Olympus EP-L1のタグまとめ

Olympus EP-L1」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはOlympus EP-L1に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Olympus EP-L1」タグの記事(8)

  1. 2013 感じる(2018年3月31日キノプラズマート25mmF1.5bが鶴橋の路地で) - レンズ千夜一夜

    2013 感じる(2018年3月31日キノプラズマート...

    写真を長い間楽しんできて、又、様々な写真を見て、人間についてもいろいろと学ぶところがあったようです。私の学んだことを簡単に整理してみますと、「①人間は目の前の情景の一部しか見ていない」「②人間は、同じものを見つめても、違った見方をしている」「③人間は、見る物に自分の衣を被せている」上記の結果として、「私が自分の気持ちで撮った写真を、私と同じように観てくれる人はほとんど居ない。」私の結論は、「...

  2. 1994田園道に憩う(2017年9月17日アンジェニュー50mmF0.95が鹿野園町でしっとり)2 - レンズ千夜一夜

    1994田園道に憩う(2017年9月17日アンジェニュ...

    先週土曜日以来、我が家に滞在していた末娘一家4人が、明日関東に帰ります。いやはや大変な一週間でした。3歳の長女と生後半年の二女の2人の孫は、たった1週間の滞在中にぐんぐんと成長し、変わりました。とくに二女の方の変化は著しいですね。来た当座は同じ姿勢でベッドに寝ているだけだったのに、今ではすっと寝返りをうって、ごろごろと移動し、腹ばいになると、頭をしっかりもたげて、周囲を観察。目の動きが極めて...

  3. 1993田園道に憩う(2017年9月17日アンジェニュー50mmF0.95が鹿野園町でしっとり) - レンズ千夜一夜

    1993田園道に憩う(2017年9月17日アンジェニュ...

    私は近頃は図書館を定期的に利用しています。書斎に永世置いておきたい本はあらかた手に入れました。これから幾度目かの愛読をしたいものです。でも、ちょっとした好奇心も満足させたい。そこで、図書館で借ります。いつもかなり満足します。でも、記憶力が抜群に悪い私ですから、大抵、忘れます。その本を忘れたことさえ忘れます。でも、ほんの少しは記憶の奥底に沈殿してくれます。それで十分でしょう。この汚辱と混乱に満...

  4. 1916秋(2017年9月18日スピードアナスチグマート25mmF1.5の飛鳥路に)1閃きと偶然 - レンズ千夜一夜

    1916秋(2017年9月18日スピードアナスチグマー...

    近ごろ、多忙を極めていて、書斎の机の前に座るのはいつも真夜中。孫プリンセス2号の夜の読書に付き合わなければなりません。昨夜など、大変な苦労。題名は忘れました、地下百階の底に降りて行くお話。2歳の孫プリンセス、自分だけ横になり、私は横に座る状態を指定して、「この本を読んで」ところが、縦長大判なのです。縦長の見開き2ページ分が地下10階の一軒分で、7、80センチもあります。横に座ったままでは、孫...

  5. 1898 西九条(2017年8月23日ダルメイヤー25㎜F1.9幻惑のとき)2中也の詩 - レンズ千夜一夜

    1898 西九条(2017年8月23日ダルメイヤー25...

    ダルメイヤー25㎜F1.9を手に、いかにも浪速の下町らしい大阪西九条を撮りながら、私は中原中也の詩「汚れっちまった悲しみに……」を静かに口ずさんでいた、なんて書くと、ちょっとかっこいいかもしれませんね。残念ながら、私にそんなキザな高尚趣味はありません。でも、このレンズの西九条写真をブログにアップするために、ブログ用に小型化していると、そのいかにもダークに汚れた写真たちには、なにか詩のような叙...

  6. 1772 新大阪(リコーダー日のスピードアナスチグマート25㎜F1.5は心を休める仕事) - レンズ千夜一夜

    1772 新大阪(リコーダー日のスピードアナスチグマー...

    肺炎の療養の日が続きます。抗生物質の点滴4日目です。もうほとんど脱力感もなくなりました。脱力感がなくなると、症状として残るのは左肺の白濁状態だけ。親友のRAさんと一昨夜電話で話しました。彼も若い頃同様に肺が一つ白濁する肺炎をわずらったそうです。曰く、「結局、肺の白濁はとれないままに終わりました。そうすると、気管支炎になりやすく、容易に肺炎に進む危険があって、苦労しました」私もそうなるのか?心...

  7. 1771 お迎え(帰宅の私を迎えた落ち椿にシネエクター25㎜F1.9がキラッとウィンク) - レンズ千夜一夜

    1771 お迎え(帰宅の私を迎えた落ち椿にシネエクター...

    4月19日水曜日、診療所での肺炎抗生物質点滴治療3日目です。診療所は、予約患者だけの診療日で混み合っています。処置室のベッドでの私の点滴開始も40分ほど待たされました。点滴が完了した後、担当医、女性です、一枚のペーパーを手に、なぜかいそいそと登場。「ものすごく速く数値が好転しています。日曜日まで点滴と言っていましたが、どうやら金曜日あたりまででいいでしょう。最後にもう一度レントゲンを撮って、...

  8. 1767 加美(トリプルアナスチグマート25㎜F2.9には使う度に驚かされる) - レンズ千夜一夜

    1767 加美(トリプルアナスチグマート25㎜F2.9...

    ああ、大変な発見をしてしまいました。私の精神になにか問題があるかも知れない!今回も、加美の路傍でかなり顔の写真を撮りました。と言っても、顔そのものじゃない、顔に見えるなにか。こういう現象になんだか名前があったなあ?そこで、グーグルで「何でも顔に見える」と検索。たちどころに分かりました、「パレイドリア」でした。ふーん、そうだった?二、三の記事に面白い記載。「最新の研究によれば、特定のパターンか...

総件数:8 件

似ているタグ