と、、

    冬の京都とムーンウォーカー(3)

    (2の続き・・・)有名な観光スポットからでも、京都の移動はむずかしいのだけど、びきちゃんのおかげで、スムーズに大阪に到着。開場ギリギリで間に合うかどうかに焦ったり、大画面で会える、という興奮もあって、夜になってからの方が暑くて、脱いだ防寒具でパンパンになったバッグを抱えて、外で整理番号順に並んでいても全然寒くなかった。開場の下見など用意周到に準備し、プレミアムではなく、自由席1番の整理番号を...

  17. 物理学者が整理したこと - マイケルと読書と、、

    物理学者が整理したこと

    前書『物理学者が解き明かす重大事件の真相』は、誰もが知っている重大事件を通して、物理学の世界を垣間見られるという試みが新鮮で、とても面白い本だったのですが、本書は、タイトルからはまったく想像のできない内容で・・・第1章 なぜ日本人は哲学がわからないのか「哲学」とはアリストテレス哲学のことである・プラトンとアリストテレス・哲学を信じて虐殺された女哲学者ヒュパティア・哲学者とはアリストテレス哲学...

  18. あなたの人生とトランプと星の子・・ - マイケルと読書と、、

    あなたの人生とトランプと星の子・・

    ここ数ヶ月の間で読んだ「イイ本」について。言語学者や物理学者によるチームが、宇宙から来た謎の知的生命体の真意を探ろうとする、映画『メッセージ』(原題:Arrival)。ドゥニ・ビルヌーヴ監督の映像はすごく魅力的だったけど、ロシアや中国を悪者にしようとするハリウッド・ストーリーではない、原作本を読んでみたら・・あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)テッド・チャン/早川書房バビロンの塔理解ゼロ...

総件数:18 件

似ているタグ