OLYMPUS OM-3Tiのタグまとめ

OLYMPUS OM-3Ti」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはOLYMPUS OM-3Tiに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「OLYMPUS OM-3Ti」タグの記事(16)

  1. zuiko 85mm F2 を特集する(6) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(6)

    このレンズに限らず「ポートレイトレンズ」と呼ばれる「中望遠レンズ」にはフルショットで撮影した時の心地よさがあるもちろん更に長いレンズで撮影しても同じことが言えるが背景の圧縮効果が大きくなるそう言う観点から見ても中望遠レンズだと背景のボケに不自然さが無く心地良いこんな理由からも私はこのレンズを多用しているさて5回の連載でこのレンズを紹介してきたが今見てもやはり秀逸なレンズだと改めて思う今後は更...

  2. zuiko 85mm F2 を特集する(5) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(5)

    開放付近で撮影すると画質が甘くなりがちなレンズだが接近戦なら5.6まで絞り込んでも背景はそれなりにボケるし画質が締まるF4あたりでコントラストに変化が見える様になるから面白いこのレンズは絞りをコントロールすることで画質がガラリと変わるポートレイトレンズの位置付けだが風景やスナップにも十分に対応できるただカラーネガやポジを使って絞り込んだ撮影をした経験が無いので発色は分からない期待はできる様な...

  3. zuiko 85mm F2 を特集する(4) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(4)

    これまで「背景を選べば…」と言うフレーズを多用した何度も述べるがこのレンズは開放付近では被写界深度が浅くなるそして画像もふんわりするし解像度も落ちるコントラストも乗らないしzuikoレンズファンの中でも賛否両論になる部分だこのカットのように草原で撮影するとボケが渦巻いているのが分かると思うこれが「うるさいボケ」だったり「背景を選ばないと」に繋がる結果なのだこれは50mm F1.4 にも同じこ...

  4. zuiko 85mm F2 を特集する(3) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(3)

    開放付近で撮影すると被写界深度が極端に浅くなると述べたしかし2絞りもすると画像がしっかりとするしコントラストも乗る奥行きと背景を十分に取ることができるのであればフルショットでも十分に背景はボケるそのボケも自然で綺麗だし写真全体が締まった印象になる撮影する際に奥行きと背景を考慮すればボケと画質をコントロールすることは容易明るい開放値のレンズを絞って使っては意味が無いと言う人がいるがそれは勿体無...

  5. zuiko 85mm F2 を特集する(2) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(2)

    もちろんフィルムの銘柄にもよるがMCであっても発色は控えめだFUJIFILM・Velvia などで撮影した経験は無いがおそらく期待するほどの鮮やかさは無いのでは無いかと思うこのカットはKodak Ektachrome E100 で撮影している「それっぽい色」にはなっているが彼女の赤いマフラーは物足りない背景のキラキラボケは独特のレモン型になっているこれは大口径レンズの特性とも言える接近戦では...

  6. zuiko 85mm F2 を特集する(1) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(1)

    このレンズの特徴は1:開放で撮影すると被写界深度が極端に浅くなる2:コントラストは低い3:発色も控えめ4:絞りで画質が変化するタイプと言えるこのカットも開放で撮影しているがご覧の通り背景がよく分からないほどボケているただ単に背景をボカしたいなら問題はないがある程度ロケーションが分かるくらいのボケが欲しい時には避けるべきだ開放で撮影すると解像度も低くなりがちで全体的に甘い印象になる女性ポートレ...

  7. zuiko 85mm F2 を特集する(序章) - ポートフォリオ

    zuiko 85mm F2 を特集する(序章)

    だいぶご無沙汰しておりました再びの緊急事態宣言で自由な撮影も難しくなってしまった感がある早く事態が収束することを説に願うしかない…YouTubeにおいてレンズやフィルムのレビュー動画は人気がありまだまだフィルムカメラの人気が高いことが伺えるその動機は様々だろうがコメントやメッセージで「相談」されることの中に「今、あのレンズを買おうか迷っています…」などが多くあるのも事実でそうした人は動画の中...

  8. Kentmere100&400 のネガをプリントしてみた(1) - ポートフォリオ

    Kentmere100&400 のネガをプリン...

    先日のテスト撮影で使用したKentmere100 と 400 のネガをプリントしてみた結果から言うと400 に関しては満足だった100 に関してはもう一度テストが必要と判断するが想定していたより好感触だった上の写真は400 のネガから実にイイ感じだった驚いたのは粒子が大きくなかったこともちろんそれなりの大きさと粒にはなっているが思っていたほどではないそしてスキャンした時にはもっとネムくなるか...

