ROLLEIFLEX 2.8Cのタグまとめ

ROLLEIFLEX 2.8C」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはROLLEIFLEX 2.8Cに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ROLLEIFLEX 2.8C」タグの記事(31)

  1. 黒薔薇と記念撮影をする透明人間 - Silver Oblivion

    黒薔薇と記念撮影をする透明人間

    「お~、きれいな真紅の薔薇だ、あ、ちみちみ、この薔薇と一緒に記念写真を撮ってくれんかね?」と、透明人間さんに撮影を頼まれてしまいました。ぱしゃり。このフィルムはオルソフィルムですから、真紅の薔薇が黒薔薇にってしまいました。透明人間さん、怒るかな。(;・∀・)実際の色は、今日の私のデジタル写真ブログをご覧ください。黒薔薇と言えば、ブラジルの歌姫、Maria Creuzaを思い出します。彼女のニ...

  2. LACHICの外壁に潜む光蜥蜴 - Silver Oblivion

    LACHICの外壁に潜む光蜥蜴

    名古屋の真ん中、栄町の大津通の東側に位置するLACHICの外壁です。午後になると西日が射しこみ、奥深くまで光蜥蜴さんたちが侵入していきます。斜めになっているのはエスカレーターですね・・・人が乗っていないタイミングで撮ってみました。ちょっと寂しいなあ、やはり人が乗っているときにシャッターを押すべきでしたね。(-_-;)名古屋市中区栄 LACHICにて Rolleiflex 2.8CSchnei...

  3. 焼けて精悍になった赤虎 - Silver Oblivion

    焼けて精悍になった赤虎

    愛知牧場名物の廃トラクター、International Harvester 576です。丘の上の赤虎として親しまれていますね。この写真を見ると、いつもより逞しく男らしく見えます。ちょっと色が黒くなってます・・・日焼けサロンにでも通ったのでしょうか♪実はこれ、日に焼けたわけではなく、オルソクロマチックフィルムで撮っているからなんですね。オルソフィルムは、赤に反応せず、黒く写るんですね。同じ白黒...

  4. 赤なんかないぜ、とオルソフィルムを嘲弄する水の宇宙船 - Silver Oblivion

    赤なんかないぜ、とオルソフィルムを嘲弄する水の宇宙船

    「おめえ、赤が黒く写るオルソフィルムなんだってな、でもよぉ、赤なんかどこにもねえんだよ」と、にべもなく答えるオアシス21の「水の宇宙船」です。いやあ、いいんだよ、赤がないのは百も承知だから。^^実はオルソフィルムって、こういう細密描写が得意なんだとか。なので、早速試してみたのがコレです。これが癖のないNeopan 100 Acrosだったら、もっとつるんとしたスムーズな写真になっていたでしょ...

  5. 赤に無関心な英国庭園 - Silver Oblivion

    赤に無関心な英国庭園

    豊田市にある英国風庭園『花遊庭』、初夏の花が美しい季節になりました。特にそのコテージガーデンでは色とりどりの花が咲き乱れています。って、白黒じゃわからないですね、本日の私のデジタル写真ブログで、総天然色の『花遊庭』を見てくださいな。なお、今回は「赤に反応しない」タイプのフィルム、Rollei Ortho 25 plusを使ってみました。オルソクロマチック、いわゆるオルソフィルムと言われるもの...

  6. 階段室に骨太な抽象画を描く光蜥蜴 - Silver Oblivion

    階段室に骨太な抽象画を描く光蜥蜴

    冬の間は弱々しかった影も、この季節になると力強さを増してきますね。階段室の横の壁を見ると、シンプルで骨太な線で構成された影が描かれていました。う~ん、晩秋から冬にかけての暗さはもうみじんもないですねえ。^^名古屋市千種区星ヶ丘 星が丘テラスにて Rolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8Neopan 100 Acros (EI 1...

