Portraitのタグまとめ

Portrait」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはPortraitに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Portrait」タグの記事(336)

  1. 美しいネガを求めて(5) - ポートフォリオ

    美しいネガを求めて(5)

    「美しいネガ」とは何か?もちろん定義は無いが私の中では「プリントし易いネガ」としているでは「プリントし易い」とはどういう事をいうのか?言葉で記すのは難しいが敢えていうなら・適度なコントラスト・適度な黒の締まり・適度なハイライト・適度なグレーとなるか?しかしこんな曖昧な表現は無い(笑)でも一番的を得ていると思うただそれでは「平均点」になってしまうそこから先は「表現」になるのだから「こだわり」も...

  2. 美しいネガを求めて(4) - ポートフォリオ

    美しいネガを求めて(4)

    過去に撮影したネガをひとつのテーマに絞って再確認してみた簡単なことだ「もうこの組み合わせは無いな・・・」そう思っていたネガを中心に再確認したのだその筆頭格がこれだった高密度のシャドウ・飛んでいるハイライト・微妙な粒子感…「これかもしれない!」と思ったFOMAPAN200 Creative とRollei Supergrainの組み合わせ興味本位で使ってみたフィルムだったFOMAのフィルムで唯...

  3. 美しいネガを求めて(1) - ポートフォリオ

    美しいネガを求めて(1)

    ネムいネガを作ってしまった一件以来本当にまた1からの出発となったこのブログにおいても過去に多くの種類でフィルムと現像液のテストをしたそれはそれで「経験」と「知識」を増やす上で役に立ったと思うしかし実際のプリントにおいてそれは「不要」になってしまったもちろん間違ってはいないただ自分が求めるものと実際には大きな『ずれ』が生じていたことに気付かなかった暗室のスタッフからも葉っぱをかけられた「プリン...

  4. Douce tendresse(6) - ポートフォリオ

    Douce tendresse(6)

    【モノクロフィルムの比較】今回の撮影において私はひとつの「賭け」に出た以前にも公開しているがモノクロフィルムのテストにおいて「本当の感度」を自分なりに弾き出してきた今回使用しているフィルムはお馴染みのRollei Retro 400s だこれをAdox Atomal49 で現像するとどうなるか?それもすでに何度となく試しているただその処理はごく普通(つまり無難)にしたものであるこの現像液をあ...

  5. Douce tendresse(5) - ポートフォリオ

    Douce tendresse(5)

    広い公園をのんびりと歩きながら撮影して2時間くらいが経過した時間を追うごとに雲が多くなってきた出発した地点に戻りテーブルを見つけて私も後片付けをするその間にいつものように今日の感想を彼女に記してもらった話しながらだと実感は無いかもしれないがそれなりの距離を歩いている彼女はもちろん愛犬もそれなりに疲れているはずだ彼女は愛犬を懐に入れると右手だけでペンを走らせるちょっと書きづらそうだけど愛犬はお...

  6. Douce tendresse(4) - ポートフォリオ

    Douce tendresse(4)

    綿菓子みたいな雲が少しずつ真っ青な空を浮遊するようになった短い時間ではあるもののそんな雲が太陽を隠すとさすがに寒さを感じるでも写真を撮る私からするとそんな短い時間がチャンスになることもある女性を撮影するにあたってはピーカンよりも薄曇り程度が理想的なのは経験のある人なら理解してもらえるピーカンだとどうしてもコントラストがきつくなるでも今日はそのどちらも欲しい状況だったから良かった杉林を出てから...

  7. Douce tendresse(3) - ポートフォリオ

    Douce tendresse(3)

    この公園で過去に2回ほど女性を撮影したことがあるなので公園全体の構成は把握しているのだがその過去2回はいずれも雨だった晴れた時のことを想定していなかったわけではないがどんな景色になるのか想像もつかなかった小高い丘を登ると向こうに海が見える全く想像していなかった光景に驚いた少し歩いて行くと森の中を通る下り坂があるその先に池があって私はそこを目指したちょっとした杉林の中に入ると薄暗くなるシーンと...

  8. Douce tendresse(2) - ポートフォリオ

    Douce tendresse(2)

    「今日はこの広い公園をひと回りしながら撮りましょう♪」日向でじっとしていると日差しでポカポカと暖かさを感じる撮影の準備が整った私は公園の周回するようなコースを歩き始めた「あの子は余り歩かないかもしれないわ…」彼女が笑ったしかしそんな心配とは裏腹に彼女の愛犬は元気に走り出した広々とした芝生他にも犬の散歩をしている人がたくさんいるどこかのサークルと思える数人がゴールデンレトリバーを連れているさす...

