Nikon D610のタグまとめ

Nikon D610」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNikon D610に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Nikon D610」タグの記事(20)

  1. 彩の祭 - Soul Eyes

    彩の祭

    先週末、久しぶりに「どまつり」に行ってきました。この「どまつり」、本名は「にっぽんど真ん中祭り」と言い、毎年8月末に愛知県名古屋市を中心に行われるYOSAKOI系のお祭りです。名古屋の夏の終わりを彩るお祭りで、私の写真仲間にもこのどまつりのファンがたくさんいます。3年ぶりの「どまつり」、楽しかったです♪それぞれのグループが工夫を凝らした衣装やダンスは、どれもカラフルで見ごたえ充分でした。踊っ...

  2. せめぎあう季節 - Soul Eyes

    せめぎあう季節

    今年の8月ははっきりしないお天気が多く、先週も曇りがちのお天気ばかりでした。水曜日は夕方になってようやく雨が止み、お日様が出て来たので、うれしがってうちの裏の公園にカメラを持って出てみました。空を見ると・・・おお、夏の積乱雲と秋のうろこ雲が同居しておりました。うむ~、立秋を過ぎたし、気温も徐々にさがりつつあるし、季節は秋へ向かって舵を切ったようですね。愛知県みよし市三好ヶ丘にてNikon D...

  3. 真夏の黄昏に安堵する透明人間 - Soul Eyes

    真夏の黄昏に安堵する透明人間

    真夏の夕方って、結構まだ蒸し暑いんですが、昼間に比べればしのぎやすいですね。「あとしばらくで、この小憎らしい太陽が沈んでくれる・・・ふぅ・・・」と、ベンチに座った透明人間さんが言っておりました。^^;愛知県みよし市三好ヶ丘にてNikon D610Tamron SP AF 28-75mm F/2.8☆ブログランキングに参加しています。この真夏の黄昏に安堵する透明人間をご覧になって、心にナニカを...

  4. 夏の太陽に炙られるチンクェチェント - Soul Eyes

    夏の太陽に炙られるチンクェチェント

    今日から8月・・・7月初旬ごろは、今年の梅雨明けは物凄い猛暑になると覚悟していたのですが、ちょっと予想と違いますね。なんか暑さの質が違う・・・焼けるような暑さじゃなくて猛烈に蒸し暑い、って感じです。^^;さて、こちらは炙られるように暑かった日に撮ったお写真です。先日ご紹介した、予定調和的に劣化進行中のチンクェチェント、他にもお仲間がおります。こちらは西側のコンテナの上に並べて置かれているので...

  5. 真昼のライブスポット - Soul Eyes

    真昼のライブスポット

    覚王山にある名古屋のライブジャズの老舗、"Jazz Live STAR EYES"さん、昼間に行ってみました。お店の名前は、BirdことCharlie Parkerの愛奏曲、”Star Eyes"からとられたんでしょうね。営業は夕方6時からですから、昼間は当然シーンと静まり返っておりました。やはりJAZZのお店は、夜撮ってナンボ、かもしれませんねえ。^^;名古屋市千種区菊坂町3丁目4−1 "...

  6. 夏雲の下の哀愁 - Soul Eyes

    夏雲の下の哀愁

    以前から気になっていた廃店舗を撮影に行ってきました。ここは以前、店舗兼住宅だったようで、そのうちの一軒は電気屋さんだったようですね。大型家電専門店ができて以来、小さな電気屋さんはどんどん廃業せざるを得なくなりました。生鮮食料品と違って、どこで買っても同じ品質・・・なら、お客さんは安いところに流れてしまうのは世の流れです。電気屋さんの隣は飲食店だったのでしょうか、今はシャッターが閉まり、オーニ...

  7. 都会で暮らす錆たち - Soul Eyes

    都会で暮らす錆たち

    都会で見かける錆は、田舎で見かける錆に比べると、ちょっとお洒落な印象ですね。お店のディスプレイや看板などとして、「いなたい雰囲気」を演出し、活躍している錆が多いようです。でも、時々意味不明なものに出くわしたりすることもあります。3枚目の錆び、ナニなんでしょうねえ・・・消防署の外壁で見つけたものなんですけどねえ。^^;名古屋市千種区 覚王山にてNikon D610Ai Nikkor 85mm/...

