PENTAX K-3Ⅱのタグまとめ

PENTAX K-3Ⅱ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはPENTAX K-3Ⅱに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「PENTAX K-3Ⅱ」タグの記事(29)

  1. 霞城公園ネコ歩き - 川の流れのカンツカブログ

    霞城公園ネコ歩き

    まだ、紅葉が見られる霞城公園に行ってみた。ここには、日向ぼっこしている野良ネコがいる。カメラを向けても逃げないので、岩合さんのように「こんにちわ」と声をかけてみた。なんだろうとこちらを向く。すかさずシャッターを切ったが、すぐにプィと横を向く。ちょっと、ちょっと、美人の君を撮りたいだけなのに。「おとなしく、こっち向いて」と言っても、最後までプィとしていた。後で、岩合さんの「ネコを撮る」を読むと...

  2. レンゲショウマとムモンアカ - 川の流れのカンツカブログ

    レンゲショウマとムモンアカ

    レンゲショウマオミナエシとムモンアカシジミレンゲショウマは木陰の薄暗いところで、下向きに咲くため、撮影が難しい植物です。今回、画像を補正し、明るいレンゲショウマにしてみました。もう少し、レフ板などで花を明るくすると良かったかなと反省。ついでに、オミナエシの黄色の中に溶け込むように、ムモンアカシジミも補正してみました。

  3. アサギマダラ記念日 - 川の流れのカンツカブログ

    アサギマダラ記念日

    11時頃家に戻ってきたら、アサギマダラが1頭、少し咲き始めた庭のフジバカマに止まっている。急いでカメラを取り出し、撮影を始めたがシャッターが動かなくなった。すぐにバッテリーを交換し再度撮影準備を始めたが、アサギマダラは自宅の周りをゆっくり旋回し、まもなく見えなくなった。今日は、アサギマダラが我が家に初めて訪れた記念日だ。

  4. 庭の花と蝶 - 川の流れのカンツカブログ

    庭の花と蝶

    フジバカマノコンギクヤマホトトギスベニシジミキタキチョウヤマトシジミ涼しくなって、庭の秋の花が咲いてきたが、フジバカマはまだつぼみアサギマダラが飛んでくるのを期待したが、今年は無理かな。

  5. オーレリアンの庭(9月6日撮影) - 川の流れのカンツカブログ

    オーレリアンの庭(9月6日撮影)

    サラシナショウマとミドリヒョウモンイチモンジセセリアカタテハオミナエシとムモンアカシジミシロツバメエダシャクベニシジミフジバカマとアサギマダラ台風21号が過ぎ去って、迷蝶が飛んでいないかと、西蔵王に行ってみた。残念ながら、迷蝶は見つけられなかったが、それでもたくさんのチョウに出会うことが出来た。特に、ムモンアカシジミに出会えてよかった。

  6. オミナエシとミヤマカラスシジミ - 川の流れのカンツカブログ

    オミナエシとミヤマカラスシジミ

    レンゲショウマそろそろムモンアカシジミが発生した頃かなと、出かけてみた。しかし、ムモンアカシジミではなく、ミヤマカラスシジミに出会うことができた。羽根が少し傷んでいるので、発生はもっと早いのではと思う。もう一つの目的。レンゲショウマをとることであったが、天気がよくて、光がきつく、なかなか雰囲気のある撮影は難しかった。オミナエシには色々なチョウが訪れて、楽しかった。

  7. 地蔵岳アオモリトドマツの悲惨 - 川の流れのカンツカブログ

    地蔵岳アオモリトドマツの悲惨

    立ち枯れの地蔵岳アオモリトドマツハクサンシャクナゲとハムシの一種樹氷高原駅のオオミズアオ里山のスジグロチャバネセセリ蔵王ロープウェイで、地蔵岳に久しぶりに行ってみたが、地蔵山頂駅周辺一帯のアオモリトドマツが枯れ、すごい量の電柱が立っているような異様な光景だ。新聞等で話には聞いていたが、あまりのすごさに、言葉が出ない。原因は、2013年に確認された「トウヒツヅリヒメハマキ」による食害と、201...

  8. 白馬・上高地の初夏 - 川の流れのカンツカブログ

    白馬・上高地の初夏

    雲かかる白馬三山スジボソヤマキチョウミドリヒョウモンカワラナデシコとモンキチョウ奥穂高とジャンダルム淸水川ヒメシジミヤマキマダラヒカゲオオイチモンジコチャバネセセリ3度目の松本市訪問。白馬駅近くの大出公園まで足を伸ばした。途中、畑を耕耘した跡地に止まるスジボソヤマキチョウをみつけた。最近、見かけなくなったが、レモンイエローの羽根が懐かしかった。翌日、上高地へ。アサマシジミに会えるかなと期待し...

