PENTAX K5のタグまとめ

PENTAX K5」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはPENTAX K5に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「PENTAX K5」タグの記事(53)

  1. it's only goldfish but i worried about - 鬼浜犯科帳

    it's only goldfish but...

    4年前の今頃、池袋にて。戻ってそろそろ丸3年。地域や仕事にも馴染んできて、というか、仕事にはもう飽きもきてて、そろそろつぎの展開も考えていきたいなぁ、と思ってるこの頃。職人に弟子入りするも良し、自分らしい商売に賭けてみるもよし、もう普通に就職するということはないだろう。先日また歳を重ねました。体はどこかしら痛いところが常にあって、物は落とすし、倒すし、ぶつけるし。老眼も絶賛進行中。昨日は金魚...

  2. body talks - 鬼浜犯科帳

    body talks

    2017年深川あたり。この人捕まったみたいですね。相変わらず暑い日が続いてて、涼しい田舎のはずが毎日帰ったらクーラーのスイッチを入れる日々。もう鈴虫の大合唱は始まってるのに気温は下がらないですね、、、なぜか金魚を飼っています。娘からこっちに置いてほしいと託されたヤツ。縁日ですくって1年ほど経ったデカいヤツ。10センチほどあるので金魚というより赤いフナ感満載だが、飼ってみると意外に気になるもの...

  3. and where the ship have gone? - 鬼浜犯科帳

    and where the ship have gone?

    2016年、田端あたり。今も残ってるなら奇跡。季節はすでに三寒四温。ウグイスも鳴き始めてるが、今年は花粉が少ないのか、鼻水もくしゃみもかなり控えめで助かっている。この田舎でもマスクは売り切れ。ま、満員電車通勤でもなく、人込みも皆無なので必要は感じないし、何年か前に箱買いしたストックがまだまだあるので、焦りもなし。それにしてもドンドンエスカレートしていくこの騒動。相変わらずテレビは見ないし、ニ...

  4. unexpected things knock my life - 鬼浜犯科帳

    unexpected things knock my ...

    3年ほど前の下町、町屋。おそろしく昔のことのように感じる。年が明けてもうひと月。あと半年でオリンピックか、ガイジンがわんさかやってきて、東京は大変ですねぇ。ガイジンと言えば、こんなド田舎の熊野は意外に多い。工場で働いてるアジア系もいるが、よく見かけるのは古道歩きの白人系。ほとんど毎日出会うのでは?というほど多い。昔は考えられなかったこと。世界遺産様様ですか、カネは落とさなそうだけど。先日のこ...

  5. guitar is cutting tool - 鬼浜犯科帳

    guitar is cutting tool

    2016年蓮沼にて。この辺からデジカメに移行している。それまで標準レンズが標準だった僕には、その画角の違い(フルじゃないもので、、)に戸惑った記憶アリ。明るい35ミリが欲しいよなぁ、と思いつつ今に至る。今日は休みで先週の草刈りの続き。いかにも切れそうな60枚刃のチップソーを購入し、出陣。これが切れる、切れる。葦や萱は余裕、若いパイオニアツリーなんかも秒殺である。ま、それでも3時間ほどかかった...

  6. nobody's fault but mine? - 鬼浜犯科帳

    nobody's fault but mine?

    娘を迎えに行った松坂で2回目のスナップ。駅の裏側はさらに寂れきって昼飯を食うにも店が無く困った。ま、市場がこの活気の無さですから、、、やっとこさ夏休み。いるのかいらないのか、結構迷ったが付けることにしたエアコン。ボーナスが満タンにある今しか買えないタイミング、思い切って決断。取り付けは仕事ですでになんとかやれるようになってるので、道具類を会社から借りてセルフ取り付け、無事に終了。台風接近中の...

