NYコミコンのタグまとめ

NYコミコン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNYコミコンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「NYコミコン」タグの記事(37)

  1. NY No1「フィリー・チーズステーキ」トラックのPhil's Steaks - ニューヨークの遊び方

    NY No1「フィリー・チーズステーキ」トラックのPh...

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。…と言っても、コレ、人気のフード・トラックですので、別に直接コミコンとは関係ありません。NY No1の本格的なフィリー・チーズステーキ(Philly Cheesesteak)のトラックだと評判のフィルズ・ステイクス(Phil's Steaks)。コミコン会場のジャビッツ・センターに来てまして、ご覧の通りの大人気。フィリー・チーズステーキとは、...

  2. 「ありがとう」や「愛している」いっぱいの講談社ブース - ニューヨークの遊び方

    「ありがとう」や「愛している」いっぱいの講談社ブース

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。人気漫画『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)推しの講談社ブースへ。作者の真島ヒロ先生が来場され、いろいろイベントするということでファンの方々が殺到。さすが、2006~17年まで10年超『週刊少年マガジン』で連載し、コミック本累計発行部数が全世界で6000万部以上の人気漫画。TVアニメも1期(2009年10月~13年3月)、2期(201...

  3. NYコミコン2017、今年一番のコスプレはコレ - ニューヨークの遊び方

    NYコミコン2017、今年一番のコスプレはコレ

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。いろいろなコスプレを連続してお届けして参りましたが、今年のコスプレはこれでラスト。最後を締めくくるのは、既存のキャラクターに独自のアレンジを加えたり、あるいは、最初から自分で全部作っちゃったというフリー・スタイル系。めっちゃお洒落なものから意味不明なものまでいろいろ。まぁ、要するに、コミコン会場の中でも最も個性的で、最もクリエイティブで、最も...

  4. カップヘッドとマグマン Cuphead and Mugman - ニューヨークの遊び方

    カップヘッドとマグマン Cuphead and Mugman

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。冒頭の写真、二人のイケメンお兄さんが何かのキャラクターのコスプレしてるんですけど、コレ何だか分かります? たぶん、誰も分からないかも? 答えは「カップヘッドとマグマン」(Cuphead and Mugman)。1930年代のアメリカのTVアニメから着想を得たゲームのキャラクターで、二人は兄弟。ゲーム業界では有名みたいで、YouTube上に19...

  5. Star Warsコスプレ軍団がNYコミコン会場を大行進 - ニューヨークの遊び方

    Star Warsコスプレ軍団がNYコミコン会場を大行進

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。すでに「こんな斬新な発想のスター・ウォーズ・グッズはいかがでしょう?」の中でお伝えしてますが、アメリカどころか欧米社会では、スター・ウォーズ(Star Wars)は常識や文化の一部。最新作『最後のジェダイ』の公開も間近ということでスター・ウォーズのコスプレ姿の方々もいっぱい。また、NYコミコン会場では、ミートアップ(Meetup)と言って、特...

  6. NYコミコン2017「米国系コスプレ基本形」 - ニューヨークの遊び方

    NYコミコン2017「米国系コスプレ基本形」

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。定番人気のゲーム、漫画やアニメ、セーラームーン&日本の制服ファッションと3本続けて『日本の影響を受けてる』コスプレをご紹介しましたが、もちろん、NYコミコン会場にはそれ以外のコスプレも!!! イケメン、綺麗なお姉さん、チビッ子からお爺さんまで⁈幅広い年齢層、人種、民族、多種多様。ちなみに、お爺さんがしていたコスプレは、ディズニー・ピクサーの名...

  7. セーラームーンと日本の制服ファッションまとめ - ニューヨークの遊び方

    セーラームーンと日本の制服ファッションまとめ

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。「日本の漫画やアニメのキャラクター編」の一部なんですけど、今回はセーラームーン限定でお届けします。なぜなら、セーラームーンだけでも大勢のコスプレーヤーさんがいるということと、セーラームーンのコスプレから発展して、アメリカの女の子たちの間で普通の『日本の制服』がお洒落なファッションとして広まってきたから(過去の分かりやすい参考写真は:2014年...

