Nikon D700のタグまとめ

Nikon D700」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNikon D700に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Nikon D700」タグの記事(154)

  1. RE オートトプコール 58mm F1.4 で 豊中まで - nakajima akira's photobook

    RE オートトプコール 58mm F1.4 で 豊中まで

    2019年10月16日(水曜日)この間まで 暑くて エアコンをクーラーにしていたのに今日は寒くて エアコンは暖房に切り替えました。お昼を過ぎると、さすがに温かっくなって来て 暖房は切って 外へ出たくなりました。今日は お気に入りの、トプコンの REオートトプコール 58mm F1.4 を 選びました。1RE Auto Topcor 58mm F1.4 on Sony α7 IIこの RE オ...

  2. 「紅葉」 - 藍の郷

    「紅葉」

    きれいな紅葉、「Red」に誘われて林の中へ・・・「木漏れ日」・「光と影」「赤」色は良いですね“力”をもらいましたすきですRed><椛><紅葉>

  3. smc Macro Takumar 50mm F4 で 旭ヶ丘を - nakajima akira's photobook

    smc Macro Takumar 50mm F4 で...

    2019年10月3日(木曜日)旭光学の スーパー マクロタクマー 50mmF4 は 1968年に世に現れました今回の スーパーマルチコーテッド マクロタクマー 50mmF4は 琢磨というネーミングの最終期というか1975年に プラクティカマウントから ペンタックスバヨネットの Kマウントになる直前のレンズです1smc Macro-Takumar 50mmF4 on Yashica Penta...

  4. メリター 50mm F2.9 で 遊ぶ - nakajima akira's photobook

    メリター 50mm F2.9 で 遊ぶ

    2019年9月27日(金曜日)1950年代初期の 東独エルンスト・ルートヴィッヒの メリター 50mm F2.9 を 持ち出しましたこのメリターは、日本では くせ玉とか ダメ玉とか悪評たらたらですが わたしは大好きなレンズですエルンスト・ルートヴィッヒ社と メリター 50mm F2.9 の 詳細については2012年の「メリター50mm F2.9」に詳しいです1Meritar 50mm F2....

  5. New Nikkor 55mm F1.2 で ミミちゃん を - nakajima akira's photobook

    New Nikkor 55mm F1.2 で ミミちゃん を

    2019年9月21日(土曜日)1977年の ニッコール 55mm F1.2 で ミミちゃんを撮ってみましたNikkor 55mm F1.21977年からの ニッコール 55mm F1.2 ですレンズには Nikkor 55mm F1.2 としか書かれておりませんがマルチコートが施されていて「New ニッコール」とか「C タイプ ニッコール」と呼ばれていますまだ Ai 化されておらず 1978...

  6. Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で - nakajima akira's photobook

    Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で

    2019年9月15日(日曜日)ニッコールの望遠 200mmF4 は 2本持っています1Nikkor-Q C Auto 200mm F4 と Ai Nikkor 200mm F4左側は、1974年の Ai ニッコール200mm F4 です右側は、1961年の 日本光学初の一眼レフ用20mmの ニッコールQ Auto 200mm F4 がマルチコーティングを施された 1973年製のレンズで 19...

  7. smc PENTAX ZOOM 45-125mm F4 で - nakajima akira's photobook

    smc PENTAX ZOOM 45-125mm F4 で

    2019年9月10日(火曜日)旭光学のタクマーレンズの最終時期の1974年頃に旭光学と西独カールツァイスが もう少しで技術提携するところだったのをご存じでしょうか。結局 技術提携は お流れになりましたが共同開発したレンズとして 少なくとも次の2本のタクマーレンズが挙げられます。SMC Takumar 15mm F3.5 ・・・(カールツァイス製の非球面レンズの使用)SMC Takumar ...

  8. 「陶芸作品即売会」 - 藍の郷

    「陶芸作品即売会」

    「えんざん窯」では今年も「陶芸作品即売会」を行うこととなりました「窯」の移転計画に伴い在庫一斉です。私の粘土細工は、過日「断捨離」で友人に20個ほど引き受けていただいたので失敗作を片隅に・・・・時間がありましたら、どうぞ

  9. 300,400,500mm 単焦点レンズの撮り比べ - nakajima akira's photobook

    300,400,500mm 単焦点レンズの撮り比べ

    2019年9月4日(水曜日)前から 一度やってみたいと思っていた焦点距離 300mm、400mm、500mm の 単焦点レンズの撮り比べです。レンズは 次の 6本ですソリゴール 400mm F6.3(1968年頃)AF ニッコール 300mm F4 (1987年)トキナー 400mm F5.6(1986年頃)タムロン 500mm F8(1983年)コムラー 300mm F5(1968年頃)ロ...

  10. シュタインハイル カッサール 105mmF4.5 と スポットフレアー - nakajima akira's photobook

    シュタインハイル カッサール 105mmF4.5 と ...

    2019年8月27日(火曜日)わたしの写真撮影技術は すべて銀塩フィルムカメラの時代に 身体に染み付いたものでありデジタル写真の時代になってから覚えた技術は 殆どありません。そんな中で デジタル時代になってから理解した現象と その解消法についてお話しましょう。それは「スポットフレアー」という現象です。2014年の11月に シュタインハイル社のカッサール 105mmF4.5 というベローレンズ...

  11. 「話せないぐい吞み」 - 藍の郷

    「話せないぐい吞み」

    楽しいぐい吞みシリーズ第二弾「話せないぐい吞み」「穴の開いたぐい吞み」の次は、「手から離せないぐい吞み」「ぐい吞み」が転がるまでお話ししましょう飲みましょう…(笑)お盆に長男家族と娘が帰省し、このぐい吞みで一献と思ったものの残念 !!同窓会など忙しい子供たち2泊で、またね・・・・だと◎ 備忘録粘土:砂入り粘土内側;ぐい吞みソーサともA:①の上;ワラ白釉、B:A以外;白マット釉外側:ぐい吞みソ...