  7. 野外コンサートの開演を待つ透明人間たち - Silver Oblivion

    野外コンサートの開演を待つ透明人間たち

    「わくわくするねえ、早く始まらないかなあ♪」と、透明人間さんたちが野外コンサートの開演を楽しみに待っている姿を後ろからスナップしてみました。って、ヲイ。(;・∀・)名古屋市中区栄にて Rolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8Neopan 100 Acros (EI 100)Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min....

  8. 光が降り注ぐ回廊 - Silver Oblivion

    光が降り注ぐ回廊

    陽射しがさんさんと降り注ぐ光の回廊、お日さまのありがたさを実感できる場所です。まっすぐ行くとバスターミナルだよ、ととてもわかりやすいピクトグラムが描かれていました。光がまぶしい季節になってきましたね。今はとても快適ですが、じきに陽射しを避けて歩くようになるのかも。(;・∀・)名古屋市中区にて Rolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2...

  9. 新緑の季節のLouis Vuitton - Silver Oblivion

    新緑の季節のLouis Vuitton

    栄交差点にあるLouis Vuittonの路面店です。4月初旬に撮った時には、まだお店の前の街路樹は冬そのものでした。あれから1か月弱で、もうこんなに新緑がふさふさになってしまったんですね♪この写真、半逆光です・・・確か、2段オーバーで撮った記憶があります。EI100でF8、1/100だったかな。デジタルだったら白飛びしてるかもしれませんが、ネガフィルムはこれで無問題です。なんせ、ネガフィル...

  10. しとやかに、しかしきっぱりと侵入を拒む水路への出入口 - Silver Oblivion

    しとやかに、しかしきっぱりと侵入を拒む水路への出入口

    水路沿いに設けられたフェンス、一カ所で途切れていました。どうやらここはメンテナンス作業用の出入口のようです。子供たちが入ったら危険です・・・有刺鉄線ではなく、棘のない針金でふさがれておりました。柔和ではありますが毅然とした侵入拒否でしたねえ。^^愛知県岡崎市にて Rolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8Neopan 100 Ac...

  11. 腕の痛々しい包帯が謎めくお狐さま - Silver Oblivion

    腕の痛々しい包帯が謎めくお狐さま

    あるお稲荷さんで、腕を包帯で釣っているお狐さまに出逢いました。どうしたんでしょうかねえ・・・気になります。でも、神さまのお使いですから、調べまくるのも失礼です。とりあえずお大事に、と言って一枚撮ってきました。^^*cranberry* さんのタグ、"BW Challenge 2018"に相乗り中です。愛知県豊田市にて Rolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xe...

  12. 冬の終了と春の開始を宣言する葵桜 - Silver Oblivion

    冬の終了と春の開始を宣言する葵桜

    岡崎市の乙川沿いに咲く河津桜は、「葵桜」と呼ばれています。3月中旬に濃いピンク色の花が川べりに一斉に咲き始め、とても見事です。私を含め、たくさんのフォトグラファーが桜の写真を撮っていましたね。この葵桜が満開になると、いつも寒い冬が終わっていよいよ春がやって来たことを実感しますね。*cranberry* さんのタグ、"BW Challenge 2018"に相乗り中です。愛知県岡崎市にて Rol...

  13. 注文したソフトクリームのあまりの巨大さに愕然とする透明人間たち - Silver Oblivion

    注文したソフトクリームのあまりの巨大さに愕然とする透明...

    「ふう、今日はどえらげねぇああっついなあ」「ほだほだ、今年の4月は夏みたいだがね」「えぁすくりいむでも食べたなってまったわ、わし・・・ねーちゃん、えぁす、ひとつちょ。」「なにぃ、うちのえぁすはどえらげにゃあできゃあだと?じょーとーじょーとー、こんだけ暑いとちょうどええわ♪」ソフトクリーム到着。「・・・・・・・」絶句する透明人間たちご覧になれますでしょうか。本当に見えちゃったりこの会話が聞こえ...

