Mate 20 Proのタグまとめ

Mate 20 Pro」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMate 20 Proに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Mate 20 Pro」タグの記事(366)

  1. 椎の実実食編 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    椎の実実食編

    少し前のエントリーで椎の実のレシピを紹介してみましたが、私がやってみたのは「フライパンで空炒りする」という一番シンプルな方法。これだとあらかじめ皮もむかずに済みます。ただし、爆ぜますので必ずフタをして炒らねばなりません。で、ローストした椎の実はどうだったかって?渋みもえぐ味もなくて、何と焼き栗の味にそっくりでした。ポリポリ食べられて、これはうまい!(^^)

  2. 庭の紅葉 その4 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    庭の紅葉 その4

    「第3波」が到来し、国内の新型コロナウイルス感染者数がこれまでにないレベルで増え続けるなか、この3連休の各地の人出は相変わらずすごいですね。Go Toのキャンセルができないからでしょうか、こちらでも朝から湖周道路や道の駅、高速道路のSA・PAは他府県ナンバーのクルマで混雑しています。ところで、政府は21日に新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を首相官邸で開き、感染者の急増を受けて需要喚起策...

  3. 里山の秋その2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    里山の秋その2

    庭のモミジにかまけている間に里山の紅葉がピークを過ぎてきました。というわけで、春にも同じようなアングルで撮った職場の裏山を取り急ぎUPしときますね。ズームでもう一枚。いやあ、毎日こんな風景を見ながら仕事ができる環境は最高ですね。(^^)

  4. 庭の紅葉 その3 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    庭の紅葉 その3

    現在、世界各国で進む環境規制に後押しされて着々と進むEVシフトのなか、日本はひとり異質なハイブリッド大国。またもや世界の潮流に取り残されて、日本はガラパゴス化するのか?といらぬ心配をしているのですが、実は日本の自動車メーカーも次々と新型EVを投入していて、2021年はどうやら日本でもEV元年というべき年になりそうなんだそうです。国内でも量産型EVの選択肢が一気に広がるEVラッシュが来るらしい...

  5. 庭の紅葉 その2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    庭の紅葉 その2

    世界市場全体でみると、1年後には「EV(電気自動車)」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜くという予測が出ているそうです。日本ではつい先ごろ、菅義偉総理が「2050年までに社会全体としてカーボンニュートラルを実現する」と宣言しましたね。これによってEV需要が増えることが予想されますが、日本でEVが普及するのは、まだまだかなり先のことだと感じている人が多いのではないでしょうか。実は日本は世界でも...

  6. 庭の紅葉 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    庭の紅葉

    職場の庭の紅葉が見頃を迎えましたので、スマホを持ってもぐり込んでみました。今年はコロナの影響で地元の紅葉狩りの名所「鶏足寺(旧飯福寺)」も来訪者の受け入れをしていませんし、こういう紅葉狩りもいいんじゃないでしょうか。続きます。(^^)

  7. 椎の実 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    椎の実

    最高の栄養食として自然界では大人気の椎の実。もちろん食べると美味しいということは知っているのですが、まだ一度も食べたことがないので、ちょいとレシピを調べてみましたら、結構出てきました。・フライパンで空炒りする・封筒に入れてレンチンする・油であげる・椎の実クッキーにする・野菜炒めの具にする・炊き込みご飯の具にする・ビーフシチューの具にする・雑炊の具にする・椎の実粉を使った安倍川餅どれがいいかな...

  8. 夜露 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    夜露

    ずいぶん冷えるようになってきた早朝の農道脇。群生しているスギナに夜露が降りて、朝日に輝いていました。ちなみに右奥の圃場に植えられているのは収穫直前の蕎麦です。(^^)

  9. 小さなネコハエトリその2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    小さなネコハエトリその2

    前回の続きです。古くなって職場の軒先に立てかけてあった「みざら」の上で、日なたぼっこをしている小さなネコハエトリの子どもを見つけました。というわけで、スマホで寄れるだけ寄ってワーキングディスタンス6cm、スーパーマクロモード×3倍で撮影した正面顔がこちら。この子は体長3㎜あるかないかのものすごく小さな個体ですので、これが限界ですな。このあとちょっと目を離した隙にピョンと飛んで逃げて行ってしま...

  10. 小さなネコハエトリ - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    小さなネコハエトリ

    職場などでは下駄箱の前に靴を脱いで上がるために、よく木材を角材に打ち付けて作った「すのこ」が備え付けてありますよね。滋賀県ではこれを一般的に「みざら」と言います。私は生まれてこの方ずっと「みざら」は全国共通の言葉だと思っていたのですが、どうやら他府県では全く通じないらしいですね。閑話休題。古くなって職場の軒先に立てかけてあったその「みざら」の上に、日なたぼっこをしている小さな生き物がいました...

