OM-D E-M5 MarkⅡのタグまとめ

OM-D E-M5 MarkⅡ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはOM-D E-M5 MarkⅡに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「OM-D E-M5 MarkⅡ」タグの記事(24)

  1. 「たびねす」に緑化センターの紹介記事が掲載されました! - 模糊の旅人

    「たびねす」に緑化センターの紹介記事が掲載されました!

    「たびねす」に緑化センターの紹介記事が掲載されましたたのでお知らせします。無料で見学できるミニ植物園というべき場所の紹介記事ですので、ぜひご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします。以前から花の撮影によく通っていた緑化センターですが、秋の花の写真がなかったので、先日撮影に行きそをれを加えて「たびねす」の記事にしたものです。ようやく宿題を終えた気分です・・・そこで、今日は、緑化センターの全体...

  2. 伊吹山の昆虫・野鳥・動物など  ~伊吹山の自然(7) - 模糊の旅人

    伊吹山の昆虫・野鳥・動物など  ~伊吹山の自然(7)

    伊吹山の自然シリーズの最終回です。伊吹山は自然が豊かですので、花以外にも多数の生き物が見られます。今日は動物系の生き物をさらっと紹介してみます。伊吹山では、多くの昆虫たちが見られます。蝶、天道虫、蜂、飛蝗、葉虫、天牛、蜻蛉、螽蟖・・・ みんな、小さな命を輝かせて、生きているのです。詳しい説明は省きますが、生命の輝きをお楽しみください。昆虫以外も・・・↓野生のキジ↓大きな声で囀るホオジロ↓野生...

  3. イブキフウロなど種類判別の難しい小型の花たち  ~伊吹山の自然(6) - 模糊の旅人

    イブキフウロなど種類判別の難しい小型の花たち  ~伊吹...

    伊吹山自生する花のうち、小型の花は、繊細な風情がありとても魅力的ですが、見分け方というか同定に苦労します。簡単ではないけど奥が深い・・・興味が尽きないですね。伊吹山の懐の大きさ、自然の豊かさを実感することが出来る花たちです。例えば伊吹山のフウロソウの仲間は、ゲンノショウコにはじまって、ミツバフウロ、グンナイフウロ、ヒメフウロ、ハクサンフウロ、イブキフウロと沢山あるので、種類の判別は非常に難し...

  4. コオニユリなど中型の花たち  ~伊吹山の自然(5) - 模糊の旅人

    コオニユリなど中型の花たち  ~伊吹山の自然(5)

    伊吹山には中型の花が、たくさん自生しています。観察しやすく、様々な色どりと造形を見せてくれる花たちです。その中から代表的な花をセレクトして紹介します。以下、詳しい説明を省きますが、伊吹山の花図鑑をお楽しみください。↓ミヤマコアザミ↓ミヤマコアザミの群生↓コオニユリ↓コオニユリの後姿の造形↓カワラナデシコ↓カワラナデシコの群生↓ヨツバヒヨドリ↓ツリガネニンジン↓キオン↓ヤマホタルブクロ↓サラシ...

  5. シシウド、メタカラコウなど大型の花  ~伊吹山の自然(4) - 模糊の旅人

    シシウド、メタカラコウなど大型の花  ~伊吹山の自然(4)

    伊吹山の自然シリーズを再開します。シモツケソウなど小さな花は可憐で山野草らしい存在ですが、大型の花もスケールの大きい風景に合ってまた良いものです。そこで今日は、伊吹山で見られる大型の花三種(シシウド、メタカラコウ、ウバユリ)を、おおくりします。↓まずは、シシウドです。とても大きくて、山の遠景をバックに撮ると雄大です。シシウドはセリ科の多年草で2mを超える大きさにまでなります。セリ属の学名は ...