  7. honesty is such a lovely word - 鬼浜犯科帳

    honesty is such a lovely word

    またもや2年前の。離婚仕立てなのに、というかだから結構精力的に撮ってたような。とにかく何かから逃れるように毎日撮ってたみたい。今日は会社の飲み会帰り。エアコンやら何やらでいつも利用して頂いてるイタリアンの店にて。イタリアン経験はそんなにない僕だけど、この田舎でこんな料理が食べられるなんてちょっと驚き。食べてる間は熊野にいることを忘れてたぐらい。正直もっとうまいのは東京で味わってきたけれども、...

  8. i grow,she grows - 鬼浜犯科帳

    i grow,she grows

    初めて行った県内の松坂にて。牛肉で有名だし、まぁ全国的に知られた地名だと思うが、駅前でこの寂れ様。地方小都市は確実に死んでいってる。で、その松坂行きは娘を迎えに。なんと9歳にして大阪から松坂まで電車で一人旅。ま、乗り換えもないし、行きは母が、向かえは父がホームまで付き添ってはいるが、なかなか立派じゃないですか!ゴールデンウィーク、1週間楽しんで帰っていきました。新居は休まずリフォーム続行中。...

  9. you(or we) got to pay for it - 鬼浜犯科帳

    you(or we) got to pay for it

    これは去年の。今年はまだかかりそう。東京の桜は白に近い花色が多かった気がするが、こちらではピンクがポピュラー。柿の木坂で採って実生した苗は実家の裏の畑で立派に開花している。クマノザクラという新種が発見されて、昨日その辺りに行ってみたが、どれがそれだか。種時期にまた行って手あたり次第採取してみようかな。もう何年も前から住んでる気になってるが、新居に移ってまだ半年。帰郷してから一年半。新鮮さもま...

  10. a peace of cake - 鬼浜犯科帳

    a peace of cake

    あ、これがあったな、と装着した50mmF1.7のパンケーキにて、冬休みで遊びに来てた(連れてきた)娘を。不自由だけどやっぱ単焦点は使うべきだなぁ。会うたびに大きくなっていく我が子。割と頻繁にあってるつもりだけど子供の成長は早い。今回は初めての新居での寝泊り。今のところテレビさえあれば寒かろうがトイレが外だろうが大丈夫みたい。リフォームも好きみたいでハード目に手伝ってもらいました。さて、今日は...

  11. another turn - 鬼浜犯科帳

    another turn

    やはり写真は撮りに行く暇がなくて、昨年はもうここに居たので、2年前のクリスマスイブの日の写真です。どうやら千葉の行徳を散歩してたようです。ということで、アッという間に就職してから1年が経過。冬も夏も長かったような気がしてたが、終わってみるとほんの一瞬だった。50歳にして全く未知の環境に身を置いたわけだが、まぁ、想像以上に大変だった、、、かな。山あり谷あり、別に辞めてしまっても良かったし、相変...

  12. Chronically my bone hurts - 鬼浜犯科帳

    Chronically my bone hurts

    港の一角に放置されたランクル。トップギアの実験からするとまだ走りそうな気がする。引っ越してほぼひと月が経つ。寒かったり寒くなかったり、まぁ気候も不安定だが、覚悟してたほどの寒さは感じないこの古民家。でも、だるまストーブはヤフオクにて捜索中。で、今のところ大満足の我が家、一人でよくここまで作り上げたもんだ、と自画自賛の気持ちもあるが、まだまだ先は長い。作り物、直しものはやればやるだけの結果が出...

  13. one another year - 鬼浜犯科帳

    one another year

    先日の娘の運動会での一コマ。東京より大阪の子供たちの方がおおらかで自由な感じがする。街のせいか、ただの気のせいか。さて、田舎に帰ってちょうど1年。天気も上々にて、かねてからリノベーション中だったじいちゃんちに引っ越し完了です!長かったような短かったような、慣れるだけで精一杯(継続中)だった1年。まだまだ未完成だが、一応の設備が整ったのでブログも書けるしwifiも飛んでます。ただどうしても解せ...

