Nikkor 70-200mmのタグまとめ

Nikkor 70-200mm」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNikkor 70-200mmに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Nikkor 70-200mm」タグの記事(24)

  1. お知らせ - 高原に行きたい

    お知らせ

    おととしの6月ブログを立ち上げて早2年になろうとしています。初めてアップした写真を今見ますとさすがに多少はましに撮れるようになったかなと思いますが難しさもだんだんわかってきたこの頃です。毎日のように充実した内容で更新される方も大勢いらっしゃるのにお恥ずかしい限りですがこの頻度でもちょっと更新がしんどくなってきましたので一旦5月末でクローズさせていただこうと思います。初心者のつたない写真を見に...

  2. 須磨離宮公園バラ - 高原に行きたい

    須磨離宮公園バラ

    神戸でバラと言えばここでしょうか。シーズン中一度は行かなくてはと出かけました。朝から雨の予報でしたが途中ほどよく降った程度でラッキーでした。中門の大楠の見事なこと!思わず深呼吸してしまいますアリウム・ギガンチウムリズミカルに並ぶ姿が可愛いバラは薔薇と書くのが(書けないけど^^;)似合う芸術品ですね薔薇って内に光を抱いていると思いますキラキラの新緑の元赤い帽子の小学生たちが校外学習にきていまし...

  3. 京都府立植物園 - 高原に行きたい

    京都府立植物園

    令和最初の月も早半ばとなりました。GW楽しく過ごされたでしょうか?遅まきながら令和初の更新はやはり花々の写真で。連休直前の京都府立植物園で撮りました。一時かなりの雨が降りましたがきれいな雫が見られてよかったです。^^v街中の便利至極な地にある日本最初(1924年開園)の広大な公立植物園で園内の一部には半木(なからぎ)神社の自然林も残されています。戦後12年間は京都御苑の代わりに連合国軍の宿舎...

  4. 行く春 - 高原に行きたい

    行く春

    桜前線は今北海道内を北上中とか。各地で人々を楽しませ笑顔にし春が行きます。こんな写真も花筏と言えるでしょうか?もっとびっしりと桜の花びらがたゆたっているのをそう呼ぶのかな・・・街中のコンクリート三面張りの小さな川です。ファインダー越しに花びらと水の動きを追いましたがその魅力的なこと!肉眼ではわからないようなゆるやかな渦に引き込まれ浮かび上がり、その流れには緩急があり、めくるめく万華鏡の世界で...

  5. 大和多武峰談山神社(やまととうのみねたんざんじんじゃ) - 高原に行きたい

    大和多武峰談山神社(やまととうのみねたんざんじんじゃ)

    三多気(みたけ)のあと奈良多武峰にある談山神社へ寄りました。蘇我蝦夷と入鹿親子が国の政治をほしいままにしていたころこの裏山の藤の花の下で中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌子(後の藤原鎌足公)が密かに談合を行い西暦645年、飛鳥板蓋宮で蘇我入鹿を討ち大化の改新を成し遂げたと伝えられています。毎年のようにここの蹴鞠会がTV中継されますが二人が飛鳥法興寺の蹴鞠会で初めて出会い「大化改新」の発端にな...

  6. 惜春 - 高原に行きたい

    惜春

    近くではすっかり葉桜になってしまった先週初め、三重県三多気から奈良にかけての山里に春の名残を追いかけてきました。車窓に次々現れる村々の何気ない佇まいの美しいこと!畑の横、家の庭に植えられた水仙、モクレン、花桃?バスを止めてほしい景色があちらこちらにありました。いつまでもこんな風景が守られたらいいなぁ。 ...

  7. 梅の花 - 高原に行きたい

    梅の花

    今年の梅は早くからよく咲いてくれました。もうすぐ桜にバトンタッチです。お疲れ様ありがとう桜前線というけれど梅前線はもう東北にまで達しているでしょうか?

  8. 琵琶湖夕照 - 高原に行きたい

    琵琶湖夕照

    昨秋の台風は京阪神、奈良、滋賀でもあちこちの景色を痛めつけましたどこに行ってもたくさんの倒木や斜面が崩れた痕があり残念ですがこの湖上の倒木は今水鳥には良い港になっているようですコハクチョウや鴨?などたくさんいます突然鳥の群れが飛んできました周りから一斉に連写の音が響きます気配が分からなかった私は大慌てカメラには三脚がくっついているのです...

  9. 余呉湖 - 高原に行きたい

    余呉湖

    おととい夜の北海道胆振地方震度6弱に続き今日は九州天草灘で震度3、福島県沖で震度2、胆振地方では余震も何度か。大地震の爪痕が癒えないうちにうちに次々と。日本の地中は一体どうなっているのでしょう。心からお見舞い申しあげます。関西では「東大寺のお水取りが終われば春が来る」と言われます。今年は3月1日から14日ですが陽射しはもうすっかり春です。例年震えあがる六甲おろしもあまり吹かなかったし近所の梅...

  10. 御堂筋の一部と中之島公園のイルミネーション - 高原に行きたい

    御堂筋の一部と中之島公園のイルミネーション

    大阪へ写真展を見に行った帰り、本町から北へ向かって中之島公会堂まで手持ちで少し撮ってきました。有名な御堂筋のイチョウ並木、度重なる台風にもめげずまだたくさん黄葉を残していて驚きました。水の都を表現するらしい水色のイルミネーションと引き立てあい大阪らしくて良かったです。中之島公園では音楽に合わせて形を変えるイルミネーションに導かれて進むと開館100周年を迎える大阪中央公会堂をスクリーンにしたプ...