  11. 小鳥の死 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    小鳥の死

    先日、仕事で少し山に分け入ったところに建つとある施設に行って、玄関のエントランスで見つけました。これはツグミでしょうか?体長は25㎝程ありました。顔つきはつぐみんっぽいんだけど、胸部から腹部にかけての羽衣に黒い外縁がないから自信ありません。たぶん私が第一発見者ですが、とりあえず写真だけ撮って、ご遺体にはさわらずにそっとしておきました。今頃はキツネかタヌキがどこかへ持って行ってるかも知れません...

  12. 落葉 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    落葉

    昨年、一昨年と2年続きで記録的な暖冬だったせいか、よけいに今年は寒くなるのが早い気がします。数日前に伊吹山が初冠雪したというニュースを目にしましたが、平年より12日、昨年より16日早いということですし、庭のモミジや里山の雑木の紅葉も、桜並木の落葉も平年に比べるとかなり早い気がします。寒い冬はイヤだなあ。(^^;)

  13. 絶不調 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    絶不調

    ウェザーニュースによると、今シーズンの冬はラニーニャ現象の影響で寒くなり、降雪量は広範囲で平年並からやや多いという予想です。というわけで、先日職場の除雪機のメンテナンス&試運転をしてみましたところ、エンジンの調子が滅法悪い。4サイクルエンジンでこんなに煙が出るのっておかしくね?何やらタールっぽいものもビチャビチャ飛んでるし。もしかして、ピストンが一本死んでる?とにかくこのエンジン、どう見ても...

  14. コカマキリの虚実 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    コカマキリの虚実

    自分で正解を決めてそれに向かって生きていくスタンスを捨てるなとコカマキリが言った。ただし、この世界のあらゆるものの実体はあるようでない。だから、ホントは揺るぎない正解なんてどこにもないんだってことも忘れちゃいけない。正解だと思ったことに固執することの愚かさを肝に銘じて、状況の変化に柔らかく対応しよろよと。ファイティング!(^^;)

  15. バーク堆肥を積む - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    バーク堆肥を積む

    職場で使い古した椎茸の原木をカブトムシの幼虫たちにセッセと食べてもらってバーク堆肥を作っているのですが、先日ご覧に入れた200匹以上の幼虫たちを養おうとすると、それだけではとても量が足りません。というわけで、今年も近くの里山に入って林道脇に落ちている朽ちたドングリの枝葉を集めて来ました。細い枝はチッパーで粉砕し、太いのはそのまま積んで行きます。菌糸類の働きによって手で触っただけでボロボロと崩...

  16. ホトトギスその2 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ホトトギスその2

    ホトトギスを撮って遊んでいたら、何やら隠れてました。クサグモ君でしょうか?それともアダンソンハエトリ君でしょうか?よくわかりませんが、スマホで追い回したもんだから、かなり怒ってますね。あはは。(^^;)

  17. ホトトギス - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    ホトトギス

    もちろん鳥ではありません。こちらは植物のホトトギス。日陰で育つ秋の花。東アジアからインドにかけて20種ほどが自生しており、日本国内で13種ほどが確認されています。そのうち 11種は日本固有種ですので、どうやら日本が原産らしい。ランナーを伸ばして増えるのですが、こう見えてほかの植物との競争には弱いという。チョイとPSYCHEDELICに。やりすぎですな。(^^;)

  18. カエデの種子 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    カエデの種子

    先日、山で見つけました。モミジやカエデの種子は翼果といって、風に乗って遠くまで飛べるように羽がついています。紅葉シーズンが終わって、葉が散った梢に茶色くなった種子が残っているのを見かけることがあります。でも、種が完全に乾燥してしまうと休眠してしまうので、緑色のうちに地面に落ちないと春にうまく発芽できないらしい。発芽時期はまだ寒さの残る3月。他の植物よりうんと早い。

  19. カラスノエンドウ - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    カラスノエンドウ

    私の職場では自然環境のリサイクルを考えて、敷地内の草刈りで出た雑草を積んで堆肥を作っています。ただし、発芽率の高そうな雑草に実がついている場合はこまめに取り分けて、乾燥させて燃やして草木灰にしてるんですよね。さもないと、花壇や畑に堆肥を施してるんだか、雑草を広げてるんだかわかんないことになりかねません。というわけで、画像は初夏の頃に刈り取ったカラスノエンドウの混じった雑草をコンクリートの上で...

  20. 葉水 - Illusion on the Borderline  II @へなちょこ魔術師

    葉水

    朝、イチゴの葉の先に水滴が付いていました。この状態を「葉水が上がっている」と言うそうです。これは土壌水分が適当で根がしっかりと動いている証拠。葉水が上がらなくなってきたら、土壌水分が足りなくなっているわけで、水やりをせねばなりませんな。宝石のようで美しい。(^^)

総件数:366 件

似ているタグ