  8. 50㎜/F0.8なトラクター - Soul Eyes

    50㎜/F0.8なトラクター

    愛知牧場の入り口付近に佇む廃トラクターたちです。一枚目は"FORD 4000"、二枚目は"International Harvester 484"ですね。例によって「ボケパノ」です。85㎜?F1.4を装着したNikon D610で何枚か撮影し、それをMicrosoft ICE 2.0と言うソフトウェアで合成したものです。今まで合成した際の焦点距離とF値はあてずっぽうでしたが、今回は2枚とも5...

  9. 梅雨明け間近なオフィス街の光蜥蜴 - Soul Eyes

    梅雨明け間近なオフィス街の光蜥蜴

    先週末に撮った豊田市駅前の光蜥蜴さんたちです。どことなくもう梅雨が明けてしまった雰囲気ですが、実際に梅雨明けしたのは今週の木曜日でしたね。普段なら梅雨明けと同時にまぶしい夏空が広がりますが、今年は変です。梅雨明け宣言以降、ちょっと雲が多めのお天気になってしまいました・・・う~む、今年の夏は一筋縄ではいかないようです。^^;愛知県豊田市 豊田市駅東口にてNikon D610Ai Nikkor ...

  10. アルファベットと漢字が混在する街角 - Soul Eyes

    アルファベットと漢字が混在する街角

    名古屋の覚王山は、日泰寺とその参道がランドマークでした。それゆえ、漢字で書かれた幟や看板が目立つ場所でした。でも昨今はお洒落なお店が増え、アルファベットが目立つ街角になりつつあるようですね。アルファベットもあれば、漢字もある・・・街撮りフォトグラファーには、変化があって楽しい街角ですね♪名古屋市千種区 覚王山にてNikon D610Ai Nikkor 85mm/F1.4S☆ブログランキングに...

  11. 涼しさ皆無、とっても暑苦しい真夏の花 - Soul Eyes

    涼しさ皆無、とっても暑苦しい真夏の花

    昨日、東海地方も梅雨明けしました。今年の梅雨は空梅雨で、とっくに梅雨明けしたようなお天気が続いてました・・・やっとか、って感じです。でも、太平洋高気圧が本気を出すのは、これからだそうですよ。え゛・・・今までは本気じゃなかったの・・・って感じです、どこまで暑くなるんでしょう。^^;今年はどうやら、暑さ関連の記録が更新される可能性が高そうですね。さてこちらはノウゼンカズラの花です。真夏に咲くから...

  12. 真夏のオープンカフェ - Soul Eyes

    真夏のオープンカフェ

    日本でオープンカフェが快適なのは、春と秋だけ・・・そう思ってました。でも、豊田市駅前のペデストリアンデッキにあるカフェ、真夏にもかかわらずよく流行っていましたね。ここは「○七(まるなな)商店」と言い、『あそべるとよたプロジェクト』の一環として設けられた10月末までの期間限定の店です。昼の部はカフェですが、夜の部ではイタリア・シチリア料理も楽しめるそうです。またオープンカフェなので、煙草も据え...

  13. 赤錆にこだわるアメリカンビンテージ - Soul Eyes

    赤錆にこだわるアメリカンビンテージ

    名古屋の大須にあるアメリカン・ビンテージ・ファッションのお店です。ここの外観、気持ちが良いほど錆びているんですよね。天然ものなのか、はたまた養殖ものなのか・・・どうやら養殖もののようなんですが、そんなことどうでもよくなるほどの見事な赤錆でした♪名古屋市中区大須にてNikon D610Ai Nikkor 85mm/F1.4S☆ブログランキングに参加しています。この赤錆にこだわるアメリカンビンテ...

