Nikon D80のタグまとめ

Nikon D80」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNikon D80に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Nikon D80」タグの記事(43)

  1. 「タンブラー」 - 藍の郷

    「タンブラー」

    「落書き」?・・・って言うより、たのしい「楽書き」が、焼き上がりました。もっとカッコよく、美しい色使いで、もっとセンスのある楽書きをしたいのですが、それなりに下手は下手で楽しければ「良いヤー」です。<タンブラー><頭を出したボトル><木の葉を置いて スパッタリング>

  2. 「色粘土」 - 藍の郷

    「色粘土」

    「紅葉の景色」や「秋の景色」のBlogが続いたものの「粘土細工」は、継続しています。陶芸にも「けしき」という言葉がありますが、今日の陶芸は透明柚を使用したものばかりで、「けしき」がよく感じられません・・・?。白い粘土に顔料を粘土1kgに40g~50gを練り込んで色粘土を作りました。その粘土で作陶し化粧土や、絵の具で下手な絵付けを施し素焼きの後、透明釉を経て本焼きしたものです。乾燥時や素焼きで...

  3. 即売会好評終了 - 藍の郷

    即売会好評終了

    お陰さまで「陶芸作品即売会」は、好評のうちに無事終了することができました。たくさんの方に見ていただき、感謝申しあげます。展示情景の一部をUPしました。

  4. 楽書きその2 - 藍の郷

    楽書きその2

    「絵付け」というよりも「楽書き」のその2ができあがりました。前作の「アンパンマン」と同じ砂混じりの粘土にシールを切り抜いた形に絵の具をスポンジで塗り楽書きしたもの…それと、化粧土を網戸用の網の上から塗り、網の形状を残したものです。陳腐な感性が、現れる楽書き・・・・( ノД`)カナシイ…巧くできませんが、楽しいです。<楽書き ワイングラスか?><楽書き 木立><楽書き ボトル>

  5. 「楽書き」 - 藍の郷

    「楽書き」

    手作り感いっぱいの「楽書き器」ができあがりました。もっとカッコイイ「お皿や茶わん」は、100均にもあります。ちょっと形が「いびつ」でも、ちょっと色彩が「濃い」とも、一つ限りのこの手作り感は、何にものにもかえがたい…(´∀`*)ウフフ(修行の身の言い訳)<楽書き><藍す><手作り>

  6. 「おしゃれ」 - 藍の郷

    「おしゃれ」

    「えんざん窯」工房仲間の“「おしゃれ」な器”を掲載します。新しい発想にバランスの取れた形と素敵な色合い、洗練された趣のある作品です。豊かな感性に感動 !!(掲載承諾済)<おしゃれ><花器><お皿><二枚のお皿><練り込み>

  7. 「ふかふか」絨毯 - 藍の郷

    「ふかふか」絨毯

    北向き斜面の芝桜は今日も元気、日一日 みどりを濃くする林が綺麗です。目いっぱいハートマークの笑顔を見せる芝桜もきれいですね。<たくさんのハートマーク><ふかふかの芝桜>新緑><ピンクとホワイト>

  8. 道端の「菜の花」 - 藍の郷

    道端の「菜の花」

    陽気に包まれた散歩は、歩みも軽やか…道端の菜の花が満開です。眩いばかりの「菜の花」今日の一枚です。<道端の菜の花>「おまけ」<菜の花>

  9. 「重い」 - 藍の郷

    「重い」

    背中のカメラが重い。3年くらい前までは、「重さ」を気にすることはなかったのですが、筋力の低下か…?、加齢のためか…?気にかかるようになってきました。それで、今日は古く軽いものをお供に筋力保持の散歩です。神社を抜けて急勾配の山道、「ニリンソウ」も「オオバナノエンレイソウ」も「ヒトリシズカ」も静かに咲いています。その先には満開の「芝桜」、気持ちのいい汗でした。<サクラの絨毯><ニリンソウ><ヒト...

