MMのタグまとめ

MM」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「MM」タグの記事(8)

  1. 管理とは何か、を明らかにする12の質問 - タイム・コンサルタントの日誌から

    管理とは何か、を明らかにする12の質問

    何度か書いたことだが、わたしはこのサイトでは原則、「管理」という言葉を使わないことにしている。「管理」という日本語は多義的で、人により文脈により、何を指すのかブレが大きすぎるからだ。「ちゃんと管理しておけよ!」——そんな風に、部下が上司に叱られたとき、上司が求めていたことは何だったのか。部品材料の保管のことなのか、取引の追跡把握(トラッキング)のことなのか、人への作業指示のことなのか。あなた...

  2. お知らせ:BOM/部品表のマネジメントに関するオンライン・セミナーを開催します(11月19日・25日) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:BOM/部品表のマネジメントに関するオンライ...

    えー、ここでまた恒例のお知らせです(^^) BOM=部品表に関するセミナーを、今月の後半に2つ、行います。一つは無償のウェビナー、もう一つは有償のオンライン・セミナー(一日コース)です。 「製造業のデジタル化に関する問題は、ITシステムが足りないことではない、むしろシステムが多すぎることだ」――これは最近、ある大手製造業のキーマンの方から聞いた言葉です。その方によると、自社のある事業部を調べ...

  3. 欠品を起こさないための在庫手配入門(3)――安全在庫を確保する - タイム・コンサルタントの日誌から

    欠品を起こさないための在庫手配入門(3)――安全在庫を...

    前回は、営業所の在庫手配において、「物理的にはそこに存在しているが、近い将来出荷用に予約されている」状態の在庫品、すなわち『引当て』の考え方を説明した。手元にある総在庫量の内、自由になるのは、したがって、まだ引当されていない分である(もちろん不良品はないという前提)。これを未引当在庫量、ないし有効在庫量という。 [有効在庫量]=[総在庫量]−[引当済み在庫量] 工場の部品在庫などでも、すでに...

  4. 欠品を起こさないための在庫手配入門(2)――引当てとストック在庫 - タイム・コンサルタントの日誌から

    欠品を起こさないための在庫手配入門(2)――引当てとス...

    (前回のつづき:)あなたは新米の営業マンとして、営業所の製品在庫の手配担当を任されている。あなたの担当する製品Xは、平均して1営業日あたり、平均5個の需要がある。そして本社に製品Xの生産依頼をかけると、納入されるのは最長2ヶ月先になる。 さて、製品Xの在庫量は月初に24日分(=120個)あった。加えて、先月のはじめ、すでに18日分(90個)の生産依頼を本社に出していた。それは来月初に入荷する...

  5. 欠品を起こさないための在庫手配入門(1)――まず、累積需給曲線を理解しよう - タイム・コンサルタントの日誌から

    欠品を起こさないための在庫手配入門(1)――まず、累積...

    あなたは新米の営業マンである。営業所に配属になって、先輩と一緒に客先まわりをするかたわら、営業所の抱える製品在庫の手配担当になった。具体的には、顧客の注文に応じて「出荷指示」を出し、また足りなくなりそうだったら、補充のために本社に「生産依頼」をかける仕事だ。出荷指示も生産依頼も、コンピュータの販売管理システムから入力する。箱詰めとか荷揃え・入出荷などの手作業は、委託先の物流会社がやってくれる...

  6. お知らせ:BOM/部品表に関するオンラインセミナー講演を行います(6月16日) - タイム・コンサルタントの日誌から

    お知らせ:BOM/部品表に関するオンラインセミナー講演...

    お知らせです。来る6月16日(火)に、BOM/部品表に関する有償オンラインセミナーを行います。昨年12月に行った対面セミナーのアンコール版です(お陰様で昨年は満員でした)。ただし昨今の情勢を鑑み、オンラインで受講可能としております。 2004年に「BOM/部品表入門」を上梓して以来、わたしは15年以上にわたって、BOM=部品表のマネジメント重要性を、訴え続けてきました。幸い本書はいまだに現役...

  7. IT、OT、ET、そしてマネジメント・テクノロジー - タイム・コンサルタントの日誌から

    IT、OT、ET、そしてマネジメント・テクノロジー

    前々回、そして前回と続けて、本サイトのテーマである『マネジメント・テクノロジー』の領域について、あらためて考えてきた。 マネジメント・テクノロジーは、目に見えにくい領域における技術である。わたし達の文化は、目に見えるもの(五感で感じられるもの)に対しては細部にまで徹底してこだわるが、見えない物事や抽象的概念には、いたって無頓着、という傾向が強い。 たとえばカレー屋さんの場合、料理の味と、その...

  8. 京都の床の間 - Every Picture Tells a Story

    京都の床の間

    長かった夏休みも今日で終わり。明日からはまた仕事です。ここ数日は比較的過ごしやすい気候が続いていましたが、また明日からは暑い日が戻ってくるとの事。おまけに台風も来るとか言っているし。やれやれ。Leica MM(246)+Summilux35© All rights reserved.

総件数:8 件

似ているタグ