  14. 赤い市民文化会館 - Soul Eyes

    赤い市民文化会館

    豊田市民文化会館は赤煉瓦を使った印象的な建物です。台形が何層にも積み重なった不思議な造形を見るたびに、古代メソポタミアのジッグラトを想起してしまいます。赤と言えば・・・そう、私は赤錆ふぇち♪この市民文化会館にも数点、赤錆物件がありましたので、押さえておきましたよ。^^愛知県豊田市 小坂町12-100 豊田市民文化会館にてNikon D610Tamron SP AF 28-75mm F/2.8...

  15. 観光牧場の家畜たち - Soul Eyes

    観光牧場の家畜たち

    豊田市の郊外にある鞍ヶ池公園には、観光牧場があります。岡の中フックには、こんな牧歌的な雰囲気が広がっております。飼育員さんの手から餌を食べるポニーさんです。この牧場の羊さんたちは、コリデールと言う種類だそうですが、羊らしいのどかな雰囲気です。キャットウォーク上の山羊さん・・・羊と違って、高いところに上りたがります。羊でも、顔の黒いSwaledale Sheepは、結構高いところに登ったりする...

  16. 予定調和的に劣化進行中のチンクェチェント - Soul Eyes

    予定調和的に劣化進行中のチンクェチェント

    豊田市某所にある赤錆定点観測物件です。コンテナの上に置かれているのは、FIAT 500(フィアット・チンクェチェント)、本名は”Fiat NUOVA 500"ですね。なぜかここのコンテナの上には、錆びたFIAT 500やROVER MINIがたくさん置かれているのです。久しぶりに撮りに行ってみたら、ここのFIAT500たち、かなり劣化がひどくなってきておりました。FIATと言えば、典型的なイ...

  17. 英国庭園で梅雨の晴れ間を慈しむ透明人間たち - Soul Eyes

    英国庭園で梅雨の晴れ間を慈しむ透明人間たち

    ここは豊田市の鞍ヶ池公園にある英国庭園です。「台風が去ってようやく晴れ間が見えて来たなあ・・・」と、透明人間さんが呟いていました。透明人間シリーズ、フィルム写真ブログではいっぱい撮ってるんですが、デジタル写真ブログでは少ないですね。心霊写真同様、透明人間さんはデジタルと相性が悪いんでしょうか。^^;透明人間さんも、日向には座りたくないようで、こんな木陰にもおりました。え、見えない?心が〇〇な...

  18. まったりと錆び逝く運河 - Soul Eyes

    まったりと錆び逝く運河

    オシャレで華やかな雰囲気の横浜港や神戸港・・・正反対なのが名古屋港かもしれません。ガチな産業港ですから、お洒落な場所ってまずないですね。その代わり、私の大好物の赤錆はた~くさんあります。ちょっと鉄分補給がしたくなると、名古屋港にやってくることがおおいですね。ここは名古屋港のガーデンふ頭にほど近く、運河のほとりです。夏の日差しの中で、赤錆たちがまった~りと気だるい午後をすごしておりました♪名古...

  19. アメリカン・チェリーパイを勧めるスタバは煙を吐く - Soul Eyes

    アメリカン・チェリーパイを勧めるスタバは煙を吐く

    今から1ヶ月以上前のこと・・・その頃のスターバックスでは、こんな飲物が流行っておりました。アメリカン・チェリー・パイで作った特製ドームが乗ったフラペチーノですね。スタバはこのとき、何が何でもこのアメリカン・チェリー・パイを売りたかったようです。お店の入り口にもこんな意匠が施されておりました。でも、新しいものにあまり惹かれない私はいつものように、ホット・ドリップ・コーヒーを頼みました。この時、...

  20. 誘惑するお店 - Soul Eyes

    誘惑するお店

    ペイントの剥げかけた窓枠・・・赤錆の浮いた缶に植えられた観葉植物・・・そして赤錆の浮いた鉄製の看板・・・ここ、シャツとボタンのオシャレなお店のようなんです。でもその外観は、滅びの美学に満ちており、そういう壊れかけたものが大好きなおじさんの心を刺激してくれます。中に入っても買うものはない、とわかっていても・・・中に誘われてしまいそうになります。^^;名古屋市千種区覚王山 日泰寺参道にてNiko...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