  10. 飽きずに - 藍の郷

    飽きずに

    飽きずに、また、“コヒーカップ”の焼成が、完成しました。化粧土の作陶に夢中、になりそう…「楽書き」が、続きそうです。◎ 備忘録・ コーヒーカップ;上段コヒー豆入り赤粘土、ラインや「×」を彫り、白化粧土を埋め込み素焼き外側:化粧土部分に透明釉、他は焼き締め。内側および口にワラ白釉。・ コーヒーカップ;下段白粘土で作陶、素焼き。紺の化粧土と緑の化粧土で楽書き後、外側および内側に透明釉。<飽きずに...

  11. 「クレーター肌」 - 藍の郷

    「クレーター肌」

    「ケーシー高峰さん」ではありませんが、ニキビ跡のようなブツブツ肌の珈琲カップができあがりました。まだまだ工夫の余地がありそうですが飲み心地はいかに・・・・珈琲豆入りの軽いカップは、良いですね。<備忘録>外側:模様を彫り込み後白化粧土を塗り込み素焼き、模様に透明柚、円形シールを貼付しマスキング後、アメ柚のどぶ付け。内側:アメ柚。<珈琲豆入り赤粘土><アメ柚と焼き締めが、お似合いの赤粘土>

  12.  - 藍の郷

    1028年の初窯!!使用後のコヒー豆を乾燥させ、白い粘土に練り込み作陶したものです。軽い器の焼成ができました。<備忘録>① 大小2個の珈琲カップ外側:焼き締め、口にワラ白柚を垂らす、もえぎマット柚を「シャー」、内側:ワラ白柚② 珈琲カップ外側:ラインを彫り込み(爪楊枝)そのラインに化粧土(紺)、素焼き後、焼き締め、口にワラ白柚を垂らす、下部に化粧土(紺)、一部もえぎマット柚を「シャー」、内側...

  13. <見上げてごらん> - 藍の郷

    <見上げてごらん>

    石北峠や北見峠では降雪(10月4日)との報道、麓の散歩路も紅葉景や黄葉景が見られるように…季節の移ろいは早いです。ふと 見上げてみるとたくさんの「赤い星」や「黄金の小判」が…きれいですね。<見上げてごらん><小判>森の星><黄葉桂>

  14. <秋桜> - 藍の郷

    <秋桜>

    “淡紅の秋桜が秋の日の何気ない陽溜りに揺れている”山口百恵さんの「秋桜」の「コスモス」。今年はきれいなコスモスを見ることのできない“太陽の丘 コスモス園”です。たくさん咲いているところから・・・来年は満開のコスモスが見られると良いですね。<いっぱい><コスモス園><太陽の丘 虹のひろば>

  15. <ススキ> - 藍の郷

    <ススキ>

    秋晴れの空とススキ、秋風になびくススキに季節の移ろいを感じ、“描写絵 すすき”と気取ってみました。ふもとの紅葉も進んできましたネ。秋の風は、良いですね。<秋晴れ><描写画 すすき><紅葉はしり>

  16.  - 藍の郷

    いつもの散歩コースを変更して、道端で見つけた“ネコジャラシ”逆光の日射しにニコニコ顔が、輝く“ネコジャラシ”。たくさんの玉ボケたちが、祝福しているヨ・・・楽しい散歩道ですね。<道端><ネコジャラシ>

  17. <木漏れ日> - 藍の郷

    <木漏れ日>

    秋の柔らかい日射し、木漏れ日を求めて森の中へ・・・霜の降る季節にも元気に咲く野菊。木漏れ日を浴びて“げんき”です。<森の木漏れ日><森の中>

  18. <紅球> - 藍の郷

    <紅球>

    ナナカマドの真っ赤の実が、秋の空に映えます。浮遊感を出したかったのですが、秋はさわやか良いですね。<紅球>

  19. ゆらゆら - 藍の郷

    ゆらゆら

    西日が暗い森の中に差し込み、赤く色づいたツリバナの実が際立っています。ゆらゆら揺れる赤い実・・・、今年は広角レンズでたくさんの玉ボケと森の情景を撮ってみました。<森の中><ツリバナの実><ゆらゆら>

  20. 木の葉 - 藍の郷

    木の葉

    お陰さまで「陶芸作品即売会」は、好評のうちに無事終了することができました。たくさんの方に見ていただき、たいへんありがとうございました。そんな間にも季節は移り・・・今日は“木の葉”をいろいろなかたちでUPしてみました。<眩しく><紅く><寂しく>

総件数:43 件

似ているタグ