Pentax K-1Ⅱのタグまとめ

Pentax K-1Ⅱ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはPentax K-1Ⅱに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Pentax K-1Ⅱ」タグの記事(207)

  1. 「ひとりだから孤独ではなく」 - 光と彩に、あいに。

    「ひとりだから孤独ではなく」

    たくさんの人々が行き交う街中の交差点にいるからといって寂しくないわけじゃないよあたしはここにいるって必死に思っていたとしても見向きもされず素通りしてゆく大勢にむしろ寂しさは募ってゆくんだ*Macプレビューカラー調整実施

  2. 「ミモザとクリムト、秘密の恋」 - 光と彩に、あいに。

    「ミモザとクリムト、秘密の恋」

    花を見上げて忘れられない想い蘇る記憶気がつけばあなたを見ていた*Googleフォトカラー調整「自動」

  3. 「逢いたい、ただそれだけ」 - 光と彩に、あいに。

    「逢いたい、ただそれだけ」

    真冬の夜を超えて天の川に逢いにゆくどうしても逢いたくて季節を待ちきれなくて恋焦がれる乙女みたいに*Lminar AI 現像「インパクト」

  4. 「共鳴」 - 光と彩に、あいに。

    「共鳴」

    目の前に咲き誇る花たちよりも足元に散ってしまった花たちに目がいってしまう想いは重なってしまう*Googleフォトカラー調整実施

  5. 「相志想相」 - 光と彩に、あいに。

    「相志想相」

    夜空に架かった星の橋をふたりで渡るために凍てつく闇夜を夜通し歩いて山の頂を目指す*Luminar AI 「ドリームフィルム」調整実施

  6. 「花粉症に思う」 - 光と彩に、あいに。

    「花粉症に思う」

    目には見えないけれどこんなにも影響を受けてしまってはあなたの仕業だと認めるしかありません

  7. 「絶望を前にしてこそ」 - 光と彩に、あいに。

    「絶望を前にしてこそ」

    僕は信じていたんだいつか視界が開けると次から次へとこれでもかと押し寄せる雲と風と寒さに耐えながらこの真っ白な凍える状況は今だけだと疑うこともなく夢見るように真っ白なその先を見つめていたんだこの身が凍ろうときっといつか晴れると目の前に広がる世界を信じていたんだ我慢できるだけ忍んで変わらない状況に打ちひしがれて自らピリオドを打って敗北と根性なしをザックに詰めて未練たらたら山頂を降りる待ってました...

  8. 「夜更けに」 - 光と彩に、あいに。

    「夜更けに」

    あしたあなたになにができるんだっけ酔った頭でぼんやりと考えている

  9. 「仕事帰りに」 - 光と彩に、あいに。

    「仕事帰りに」

    夕日を見ながら自転車を漕ぐ帰り道ふと思う帰り道がちゃんとあってよかったと帰る場所が帰りたい所でよかったと

  10. 「あたしであるために」 - 光と彩に、あいに。

    「あたしであるために」

    束の間の心地よさを拾い集めてどうにかこうにか今日を生きている

  11. 「至極承知」 - 光と彩に、あいに。

    「至極承知」

    すべてお見通し阿形像の眼差しから目を逸らせない怒りの形相を心に刻んでそれでも僕は僕のままで生きてゆこうと思う*グーグルフォト編集「ビスタ」

  12. 「あなたの前でだけは」 - 光と彩に、あいに。

    「あなたの前でだけは」

    あたしはいつも裸の王様わかっているよ痛いほどそんなあたしを許してくれるあなたも*Macプレビューカラー調整実施

  13. 「ものおもい」 - 光と彩に、あいに。

    「ものおもい」

    ぼんやりあなたのことを考える切ない時間幸せな時間

  14. 「pair」 - 光と彩に、あいに。

    「pair」

    お揃いの服なんてひとつもないけれどお揃いの想いならずっと身につけているよ

  15. 「朝っぱらから」 - 光と彩に、あいに。

    「朝っぱらから」

    あたしはふらりふらふら想いはゆらりゆらゆら*GoogleフォトMac写真カラー調整実施

  16. 「核心」 - 光と彩に、あいに。

    「核心」

    あたしはあのひとにやさしくされたいんだ*Googleフォトカラー調整実施

  17. 「打ちのめされた果てに」 - 光と彩に、あいに。

    「打ちのめされた果てに」

    背負っている悲しみが見えるからといって抱えている苦しみがわかるからといって引き受けることも代わることもできないんだもう十分すぎるほどに思い知らされたよだけど悲しみにも苦しみにも重さがあるのであればどうにか軽くすることはできると信じているんだそのために日々悪戦苦闘は相変わらずだけれど

  18. 「究極の選択で学ぶ」 - 光と彩に、あいに。

    「究極の選択で学ぶ」

    飢えていた食べ物に食べられるものならなんでもいいほどに食べられるなら道徳も倫理も無視できるほどに生きるか死ぬかそんな瀬戸際を生きていた残飯に手を出して人目を偲んで食う惨めさよだれを拭いて歯を食いしばるプライドその狭間を生きてきたんだお陰でどうにかこうにか崖っぷちっで試されながらとどまれている気がするんだ

  19. 「一喝」 - 光と彩に、あいに。

    「一喝」

    不安を抱えて仏壇に手を合わせる「考えたってどげんもならんちゃろうもん。ドーンと構えちょかんか」シベリア帰りの豪傑なじぃちゃんの声が聞こえた

  20. 「あぁ、こんなにも」 - 光と彩に、あいに。

    「あぁ、こんなにも」

    ぼくがよわっちくなるとやさしさはそこらじゅうにあふれていたよ*Googleフォトカラー調整実施

総件数:207 件

似ているタグ