OLYMPUS PEN-Fのタグまとめ

OLYMPUS PEN-F」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはOLYMPUS PEN-Fに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「OLYMPUS PEN-F」タグの記事(287)

  1. タンポポ - 彩りの軌跡

    タンポポ

    今年最初のタンポポに出会いました。やはり、タンポポを見ると春を実感しますね。綿毛の柔らかさに、春の温かみが膨らんでいるようでした。

  2. 桜 可憐に咲く - 彩りの軌跡

    桜 可憐に咲く

    今日も、お気に入りの桜を訪ねた。種類も知らないが、この桜の魅力に魅せられている。一番下の写真は、CANON EOS-R + EF100mm F2.8 L Macro IS

  3. ミツマタ - 彩りの軌跡

    ミツマタ

    散歩道に一本だけあるミツマタに花が来た。私の知っている限り、この街で出会えるのは、この木だけである。冬風の中で、固い蕾をつけていたが、やっと開花を初めてくれた。もうすぐ満開を迎えそうなので、極力、このコースを歩こうと思っている。

  4. 一人散歩 - 彩りの軌跡

    一人散歩

    愛犬が亡くなって、早や2ヶ月が経とうとしている。この7年間、雨の日も風の日も、毎日欠かさず朝夕、日によっては昼にも日課のように連れ立って散歩をし、必ず、カメラを肩に歩いた。私がカメラを構えると、当然のように「お座り」をしてジ〜と待っていてくれた。その回数は、ざっと、5000回強となる。一回に平均で3000歩として1500万歩にもなる。とても、一人だと歩けなかっただろうと思う。いなくなったから...

  5. 大国魂神社 - 彩りの軌跡

    大国魂神社

    大国魂神社。ほとんど毎日のように、散歩のついでにお詣りをしている。特に、なにをお願いする訳でもない。無心で手を合わせる。だが、訪れる度に、随神門や拝殿にレンズを向けたくなる。難しく考えている訳でも、特に、テーマに取り組んでいる気持ちがある訳ではないのだが同じようなアングルで(多少違うのか)繰り返し撮っている。まぁ〜、これが、私なりの参拝方法なのかも知れないなぁ〜と思いながら今日もレンズを向け...

  6. 一度も積もらなかったが - 彩りの軌跡

    一度も積もらなかったが

    有名な金沢の兼六園とは比べものにならないが我が街の森公園も、毎年、雪への保護で雪吊りを行う。今年は、一度も積もる雪が来なかったので、管理の方はホッとされているだろうが、写真を撮る身としては、少し残念に思っている。意外に、春先に思わぬ大雪になることがあるのを密かに期待している。(^_^;)

  7. 森公園の梅林 - 彩りの軌跡

    森公園の梅林

    森公園の小さな梅林。幼児達が、梅の木の下を走り回り、犬たちもここへ来ると入りたがる。年配の方が、ベンチに座ってゆっくり梅を楽しんでいる。身近だからこそ、皆に愛されている梅林である。

  8. スダジイ 2 - 彩りの軌跡

    スダジイ 2

    スダジイの大木(老木)達を見ているとLord of the Ring の老巨木達を思い出す。この森のスダ爺さん達も、あんな風に語り合っているのだろうか?きっと、気の遠くなるほど長い年月、森を見つめてきたのだろう。森はメルヘンの世界で溢れている。

  9. 彼岸桜が咲いた - 彩りの軌跡

    彼岸桜が咲いた

    待ちかねた彼岸桜が咲いていた。予期していたはずなのに、この華やかな濃いピンクには圧倒される。同じく待ちかねていたのだろう、ヒヨドリなどが大きな鳴き声を上げながら蜜を吸っていた。ここはメジロが集まるので楽しみにしているのだが、ヒヨドリが多いと現れない。願わくば、交代で来てくれると嬉しいのだが。(^^ゞ

  10. 木立セネシオ - 彩りの軌跡

    木立セネシオ

    冬の陽射しの中、満開に鮮やかな花を咲かせている。あまりにも鮮やかな色が、冬には似合わないのでは?と思うほど華やかである。だが、花屋の店頭を訪れると、一面、色の洪水のように鮮やかな花で溢れている。冬に満開を迎える花たちが多いことを、改めて教えられる想いだ。色とりどりの花の中を歩いていると、既に気持ちは春のようである。