  6. ドイツ・ケルンのクリスマスマーケット - 模糊の旅人

    ドイツ・ケルンのクリスマスマーケット

    前回、ニュルンベルクのクリスマスマーケットを紹介しましたので、もう一本関連記事をアップしておきます。今日はケルンのクリスマスマーケットです。ケルンは交通至便で、駅からすぐに大聖堂がありますので、フランスやベルギー・オランダ方面からの観光客も多いです。クリスマスマーケットも大人気で、ニュルンベルクに負けない人でごった返します。ケルンに到着すると街のシンボルであるツインタワーの大聖堂が迎えてくれ...

  7. たびねす「ドイツ・クリスマスマーケット巡り」記事掲載のお知らせ   ~ニュルンベルク~ - 模糊の旅人

    たびねす「ドイツ・クリスマスマーケット巡り」記事掲載の...

    「たびねす」に、私の 「ドイツ・クリスマスマーケット巡り」 の紹介記事が掲載されました。この記事は昨年取材し12月中旬に書いたものですが、すでにクリスマスマーケットシーズン終盤でしたので、事務局から来年秋にアップしてほしいと言われ、お蔵入りになっていたものです。今年はもう各旅行社から「ドイツ・クリスマスマーケット巡り」企画が発表され、飛行機・ホテルの予約も開始されましたので、参考になると思い...

  8. クガイソウ と ルリトラノオ、イブキトラノオ  ~伊吹山の自然(3) - 模糊の旅人

    クガイソウ と ルリトラノオ、イブキトラノオ  ~伊吹...

    伊吹山には、綺麗だけれども同定が難しい花があります。それが、クガイソウ と ルリトラノオ ですどちらも青紫系の細長い花でとても素敵なのですが、花だけ見ると私には区別がつきません。葉の付き方でなんとか区別します。↓スジグロシロチョウを撮影したのですが、その止まっている花がクガイソウなのかルリトラノオなのか・・・↓少し角度/構図を変えて、葉も入れて撮影すると分かります。葉が輪生なので、これはクガ...

  9. シモツケソウ vs アカソ   ~伊吹山の自然(2) - 模糊の旅人

    シモツケソウ vs アカソ  ~伊吹山の自然(2)

    伊吹山の代名詞ともいえる美しい花がシモツケソウです。バラ科の多年草で、ピンクのふわっとした雰囲気は夏の山の妖精のようです。年によって開花量が異なりますが、運が良ければ群生して咲く景色も見られます。↓たくさん咲いていると見事です。10年ほど前から、シモツケソウの花が減り、心配されていました。最近は、関係者の保護努力により、シモツケソウの開花数が復活しており、大きな群落も昔のように見られるように...

  10. 伊吹山の風景と登山模様   ~伊吹山の自然(1) - 模糊の旅人

    伊吹山の風景と登山模様  ~伊吹山の自然(1)

    近場で夏に涼しくて野生の花が沢山見られる場所というのは伊吹山が随一です。まさに雲上の楽園と言えるので、私は毎年登ります。伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境に位置する独立峰で、雲が湧きやすく石灰岩系の岩質土壌のため山頂付近に樹林が無く、真夏に天然のお花畑が広がっています。日本のへそにあり、北日本と南日本の自然が交差し、多くの種類の植物が見られます。真夏でも20°C前後の気温で快適に自然を探勝できます...

  11. 鳩 - 蜂野武蔵は死んだのさ

    撮影地:横浜 山下公園40mm F3.5 1/640 ISO-200

  12. 奇岩の幻想世界 ~トルコ~ - 模糊の旅人

    奇岩の幻想世界 ~トルコ~

    カッパドキアの奇妙な岩の風景は、本当に摩訶不思議。想像を絶する世界だ。その変化と雄大な景色をご覧ください。<たびねす記事もよろしく> ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

  13. バルーンの浮かぶ風景 ~トルコ~ - 模糊の旅人

    バルーンの浮かぶ風景 ~トルコ~

    トルコ・カッパドキアの朝は、明暗のマジックアワーから、バルーンの浮かぶ不思議な世界へと展開します。その変化と雄大な景色をご覧ください。<たびねす記事もよろしく> ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。