  8. NYコミコンのコスプレ「日本の漫画やアニメのキャラクター編」 - ニューヨークの遊び方

    NYコミコンのコスプレ「日本の漫画やアニメのキャラクター編」

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。お父さんと息子くん二人でドラゴンボール、お揃いのコスプレ。かわいいー。「定番人気ゲームのキャラクター編」に続いて「日本の漫画やアニメのキャラクター編」。毎年、繰り返し、取り上げてますが、コミコンの会場には、何かしら日本文化の影響を受けているコスプレーヤーさんがいっぱい。ニューヨークで開かれるこうした大きなイベントで、これほど日本文化の影響を受...

  9. NYコミコンのコスプレ「定番人気ゲームのキャラクター編」 - ニューヨークの遊び方

    NYコミコンのコスプレ「定番人気ゲームのキャラクター編」

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。大変長らくお待たせいたしました。会場で見かけた中でも特に印象的だったコスプレをご紹介しましょー。まずは、冒頭の写真とかまさにそうですが、お友達やご家族みんなでコスプレされる方々も多いマリオ、ゼルダの伝説、ポケモンなどの定番人気ゲームのキャラクター編から。大勢の方々に愛されるマリオ赤ちゃん、かわいいー手編みの甲羅⁈モデルさんみたいなルイージ独自...

  10. NYコミコン会場でアクロバットのパフォーマンスに遭遇 - ニューヨークの遊び方

    NYコミコン会場でアクロバットのパフォーマンスに遭遇

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。会場でアクロバットのパフォーマンスに遭遇。後でお名前をお聞きしたら、Jeff StiltさんとKelsey Strauchさんとのこと。お二人ともプロのパフォーマーさん。とてもアーティスティックで美しい…こういうパフォーマンス、以前のNYコミコンでは見聞きしたことありませんでした。もしかすると、これも『漫画やアニメのキャラクター・グッズの価値...

  11. ロックウェル+ペレス=アレックス・ロス(Alex Ross)?! - ニューヨークの遊び方

    ロックウェル+ペレス=アレックス・ロス(Alex Ro...

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。今回のNYコミコンで『漫画やアニメのキャラクター・グッズの価値を単なるグッズや玩具ではなく、アート作品並みへと高めよう』というトレンドが、最も顕著に具現化されてたのがココ、アレックス・ロス(Alex Ross)さんのブース。まるでアートのイベントにギャラリーが出してるブースみたい。…というか、NY最大のアートのイベント、「アーモリー・ショー」...

  12. ザ P!Q カスタム・ラビット・サーカス! - ニューヨークの遊び方

    ザ P!Q カスタム・ラビット・サーカス!

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。雑貨屋さんの「P!Q」のブースから、様々なアーティストやデザイナーの方々がLabbitを自由にカスタマイズした「ザP!Qカスタム・ラビット・サーカス!」(the PIQ Custom Labbit Circus! )。例えば、上の写真の左はJeremiah Ketnerさん、右はTasha Zimichさんの作品。その他、Eimi Takan...

  13. NYにやってきたリラックマ着ぐるみ - ニューヨークの遊び方

    NYにやってきたリラックマ着ぐるみ

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。『The Block』エリアの外にも、単なるキャラクター・グッズやおもちゃではなくアート作品としての価値を高める動きは広まってまして、例えば、この雑貨屋さんの「P!Q」のブースなどにそんな傾向が顕著に出てます。tokidokiのアート色の際立ったフィギュア作品も。ちなみに雑貨屋さんの「P!Q」は、NYではお馴染みの存在。もともとはユニークな生...