  11. 柑橘と梅 - 彩りの軌跡

    柑橘と梅

    神社の社務所脇に、色鮮やかに夏みかんだろうか、大きな実を着けている。側に紅梅が満開の花を着けて、黄色とピンクの競演を演じていた。あまり色がないこの時期、鮮やかな色に、気持ちが暖まるのを感じる。

  12. 早咲きの1本 - 彩りの軌跡

    早咲きの1本

    森公園の小さな梅林に、早々と花を着けている紅梅がある。散歩の度に「今日はどのくらい?」と楽しみに覗いている。まだ、周りの梅は花を着けていない。つられて、他の梅たちも急いでいるのかもしれないなぁ〜。

  13. ワールド・カップ 2019 のイングランドとフランスの代表が来る - 彩りの軌跡

    ワールド・カップ 2019 のイングランドとフランスの...

    ワールドカップ 2019 が9月に開催されるがどうやら、イングランドとフランスの合宿がこの街で行われるらしい。日本チームの主力選手は、この街の住人が多く、チームの本拠地になっている。大きな催しや祭りの時など、主力選手が壇上で紹介されることも多い。普段、あまりラグビーに関心が無いのだが、ワールドカップとなると、少し興味が湧いてきている。因みに、Wellington のスタジャンは、長年、愛用し...

  14. 名残のコラボ - 彩りの軌跡

    名残のコラボ

    初冬らしいコラボに出会った。竹林の中でなごり紅葉が鮮やかな色を見せてくれていた。山茶花がキンカンとコラボしていた。なかなか見られない取り合わせに出会うと、やはりレンズを向けてしまう。(^^ゞ

  15. 待っていた銀杏も色付いてきた - 彩りの軌跡

    待っていた銀杏も色付いてきた

    散歩道の銀杏並木が黄金色に色付いてきた。ようやく、赤、黄が揃って紅葉最盛期に入ってきたようだ。日替わりでカメラを換えながら撮り歩いている。一年で、最も楽しく忙しい季節である。

  16. 落葉の絨毯 - 彩りの軌跡

    落葉の絨毯

    紅葉を待っているのに、いつの間にか、落葉になってすっかり落葉の絨毯が出来ている。「まだまだ」と思っている内に紅葉シーズンも、どんどん進んでいる。偶には、花も見てよ。と言われたような気がした。FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF35mm F1.4 R

  17. 二色に咲く - 彩りの軌跡

    二色に咲く

    夕暮れの散歩道に、静かに咲いていた。二色の花を着け、華やかすぎない美しさが目をひいた。

  18. 秋色鮮やか - 彩りの軌跡

    秋色鮮やか

    森公園の木々が色付き始め、鮮やかな秋色を見せ始めた。寒暖の差が大きいとキレイに色付くらしいが、来週から、また暖かくなるらしい。秋は秋らしく、冬は冬らしく、四季を楽しみたいものである。今年の紅葉はどうなのか?今から気を揉んでいる。ヒマラヤ杉も冬化粧を始めている池も鮮やかな色を映し出した。モミジが色付くのが待ち遠しい

  19. 寒風と共に秋色が濃くなってきた - 彩りの軌跡

    寒風と共に秋色が濃くなってきた

    今年一番の木枯らしが吹き、寒風と共に秋色が濃くなってきた。ススキも穂を開き始め輝きを増してきた。気がつくと、並木もいつの間にか紅葉し始めている。いよいよ秋本番に突入である。

  20. カモ一家は、既に60羽を超えていた - 彩りの軌跡

    カモ一家は、既に60羽を超えていた

    森公園に住み着いたカモ。毎年、10羽前後の子供を産み、今や、家族は、優に60羽を超えている。園内にある4つの池を自由に行き来し、本宅と別荘、避暑地のごとく快適に使い分けている。池だけでなく、森の中を平然と群れて歩き、犬やカラスにも物怖じしない。完全に、自分たちのテリトリーとしているようだ。(^^ゞ

総件数:287 件

似ているタグ