  14. 蓮 - 蜂野武蔵は死んだのさ

    撮影地:横浜 三渓園300mm F5.7 1/250 ISO-400

  15. トンボの世界 - 模糊の旅人

    トンボの世界

    一昨日、仕事で本町に出たので、ついでにオリンパスプラザに寄って写真展の打ち合わせをしてきました。その際、オリンパスプラザ大阪のオープン講座で西川 ヒトシ氏の「トンボの撮り方」をやっていましたので、見学させてもらいました。さすが専門家で、素晴らしいトンボ写真の画像や撮り方エピソードなど、とても参考になり刺激を受けました。↓講座の最後に西川 ヒトシ氏からの宣伝があり、8月28に神戸どうぶつ王国で...

  16. 剣が峰 - 蜂野武蔵は死んだのさ

    剣が峰

    今年も富士山に行って来ました。撮影地:富士山の最高峰、剣が峰40mm F7.1 1/1250 ISO-200

  17. 崇禅寺 ~細川ガラシャの墓など - 模糊の旅人

    崇禅寺 ~細川ガラシャの墓など

    大阪探索シリーズの補遺ともいうべき記事です。細川ガラシャの墓を見に、大阪市東淀川区にある崇禅寺に行ってきました。阪急電車京都線の崇禅寺駅から徒歩10分ほどです。崇禅寺は、天平時代に行基により創建されたとされる古い寺で、悲劇の人々の墓があることで、有名です。↓何度も戦災で焼失しましたが、1989年に再建されて立派な寺となっています。↓重要な三人の墓が、奥に屋根をかけた形でありました。↓右から、...

  18. 大阪探索エピローグ 幸村ロードなど ~細川屋敷跡から真田丸跡地を歩く(6) - 模糊の旅人

    大阪探索エピローグ 幸村ロードなど ~細川屋敷跡から真...

    大阪アースダイバー的地形と歴史散策シリーズの最終回です。三光神社の東は下り坂になっており、大阪の背骨たる上町台地の東側の低地となります。↓風の街の暖簾が風にゆれて・・・(真田幸村ロードにて)このあたりは、縄文時代は岸辺で河内湾に面しており、最も縄文海進の激しい時代は海の中でした。そして、北東から淀川が、南東からは大和川が土砂を堆積し、徐々に砂州が発達し、河内湾は河内潟から河内湖となり浅くなり...

  19. 半夏生  たびねす記事(伊吹山の花と蝶)掲載のお知らせ - 模糊の旅人

    半夏生  たびねす記事(伊吹山の花と蝶)掲載のお知らせ

    「たびねす」に、私の <雲上の楽園!滋賀「伊吹山」で美しい花と蝶を観察しよう!> という記事が掲載されました。これまで何十回と登って自然観察をしてきた伊吹山の花と蝶について、簡単にまとめてみたものです。ぜひご覧ください。どうぞよろしくお願いします。伊吹山については、今年の夏(8月)も行きたいと思っていますが、もしそれが実現すれば、またブログ記事でより詳しく本格的に紹介したいと計画しています。...

  20. 三光神社と抜け穴跡 ~細川屋敷跡から真田丸跡地を歩く(5) - 模糊の旅人

    三光神社と抜け穴跡 ~細川屋敷跡から真田丸跡地を歩く(5)

    善福寺から東へ少し歩くと宰相山西公園があります。南側背後は高い丘が東西に連なり、現在は旧陸軍の墓地で真田山陸軍墓地維持会が管理しています。このあたりが、宰相山あるいは真田山と呼ばれていたことが分かります。宰相とは加賀宰相(前田利常)か京極宰相(京極忠高)ですので徳川方になります。いっぽう、真田とは真田信繁を意味しますので真田丸があった場所になります。果たして、どちらが正しいのか? 真田丸の謎...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