  14. i am a part of nature - 鬼浜犯科帳

    i am a part of nature

    約1年前の写真。遠い昔のような感じで、記憶もどんより遠くなりつつある。もう行くことはない、という距離感も手伝ってなのか。昨日今日と全力で内装、外装仕事(いや、趣味ですが)。大仕事は残ってはいるが、もう住めるレベルではあるので、いろいろ優先順位を考えながら、ちょこちょこな状況。ここまでもセンスだけどここからがもっとセンス。先週は移って初めての市議会選挙があった。ど田舎の選挙戦はどんなもんかな、...

  15. morning has phases - 鬼浜犯科帳

    morning has phases

    ちょい前だけど、奈良あたりの桜。気にはしてたけど、なかなか億劫でさぼり気味です。この頃は晩飯食った後にも内装作業してたりするので、パソコンにも向かわないし、テレビなんてモノはそれこそ。こんなにやりたいことだけに集中できる(ま、仕事は行ってるが)のはとても幸せ。そっちのレポートはフェイスブックにて。(Koshi Hamada)さて、いつ移住しようか、、、仕事もだいぶ慣れて、師匠の片腕になりつつ...

  16. gimmie some poison - 鬼浜犯科帳

    gimmie some poison

    平地がいっぱいあるのに斜面にしか家がないという街。伝わるかな、、、春一番(なのかな?)が吹き荒れたあと、完璧に始まってしまった花粉。やっぱ今年も逃れられないようです。30年ぶりの熊野の春、ウグイスが至るところにいるようで、どこに居てもそのさわやかな鳴き声が良く聞こえる。あと、キジも至るところで出くわす。カワセミやらなんやらとにかく鳥王国であることは間違いなし。戻って早や半年近く。朝晩はうちで...

  17. fast running nose - 鬼浜犯科帳

    fast running nose

    風通しの良い物件。ホントに寒い日が無くなり少しづつ春に近づきつつあるこの頃、春といえば、の花粉症も徐々に押し寄せてきている。排気ガスと合わさってどうのこうのという話もあったが、どうやら僕の鼻はシンプルにこの杉ヒノキ多発地帯でダメの様子。うーん、この先憂鬱、、、どうやら終わるらしいオリンピック。あんまり興味がないのでほぼ見てないが、たくさんのメダルが取れたのは良いことですね。東京まであと2年?...

  18. down by the seaside - 鬼浜犯科帳

    down by the seaside

    昨日今日は休み。今日は朝から素材集めにここいらでは一番デカい尾鷲のホームセンターへ。じっくり吟味し、欲しいモノを手に入れて、帰り道は高速を使わず海岸沿いを久々のスナップドライブ。馴染のある町名ばかりなのだが、実際行くのは初めての場所ばかりでかなり新鮮。九鬼、三木里、賀田などなど。午後はまた作業に没入したかったので、軽く流した程度だったが、じっくり時間を取って撮りたい町だらけ。特にこの写真の賀...

  19. an end of a period - 鬼浜犯科帳

    an end of a period

    仕事でいろんなとこを回っていると、日々撮りたい景色が溜まっていく。丸一日スナップに充てられる日はいつ来るだろうか。先週末は勤め先の工務店のショールームが展示会で休みなし。展示会といっても東京で関わってきたのとはだいぶ趣を異にするが、ま、DMを出して来てもらって商品を見てもらって、うまく話がまとまれば万々歳、みたいな流れは同じ。ちなみにモノはシステムバスやキッチン、給湯器など。新入りの僕の主な...

  20. hello 2018 - 鬼浜犯科帳

    hello 2018

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。田舎に戻って初めての正月、ギリギリまで内装作業をやって、弟が嫁候補を連れてきたリ、酒を飲めるようになった姪がきたり、で、まぁまぁの飲み正月で、早や二日。明日は大阪に娘を連れに行って、5、6は仕事で、7は娘を戻して、と、結構慌ただしい年明けになりそうです。写真は実質東京での最後のスナップ歩きであった篠崎。いま見返してみると、ああここに...

総件数:53 件

似ているタグ