  11. 名残の紅葉 - 高原に行きたい

    名残の紅葉

    すでに大雪の地方もあるのに今更ですが5日ほど前の近江八幡近辺の紅葉です。雨が強くなってきて途中から観光兼来年の下見になってしまいましたがまだ予想より美しい色が見られてうれしかったです。

  12. 心残り - 高原に行きたい

    心残り

    今日から師走。関西の紅葉も終盤です。家に病人が居たころは近所のイチョウ並木や公園の紅葉を見るだけでなんてきれいんだろうと感動していました。今はいわゆる名所に出かけて写真を撮っているのに行き足りない、撮り足りない思いがあります。なんだか欲張りになってしまったなぁ・・・忙しい年の瀬を控えて皆様お体お大事になさってください。私はおかげさまで元気になりました。(_ _)

  13. 紅葉 - 高原に行きたい

    紅葉

    写真を始めてから春と秋は特に心が騒ぎます。桜撮りに行かなくっちゃ、紅葉どんなぐあいだろう・・・と。もっと撮りに行きたいのに風邪をひいてしまいました。治るまで散らないでいてくれるでしょうか・・・ 左上の白っぽいものは池に映りこんだお寺の屋根です

  14. 上高地 - 高原に行きたい

    上高地

    バスで閉山間際の上高地へ行ってきました。途中事故渋滞で大阪からなんと8時間!夕方少しと翌日午前中の撮影会でした。まだ冠雪も無く梓川の水もいつもより少ないとか。予想したほど寒くもなく翌日はせせらぎがキラキラ輝く小春日和でした。15日に閉山祭を終え、上高地は4月中旬まで静かな眠りにつきます。またゆっくり滞在して撮りたいなぁ・・・カラマツ (落葉松) の葉や松ぼっくりは樹の大きさに似合わず小さくて...

  15. 布引ハーブ園アサギマダラ - 高原に行きたい

    布引ハーブ園アサギマダラ

    透き通るような浅葱色(青緑色)の翅で一目でそれと分かる蝶、アサギマダラ。秋になると日本本土から南下し、なんと南西諸島や台湾にまで渡ることで有名です。こんな華奢な体で一体どうやって海を渡るのでしょう?風に乗る?餌はフジバカマやヒヨドリバナなどの蜜。そんなにどこにでもある花ではないのに旅をしながらどうやって見つけるのかも不思議。庭に植えたらアサギマダラが来てくれたという話もよく聞きます。すごい能...

  16. 八千穂高原 - 高原に行きたい

    八千穂高原

    今回はたくさん撮ったので少し追加します。こんなにたくさんの白樺を見たのも初めてですがこんなにまじまじ霧を見たのも初めてです。驚くほどどんどん姿を変え濃さを変え流れて行くものなのですね。白樺林の一画がふいに白く煙っているのに気がついたときは何か燃やしているのかと思いました・・・(^^ゞもたもたしているとちょうど良い加減にかかっているタイミングを逃してしまうのであわてました。

  17. 長野県白駒池~八千穂高原その2 - 高原に行きたい

    長野県白駒池~八千穂高原その2

    撮影ツアーで大勢で行ってさっと三脚を立て、短時間に次々と場所をかえて撮る、というのがどうにも苦手です。もっと機材の扱いに慣れればできるようになるでしょうか・・・のろくてももたついても自分のペースで撮れるゆっくりした旅が好きです。今回は理解のある同行者に恵まれ本当に幸運でした。再訪を期してまたことこと小海線で帰りました。

  18. 長野県  白駒池周辺 - 高原に行きたい

    長野県 白駒池周辺

    7月の西日本豪雨の際ろくに撮れずに帰ってきた北八ヶ岳白駒池周辺に心が残り再度訪れました。現地に詳しい方が案内してくださり、晴れ、曇り、時雨、時に霧が巻くという変化に富んだお天気にも恵まれ心ゆくまで時間をかけられる贅沢な撮影旅行となりました。全てに感謝です。最後に来た台風24号の風雨で葉が吹き飛ばされたり痛んだりで今年の紅葉はあまりよくなかったようですが私は大満足でした。あの美しい景色をもっと...

  19. ホテイアオイと彼岸花(奈良県橿原市本薬師寺跡) - 高原に行きたい

    ホテイアオイと彼岸花(奈良県橿原市本薬師寺跡)

    国の特別史跡、本薬師寺跡周辺の約1.4haの休耕水田に景観形成の一環としてホテイアオイが栽培されています。8月下旬が最盛期の一日花だそうですが次々咲くので長く楽しめ、終盤には彼岸花との競演が見られます。お日様が照らないと咲かないそうで蓮のように早起きして出かける必要がないのは私向きかな。^^近鉄畝傍御陵前駅から歩いて10分かからないくらいなのも便利。ホテイアオイに彼岸花、稲穂、柿の実、塔の跡...

  20. 彼岸花 - 高原に行きたい

    彼岸花

    めっきり秋めいてきました。あまりに急な季節の移りように体がついて行きませんがお変わりないでしょうか?琵琶湖の岸では彼岸花が律儀にお彼岸に見頃になりました。ここでも台風21号の爪痕は鋭く、何本も木が倒れていましたが花は強いですね。倒れた木の根ごと球根がむき出しになってもしっかりと咲いていました。

総件数:24 件

似ているタグ