  9. Douce tendresse(1) - ポートフォリオ

    Douce tendresse(1)

    「フランスパンだね。そう、フランスパン」「フランスパン?」彼女は眉間にしわを寄せかなり怪訝な表情をした「クロワッサンではダメなんだ。フランスパンでないと」「一体、どうしてなの?」「そう言われてもなぁ。。。もう閃きだから」私は笑った彼女と初めて会った時に彼女を撮影するにあたってイメージを伝えたそれが「フランスパン」というわけだ「愛犬と一緒なら撮影に応じても良い」それが条件でもあったそれについて...

  10. Adox Atomal49 を考える - ポートフォリオ

    Adox Atomal49 を考える

    Lomography Lady Gray / Atomal49 /1+1このシリーズの最後はAdox Atomal49 現像液私が使用し始めたのはまだ数ヶ月前しかしこの現像液もロジナール同様に古い歴史がある(らしい)極めて細かい粒子さほど高くないアキュータンス(高鮮鋭)でポートレイトに向くと言われる初めてこの現像液で処理したフィルムが上のサンプル画像だったお世辞にも綺麗なネガになるとは言えな...

  11. Adox Silvermax 現像液を考える - ポートフォリオ

    Adox Silvermax 現像液を考える

    Silvermax21 / Silvermax Dev. / 1+29この現像液は使い始めてまだ数ヶ月ただ私の中では一つの答えがあるこの現像液は名前の通りSilvermax21 専用の現像液とされていてフィルムの性能を最大限に引き出せるように設計されている(らしい)ただこの現像液を他のフィルムに使用したことがないので突っ込んだ見解はできないこのサンプル画像が全てを表現していると思っている実に...

  12. ロジナールを考える - ポートフォリオ

    ロジナールを考える

    Rollei Retro400s / R09 /静止現像次なる現像液は「ロジナール」これは実に古い歴史があって古典的な現像液と言えるただ一口に「ロジナール」と言っても本家がどれなのか私はよく知らない数社のブランドから同じ成分の現像液が出ていて「ロジナール」とされている特徴はとにかくシャープネスが高いおそらく現存する現像液では一番シャープネスが高い高希釈(つまり極薄)や低温でも現像できるそして...

  13. Kodak x-tol を考える(4) - ポートフォリオ

    Kodak x-tol を考える(4)

    ILFORD HP5 PLUS / Kodak x-tol /MAMIYA M645このフィルムはよく使ったグレーからハイライトが実に美しく MAMIYA SEKOR との相性がとても良いと思えたからだ実際にプリントしてみると同じISO400 の Rollei RPX400 よりも微粒子だったそしてポートレイトにはこのフィルムと現像液の組み合わせが実に柔らかくてよかった希釈は 1+1 で処理...

  14. Kodak x-tol を考える(3) - ポートフォリオ

    Kodak x-tol を考える(3)

    Rollei RPX400 / Kodak x-tol /MAMIYA C330前回「物足りない」と記したRPX400 ではあるが違う条件で同じ機材を使用したネガをプリントして見た・・・悪くない(笑)同じ機材ではあるが現像処理が違う希釈を 1+3 にしている前回は 1+1 だったからそれだけコントラストも上がり粒子も細くなったのかもしれないこれはx-tol に限ったことではないがこの現像液は...

  15. Kodak x-tol を考える(2) - ポートフォリオ

    Kodak x-tol を考える(2)

    Rollei RPX400 / Kodak x-tol /MAMIYA C330この現像液は確かに微粒子なのだが相性というかそう言ったものがあるみたいに思えるRollei RPX400 はスタンダードなパンクロマチックフィルムで使いやすいただ「これ!」と言った特徴が見られないので私は積極的になれないそしてメーカーで謳うほど微粒子ではないように思えるもちろん普通に見れば十分に微粒子ではあるが・...

  16. Kodak x-tol を考える(1) - ポートフォリオ

    Kodak x-tol を考える(1)

    ILFORD FP4 PLUS / Kodak x-tol前回までモノクロフィルムと現像液の組み合わせについて独り言を述べたがここで少しKodak x-tol に集中してみることにするまずこの現像液がどんな特徴があるのかというとKodak の中では一番微粒子である最大の特徴は毒性が弱いということ(完全無害ではない)そのため「エコな現像液」としても人気があるただ撮影対象を明確にしないと辛い目に...

総件数:336 件

似ているタグ