  9. Kentmere100 というフィルム - ポートフォリオ

    Kentmere100 というフィルム

    前回のKentmere400 のネガの描写に気を良くした私は同ブランドの100にも期待を寄せた早速ポートレイトでテストをしてみたのだが・・・結果としては「不合格」と言うところか?もちろんプリントしてみないと判断はできないが400のイメージをそのまま100にしたものと勝手に思い込んでいたからショックも大きい(笑)まず硬いISO感度からすれば粒子は小さくなるしシャープネスも上がるだろうとは容易に...

  10. Kentmere400 というフィルム - ポートフォリオ

    Kentmere400 というフィルム

    かなり久しぶりにこのブログに記事を公開する毎年のこととは言え春は一年で1番の繁忙期となり自分の趣味の撮影すらできない日々だった連休も明けてようやく自分の時間ができたので出かけることにしたそしてモノクロフィルムのテストも行った今回のテストはKentmere400別に珍しいフィルムではないが今まで一度も使用したことがなかったIlford 同様にイギリスの老舗で印画紙などでもブランドが確立されてい...

  11. ロケハンに行く(5) - ポートフォリオ

    ロケハンに行く(5)

    目的地の最後は始発駅の隣「国道駅」だここは以前にも写真と記事を公開したことがあるが魅力的な駅であるとにかく薄暗く雰囲気がまるで別世界だ建物自体も古く未だに先の大戦の機銃弾痕がみられるのだここは駅としての魅力よりも全体が醸し出す雰囲気だここで撮影された女性ポートレイトは良く見るただどうしても構図は似たものになってしまうのだ気持ちはわかるここで何か特徴を出すのであれば何かを犠牲にしないとならない...

  12. ロケハンに行く(4) - ポートフォリオ

    ロケハンに行く(4)

    今回の目的地は5箇所「鶴見駅」「扇町駅」「昭和駅」「浅野駅」「国道駅」ローカル線であるがゆえ走行本数が少なくそれぞれに1時間以上は時間ができるまた駅間が短いこともあり徒歩でも行ける範囲が少なく無い扇町駅から昭和駅までは徒歩でも問題なく行ける距離その間の工場地帯を歩くと色々と面白い発見がある引込線に使用されていた踏切が今はその役割を終わっているのだが遮断機と警報機だけが残されている以前に銀座に...

  13. ロケハンに行く(2) - ポートフォリオ

    ロケハンに行く(2)

    予報に反して雨の降りそうな雲行きになってきたそのおかげもあってかフィルターを介しての撮影に向いてきたこのローカル線は何度か乗車したことはあったが最後に乗ったのはもう7年前だったのでその記憶は曖昧だったこの駅はマニアなら一度は訪ねたい駅の一つだと思う特別駅舎が古いとか趣があるとかではないが周りの景色も含めて全体の雰囲気とでも言うかそういったものが良い銚子電鉄の時にも同じタイプの踏切を記事にした...

  14. ロケハンに行く(1) - ポートフォリオ

    ロケハンに行く(1)

    久しぶりにロケハンに出かけた最近はロケハンでもモノクロフィルムを使用する様にした実際の撮影での雰囲気を正確に掴みたいからだ今回は35mm カメラにFOMAPAN200 を詰めてレンズも2本だけこの場所はもう何年も前から目をつけていた自宅からの直線距離にすると遠くはないのだが実際に電車に乗って出かけると3時間はかかるしかし想像していた以上に魅力的な場所で久しぶりに興奮したそのおかげで予定してい...

  15. La Fin Du Jour(7) - ポートフォリオ

    La Fin Du Jour(7)

    【 モノクロフィルムの比較 】今回の撮影ではちょっとした実験もあったまずカメラをKマウントのRICHO XR1000s にしてレンズをYASHICA Auto Yashinon- DS 50mm にしたのだ以前「ネムいネガ」を作った組み合わせだしかしフィルムはAdox Silvermax で現像液は純正を使用天候も晴れだったのでネムいネガにはならないだろうと思ってはいたただ冬の空は意外と明る...

  16. モノクロプリント実習(その8) - ポートフォリオ

    モノクロプリント実習(その8)

    今回の実習ではあえて輝度差の大きな状況で撮影したネガを持参した天候は晴れていたが日本家屋のインドアで照明もない状況下での撮影だったロケハンの時からイメージはできていたがロケハン時に撮影したネガはまだプリントに慣れていない私には酷なものだったフィルムはKodak 400-TX D-76 で1+1の標準的な現像処理をしている彼女の姿をどこまで出すか?全てはそれに掛かっているいつもの様にスキャンし...

総件数:16 件

似ているタグ