  14. 暖かな陽光に感動して思わずドアを開放してしまった英国パブ - Silver Oblivion

    暖かな陽光に感動して思わずドアを開放してしまった英国パブ

    豊田市内にある英国パブ、あまりの暖かさにドアを開けっぱなしになっていました。ここ、昨年の晩秋に開業して以来、ドアを開けっぱなしにしているのを見たのはこれが初めてかも。今年の3月は本当にあったかかったですもんね。それにしても、白黒ネガフィルムの階調感って、なめらかで気持ちが良いです。このRolleiflex 2.8Cには露出計が付いてませんが、どピーカンの順光なら露出計なんて要りません。"Su...

  15. お花見をする透明人間たち - Silver Oblivion

    お花見をする透明人間たち

    透明人間さんたちがお花見をしていました。物置の裏に置かれた椅子に座って、咲き誇る桜を眺め、春を実感しているようでした。^^春なので新しいことがしたくなる・・・久しぶりにブログのスキンを変更、今風のタイルにしてみました。*cranberry* さんのタグ、"BW Challenge 2018"に相乗り中です。豊田市にて Rolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xe...

  16. 2018年4月2日 セピア色のピンク - Silver Oblivion

    2018年4月2日 セピア色のピンク

    岡崎市の乙川沿いに咲く「葵桜」です。本来は濃いピンク色の河津桜です・・・その可憐な色は、デジタル写真ブログの「満開の葵桜」でご確認ください。(;・∀・)でも、セピア色に染まった桜も、懐かしく優しい雰囲気で好きなんですよ。それにしても暖かくなりました・・・この写真を現像したのはと25度を超える夏日でした。現像液を準備していたとき、春になったのを実感しました・・・水道水が17度ぐらいあり、温かか...

  17. 2018年3月30日 廃駅を優しく包む満開の桜 - Silver Oblivion

    2018年3月30日 廃駅を優しく包む満開の桜

    今年も旧・三河御船駅に桜を撮影に行ってきました。ここは2004年4月1日をもって廃駅になってしまいましたが、レールやプラットフォームがまだ残っています。二度とここに列車がやってくることはありませんが、桜は春が巡るたびに律儀に咲き続けます。昨年もRolleiflex MXで撮っていましたが、今年は反対側から撮ってみました。*cranberry* さんのタグ、"BW Challenge 2018...

  18. 用途不明印象絶大な鉄製ケージ - Silver Oblivion

    用途不明印象絶大な鉄製ケージ

    名古屋の都市型庭園フラリエで見つけた鉄製のケージです。何に使うものかわからなかったので、とりあえず久しぶりの「用途不明印象絶大シリーズ」にしておきました。(;・∀・)これ、アートなんでしょうね・・・鉄のオブジェと呼ぶのが正しいんだと思います。それならば、「用途不明印象絶大」ってのは、実に的を得ているのかもしれませんけどね♪*cranberry* さんのタグ、"BW Challenge 201...

  19. 2018年3月29日 冬枯れしたプランターに近寄る怪しい影 - Silver Oblivion

    2018年3月29日 冬枯れしたプランターに近寄る怪しい影

    連日「記録的な寒さ」と言う言葉を聞かされていた2月中旬に撮った写真です。プランターの中の花は凍みて枯れ果ててますね。その後ろのケヤキの影が「冬でござい」と主張しております。また、プランターの前には帽子をかぶった怪しい人影が・・・(;・∀・)Rolleiflex 2.8Cのファインダーって、隅っこの方は暗くて良く見えないんですよ、私の影が写っちゃったんですね。どうせなら、私が敬愛するフォトグラ...

  20. 2018年3月26日 冬の日差しを眩しがる銀行 - Silver Oblivion

    2018年3月26日 冬の日差しを眩しがる銀行

    「ううっ、まぶしい・・・冬は街路樹の葉が落ちるので、お日様の光がモロに目に入るなあ・・・」と、古めかしい銀行の建物が独り言ちていました。大丈夫、あとひと月もすれば、眩しくなくなるよ・・・新緑の季節はもうすぐそこだからね♪*cranberry* さんのタグ、"BW Challenge 2018"に相乗り中です。と言っても、これは純粋なBlack & Whiteではありません。Adobe Lig...

1 - 20 / 総件数:31 件

似ているタグ