Nikon F3のタグまとめ

Nikon F3」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNikon F3に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Nikon F3」タグの記事(436)

  1. 夏雲と戯れる風神と雷神 - Silver Oblivion

    夏雲と戯れる風神と雷神

    愛地球博記念公園・モリコロパークに設置された、夢童由里子制作の『月』と呼ばれるモニュメントです。いわゆる「風神と雷神」ですね。毎正時、雅楽師/東儀秀樹氏の作曲・演奏による、オリジナル曲に合わせて、5分30秒の"演技"を披露します。イラチな私は、いまだに見たことがありません・・・って、こればっか。(-_-;)愛知県長久手市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f...

  2. 走り去るマグレヴトレイン - Silver Oblivion

    走り去るマグレヴトレイン

    モリコロパークの大観覧車の横を通過するリニモです。リニモとは、名古屋市名東区の藤が丘駅から愛知県豊田市の八草駅までを結ぶ、リニアモーターカーですね。"linear motor car"ってのは和製英語ですね、かつてアメリカ人の生徒と話していたらまるで通じませんでした。「確かに直線的なモーターってのはわかるけど、僕たちはマグレヴって呼ぶよ」と言われちゃいました。(;・∀・)...

  3. Autumn Leaves In Summer - Silver Oblivion

    Autumn Leaves In Summer

    真夏に撮った枯葉です。と言っても、秋めいてきたから地面に落ちたわけじゃなさそうです。この日の気温は体温を超える38℃・・・水分が蒸発して枯れちゃったんじゃないでしょうか、ねえ。(;・∀・)愛知県長久手市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SIlford PANF Plus 50 (EI 50)Kodak D-76 (1:1, 8.5min. at 20 deg. C)...

  4. 直線的だが柔らかな真夏の光蜥蜴 - Silver Oblivion

    直線的だが柔らかな真夏の光蜥蜴

    この日は最高気温38度・・・容赦なく真夏の日差しが照り付けていました。真夏の光蜥蜴はコントラストが強いです。と言っても、フィルムなので、階調感はデジタルよりはるかに柔らかなんですけどね。^^愛知県長久手市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SIlford PANF Plus 50 (EI 50)Kodak D-76 (1:1, 8.5min. at 20 deg. C...

  5. 雨待ち顔の赤錆 - Silver Oblivion

    雨待ち顔の赤錆

    梅雨が明けて以来、ほとんど雨が降りません・・・雨が降らないと、水分不足で赤錆ちゃんも増殖できなさそうです。「雨さん、おねがい・・・」そんな声が聞こえてきそうでした。(;・∀・)愛知県長久手市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SIlford PANF Plus 50 (EI 50)Kodak D-76 (1:1, 8.5min. at 20 deg. C)Scanne...

  6. 葛を見下す雑木 - Silver Oblivion

    葛を見下す雑木

    毎度おなじみの定点観測物件、『シマシマの廃バス』です。夏になると、葛が大量繁殖してうっとうしくなりますが、その葛を見下ろす雑木の勢いもすごいです。この雑木、何と言う名前なのでしょうか・・・毎年、晩秋には枯れてしまうのですが、春の訪れとともにぐんぐんと成長します。さすがの葛も、この雑木の勢いには敵わないようです。(-_-;)愛知県長久手市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1...

  7. 雲に登れそうな階段 - Silver Oblivion

    雲に登れそうな階段

    この季節、こういうぽこんとした雲を時々見かけます。夏の雲って、こういうのが多いです。外部階段から登っていけそうな錯覚を覚えましたよ。愛知県長久手市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SIlford PANF Plus 50 (EI 50)Kodak D-76 (1:1, 8.5min. at 20 deg. C)Scanned by Epson GT-X770Post...

  8. ココナッツ採り名人 - Silver Oblivion

    ココナッツ採り名人

    タイなどの東南アジア諸国では、猿をココナッツの収穫に使うらしいです。なぜなら、猿はココナッツを撮るのが、とっても上手なんだとか。1人の人間が1日に収穫できるココナッツはおよそ平均80個だそうです。でもメスのサルなら約600個、オスのサルにいたっては約1,600個の収穫が可能なんだとか。毎日ココナッツ採りを強制される猿たちが可哀そうだと、動物虐待として騒がれたことがありました。当の猿たちはどう...

  9. イカロスの末裔 - Silver Oblivion

    イカロスの末裔

    葛は少しでもたくさん光合成をするために、電信柱や他の樹によじ登りますね。でも、今年はあまりの猛暑だったせいか、電信柱の上で野垂れ死にしている葛を見つけました。見た感じ、途中のツルが枯れちゃったみたいです。(-_-;)でも可哀そうだと思う必要なんてまるでないです・・・なんせ葛はしぶといです・・・ほぼ不死身です。来年の春には、この電信柱の上にまた再生するでしょうねえ。(-_-;)愛知県豊田市にて...

  10. ニコンで撮ってもミノルタ - Silver Oblivion

    ニコンで撮ってもミノルタ

    近所の早稲田では、すでに実りの季節を迎えていました。台風の季節になるまでに収穫を済ませてしまう品種ですから、お盆近くなるとしっかり実が入っていましたね。実る田圃・・・ミノルタですね。ミノルタの名前を知っている人、今はどのぐらいいるのでしょう。かつては世界初のオートフォーカス一眼レフを発売し、一世を風靡したカメラメーカーでした。緑色のコーティングが美しい『鷹の眼ロッコール』レンズが有名でした。...