  12. 初めての おかしな写り、ズームヘキサノン AR 28-135mm - nakajima akira's photobook

    初めての おかしな写り、ズームヘキサノン AR 28-...

    2019年8月22日(木曜日)2015年の4月に コニカFTAに付いたHexanon 52mmF1.8を入手して以来どれをとっても ずっと素晴らしい写りを続けて来たヘキサノンレンズですが今年の5月に おかしな写りの ズームヘキサノン 28-135mmF4-4.6 というレンズに出会いましたこれまで集めたヘキサノンレンズは、どれも 絞り開放から「さすが小西六」という写りでしたヘキサノン 52m...

  13. 「花器」 - 藍の郷

    「花器」

    何度か挑戦しているのですが、思うようにならない「花瓶」今回、二個完成しました。少し大きくなるだけなのですが…それとラインと円のバランスが、鍵でしょうか…◎ 備忘録粘土:砂入り粘土内側;ワラ白釉外側:陶芸用の絵の具で白色および赤色の円を描き素焼き、色付けした円とそのほか数個所に円のシールおよびライン部分にマスキングテープ(幅の相違するもの使用)を貼付。 ①:もえぎマット釉、②:白マット釉を施し...

  14. 「おねだりカップ」 - 藍の郷

    「おねだりカップ」

    “うふふ…いいでしょ” おねだりカップ何をおねだりしようか・・・・話は変わりますが、町から「国民健康保険被保険者証」が郵送され誕生日までには「保険証兼高齢受給者証」をお届けしますと“えぇ…私って老人” 齢を感じさせられた日 (笑)◎ 備忘録粘土:砂入り粘土内側;① 右:ワラ白釉;左 :マット釉、② 右:ワラ白釉;左:黒マット釉外側:① 素焼き後、文字入れ個所に黒化粧土を施し乾燥後文字を彫り込...

  15. 再生粘土 - 藍の郷

    再生粘土

    作陶の中で、削った粘土や余って固まった粘土を水で溶かし再生したものですなので、白い粘土・赤い粘土や砂入り粘土が、混ざっています作品の色合いは焼成後でなければ分からないというおもしろさ・・・・予想はもっと白かったのですが・・・・「うふふ・・・・」は、シリーズ化したいですね(´∀`*)ウフフ◎ 備忘録粘土:再生粘土(白赤混ざり粘土)内側;① 透明釉、② 白マット釉、③ ワラ白釉外側:① 紺と白を...

  16. ビオター 58mmF2 で 台風前後 - nakajima akira's photobook

    ビオター 58mmF2 で 台風前後

    2019年8月16日(金曜日)カールツァイス イエナの ビオター 58mm F2 で台風の前後を撮ってみました1Biotar 58mm F2 by Carl Zeiss Jenaカールツァイスの ビオター58mmF2 は1927年に、ツァイスのウィリー・メルテ博士により設計されました当時は、まだコーティング技術がなく レンズ反射面の少ないトリプレット型(3群3枚)や テッサー型(3群4枚)が...

  17. お酒のアテ器 - 藍の郷

    お酒のアテ器

    "ヘタヘタⅡ"は、高台を高くした「酒のアテ器」を作ってみました夏はビール、夏はスイカ、夏は風鈴、団扇・・・・(笑)夏はビールが、一番でしょうかたくさん飲みましょう楽しいですね◎ 備忘録粘土:再生粘土(白赤混ざり粘土)内側;透明釉外側:成型後白化粧土を施し下地があらわれるまで掘り込み、素焼き後透明釉<夏はビール><夏は風鈴><夏はスイカ>

  18. 焼成「ヘタヘタ」 - 藍の郷

    焼成「ヘタヘタ」

    「ヘタヘタ」が完成しました。昔、手製のパンフレットに使ったモノを粘土の器に彫ってみましたビールには"キャビア"(黒いダイヤ)それとも"枝豆"?見ても、使っても、洗い物の時も楽しくなる器つくりたい◎ 備忘録粘土:上部 黒粘土、下部 黄色粘土内側;透明釉外側:成型後白化粧土を施し下地があらわれるまで掘り込み、その後素焼き。その後透明釉(タンブラーは薄い透明...

  19. ベローズタクマー 100mmF4 で - nakajima akira's photobook

    ベローズタクマー 100mmF4 で

    2019年8月10日(土曜日)1964年に 旭光学が世に出した ベローズタクマー 100mmF4 を 紹介します1ベローズタクマー 100mm F4小さくて可愛いレンズですこのレンズには ピント合わせのヘリコイドが組み込まれていません写真のように、ベローズ(蛇腹)と 併用して 近距離から無限遠まで ピントを合わせます1964年に このレンズが発売されたときにはレンズ名は ユニバーサル(万能)...

  20. SMC マクロタクマー 50mmF4 の 描写 - nakajima akira's photobook

    SMC マクロタクマー 50mmF4 の 描写

    2019年8月5日(月曜日)今日は タクマーという名前の最後のころのレンズ スーパー マルチコーテッド マクロタクマー 50mm F4 です1Super Multi Coated Macro Takumar 50mmF4 on SLSMC マクロタクマーを 最大倍率1/2倍まで繰り出し旭光学の アサヒペンタックス SL に 付けたところですなかなか恰好が よろしいです仕様概要:1968年の ...

総件数:154 件

似ているタグ