  14. 可愛さともの悲しさ混在アートのTara McPherson - ニューヨークの遊び方

    可愛さともの悲しさ混在アートのTara McPherson

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。単なるグッズ、おもちゃではなく、アート化を促進する特設コーナー『The Block』エリアから、こちらも毎年お馴染み、この『The Block』の中では最もアーティストっぽい”Tara McPherson”さんのブース。Taraさんご本人(上の写真左手、赤い髪の女性)がいらっしゃいまして、テレビ局の取材を受けてました。女性のアーティストさんら...

  15. 内臓キャラクター・グッズのI Heart Guts - ニューヨークの遊び方

    内臓キャラクター・グッズのI Heart Guts

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。単なるグッズ、おもちゃではなく、アート化を促進する特設コーナー『The Block』エリアから、毎年お馴染みの"I Heart Guts"。人間の内臓を擬人化した独特なぬいぐるみ、ステッカー、キーホルダーなどのキャラクター・グッズのお店。以前2013年にご紹介してますが、今年、イースト・ビレッジにある雑貨屋さん、Exit 9 Gift Emp...

  16. とにかくかわいいtokidoki直営ブース - ニューヨークの遊び方

    とにかくかわいいtokidoki直営ブース

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。単なるグッズ、おもちゃではなく、アート化を促進する特設コーナー『The Block』エリアから、相変わらず大人気のtokidoki(2005年にSimone Legnoさんが米国で立ち上げたブランド)のブースの様子。とにかくかわいい品々がいっぱい。見ているだけで楽しくなっちゃう。そんな現場の様子を、以下、どうぞ。にぎわうブースかわいいユニコー...

  17. 単なるキャラクター・グッズではなくアート作品へ(その後) - ニューヨークの遊び方

    単なるキャラクター・グッズではなくアート作品へ(その後)

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。ここ数年、NYコミコンでは、『単なるキャラクター・グッズではなくアート作品へ』という大変化が!!! この変化で、業界全体に新たな未来が開けてくる…というワケ。2015年にNYコミコンは、クリエイターの方々による自作の作品のアート化を促進する特設コーナー『The Block』を設置!!2015年のショー・スペースの正面入口はこの写真の通り、『T...

  18. 外国人に「あなたはヘンタイですね!!!」と言われたら、このせいかも? - ニューヨークの遊び方

    外国人に「あなたはヘンタイですね!!!」と言われたら、...

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。前回の最後、伝統的な「サムライ」と近未来的な「ロボット」の2つのTシャツを例に挙げ、日本文化の影響の大きさについて指摘しましたが、もっとベタに、直球勝負な例もいくつか挙げておきます。バリバリ日本文化の影響というか、ずばりそのものが展示されてるブースの様子。以下、ご参考まで。掛け軸、日本刀、工芸品等々日本人男性の皆さん、外国人に「あなたはヘンタ...

  19. 漫画・アニメから生まれた独系ファッション・ブランド、Musterbrand - ニューヨークの遊び方

    漫画・アニメから生まれた独系ファッション・ブランド、M...

    前回の続きで、NYコミコン(略してNYCC)特集。NYコミコン会場には、もはや漫画やアニメの枠組みをこえたプロの職人さんが作った工芸品やアート作品と呼べる品々もいっぱい。人気漫画やアニメの世界観をモチーフにした洋服を作るファッション・ブランドまであるんですよー。例えば、このマスターブランド(Musterbrand)もその1つ。マスターブランドは、2010年、ドイツのハンブルグでKnut Jo...

  20. NYで世界初の「ワールド・フィギュア・コロシアム」決勝開催!! - ニューヨークの遊び方

    NYで世界初の「ワールド・フィギュア・コロシアム」決勝...

    前回「フィギュアは、高品質な手作り工芸品的な存在へと発展し、そのクオリティを競い合うように…」とお伝えしましたが、ピッタリな事例が・・・っていうか、「フィギュア」「NYコミコン」と言えばこのイベントを取り上げずにはいられません。バンプレストによる「ワールド・フィギュア・コロシアム」(World Figure Colosseum)!!!!それぞれが究極のフィギュアの表現をぶつけあい、ベストを競...

1 - 20 / 総件数:37 件

似ているタグ