  11. 水と戯れる少年 - Silver Oblivion

    水と戯れる少年

    気温が体温前後まで上昇する暑い毎日が続いています。そんな暑い季節には、こういう噴水を浴びて遊ぶのは楽しいだろうなあ。ただ、子供たちなら許されますが、大人がこれをやったらどうなるんでしょうねえ。怒られはしないけれど、変人扱いされそうです。(;・∀・)愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SIlfor...

  12. 真夏の滑らかなハイライト - Silver Oblivion

    真夏の滑らかなハイライト

    これは長久手市の『トヨタ博物館』で見かけたオブジェです。鈍い光沢を放つ金属でできていましたが、なかなか素敵な階調感で写ってくれました。久しぶりにIlford Pan F Plus 50で撮ってみたのですが、このフィルムの階調描写の見事さには思わず唸りました。真夏の強烈なコントラストでも、破綻なく滑らかに描写しますね、改めて感心しました。このフィルムでハイライトを飛ばすのは、ほぼ無理じゃないか...

  13. 恐縮した日 - ポトリ

    恐縮した日

    お買い物に失敗。電気ポットを買ったつもりが、魔法瓶を買っていた。ポットに給水し、電源コードを挿そうとしたら、元箱に電源コードが入っていない。ここではじめて間違いに気がついた。そんな凡ミスした自分が情けない。今は電気屋さんは時短営業しているので、その時点で閉店まで10分。すぐ電話をして、間違った商品を買ったこと、給水してしまったことを伝えた。返品には応じてもらえるよう、ヨカッタ。電気ポットの件...

  14. 無題 - ポトリ

    無題

    去年の夏に訪れた松本市内の眺め。秋くらいにはまた行けるのかなぁ。まだブログはやめてませんよという意味で、久しぶりに他愛のない内容を投稿してみました(笑)。

  15. 用途明瞭名称不詳の鉄骨 - Silver Oblivion

    用途明瞭名称不詳の鉄骨

    春まだ浅い3月上旬に撮った写真です。枯木の前に建つのは、トラックなどのの制限高を告知するための鉄骨ですね。これ、正式名称は何と言うのでしょうか。反対側には黄色と黒の縞模様と、高さの制限が書かれているはずです。この先に愛知環状鉄道の鉄橋があるので、過積載による衝突事故を防ぐための仕掛けと思われます。反対側から撮ればわかりやすかったのですが、枯木とコラボしたかったんですねえ。おかげで説明がメンド...

  16. ダダクサに撮られた枯枝 - Silver Oblivion

    ダダクサに撮られた枯枝

    道路の片隅に落ちていた枯枝です。これ、このRollei Ortho 25 Plusの最後のカットです。早く36コマ撮り終わって現像したいので、最後の方は撮り方がダダクサになります。あ、「ダダクサに」と言うのは名古屋弁で、「雑に、いい加減に」って意味ですね。「食べ物をダダクサにしたらだちゃかんぞ!=食べ物を雑に扱ってはいけませんよ」って使われます。フィルムが30コマを過ぎたあたりから、早く撮り...

  17. 常緑を主張する早春の影 - Silver Oblivion

    常緑を主張する早春の影

    初夏の今ならどこでも見られる木の影です。でも、これを撮ったのは3月初旬でした・・・これは常緑樹の影ですね。落葉樹は、この頃はまだ葉が出ていませんでした。愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SRollei Ortho 25 plus (EI 25)Kodak D-76 (1:1, 8 min. at 20 deg. C)Scanned by Epson GT...

  18. 低コントラストな光蜥蜴 - Silver Oblivion

    低コントラストな光蜥蜴

    3月初旬に撮影した光と影です。この頃の光蜥蜴は、まだコントラストが緩くて、シャドウでもしっかりと階調感がありました。初夏となった今は、もっとがっつりと強いコントラストが出るシーンです。とは言え、デジタルと違ってネガフィルムだったら、ちゃんと諧調が出る状況ではあると思いますけどね。愛知県豊田市花遊庭にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SRollei Ortho 25 p...

  19. 都市を行き交う直線美 - Silver Oblivion

    都市を行き交う直線美

    豊田市駅と新豊田駅を結ぶペデストリアンデッキを下から眺めたところです。こういう直線美、都会的な眺めだとは思いますが、都会に特有ではないんですね。大規模な直線美は田舎でも見ることができまます・・・ダムとか鉄橋とか高速道路の高架とかね。^^愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SRollei Ortho 25 plus (EI 25)Kodak D-76 (1:...

  20. コークの長椅子の上で物思いにふける透明人間 - Silver Oblivion

    コークの長椅子の上で物思いにふける透明人間

    「いつになったら、この武漢肺炎パンデミックは終息するんだろう・・・」と、Cokeの古いベンチに腰掛けながら、透明人間さんが独り言ちていました・・・(;・∀・)愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SRollei Ortho 25 plus (EI 25)Kodak D-76 (1:1, 8 min. at 20 deg. C)Scanned by Epson...

総件数:436 件

似ているタグ