  9. 田植の季節 - 川の流れのカンツカブログ

    田植の季節

    サカハチチョウミヤマセセリウスバシロチョウツマキチョウトラフシジミ田植の最盛期、自宅近くで色々なチョウを見つけることができる。

  10. 白川ダムの河畔林 - 川の流れのカンツカブログ

    白川ダムの河畔林

    飯豊町白川ダムを訪ねた。田んぼに水を入れるために、まもなくダムの放水が始まる。ちょうど満水の時期で、ヤナギは水中から枝葉を出し、幻想的な風景である。ヤマセミが芽吹き始めた木に留まっていた。朝霧の出ている午前5時前の風景と、すっかり霧が晴れ湖面に映る風景。正面の山は飯豊山

  11. 打ち立てそばの冷凍に挑戦 - 川の流れのカンツカブログ

    打ち立てそばの冷凍に挑戦

    4月28日に打ったそばをすぐに冷凍し、今回それを解凍し食べました。味は、打ち立てと変わりませんでした。冷凍の手順①そばの長さがそのまま入る平たいタッパーを準備。(我が家では15㎝✕20㎝高さ7㎝位のタッパーを使用)②タッパーにクッキングシート(両面シリコーン加工)を敷いて、1人前位の打ち立てそばを広げて入れる。 そばをタッパーに入れる場合、切った状態で横に2倍くらい広げる。③高さのあるタッパ...

  12. ヒメギフチョウの季節 - 川の流れのカンツカブログ

    ヒメギフチョウの季節

    ヒメギフチョウ雄のからみスギタニルリシジミ越冬シータテハ午前中で仕事を切り上げ、ヒメギフの生息地に向かった。全国的に風が強く、ヒメギフが飛んでいるか心配したが、周りが杉林で囲まれているため、風が少し和らぐ。最初、1頭だけ飛んでいるのかと思ったが、しばらくして、雄同士が絡んだので、2頭いるのかと安心した。シータテハがテリトリーを張っていて、時々、ヒメギフにちょっかいを出す。スギタニルリシジミは...

  13. カモシカ - 川の流れのカンツカブログ

    カモシカ

    アカタテハ気温は13度ぐらいで、弱い日差しがさす境内。人影に驚いて、アカタテハが飛び立つ。越冬していないような新鮮な個体。カモシカと遭遇したのは3回目。

  14. テングチョウとコツバメ - 川の流れのカンツカブログ

    テングチョウとコツバメ

    アズマイチゲの群落エゾエンゴグサとマルハナバチテングチョウコツバメ石段のウスバサイシン気温が20度を超えているのにヒメギフはなかなか出てこない。捕虫網を持った人がいたので、ヒメギフを見たか聞いてみたが、今年はまだ見ていないという。テングチョウやコツバメは元気に飛び回っていた。神社の石段で、ウスバサイシンが生えていた。

  15. 春の花が咲き始めた - 川の流れのカンツカブログ

    春の花が咲き始めた

    キクザキイチゲウスバサイシン晴天なのに北風が強く、気温はあまり上がらなかった。カタクリの花は咲き始めたばかりで、いつもより小さく感じた。ウスバサイシンは展葉し、株元の花がよく見える。後はヒメギフチョウの出番を待つだけ。

  16. スノーシャワー - 川の流れのカンツカブログ

    スノーシャワー

    大雪の後の青空で、山里が輝く。日差しで暖まると、梢から雪がシャワーのように落ちてくる。今朝は、気温が-10度以下になったので、川につららができていた。

  17. アロハそしてマハロ - 川の流れのカンツカブログ

    アロハそしてマハロ

    セントアンドリュース大聖堂のステンドグラスコオリナの海とサンセットスコールが近づくカイルアの海世界有数の観光地ホノルルは、町全体が騒音に包まれていたが、コオリナやカイルアの海は、のんびりとした時間が流れていた。気になるチョウは、ほとんど見かけなかった。残念。

  18. オーレリアンの園 - 川の流れのカンツカブログ

    オーレリアンの園

    ミドリヒョウモンとタムラソウミヤマカラスアゲハとハナトラノオキアゲハジャノメチョウツバメエダシャクの仲間とサラシナショウマイチモンジセセリオオウラギンスジヒョウモンNHKで放送した今森光彦さんの「オーレリアンの庭」はすばらしかった。今回、私が訪れた撮影地は、夏を惜しむように、蝶が乱れ舞うところだった。

  19. 一石二蝶かな - 川の流れのカンツカブログ

    一石二蝶かな

    隣の畑の人から、「ネギいるか~」「いる~」と言ったら、秋野菜の植え付け準備している畝に、2頭のゴマダラチョウが飛んでいる。「ちょっと待って!カメラもって来る~」といったら、畑の人は「??」早速、エダマメの葉に止まったゴマダラチョウを撮影。畑の人は「ネギ置いとくからな~」ゴマダラチョウを撮影でき、ネギもいただき、一石二蝶

  20. ミヤマカミキリ - 川の流れのカンツカブログ

    ミヤマカミキリ

    ミヤマカミキリヒヨドリジョウゴベニシジミアオバセセリ自宅の駐車場にいた「ミヤマカミキリ」。よく見ると触角の後ろに、星のように光るものがある。地味なカミキリだが、ちょっとしたおしゃれをしていた。「ヒヨドリジョウゴ」は、最初、朝顔の蔓のようだったので、どのような花が咲くのか楽しみにしていたら、目立たない花が咲いていた。調べたら、どこにでもある植物のようだ。

総件数:29 件

似ているタグ