Nikkor Z 50mmF1.8Sのタグまとめ

Nikkor Z 50mmF1.8S」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNikkor Z 50mmF1.8Sに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Nikkor Z 50mmF1.8S」タグの記事(7)

  1. Nikkor Z 50mmF1.8Sのボケ味 - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    Nikkor Z 50mmF1.8Sのボケ味

    Z6と同時にゲットしたNikkor Z 50㎜F1.8Sですが、評判通りヌケのいいシャープな高性能レンズです。AF-S 50㎜F1.8Gは低価格で撒餌レンズといわれたにもかかわらず驚くほど高性能でしたが、Z 50㎜F1.8Sは撒餌とはすでにいえない価格です。しかしその分というか、その光学性能はGより図抜けて素晴らしいと感じます。シャープさは無論いいとして、じゃあボケ味はどうなのか?これがまた...

  2. ボケのないボケパノ - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    ボケのないボケパノ

    立体感について考えていたらついブログの更新を忘れました凹凸もうブログを書かないことが習慣化していたのですね結論はでているのです、光の当たり具合がどうこうとかスキルもあるのでしょうが同じスキルでもレンズによっては差が出るのですから、やはりレンズ性能に左右されるのです。結論は、シャープでボケ味がよいレンズで撮影すると立体感が出る、これですね(^^♪その意味ではNikkor Z 50㎜F1.8Sは...

  3. Z6のかもす立体感とMFの場合のイメージ拡大縮小機能について - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    Z6のかもす立体感とMFの場合のイメージ拡大縮小機能について

    Nikon ヨーロッパが実施しているサマーセールズが今日で終了します。この期間中開始日に購入したZ6ですからもう一月になります。このセールズを機会にもう一本レンズ購入するかどうか悩んでおりましたが、とりあえず50㎜F1.8Sに集中することにしました。↑のような立体感の表現ができるレンズなのでとりあえず満足だし、もっと使い込むことにしたのです。一方、MFのニッコール・レンズもアダプター経由で使...

  4. ゆらぐ光蜥蜴(Z6の場合) - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    ゆらぐ光蜥蜴(Z6の場合)

    おそらくダイナミックレンジが広いために実現できることなのでしょうが、Z6で撮影したイメージの場合は光と影の境目のグラデーションが美しいように感じます。α7RIIはこのあたりのパフォーマンスが苦手でした。センサーかエンジンかはたまたレンズ性能によるものか判然としませんが、まずはこの描写性能が気に入りました。この点での歩留まりがよく、この日の光の具合がよかったこともあり気に入ったイメージが多く撮...

  5. Nikonらしい画作り - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    Nikonらしい画作り

    Z6で撮った結果をみて感心したのはNikon風の画がでた、ということです。これはデジタルばかりではなくフィルム時代を通してという感想です。とくにF100やD610での撮影結果とほぼ同様な雰囲気をもっているな、感じました。どこが、と問われても言葉では表現しにくいのです。以下にいくつか例を並べてみましょう。いかががでしょうか?一枚目がD610+AF-S 50mmF1.8G二枚目はF100+AF ...

  6. Z6で撮影すること自体が快楽(^^♪ - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    Z6で撮影すること自体が快楽(^^♪

    Z7を発売日にさわったり、友人のZ6で撮影させてもらったりした体験であらかじめ知っていたことですが、Z6で撮影すること自体がすでに快楽です(^^♪シャッター感触がまるでDSLRのようで、まったりとしたα7シリーズに辟易していたものにとっては救済感に満ちた至福です。またXQDの書き込みが速いのもうれしいです。このあたり高画素版のZ7はどうなんでしょうか?まあそれはどうでもいいか♪以上は操作性の...

  7. 再び夏至から始める - アムゼルの個人的撮影生活とその結果報告および若干の意見など

    再び夏至から始める

    このブログの前身である『アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens』を開設したのは、2008年の夏至の日でした。それはOlympus E-520導入を機会に心機一転と思ったからです。そしてそれを停止する最後の画像はD610のものでした。それは2015年の7月のことでした。まもなくD610ともサヨナラしたのでした。このブログを始めたのはX-T10の導入があったからです。...

総件数:7 件

似ているタグ