Mirrorlessのタグまとめ

Mirrorless」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMirrorlessに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Mirrorless」タグの記事(14)

  1. #3 海鳴りが聞こえる 2017.10.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 海鳴りが聞こえる 2017.10.16

    雨は止むことなく、寒さも増してくる。ビルの解体工事の轟音が海鳴りのように頭の芯に響いて不快な気持ちにさせる。両手の塞がった姿のボクが目の前の店の鏡に映っている。満足感とはこんな姿なのだろうか?きっといつもと一緒で家に帰りクローゼットにしまい込んでしまうまでのことなんだろうな。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7...

  2. #2 海鳴りが聞こえる 2017.10.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 海鳴りが聞こえる 2017.10.16

    ビルの合間を通ると強い風が通り雨が吹き込んでくる。雨に濡れるメーターが放つ、独特の艶と滑りが五感を刺激する。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)

  3. #1 海鳴りが聞こえる 2017.10.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 海鳴りが聞こえる 2017.10.16

    連日雨が降り続いた休暇だった。気温も下がる一方で今日は11月下旬の寒さだそうだ。上着を一枚羽織り、外へ出掛ける。次の季節が早く到来したみたいだ。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)トランクを引く旅行者を多く見かける。雨の日は気の毒だと思うが、いい被写体になる。ちなみにボクの場合は斜めではなく直立で引くことが多い気がする。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 ...

  4. #2 移民の歌が聞こえない 2017.9.21 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 移民の歌が聞こえない 2017.9.21

    何度読んだかわからなくなる程、開いてきた「九月の四分の一」という小説。表紙は無残にもボロボロになりテープで補修してある。彼の書く本はどれも似たような状態になっている。読むほどに言葉の深さと表現の虜になり将棋の小説以外は全部目を通している。目の前に広がる光と影とボクに纏う空気が、また読みたくなる気持ちにさせてくれた。それと旅行にも行きたくなった。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1...

  5. #1 移民の歌が聞こえる 2017.9.21 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 移民の歌が聞こえる 2017.9.21

    そういえば夏の休暇を取っていない。代わりに仕事の予定が入っていない今日、急遽休みを取ったけど、最近の忙しさもあってか行先も思いつかないので本を持って結局いつもの喫茶店に逃げ込んだ。写真を撮る意欲もどこかに忘れてしまったのか、最近は持ち歩いていないことを後悔し気持ちを取り戻すため持ち出す。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioact...

  6. #3 破壊光線がみえた5時 2017.9.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 破壊光線がみえた5時 2017.9.3

    人は目の前にある物を認識すると同時に脳内で様々なものをイメージする生き物だ。ボクはこれを何とイメージするのだろう。そして写真を撮っているボクをみて、通りすがりの人は何をイメージするのだろうか?(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)ファインダーを覗くと激しい光線が目の前の視界を一瞬奪ってしまう。今日は開放でフレアの出たぼやけた景色ばかりを撮っていた。(α7 / JUPITER...

  7. #2 破壊光線がみえた5時 2017.9.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 破壊光線がみえた5時 2017.9.3

    開放で撮ると何とも言えないトーンを生み出してくれる。飾り気がなく彩度と周辺光量がストンと落ちる癖玉のロシアレンズ。季節が夏から初秋へ向かう風が気持ちいい。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)

  8. #1 破壊光線がみえた5時 2017.9.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 破壊光線がみえた5時 2017.9.3

    仕事の忙しさや疲れ、その他諸々の所用が多くて最近は写真を忘れてしまっていた。休日出勤の前にいつもの喫茶店に向かうが残念ながら休み。仕事を終えて陽の落ちる前にもう一度この駅に降りる。短い間でも写真を撮らないと、だんだんとカメラを持ち出すのが億劫になっていると感じるが一度シャッターを切るとやっぱりカメラと写真が愛おしく感じてしまう。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 ...

  9. #1 黄金の鯉を抱く 2017.8.13 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 黄金の鯉を抱く 2017.8.13

    暑さで目を覚ます。いつもならリモコンに手をし、もう一度寝てしまうのだが、今日で終わる休日を無駄にするのは罰当たりのような気がして、いつもの喫茶店に向かう。朝8時の光は十分すぎるほどの熱量を帯びてファインダーの中のあれがボクを刺激する。(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)駅周辺を歩く。いつもの見慣れた光景だ。それでも季節や温度で感じる印象は違う。大げさだがなにより、カメラ...

  10. #3 キイロノセカイ 2017.7.30 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 キイロノセカイ 2017.7.30

    昨年までは出張でずいぶん東京へ通った。帰って来る際、新幹線が京都駅に滑り込む時に左手にみえた光景がこの場所だ。夏の終わりの雨の日、窓から見えたこの景色がモノクロームのように映ったあの日の光景がいまも残像のように焼き付く。だからこの場所が好きなのかもしれない。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)(α7 / Summi...

  11. #2 キイロノセカイ 2017.7.30 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 キイロノセカイ 2017.7.30

    京都で買い物や散策を楽しむことにした。今日も外国人観光客が多い。信号待ちをしている1人がキャップをかぶっていてボクも欲しくなる。人のものを見て物欲が湧くのは悪い癖なのだ。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)巨大な京都駅のすぐ裏には、古い団地が驚くほど多く、手付かずの土地も点在している。長居は禁物だが、ボクの好きな光...

  12. #1 キイロノセカイ 2017.7.30 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 キイロノセカイ 2017.7.30

    相変わらず日曜日の朝は用事がない限り駅の見える喫茶店で過ごすことが多い。定位置は2つ、1つは店の奥。もう1つはテラス席。長居をすることが多いので冷房の効いた夏場は後者が意外居心地がいがよい。ここで本を開いたり、駅から降りてくる人をウォッチして今日も過ごす。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)天気が目まぐるしく変わる...

  13. #1 警報発令中 2017.7.18 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 警報発令中 2017.7.18

    「タテ」「ヨコ」どちらで写真を撮ることが多いだろう。ボクは「タテドリ」だと断言できる。最近は時々、「ヨコドリ」もするようになった。そうなると画角も好みも変わってくる。なんてことを思ってみても所詮言い訳にしか聞こえない。まったく足しにはならないがノクトンと使用していないライカフードを差し出し、ズミクロン35㎜がやってきた。見つけたのは探していたツノ付き。こうしてボクの欲望の泉は満たれていく。(...

  14. #1 滲みに潜むネット難民 2017.7.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 滲みに潜むネット難民 2017.7.3

    悪い癖はそう簡単にボクの中からは抜けない。毎夜のようにネットを徘徊していと、一期一会の出会いがある。これは人ではなく無論、カメラの話だけど。ほとんど使用された形跡がなく、OH済でショップに聞くとコレクターの方が所有していたそうで、元箱もシリーズ7も付属していうことなしだが、クレイジーなプライスだけがボクを惑わし苦しめる。山頂を目前に目を背けるほどボクは人間が出来ていない。一度は電話を切るが数...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